竜の道-二つの顔の復讐者-|5話ネタバレと感想。竜一と竜二の美しいハグにくぎ付け!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年8月25日(火)にドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』第5話が放送されました。

ドラまる
美佐が両親の死の真相を知ってしまった今、竜一と竜二は新たな選択を迫られそうだね。
ラマちゃん
まゆみとさらに接近した竜二の本心も気になるところよ。

こちらの記事では、ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『竜の道-二つの顔の復讐者-』第5話あらすじネタバレと感想

両親の死について真実を知ってしまった美佐(松本穂香)。

そのことを心配しながらも矢端竜一(玉木宏)は霧島晃(細田善彦)がクーデターを起こすための準備を始めます。

晃のクーデターを成功させるために、まず霧島の側近の小田嶋の弱みを押さえた竜一。

しかし小田嶋が不正を行っていた理由が娘の病気を治すためだと知った晃は決心が鈍っているようでした。

そんな時、竜一が死に関わっていた大野木の息子に声をかけるフリーライターの沖和紀(落合モトキ)。

心臓発作で亡くなった父の死に不信感を募らせていた息子は、父の死の際に男が家から出て行ったところを目撃していました。

それが竜一だと確信している沖は新たな復讐を生み出してしまったのではないでしょうか。

竜一の周りをうろうろしている沖について忠告をしてくれたのは巨大ヤクザ組織の会長・曽根村始(西郷輝彦)でした。

その話を聞いた竜一は「斉藤一成」が殺されたというニセの情報を沖に流すことにしました。

一方、霧島まゆみ(松本まりか)との距離を一気に縮める竜二は、美佐から呼び出されます。

美佐「敵を討つために霧島家に近づいているの?」

美佐は和田猛こと竜一が竜二の復讐に加担しているのではないかと考えていました。

一方、まゆみには変化が?

母親を気遣う言葉が出るようになりました。

ほんの少しの愛情を与えただけで驚くほどに表情が変わりましたね。

赤ん坊の時に捨てられたという竜二に、まゆみは「ラッキーだったじゃない。ろくでもない親ならいない方がまし。」と返します。

そのろくでもない親の霧島源平(遠藤憲一)は竜二が自分が潰した運送会社を営んでいた吉江夫妻の養子だったことを知ってしまいました。

そんななか行われたキリシマ急便への視察。

その時、両親のことを突き付けられた竜二は、過去には恨みもあったが、今は違うのだと霧島の目を見て話をしました。

最大の危機でしたが、霧島の心をつかむことができたようです。

しかし、固く交わされた握手は竜二にとって苦痛以外の何物でもありませんでした。

霧島に素性がばれたことを竜二から聞かされた竜一の前には美佐がやってきました。

美佐「兄を止めてください。今は兄が大事です。もし、兄に何かあったらあなたを一生許せません。」

この復讐劇に一番美佐を巻き込みたくなかった竜一にはつらい言葉が放たれてしまいました。

竜二「復讐が終わったら?俺たちのことを誰も知らないところへ行って三人で暮らせるのかな?」

美佐や竜二の気持ちを受け止めた竜一は、竜二を計画から外そうとしますが、反対に竜一が美佐のことを特別視しているのではと責められます

そこで大野木を殺害したことを初めて告白した竜一。

竜一「俺とお前はもう違うんだよ。」

自分一人だけ明るい道を歩くことができないと悟った竜二。

竜二「それでも俺はお前と一緒にいくぞ。お前と俺は二人でひとつだろ。」

スポンサーリンク

『竜の道-二つの顔の復讐者-』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
もう同じ道を歩くことができないと考えていた竜一に、竜二は強い強い味方だね。

ラマちゃん
勘の鋭い美佐の前では竜二もタジタジね。

ドラまる
ほんの少しの愛を与えてもらったまゆみの変化。

竜二はその変化を知ってどう感じたのかな?

ラマちゃん
あつい抱擁があったとしても、第一話の冒頭シーンがチラついて、どうなっていくのかわからないわ。

ドラまる
竜一のピンチを何度も助けてくれた曽根村の存在も忘れちゃいけないね。

スポンサーリンク

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

竜の道-二つの顔の復讐者-|5話見逃し動画無料視聴はこちら

『竜の道-二つの顔の復讐者-』第6話あらすじ

2020年9月1日(火) 21:00時から放送のドラマ『竜の道/二つの顔の復讐者』第6話のあらすじをご紹介します。

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。

一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。

ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。

竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。

その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。

しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。

そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。

竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

ついに自分が人を殺めてしまったことを竜二に告白した竜一。

今までずっと自分の中に秘め、苦しめられ続けていた大野木の殺害を告白したことで竜二と決別するしかないと考えていた竜一にかけられた竜二の言葉は、何よりも竜一の支えになったと思います。

しかし、まだ斎藤一成であったことを探る沖があきらめていないようなので、目が離せません。

ドラまる
いよいよ晃とのクーデターの日も近づいたけど、こちらも一筋縄ではいかないようで心配だ。
ラマちゃん
霧島の妻・芙有子(斉藤由貴)も何か決心していたから、次週はいろんなことが気になるわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA