半沢直樹(2020)|10話(最終回)ネタバレと感想。幹事長に1000倍返し成功!半沢、頭取になれと大和田叫ぶ!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月27日(日)「半沢直樹」の10話(最終回)ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
頭取の裏切りで、失意の半沢ですが、たぶん、仲間たちの励まして奮起してくれるでしょう。

どうやって、立ち直って行くのか。楽しみですね。

ラマちゃん
半沢は、紀本常務を探すうちに、衝撃的な事実を掴むようです。その衝撃的な事実とは。

そして、どうやって、1000倍返しを達成するのか。ラスト見逃せませんね。

箕部の決定的な証拠が、大和田と頭取の裏切りで箕部の元に渡ってしまう。帝国航空再建担当からも外され、熱意を失いかけた半沢。森山や瀬名の後押しもあり、渡真利と紀本常務を探し.....。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』10話(最終回)あらすじネタバレと感想

渡真利は、半沢が頭取の裏切りに遭ったことを、富岡、福山、田島に話をする。富岡は、銀行を売るような頭取に長年仕えてきたのかと落胆する。

箕部幹事長は、中野渡頭取から債権放棄の確約をとったと、白井大臣やタスクフォースの乃原に話す。大和田から、半沢はすぐに出向になると聞きご満悦だった。

半沢は、頭取の裏切りが悔しくて、一人竹刀を振っていた。渡真利から事情を聞いた瀬名と森山が現れ、半沢が全力でぶつかる男だったから憧れたと鼓舞する。

半沢は、おもっきり汗をかいて、森山と瀬名とぶっ倒れる。若い頃がむしゃらにバンカーとなろうとしたことを思い出し、相手がだれであろうとぶつかるといつもの半沢の目に戻っていた。

渡真利が、行方をくらましていた紀本常務が銀行に現れたと迎えにくる。

紀本常務の部屋に行くと、大和田がいて、頭取に逆らう銀行マンを初めてみたと言い、「今度こそ、間違いなく、不可逆的におしまいです。グッバイです。」と去って行く。

半沢が部屋を出ると、渡真利が紀本の居場所をつかみ、紀本のホテルの部屋に侵入する。

紀本は、あの書類には、伊勢志摩ステートからの入金依頼書と灰谷たちに振り分けた書類しかなかったと証言する。箕部への金の流れは、箕部と第一秘書の竹田しか知らない答える。

半沢は、あの書類があっても、箕部を追い詰めることができなかったことを知る。紀本は、これ以上は不可能だと言うが、半沢は、金が消えるわけがない箕部への金の流れを突き止めると宣言。

半沢は、国税庁に移った黒崎に相談する。黒崎は、あれだけ協力してやったのに、「ダメダメダメ沢直樹ね」と言う。

それだけの大金を保管しておくのは容易ではない銀行口座にあるはずだが、国内銀行を調べたがなかった。あるとしたら海外銀行だと言う。

半沢は、国税の力で調べれないかと頼むが、黒崎は、海外銀行の支店はいくつあると思うと言うと、即座に55ですと答える。さすが私が見込んだオ・ト・コと喜ぶ。

国税が動くと箕部に伝わり、すぐに金を動かしてしまう。勝負は1回きりで、100%黒という口座を見つけるしかないと言う。

半沢は、伊勢志摩ステートから動かしたとすると、1億以上だから、保安上近距離にある海外銀行だと。近くの海外銀行の日本支店は名古屋に、5つしかないこの中の1つだと絞り込む。

これ以上は、我々の手では、調べられないと渡真利たちが言う。半沢は、箕部の近い人間を囲い込むしかないと言い出す。

半沢は、箕部の秘書・笠松に密かに会う。

伊勢志摩支店で、半沢たちを追いかけてから、帝国航空に、羽田便にだれが乗っていたか聞いていて、半沢たちがいたことを知りながら、紀本や箕部になぜ言わなかったのか尋ねる。

伊勢志摩支店の同期から、防犯カメラの映像を密かに入手したと言い、笠松が、入念に伊勢志摩ステートの財務資料を調べていたのはなぜかと問い詰める。

笠松は、白井大臣のためで、本気で帝国航空を良くしようと思っていると語る。ただ、今、箕部の後ろ盾が無くなると、白井大臣も権力を失うと、半沢には協力できないと言う。

半沢は、白井大臣が、箕部の悪事を知らないのではと気づき、帝国航空の神谷社長と山久に頼み、白井大臣と乃原との会食の現場に現れる。

半沢は、帝国航空の担当を外れたご挨拶だと白井大臣に言う。乃原は、左遷されると聞いたと笑う。半沢はわざと、乃原が、箕部の過去を取引材料に頭取に迫ったことを漏らす。

白井大臣は、横柄な乃原の態度に怪訝な顔をし、箕部先生の過去とは何と聞く。乃原はだまり、半沢に居る場所ではないと命じる。神谷社長もこれまでと思い、半沢に退去をお願いする。

会食が終わり、白井大臣は笠松を呼び、箕部先生の過去を知っているかと尋ねる。笠松は、だれから聞いたと尋ね、半沢の名前が出てくる。

半沢が自宅のアパートに戻ろうとすると、笠松が運転した車で、白井大臣がお忍びでくる。半沢が、自宅に慌てて帰ると、花が、花を部屋中に広げていた。白井大臣がくると告げ、慌てる花。

花は、本物の白井大臣に感激して、桔梗の花を胸に刺す。花言葉は、凛としていつも真っ直ぐな白井大臣にぴったりで応援してますこの国のことお願いしますと言う。

半沢は、箕部の隠し口座は見つけるために協力して欲しいと言い、キャスター時代政治家の汚職を潰そうとして握り潰され政治家になったと聞いたと説得する。

箕部幹事長から、丁度電話が入り、帝国航空のことで今から官邸に報告に行くとついてこいと電話が入る。白井大臣は、証拠は何もないのねと言い、半沢の願いも打ち切られる。

白井大臣は、箕部幹事長に胸の桔梗は似合わないととられ、踏みにじられるのを見つめる。官邸に行くぞと言われる。

人事から、明日、頭取のところに来るようにと電話が入る。花はまた出向と聞く。半沢は、出向以上かもしれないと言うと、好き勝手やれば、サラリーマンの奥の手の辞表でも良いと言う。

仕事だけが人生じゃないしと言い、半沢を抱きしめ、「直樹は、ここまで良く頑張った。ご苦労様」と涙ぐむ。涙をぬぐい、半沢を見て、そのくらいの気持ちになれば楽だよと励ます。

りんどうの花を渡し、花言葉は正義だという。だれに、ぶつかるのと花は軽く聞き、半沢は、頭取と叫ぶ。

翌日、半沢は、頭取室に呼ばれる。頭取はきてもらった理由は分かるなと聞く。

その前にと、半沢は、非礼をわび、あの資料だけでは箕部幹事長を追い詰められないと判断し、あえて渡して、懐に、大和田を送り込んだのですねと聞く。頭取は、「そうだ」と答える。

頭取と半沢は向い合せでゆったりと座る。

半沢は、土下座のあと大和田を残した理由は、旧Sを抑え行内融和を図るためで、旧Tの不正を暴くためだったのですねと聞くと、大和田は、道を踏み外したが、優秀なバンカーだと答える。

半沢を出向させたのは、大和田に対して制止を無視してやり過ぎた。あのままでは旧Sの反感をかった。証券の世界を見せたかったと語る。

中野渡頭取は、今の銀行を変えるのを大和田に託した。「君は、未来の頭取だ。未来を託したい。」と言う。今回の出向も、私を箕部から守るためですねと半沢は聞く。頭取は大きく頷く。

半沢は、頭取が、今屈してはだめだと言い、何とかなると言う。

箕部幹事長は、明日の中野渡頭取の会見で決まるからと白井大臣に晴れ舞台だから頼むと言い、乃原と食事に行こうと言う。大和田は、帰り際、白井大臣にメモを渡す。

東京中央銀行の取締役会議室で、大和田は、書類を置いて白井大臣の到着を待ちながら、頭取が、半沢の作戦に乗るとはと言う。半沢は、大和田は、箕部幹事長の不正を暴けなかったと言う。

大和田は、箕部幹事長の前に、半沢が現れるとはヒヤヒヤしたと言い。半沢は、あの土下座は、本気にやらせようとしたでしょうと問う。大和田は、芝居だよと笑う。

白井大臣が到着し、中野渡頭取、大和田、半沢は、箕部への不正な金の流れの書類を見せ、入金記録さえあれば暴けると言う。

中野渡頭取は、これが分かったら、当行は、箕部幹事長への不正献金を公にする。銀行の信用は地に落ちるが、謙虚に受け止めるとりりしく言う。

債権放棄がなくても、帝国航空は再建できるのではと問うと、白井大臣は、半沢さんの計画ならできると言うが、債権放棄した方が、早いと言いその場を去る。

中野渡頭取会見の当日。白井大臣は遅れて到着する。すでに、箕部幹事長と乃原が着席していた。

乃原は、中野渡頭取が到着したようだと言い、拍手で迎えて欲しいと会場に集まった人にいい拍手が起こる。

そこに現れたのは、半沢だった。中野渡頭取は、牧野元副頭取のお墓の前でタブレットを見ながら座っていた。

会場がざわつく中、半沢は、中野渡頭取は所要があって出席できないと言う。箕部幹事長は、担当を外れたはずだと言い出て行けと叫ぶ。

白井大臣が、中野渡頭取の代理ということならいいのではないでしょうかと言い出す。箕部幹事長と乃原は、白井大臣を睨みつける。

前日の夜、白井大臣が債権放棄した方が早いと言ったあと、半沢は、箕部幹事長を怒らせることは政治生命を絶たれることですよね、12年前にも同じようなことがあったと言う。

白井大臣は、もう一度座り、中野渡の話を聞く。12年前、合併直後で、旧Tの不正融資が問題となり、箕部先生への20億円もその一つだったと語り始める。

検察が迫る中、箕部幹事長は、牧野元副頭取にすべての責任を押し付け、牧野元副頭取は、自ら命を絶つことで、銀行を救ったと言う。

その判断は間違っていた。牧野元副頭取と今でもいっしょに仕事をしたかったと忍ぶ。その時以来、不正を正すべく、未来の行員のためにやってきたと言う。

半沢は、白井大臣も未来の若者のためにこの国をなんとかしようと思っているのではと言い、箕部幹事長を裏切れば、進政党を追われ政治生命を絶たれるかもしれないと言う。

半沢は、退職願いを刺し出し覚悟を伝える。

白井大臣は、下を向き、ポケットのハンカチに包んだ花からもらった桔梗の花を取り出し見つめ、涙を流す。花の国民のためにがんばって下さいという言葉が脳裏に浮かぶ。

白井大臣は、分かりました協力しますと答える。

中野渡頭取は、安心し、半沢の出した退職願いを預からせて欲しいと言い、明日の会見には、自分の代わりに行き、思う存分暴れてこいと背中を押す。

半沢は、東京中央銀行の代表としてきたと言い、債権放棄の件はお断りしますと発言する。会場は、どよめきが走り、タスクホースの乃原は驚く。

この会見は、ネットでも生中継されていた。東京中央銀行の行員たちも見つめる。瀬名や森山も見つめる。智美といっしょに見る花は、がんばれ直樹と言う。

箕部は、世論の大多数は債権放棄を望んでいると言う。半沢は、銀行が貸し出ししている方々の意見はどうだと言い、進政党が掲げる弱者救済からは外れるのではと切り返す。

半沢は、白井大臣に債権放棄をどう思うと問う。

白井大臣は立ち上がり、債権放棄をすれば、帝国航空は早く再建できるが、クフォースが作った再建案は、銀行が作った案の丸写しでまったく機能してない。責任を感じていると言う。

銀行の再建案で帝国航空は十分再建できると言う。乃原は、立ち上がり罵声を浴びさせる。箕部も白井と怒る。白井大臣は、真っ直ぐ半沢を見つめる。

半沢は、以上の理由で東京中央銀行は、債権放棄を辞退すると宣言する。

箕部幹事長は、白井大臣に何があったか知らないがと圧力をかけ、これで失礼すると立ち上がろうとする時、半沢は、まだ、話しがありますと止める。

タスクフォースの再建案は、銀行が作ったものと同じだったと大臣が言ったが、1カ所、羽田-伊勢志摩路線だけが、廃止路線から変わっていたが、その理由はと尋ねる。

箕部幹事長は、公式会見の場で、軽率なことを言うと、銀行にとっても問題になるのは分かっているよねと圧力をかける。

半沢は、15年前、合併前の旧Tが、箕部幹事長に20億の融資をして、その金は、IS社に流れ、IS社は土地を買い、その後伊勢志摩空港となり莫大な利益を生んだと暴露する。

箕部幹事長は、親戚の会社が困っていて、貸しただけだと、金儲けのためではないと、発言を取り消すように言う。

そのIS社は、毎年数億のお金を引き出し、その一部は、口止め料として、その融資に関わった銀行幹部に渡っていた。その残りの金は、箕部幹事長が受け取っていたと迫る。

箕部幹事長は、事実無根だと騒ぎ、間違いを正せ、名誉棄損で訴えると言い出す。証拠を見せて見ろと言う。

半沢が、ありますと答えると。大和田が会場に書類を持って入ってくる。箕部幹事長は、やめろ大和田と焦る。

会見の30分前、箕部と第一秘書が出た後、笠松だけが残る。笠松は、第一秘書のパソコンに、瀬名と森山からもらった検索履歴を復元するプログラムの入ったUSBを差し込む。

白井大臣も入ってきて、UAE銀行だと分かる。白井大臣はすぐに、名古屋にいる金融庁の黒崎に電話をする。黒崎は、これで100%の証拠がつかめたとUAE銀行に向かう。

笠松は、白井大臣に会見場に向かうように促すが、白井大臣は、やり残したことがあると言い、箕部幹事長が大事にしていた盆栽を投げくたばれという。

黒崎は、大和田に連絡して、UAE銀行名古屋支店の箕部の口座が分かったからデータを送るから、あとはよろしくねと言う。

帝国航空にいた大和田は、山久の手を借り、プリントアウトした書類を手に会見場に入り、半沢に、「1000倍やり返しなさい」と言う。

半沢はUAE銀行になった箕部幹事長の口座情報ですと言い、山久に頼んで中央の画面上に映し出す。IS社の口座情報も映し出す。

IS社の口座から最初に1億円引き出されたのは、13年前の8月7日、同日に、箕部幹事長のUAE銀行口座に、口止め料の1000万円を引き、ドルでぴったり9000万円振り込まれていると説明。

次の引き出しは、1ヶ月後の9月13日に5億円で、口止め料の1000万円を引いた、4億9000万円が箕部幹事長の口座に入っていると説明する。

すべて引き出しと入金が同じ日で、貸した20億円を超える、100億8000万円になるといい。この入金を、選挙運動収支報告書にも、政治資金収支報告書にも記載していないと迫る。

箕部幹事長は、「記憶にないな」ととぼけて出て行こうとするところを、白井大臣が立ちはだかる。半沢は、記憶にないで済むのは国会答弁だけだと、国民に向けてきちんと説明して欲しいと迫る。

白井大臣は、説明できないのなら、少なくとも謝罪すべきだと言うと、箕部幹事長は、白井と鬼の形相になる。

政治家の仕事とは、より人々の暮らしが豊かになるようにすることだ。この不況の中すべての人たちが苦しんでいるのに、自分の私利私欲だけに走り、すべての国民に詫びて下さいと叫ぶ。

箕部は逃げ出そうとするが、白井大臣は、幹事長すべての国民のためにやってくださいと会見場の中央に引きずり出す。

全員が立ち上がる中、箕部は、一瞬、土下座をして、何も言わずに逃げて行く。会場の記者たちは、追いかける。

その騒ぎの中で、白井大臣は、半沢と目をあわせる。半沢は、感謝を述べ、白井大臣が差し伸べた手とがっちり握手をする。

中野渡頭取は、牧野元副頭取のお墓の前で、酒を酌み交わし、終わったことを報告する。

その後、東京中央銀行は、旧T時代に、13件で合計1500億円の問題融資があったことを発表し謝罪し、再発防止を約束する。

箕部は、政治資金規正法違反の他、収賄と脱税の罪で逮捕された。乃原は、紀本と白井大臣の告発で、強要罪で弁護士会を退会処分になった。

帝国航空の立て直しは、メインバンクの開発投資銀行が行うことになり、谷川は、半沢の意志をついで徹底的にサポートを約束する。神谷社長は自力再建をお願いする。

白井大臣は、離党届を出して無所属で一から出直すことを決めた。笠松が、秘書として入った。新事務所設立おめでとうございますと、花がりんどうの花を届ける。

半沢は、頭取室に入ると、中野渡頭取は、役員会に辞表を提出して認められたと言い、机の片付けをしている最中だった。

中野渡は、礼を言ってなかったと言い、半沢に礼を言う。面白い銀行員人生だったと語り、半沢は、自分が見てきた中でピカ一のバンカーだったと言う。

半沢も、中野渡の下で働けたことを誇りですと感謝し、責任をとって銀行を辞めると言う。

中野渡は、「すべての責任は私がとると言っただろう。半沢さらばだ」と言い去って行く。半沢は、頭を深々と頭を下げる。

渡真利は、すべての責任をしょって頭取は辞めたのだから、半沢は残るべきだと言う。

半沢は、白井議員も離党して、たった一人でやり直す道を選んだのだから何も責任をとらないわけにはいかないと意思が固かった。

渡真利は、なんて頑固なんだと言うと、半沢に、大和田から電話が入る。

役員会議室に行くと、頭取の席に、大和田は座っており、中野渡から、半沢の退職願いを返すように頼まれたと言う。半沢は受け取って下さいと頼む。

大和田は、そう言うなら、最後に一言言いたいと言い。箕部の土下座を見て、いやな記憶がよみがえったと言い出す。

半沢の父親には申し訳ないことをしたが、バンカーとしては、正しい判断をしたと言いだす。半沢は、技術を見抜けなかった大和田が悪いと返す。

半沢は、大和田のようにゼロか100ではなく、他に、技術提携とか打ち手はあったはず。この国の技術を守るため、出来る限り最大限のことをするのが、バンカーとしての私の正義だと主張。

大和田は、その青臭い正義のせいで、頭取がやめることになった、お前だけが逃げるのかと叫ぶ。

大和田は、銀行を辞めると言い出し、今の銀行は、株価も信用もガタ落ちだと、沈没だと、死んでもいやだねと言い、この銀行はおしまいですと言う。

半沢は、そんなことはないと返し、必ず立て直すことができる。私は信じていると言う。

大和田は、そこまで言うなら、半沢が責任をとれと、銀行をメチャクチャにしたのはお前だ。その青臭い正義を持って、沈没寸前の東京中央銀行を立て直してみろと言う。

「正義を貫くには、頭取になるしかないぞ。やってみろよ半沢。中野渡さんと私が辞めるんだ。そのけじめをつけてみろよ」と涙を浮かべながら大和田は叫ぶ。

勝負だ半沢。頭取になれなかったら、ここでお前が土下座だ。頭取になれたら、私がここで土下座すると叫ぶ。

お前のおかげで、銀行員人生がメチャクチャだと言い、全人生をかけてお前を叩き潰すと泣きながら思いを伝える。「受けて立て、受けて立て」と叫ぶ。

「分かりました。受けて立ちます。但し、今度は、完封無きまでに、あなたを叩き潰す」と言う半沢に、「上等だ。やれるもんならやってみな」と言いながら、半沢の退職届を破り捨てる大和田。

「あばよ」と言い大和田は去って行く。半沢は一人役員会議室で苦笑いする。

ここまでがネタバレですが、第10話(最終回)は、箕部に渡した証拠は不十分だと分かり、箕部の口座の特定のため、秘書を揺さぶり、白井大臣を巻き込み.....。

黒崎からダメ沢直樹と散々の言われようでしたね。名古屋の海外銀行の支店に絞るとはさすがでしたね。箕部の秘書・笠松の行動から協力を得て白井大臣まで行きつくとは見事でした。

中野渡は、証拠が不十分だと分かり、わざと、箕部に渡して、大和田を送り込むとは、こちらも騙されました。

ドラまる
白井大臣を、中野渡が説得するシーンも良かった。牧野副頭取の自殺を悔いていたのは頭取でしたね。

花の送った桔梗の花が大活躍。最後は、やはり、はなちゃんでしたね。

ラマちゃん
箕部に1000倍返しをしろと大和田が言い。中野渡も大和田もやめ、銀行を地に落としたやつがなぜ責任をとらないと大和田が迫る。

半沢に、頭取になることを約束させ、未来を託しましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』10話(最終回)ネット上の反応

ドラまる
最終回は、白井大臣推しですね。支えた、笠松も良かった。

ラマちゃん
はなちゃんの最高。はなちゃんが白井大臣の心を掴んだ大活躍ですね。

ドラまる
黒崎にも認められ、中野渡頭取にも認められた。

ラマちゃん
半沢の1000倍返し、幹事長退場。

ドラまる
大和田が、半沢に託した思いが詰まった最高のラストシーン。

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『半沢直樹』10話(最終回)のあらすじネタバレ、感想を紹介しました。

箕部の隠し口座を調べるため、白井大臣に、箕部により亡くなった人がいることを訴え、1000倍返しを達成。箕部は逮捕され、頭取も責任をとり辞める。大和田は、半沢に銀行の未来を託す。

ドラまる
箕部の隠し口座を探すのに、白井大臣と笠松の協力、瀬名と森山の協力、黒崎、大和田に渡る連携プレーが最高でした。

大和田が、不正の証拠を持って登場し、1000倍返しだと半沢にラストパス。見事に決まったね。

ラマちゃん
大和田がなぜ銀行を辞めさせられなかったのか、行内融和と、不正を調べるためでしたね。

半沢が出向させられたのも、行内融和と、証券を学ばせたかったという親心でしたね。

前話で、大和田が必死に半沢に土下座させようとしたのは、箕部の懐に入るための芝居でした。でも、少しは、大和田は、半沢に土下座させたかった思いもあったのかな。

原作にはない大和田が見事にはまり込みました。派手な、顏芸、deathの言葉も印象的でした。最後は、半沢が銀行を辞めないように説得する役割を果たすとは。

半沢役の堺雅人さんの屈しないという演技、大和田役の香川照之さんの敵か味方なのか分からない演技もすごかった。他の俳優陣も役割をきっちりおさめ、令和に名を残すドラマでした。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA