親バカ青春白書|4話ネタバレと感想。美咲(小野花梨)の過去が明らかに。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年8月23日(日)にドラマ『親バカ青春白書』第4話が放送されました。

ドラまる
人気が出ないと悩んでいた根来のためにしたことで、さくらと畠山の間にはすれ違いが起きちゃったんだよね。
ラマちゃん
その根来がなんと今や人気動画配信者になって調子に乗ってるそうよ。

こちらの記事では、ドラマ『親バカ青春白書』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『親バカ青春白書』第4話あらすじネタバレと感想

根来恭介(戸塚純貴)のミスコンでの動画がメガヒットしたその半年後。

二年になったガタロー/小比賀太郎(ムロツヨシ)達。

すっかり人が変わってしまった根来を心配しています。

人気者になっても相変わらずフラれ動画を撮っているんですね(笑)

しかし心配していた通り、一つのネタで動画を撮っている根来はすでにやらせにも手を出していました。

一緒に動画を撮っていた仲間に才能がないと言われた根来はどうする?

一方、山本寛子(今田美桜)にはまた違う恋人が登場!かと思ったら、畠山雅治(中川大志)にも彼女が!

驚くガタローとさくら(永野芽郁)。

告白されたから付き合ったという畠山の意思のなさ。やっぱりちょっとふわふわしてますね。

自分で学費を払っている衛藤美咲(小野花梨)を見て、自分でもバイトをしたいと考えるようになったさくらはガタローの許しを得ようとしますが反対されてしまいます。

そこへかかってきた一本の電話。

それはガタローの連載の打ち切りの連絡でした。

締め切りの問題と、学生生活が小説の邪魔になり身が入っていないことが問題です。

編集の尾崎(谷口翔太)にはガタロー自身が学生になったということを言っていませんでしたね。

ガタロー「さくら、一緒にバイトしようか。」

おかしなことになってまいりました。

美咲の働くカフェでさくらは厨房でガタローはホールで働くことになります。

美咲のバイトの品格。テキパキがすごいですね。

カフェで働くガタローの前に、品のないお客が現れました。

このお客のせいでバイトが次々と辞めていたのでした。

しかも美咲の元カレ!

美咲も随分と不良をしていた過去をお持ちでした。

そんな過去と決別するために大学に進学した美咲に感心するガタロー。

一方、寛子は新しくできた恋人に二股をかけられ悩んでいました。
 
ガタロー「恋というのはまず育むこと。心を通わせること。」

一緒にカフェに来ていた畠山はさくらの料理を食べ、寛子に「彼女と別れた」と話をします。

相手のことを知ろうとしていなかったという畠山。

彼女との別れに至った理由がガタローの言葉で腑に落ちたんですね。

そして、再び現れた美咲の元カレ。

水をこぼしてしまった美咲に無茶な謝罪を求めますが、美咲は毅然とした態度で断ります。

最終的にしびれを切らした美咲に蹴りを入れられて喜ぶ元カレはもう一度やり直したいと言いますが美咲はガタローが新しい恋人だと嘘をつきます。

落ち込み帰っていく元カレは、ただの元カノ大好き男だったんですね。

初めての給料でさくらにパジャマを買ってもらったガタローは嬉しくて大学にまで着て行ってしまいます。

その様子を見ていた畠山「さくらっていい子だよなぁ。」

とうとうこの二人くっつくか?

寛子と同じ反応をしてしまいました。

そして、撃退したかに見えた元カレの突撃から逃げてきた美咲が小比賀家でしばらく過ごすことになりました。

またまた波乱の予感です。

スポンサーリンク

『親バカ青春白書』第4話ネットの反応や感想

ラマちゃん
美咲は結構やんちゃな高校生だったのね。

ここまで修正してきた精神力、えらいわ。

ドラまる
美咲の「バイトの品格」がすごかったね。

できる女!

ラマちゃん
なかなかのお客様にも、いつものガタロー節炸裂。

曲がらないわねぇ~。

ドラまる
このお二人、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』では実らない恋に苦悩したんだったね。

こっちでは幸せになってほしいね。

ラマちゃん
さくらがプレゼントしたパジャマが、母親との約束の品だったことに嬉しさを隠せないガタロー。

よくわかるわ。

スポンサーリンク

ドラマ『親バカ青春白書』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『親バカ青春白書』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

親バカ青春白書|4話見逃し動画無料視聴はこちら

『親バカ青春白書』第5話あらすじ

2020年8月30日(日) 22:30時から放送のドラマ『親バカ青春白書』第5話のあらすじをご紹介します。

元カレ騒動以来、美咲(小野花梨)が小比賀家に転がり込んで2ヶ月。

ガタロー(ムロツヨシ)たちは大学2年の初夏を迎えていた。

家族の一員のように小比賀家の生活に馴染む美咲だが、さくら(永野芽郁)は年の差を物ともせず家でもバイト先でもやけにウマが合うガタローと美咲の仲の良さが気にかかる。

ガタローの仕事部屋で小説を読み漁る美咲にただならぬものを感じるさくらは、寛子(今田美桜)とハタケ(中川大志)に相談。

しかし、やけに小慣れた二人の掛け合いを見て、今度は寛子とハタケの関係も気になりだし……。

そんな中、ガタローは最近大学に姿を現さなくなった根来(戸塚純貴)のことを心配していた。

YouTubeチャンネルの動画は毎日更新されているものの、友達からの連絡にも返信を返さない根来はその頃……。

一方、相変わらず恋に奥手なさくらをもどかしく思う寛子は、さくらとハタケを呼び出しある作戦を決行する。

ついに動き出すさくらとハタケの恋!その時、親バカガタローは!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『親バカ青春白書』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

美咲の過去が明らかに。

苦学生だと思っていましたが、想像以上でしたね。

そして、そんな美咲の芯の強さにいまだに惚れている元カレさんだったようですが、やり方がまずかったですね。

最後に小比賀家に転がり込んでくる行動力もすごいです。

ドラまる
畠山に彼女ができてどうなることかと思ったけど、なんとか丸く収まりそう?
ラマちゃん
寛子が次回は二人のために動いてくれそう。

そして、根来の方も気になるわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA