半沢直樹(2020)|8話ネタバレと感想。政界のドン(柄本明)に屈する!黒崎は愛する半沢に託し去る!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月13日(日)「半沢直樹」の8話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
中野渡頭取に参考人招致の噂がたつ。紀本が政界のドン・箕部とつながっているようですが、

何を企んでいるのでしょうか。

ラマちゃん
再生タスクフォースの撤退路線に、箕部の地元で赤字の羽田・伊勢志摩間が含まれてない。

半沢は、箕部の秘密を探ろうとし、黒澤も追う。さて何が隠されているのでしょうか。

紀本を追い落とそうとするが、中野渡頭取に参考人招致の噂がたつ。政界の裏ボス・箕部が牙をむく。再生タスクホースの廃止路線計画に、箕部の地元が含まれてないことに半沢は気づき.....。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』8話あらすじネタバレと感想

10年前、智美が、ホテルの一室に向かい、遺書を残しある男が自殺していたことを、中野渡頭取は思い出していた。

中野渡頭取は、箕部幹事長に呼ばれ、債権放棄を、東京中央銀行がけしかけたと、若手議員が騒いでいて、参考人招致をするべきとの声が上がっていると、銀行次第と脅す。

智美の店で、紀本常務が箕部幹事長と繋がっているのではと半沢は渡真利に話す。渡真利は、これで大和田が、紀本常務の引き落としにかかるだろうと予想する。

大和田は、500億円の債権を放棄せずにすんだことを喜び、紀本常務は、債権放棄が達成できなければ進退を考えると言われていたと迫る。

紀本は、まだ、債権放棄は白黒ついていないと言い、頭取が国会で参考人招致を受けるという情報を掴んだ。その状況で、職務を放棄できないと主張し、残留が決定する。

その話を渡真利から聞いた半沢は、紀本と箕部が繋がっていることを確信し、箕部が、なぜここまで、東京中央銀行に強気になれるのか疑念を抱くようになっていた。

田島から、再生タスクフォースの再建案が入手できたと言われ、帝国航空に行く。再建案は、半沢が作ったものと同じで一同呆れる。羽田伊勢志摩路線だけが、箕部の地盤のため残されていた。

半沢は、銀行の債権放棄ありきで作られており、政府は、まだ、銀行に債権を放棄させる自信があると分析する。その自信がどこにあるのか、半沢は疑念を持つ。

半沢は、渡真利の紹介で、箕部の元番記者から情報を得ようとするが何も得られなかった。会った店から出ると、金融庁の古谷が待っていた。

古谷は、黒崎の前に、半沢を突きだす。金融庁も、箕部の指示で東京中央銀行に査察に入らされたり、スカイホープ空港の案件で冷や水を飲まされており、黒崎も、箕部を追っていると予想。

黒崎は、直樹に、箕部を追うことはできないと警告する。東京中央銀行と箕部は昔から何かあるからねと耳打ちする。

データベースを調べるが箕部とのやり取りはなかった。あるとしたら合併前だと半沢は言い、東京産業銀行の旧Sの大和田や半沢に対し、東京第一の旧Tの中野渡や紀本に分かれると説明する。

田島が、書庫を調べると、旧T時代に、若手議員であった箕部への資金提供があったことが分かる。詳細は、役員クラスしか分からないと判明。

半沢は、大和田の元に行き、旧T時代の資料を閲覧させて欲しいと頭を下げる。大和田は、紀本を引きづり降ろすことができずにイライラしていた。

大和田は、箕部のことを調べたいのだろう、おれと組まないかと言う。半沢は、資料を閲覧したいだけだと返すが。

大和田は、世の中で最も組みたくないのが半沢だが、頭取が参考人招致などばかげたことに呼び出されることを阻止したいだけだと、そのためには、猫の手だって半沢の手だって借りると言う。

手を刺し延ばす大和田に対して、半沢は、物を頼む時の7文字を以前教わったと動じない。

大和田は、しかたがなく、「お、ね、が、い、し、ま、す。」と言い、これは、頭取のためだと言う。半沢は、「未来の東京中央銀行のために」と言い、軽く握手をし共闘が成立する。

箕部への融資額は、5千万円、4千万円、3千万円とあり、さらに、マンションの建設資金に5年間無担保で20億円の融資がされていた。

半沢は、箕部のクレジットファイルはあるかと聞くが田島は見当たらないと言う。担当は、今は法人部の部長代理の灰谷だった。

半沢と田島は、灰谷になぜ無担保だったと聞くが、当時の旧Tのやり方だったと言いはねつけられる。

半沢は、東京中央銀行の生き字引が、検査部にいると言い田島を連れて行く。検査部は、融資の検査を行う部署で、出向を待つ島流しのような部署だった。

半沢が尋ねたのは、検査部部長代理の富岡で、半沢が新人で八重洲通支店に赴任した時、バンカーの基礎を叩きこんでくれた人物であった。

そのころ、灰谷は、半沢が、旧T時代の箕部への融資を調べにきたことを紀本に知らせる。

富岡は、旧Tの融資には、反社会勢力や政治家への不透明な融資が多く、上層部で問題になっていたと語る。クレジットファイルがないと分からないと言う。

田島が審査部にも地下書庫にもないというと、富岡は、全国7カ所にある書庫センターが一番怪しいかもしれないと言う。

半沢に、知らない番号から紀本常務が検査部に向かっているとSNSで連絡が入る。慌てて、箕部の書類を隠す。

紀本は入ってくるなり、書類を見せろと命じ、箕部のものではないと分かると怒る。田島の目線を見て、ファイルが棚にあると分かってしまう。

そこに現れたのは、福山だった。伊勢島ホテルの案件を頼んだのに芝居をうち、半沢は、箕部のファイルを渡して事なきを得る。

福山は、半沢にコテンパンにやられたが、大和田が救ったのであった。

大和田の部屋に、富岡も行き懐かしそうに話す。福山は、紀本のことを大和田の命で調べていたのであった。

福山は、リストを出して、紀本の他に、取締役会で紀本を擁護した役員も含まれ、中野渡頭取も含まれていた。

彼らは、旧Tというだけではなく、牧野副頭取の部下であった。牧野は、合併に尽力し、旧Tの闇の部分の全責任を負って自殺した人物であった。リストには、料亭の女将・智美の名前もあり、牧野の秘書であったことが分かる。

9月6日は、牧野の命日で、そのメンバーは今でも、棺の会と言う名前で、命日の法要を行っていた。

半沢と渡真利は、その法要に出向き、遠くから手を合わせる智美に声をかける。

智美は、牧野副頭取の秘書であり、中野渡の部下でもあった。牧野副頭取は、中野渡を買っており、よく遅くまで銀行の将来について議論していたと語る。

副頭取に頼まれ、書類を持ってホテルに行くと、牧野副頭取が自殺していたと語る。

半沢が、牧野副頭取が、不正に関わっていたのではと聞くと、智美は、牧野副頭取がそんなことができる人ではなかったと説明する。

牧野副頭取が亡くなったあとに、紀本の口座に多額のお金が振り込まれたと噂があったと話す。

牧野がそんなことをしない人だと思った理由があるのではと智美に聞く半沢。牧野は遺書を残していたのだった。

富岡と福山がいる中で、半沢は、大和田に紀本の口座を調べて欲しいと言う。大和田は、その前に、箕部の融資が不当だったというクレジットファイルが欲しいと言う。

半沢は、それなら、智美さんがヒントをくれたと大和田に言う。

紀本は、箕部に、半沢が15年前の融資の件を調べているが、クレジットファイルを隠してあるから大丈夫だと答える。

紀本は、福山が、タブレットで、牧野副頭取を調べているところを見つけ、大和田の命令でやっていることを吐かせる。

紀本は、大和田の部屋で待ち、箕部先生とのことを調べているようだが、知っていることを話しなさいと命じる。箕部先生にかかれば、役員の首など飛ぶと脅す。

百戦錬磨の大和田は、脅しに屈せず、人に頼む時は、恩返しをしなくてはならない。常務に推薦してくれればと取引をする。紀本は、約束する。

大和田は独り言だと言い、半沢が、智美から、牧野の遺書にクレジットファイルのヒントが書いてあったと言っていたと言う。

焦った紀本は、法人部の灰谷に命じて、クレジットファイルが本当にあるか確認するように命じる。紀本は、智美の店を訪ねる。

灰谷は、書庫センターに行き、箕部のクレジットファイルが保管されていることを確認し、紀本に連絡する。

安心した紀本は、智美に、先日牧野さんの命日だった。牧野さんの遺書があると聞いた。忍びたいから見せて欲しいと頼む。

智美は、「私も、先ほど読んだところだ。個室にあるから読んで下さい」と言う。

紀本が、個室のドアを開けると、半沢がいた。「牧野さんの遺書には、クレジットファイルの隠し場所は書いていなかったが、あなた自身が教えてくれた」と言う。

半沢たちは、紀本の行動を探り、福山に牧野のことを調べていることをわざと見せて慌てさせ、灰谷に確認させたクレジットファイルのありかを、田島と富岡が確認していた。

大和田は、箕部のクレジットファイルを手に入れたと半沢に電話する。

半沢は、紀本に、ここにきたこと自体で、不正の融資に関わっていたことの証拠だという。紀本は、そのお金は返されているし、今更探ってもなにもならないと語る。棺を開けても仕方がないと言う。

半沢は、警察にあって銀行にないものがあるそれは時効だという。

牧野の遺書には、智美への感謝と、合併後の銀行に対する希望が書かれていた。不正は正すことがバンカーの使命だと言い徹底的に調べると言う。

紀本に、箕部から電話が入る。クレジットファイルを手に入れた大和田と半沢に話をしたいと言っていると伝え、棺を開けたのは、君たちだから行くようにと言う。

箕部の前に立つ大和田と半沢。

箕部は、政治にはお金が必要で、銀行は、担保が必要だが、15年前、牧野副頭取に頼んでお金を融資してもらった。そのお金もすべて返していると説明する。

半沢は、その時、不正なお金がある人物に流れたのではと迫る。

箕部は、「では、清廉潔白な牧野くんがなぜ自殺したのか疑問に思わないかという」。秘書の笠松に命じ、牧野の口座の不正な入金記録を見せる。

箕部は、牧野くんを思って表沙汰にしなかったと言う。これが表沙汰になれば、金融庁からの業務停止命令にもなりかねないと脅す。

大和田は、業務停止命令と聞き、箕部に頭を下げて謝る。半沢は、悔しさがにじみ出て頭を下げない。

箕部は、納得してもらえないならすべてを話そうと言い出し、笠松に命じ、金融庁長官に電話をかける。

半沢は、箕部に対して、すみませんでしたと頭を下げ、箕部は金融庁への連絡を切る。

銀行に戻った大和田は、半沢に、中野渡頭取の参考人招致が、紀本の尽力でなくなったと伝える。

これで、紀本に何も言えなくなったと大和田は怒る。半沢は、すべて牧野さんのせいにするつもりで証拠を用意したと思わないかと迫る。

大和田は、「そんなこと分かってる。本気であのバケモノを相手にするのか、これ以上すると、半沢も命を落とすことになるぞと言う」。

箕部のことを探っていた黒崎も、金融庁を異動になったと伝えると、半沢は飛び出して行く。

黒崎は、自分の机を整理し、無念そうな部下たちになんて顔をしているんだと言い、金融庁のビルを出て頭を下げる。

そこに、半沢が、「黒崎検査官」と声をかける。

黒崎は、もう検査官ではないと言い、誰かの影響で、政府に盾突こうと思ったのが間違いだったと言う。

「検査官でなくなった私から最後に一つ教えてあげる。伊勢志摩ステートを調べなさい。金融庁はここで手を引く。箕部を追うことはできない。」

「あなたのことは大嫌い。だから、最後まで大嫌いなあなたでいて欲しい。半沢次長。」と振り返って去って行く。

半沢は、「黒崎検査官」と呼び、頭を深々と下げる。黒崎は、振り返り笑みを浮かべさっそうと歩いて行く。

ここまでがネタバレですが、第8話は、幹事長と銀行の関係を疑う半沢。合併前に巨額の融資があったことを掴む。詳細が分かるクレジットファイルが.....。

半沢が、幹事長の箕部の巨額融資を暴くため、大和田と共闘しましたね。大和田におねがいしますを言わせたところに半沢の勝ちがありましたね。

紀本もそれを嗅ぎ付け、寸でのところで救ったのは、かって、半沢が、伊勢島ホテルでコテンパンに負かしたタブレット福山だったのが驚きでした。大和田が救っていたとは。

ドラまる
箕部への融資には、旧Tの牧野副頭取の死があった。智美も秘書だったのですね。

紀本に揺さぶりをかけ、箕部のクレジットファイルのありかを突き止めたところは痛快でした。

ラマちゃん
箕部は妖怪でしたね。すべて、牧野に責任を負わせる証拠を突きつけ、大和田と半沢を平伏せさせました。黒崎も飛ばしてしまった。

でも、黒崎が大っ嫌いな半沢に託したところが救いでした。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』8話ネット上の反応

ドラまる
半沢と大和田が手を組むシーン。大和田が、おねがいしますと言えないもどかしさがいいと評判ですね。

ラマちゃん
黒崎検査官カッコよかった。半沢愛にしびれたとの声が大きいですよ。

スポンサーリンク

ドラマ『親バカ青春白書』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『親バカ青春白書』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

親バカ青春白書|8話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『半沢直樹』9話のあらすじ

2020年9月20日(日)放送のドラマ『半沢直樹』第9話のあらすじをご紹介します。

半沢(堺雅人)は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとするが、亡くなった牧野元副頭取(山本亨)が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされる。

同じように箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう。

黒崎が最後に残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛ぶ。空港で彼を待っていた人物とは…。

伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢。

さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。

半沢の疑惑は確信へと変わっていき…。

半沢は伊勢志摩ステートに隠された秘密を暴き出し、倍返しすることはできるのか…!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『半沢直樹』8話のあらすじネタバレ、感想、9話のあらすじを紹介しました。

合併前に箕部に巨額の融資をし、牧野副頭取が自殺。金が流れた紀本を慌てさせ箕部のクレジットファイルを入手。箕部は、牧野の不正を突きつけ半沢は負ける。箕部を調べていた黒崎も異動。

ドラまる
黒崎が最後に伝えた伊勢志摩ステートを調べる半沢。

伊勢志摩支店の同期が協力してくれるようです。どんな人物か楽しみですね。

ラマちゃん
半沢は、伊勢志摩に行き、ある人物を目撃し、疑念が確信に変わる。

半沢が掴んだ確信とは。牧野副頭取の死の謎は解けるのでしょうか。

お互いに嫌いなのは分かるが、それ以上の大義で、半沢と大和田が手を結びましたね。それも、お互いに意地の張り合いで面白かったです。

しかし、政界のドンの箕部は手ごわいですね。半沢は最後まで頑張りました。黒崎に大っ嫌いな半沢次長でいて欲しいと言った言葉に、半沢への期待が現れてました。

次話、最終回の前話。箕部をやっつける証拠は見つけることはできるのでしょうか。3人まとめて倍返しとは、箕部以外にだれにやろうとするのか。楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA