MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|11話(最終回)ネタバレと感想。久住・菅田将暉の悪役ぶりに脱帽!志摩と伊吹のバディ永遠に!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月4日(金)「MIU404」の11話(最終回)ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
メロンパン号が犯人の車とネットで流され、使えなくなってしまうようですね。

メロンパン号復活して欲しいですね。志摩と伊吹が仲良く活躍する姿が見たいです。

ラマちゃん
陣馬がひき逃げされる。第4機捜それぞれが、自分に責任があると感じる。

このままバラバラになってしまうのか。久住を捕まえることができるのでしょうか。

同時爆破テロはフェイクだとわかり収束して行く。犯人の車とネットで拡散されたメロンパン号は使えず、志摩と伊吹の仲もギクシャクする。陣馬がひき逃げされ、全員が後悔と責任を感じ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』11話(最終回)あらすじネタバレと感想

陣馬は、ドーナッツEPの工場から逃亡するトラックにはねられ意識不明の重体が続いていた。病室には、毎日、機捜うどんが届けられ人望が厚かった。桔梗は家族にバックアップを約束する。

同時爆破テロのフェイクニュースは沈静化し、犯人の車と拡散されたメロンパン号も、伊吹たちに助けられたという人からの書き込みで収束してきたが、まだ使うことができなかった。

フェイクニュースの拡散により、指令本部は混乱し、通報に対する救急車や警察の遅れが発生し、陣馬もその影響を受け、搬送が遅れたのであった。九重は、いっしょにいればと悔しがる。

伊吹と志摩は、陣馬たちが乗っていた機捜401号車に乗って密行するしかなかった。オリンピック前の賛成反対でいざこざがあり、新競技場前に急行し、騒ぎを納める

伊吹は、志摩の様子がおかしいと思い、久住がフェイクニュースを流した時に、迷わず久住を捕まえに行けば良かったと考えているのでは言い、しかたがないと言う。

しかし、志摩は、捜査1課の時の自分なら、迷わず、久住を追った。そうすれば、陣馬への救急搬送も遅れがなく、騒ぎにならなかったと悔やんでいた。

伊吹は、恩師の蒲郡に差し入れに行くが、すべて断られていた。刑事の自分を捨ててでも犯人を許さないと覚悟した蒲郡の言葉を、伊吹は気になっていた。

伊吹は、陣馬を見舞い、九重と話す。九重は、行先が決まらず有休消化を命じられていた。

成川の証言から似顔絵ができたが、証拠不十分で公開にはならなかった。陣馬をはねたトラックも盗難車で、久住にはたどり着けないと九重は悔しがる。

伊吹は、「それでも、陣馬さんをこんな目に会わせたのは久住だ。警察をやめても絶対許さない」と言う。

志摩は、フェイクニュースを流した罪で逮捕され保釈された特派員RECを捕まえ、志摩が、久住とのやりとりを録音していたレコーダーで保釈されたのだからと協力を迫る。

久住は、警察が清く正しいことしかしないという裏をかいて手を打ってくる。警察では、久住を捕まえることができない気がすると言うと、RECは、警察をやめる気なのかと問う。

志摩は、そうかもしれない。それで久住を捕まえることができれば本望だと言う。RECは、助けてもらった借りもあるから協力するという。

久住が持っている海外製のスマホカバーから情報をさぐりたいと言うが、RECは、久住のばれないように、RECのアカウントも注目されすぎて使えないという。

志摩は、注目という言葉に反応し、久住の似顔絵でも拡散するかと言い出す。

警察がフェイクニュースに騙されたことを糾弾することが報じられ、桔梗は勝手なことを言うと怒る。

麦にネットに上がった写真を削除をお願いしているが、しばらく残るだろうと言う。麦は、勤め先の幼稚園も決まり、噂になっても、井戸の底と比べれば平気と、強くなっていた。

桔梗は、いっしょに住めばいいし、お嫁に行けなければ老後をいっしょに暮せば良いと言う。麦は、優しさに涙を流し、桔梗が異動を命じられたことを悔しがる。

桔梗は、第1機捜と第4機捜の隊員を前に、騒動の責任をとって隊長を離れることを述べる。1年半の感謝を言い、陣馬のような隊員があんな目にあったことへの憂いを述べる。

その挨拶は、桔梗のスマホから、陣馬の病室にいる九重のスマホにつなげられ、眠る陣馬に伝えられていた。

桔梗は、犯人を逮捕できずに去ることを悔しがり、必ず、みんなが逮捕してくれると期待を込める。労をねぎらい大きな拍手が起こる。

糸巻は、スパイダー班も第4機捜も、新しい隊長が不要と判断すれば解散させられるだろうと伊吹に言う。ネットで、久住の似顔絵が拡散していると伝え、伊吹は志摩ではと気づく。

桔梗は、志摩に、警察の似顔絵ではないが、それに近い似顔絵が拡散していると言い、下をクリックするとウイルスに感染すると糸巻が言っていたと言う。志摩は、関与をとぼける。

九重は、桔梗に、伊吹が今にも犯人を殺しそうで心配だと伝えてきたことを話す。志摩は、新しい隊長がきたら、奥多摩に返しましょうかと提案する。

志摩に、下手な似顔絵を描いて拡散しているなと声をかけ、無視した志摩を殴る。志摩は、伊吹の挑発にのらず冷静だった。その間に、糸巻が志摩のカバンに何かをしかけていた。

久住は、RECが流した似顔絵を見て、似てないと笑い、その下のURLには危ないと思いクリックしなかった。

志摩は、RECに会い、興味本位でURLをクリックするやつが多いと言いながら、久住のスマホケースの情報を収集していた。ロンドンで作られていたが、友人しか連絡を受け付けなかった。

志摩は、ロンドンなら、警察庁から探れると九重を利用することを思いつく、スマホカバーの送り先を入手させ、個人に4件のうち東京湾マリーナに送付されていることが分かる。

九重は、正式に捜査するべきだと言い、ルールを守るのが志摩で、相棒の伊吹は知っているのか、言う。

志摩は、伊吹の正しさにつられ判断を誤ったと後悔を述べる。相棒なんてその場限りだと言い、その会話を、糸巻が仕掛けた盗聴器を通じ、伊吹は離れた場所で聞いていた。

その志摩の言葉に、伊吹は、幻滅して、盗聴を切る。

志摩は、伊吹をこんなことに関わらせたくない、ああいう正しい刑事がいることで、助かる人が沢山いると九重に話す。その言葉を伊吹は聞いていなかった。

九重は、陣馬を失い、志摩も失うと何を頼ればいいのかととく、ルールに反することはしない単独行動も絶対禁止ですよ念を押す。

志摩は、九重と別れたあと、自分のカバンに盗聴器が仕掛けられていることに気づく。糸巻は、伊吹から志摩が心配だと言われ仕掛けたと謝る。

志摩は、糸巻に桔梗に話すな何も聞いていなかったことにしろと、責任が及ぶことを避ける。

すぐに、伊吹に電話をして、どこにいると聞く。伊吹は、「相棒なんて、別れたら終わりでしょう。単独でやろう」と言う。志摩は、「そんなつもりで言ったのではない」と言うが切られる。

志摩は、すぐに、久住が受け取りにくる東京湾マリーナだと気づき向かう。

久住は、東京湾マリーナに重野と言い自分の郵便物をとりにきた。その受付に現れたのは伊吹だった。

伊吹は、荷物は届いていないと言い、成川の書いた似顔絵似ているなと見せる。久住というくず野郎を探していると言い、なぜドーナッツEPを作り、相棒のエトリを殺したと聞く。

久住は、相棒思ったことはない、人形だと言い、ドーナッツEPも欲しいから皆が使っている。自分は何もしていない、かってにやっているとふざけたことを語る。

伊吹が、話しを聞いてどうするか決めたいと言うと、久住は、神様なのかと言い、決める権利はあるのかと返す。

大きな災害があってもすぐにみんな忘れ、自分のことしか考えない。警察だけが、盾になって働いているすごいと言う。

一人の刑事が、トラックではねられたと言うと、久住は、よければいいんだと言い、自業自得だと話す。

それを聞いた伊吹は、久住の胸ぐらを掴もうとすると、停泊中のクルーズ船に逃げられ、ドアを閉められる。

伊吹は、他のドアから侵入しようとするが、ドーナッツEPの製造工程で、異臭がする中、閉じ込められる。伊吹はドアを叩き、助けを求めるが反応がなかった。

志摩が、マリーナにかけつけ、久住宛ての郵便物のG11という印から、クルーザーを特定する。伊吹倒れているのを見つけ、たたき起こすが起きない。

そこに、毒ガスマスクをつけた久住が現れ、志摩を、ドーナッツEPの部屋に閉じ込める。志摩は意識がもうろうとしてくる。

気づいた時には夜になっていた。寝ている伊吹に大声をかける。久住は、伊吹は、多量に吸い過ぎいて起きないという。

志摩は拳銃を抜き、久住に向ける。久住は、志摩のようなやつと組みたいと笑いながら言い、もし撃ったら、同僚が責任をとらされ、兄弟も悲しむぞと言ってくる。

志摩が迫ると、後ろから、志摩の頭に銃口が突きつけられる。久住は、志摩の負けだという。

志摩は、銃を引いて、もし自分が死んでも、伊吹が、その銃声で必ず起きる。そして、自分が死んでいるのを見て、久住を絶対許さないと叫び、引き金を引く。

その銃声で、本当に、伊吹は気づき起き上がる。気づくとだれもいなかった。久住の声が聞こえ、デッキに向かう。

久住は、相棒にならないかという。伊吹は、間違ったやつを正すのがおれの仕事だと言う。なんで一人できた相棒の志摩がどうしたと言う。

久住がデッキを降りて行くと、その先のドアに血痕がついていて、伊吹が近づくと志摩が銃で撃たれて倒れていた。

伊吹は、何度も志摩の名前を呼び、志摩が持っていた拳銃を持ち、久住を撃とうとする。息絶え絶えの志摩は、撃つなと言い叫ぶ。

久住は、「最大のチャンスだぞ。殺人容疑で逮捕できる。」と言う。伊吹は、久住を銃で撃ち殺す。そして、志摩と叫ぶ。

二人は、両手を縛られ監禁をされ眠っていた。すべてが、ドーナッツEPによる幻覚だった。

九重は、眠っている陣馬に、博多うどんをつくろうかと声をかけるが返事がない。もう一回酒を飲もうよと陣馬のベットに寄り掛かると、陣馬の手が動き当たる。

九重は、陣馬の名を叫び。陣馬が、「博多うどんは腰が無い」というのが聞こえてくる。陣馬は意識を回復したのだった。

九重は、伊吹と志摩に何度も連絡し、意識を回復した陣馬の写真も送る。その送った振動で、伊吹の上にスマホが落ち起きる。

志摩が生きていることを見つけ、ドーナッツEPによる幻覚だったことが分かる伊吹。志摩を起こし、志摩も幻覚だったことが分かる。

二人は、頭突きで、意識を取り戻し、志摩の拘束していたテープを、伊吹がちぎりほどく。お互いに拘束が解かれた二人は、陣馬の元気な顔をみて、元気がでる。

九重に電話をし、久住のクルーザーに乗っていることを伝え、二人は、海に飛び込む。

九重は、桔梗にクルーザーのことを連絡。機捜には新隊長がきていたが、我孫子刑事部長に連絡をとり、今、久住を捕まえないと、未来に被害者がでると説き、指揮権をもらう。

桔梗は、海上保安庁に協力を仰ぎ、久住のクルーザーを追い詰める。久住は、そのまま海外逃亡をしようと思っていたが、断念して戻り逃げる。

伊吹と志摩は、土産物屋のおばちゃんから着替えを借りて、九重が乗ったメロンパン号に乗り込む。

九重は、乾いたMIUのジャンバーを用意し、伊吹が走れるように、お気に入りの靴も持ってきていた。喜ぶ伊吹。久住が上陸した付近に機捜隊員が捜索していると伝える。

志摩は、伊吹に、「一人でやろうとしてすまない。泣くなよ」と謝る。伊吹は、泣いてないよと言う。

桔梗は、久住の似顔絵を隊員に配布し、青色のジャンバーを着ていると伝え、辺り一帯を捜索する。

メロンパン号に乗った、伊吹たちは、屋形船に乗る久住を見つけ、伊吹を走らせ追いかけさせる。

久住は、プライベートジェットを貸して欲しいと頼んでいた。窓のそとに、伊吹が、屋形船を追いかける姿を見つけやばいと思う。

伊吹は、自慢の足を使い、橋から屋形船に飛び下り、久住を追う。久住は、屋形船の屋根に乗り、丁度きた橋のところに捕まり逃げる。伊吹は、船頭にバックするように頼む。

橋に這い上がった久住は、一安心すると、自転車に乗った志摩に追いかけられる。別の橋まで逃げると前には、九重の運転するメロンパン号が立ちはだかる。

久住は、追いかける伊吹の屋形船にもう一度飛び乗り逃げる。そして、船が、橋の下をくぐろうとするとき、わざとよけずに、橋の欄干に頭をぶつけ倒れる。

志摩は、船を岸につけるように指示し、大丈夫か動くなと久住に言う。久住は、屋形船には、友達が乗っていて、警察の暴行を見せると言う。

久住は、警察にやられた見ろと血だらけの顔を見せるが、友達たちは、ドーナッツEPによって、錯乱状態でありなにも分からなかった。

伊吹は、「こんな世界にしたお前を一生許さない。許さないから殺してやらない」と言うと、久住は呆然として観念したようだった。

志摩は、久住の頭の血をハンカチで抑え、「そんな楽させてたまるか。生きて俺たちと苦しめ」という。伊吹は、警察だ、全員動くなと言う。

陣馬は退院し、松葉づえで機総にきて、機捜うどんつくるぞと叫び皆に歓迎される。

志摩と伊吹は桔梗に会い、久住は、パスポートも偽造でだれか分からない、久住があれから完全黙秘を続けていることを聞く。

逮捕直後に、志摩と伊吹に話したのがさいごだった。

名前を聞くと、久住、くずと様々な名前を言い、どこで育ったと言うと、幼少期に虐待に会ったとかどんな過去がいいと言う。

そして、久住は、両手で顔を抑え、「お前たちの物語にはならない。」と話したのが最後だった。

伊吹は、泥水でみんななくなれば良いと久住が言っていたと志摩に話す。志摩は、システムエンジニアの過去に、官公庁のシステムに入り戸籍を消したかもしれない。

いろいろなシステムに入るバックドアを持っているとすると、大事件になる前に俺たちが止めたということになると志摩は解説する。

伊吹は志摩に、「警察やめないよな」と言う。

2020年夏、歩く人々はマスクをつけていた。伊吹と志摩もマスクをつけて、本当にオリンピック中止になるとはと言いながら、これからどうなるのなかなという。

そこに指令本部から連絡が入る。伊吹は、「機捜404、現場に向かいます」と元気よく言う。

ここまでがネタバレですが、第11話(最終回)は、爆破テロのファイク騒ぎで、陣馬がドラックに引かれ重体になる。志摩は、判断を悔やみ単独で動き.....。

志摩は、自分の判断ミスと悔やみ単独捜査する。伊吹は、志摩を心配し、盗聴器で、志摩が一人の方がいいと言うのを聞いてしまってがっくりでしたね。志摩も伊吹を心配でしたことでした。

伊吹が単独で、ついに、久住とぶつかりましたね。勝手にみんながやっただけというクズぶりに、伊吹の怒りが爆発しました。でも、捕まってしまい、志摩助けてやってと思いました。

ドラまる
志摩は、久住を殺そうとして銃弾に倒れる。血に染まった志摩を見て、伊吹が久住を撃ってしまう。

まるで本当に起こったことのような演出に脱帽。ドラッグの幻覚だったのですね。

ラマちゃん
陣馬が目覚め、九重がそれを、伊吹たちに教えて、伊吹たちも目覚めるところから、久住をついに逮捕するスピード感が軽快ですごかったです。

メロンパン号も大活躍でした。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』11話(最終回)ネット上の反応

ドラまる
久住という存在。菅田将暉さんのクズ演技が最高。菅田将暉さんしかできなかったと賞賛の声が上がってます。

ラマちゃん
伊吹と志摩も最高との評価。綾野剛さんと星野源さんすごかったですね。

ドラまる
今、この空の下で、伊吹や志摩が活躍していると夢のような話をする方や続編希望の声も多いですね。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|最終話見逃し動画無料視聴はこちら

まとめ

ドラマ『MIU404』11話(最終回)のあらすじネタバレを紹介しました。

陣馬の重体を悔やむ志摩は、単独で久住の居場所を特定する。伊吹は、志摩に見放されたと勘違いし、一人久住の前に行き監禁される。志摩も捕まる。バディが復活し、久住を追い詰め逮捕。

ドラまる
志摩と伊吹がお互いに気をつかい、ギクシャクしてしまった時は悲しかったね。

でも、桔梗が指揮し、九重も力を貸して、屋形船を追って久住を志摩と伊吹のバディが逮捕するのは爽快でした。

ラマちゃん
久住は、悪役としてすごかったですね。悪を正当化する物言い、逮捕された瞬間の茫然とした顔。最後に、両手で顔を覆い、この世に存在しない人を感じました。

菅田将暉さんしかできない演技と思ってしまった。

久住を通じ、現代のネット社会の危うさを訴えた秀作に巡り合えました。最後は、伊吹と志摩のバディの人間くささが勝って本当に良い物語でした。

伊吹と志摩がどんどん相棒になって行く過程もよく練られてましたし、綾野剛さんと星野源さんのもすごく表情が素敵でした。桔梗隊長役の麻生久美子さんのりりしさも素敵でしたよ。

これで、MIU404が終わってしまうとは、寂しいですね。いつかまた、メロンパン号に乗り、伊吹と志摩が軽快な会話をする姿が見たいですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA