MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|9話ネタバレと感想。絶体絶命の麦(黒川智花)!間に合った伊吹!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年8月21日(金)「MIU404」の9話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
虚偽通報事件で逃亡中の高校生・成川が暴力団に出入りしていることが分かる。

成川は、違法ドラッグの久住と繋がっているし、九重も取り逃がしたと追いかけるようだね。

ラマちゃん
麦に1千万円の賞金がかけられているようです。エトリがかけたのかな。

成川がナウチューバーの特派員RECに麦を探してもらう。麦が心配ですね。

いたずら通報メンバーで逃亡中の成川が、暴力団関係先に出入りしていることが分かる。九重は、取り逃がした責任を感じ捜査する。成川はナウチューバーに、懸賞金のかかった麦の捜査を.....。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』9話あらすじネタバレと感想

蒲郡が殺人で逮捕されて以来、伊吹は元気がなかった。メロンパン号にいたずら書きされて、いっしょうけんめいに落とす。

桔梗の家に盗聴器が仕掛けられていた事件で、依頼したのは辰井組だと分かる。エトリによる資金援助で急成長した。そこに出入りする虚偽通報事件で逃走中の高校生・成川の姿があった。

九重は、取り逃がした責任を感じ成川を追わせて欲しいと頼む。陣馬は、刑事は、気にしていたら身が持たないと言うが、志摩や伊吹は、そんな九重の気持ちが好きだった。

成川は、ナウチューバーの特派員RECに、1千万の懸賞金の麦の調査を依頼する。

RECは、人の善意を使うと、麦とゆたかの写真をSNSで、娘と息子とがいなくなったと拡散させ情報を得る。

志摩は、メロンパン号を洗いながら、伊吹が機捜にきた時に、すぐに、犯人を止められる機捜が良いと言ったのを聞き、伊吹となら人が救えるのではと実は感動したと告白する。

伊吹は、蒲郡の件を悔やみつつ、本当に、救えるのだろうかと少しづつ奮起していった。

桔梗は、捜対4課が、麦を再聴取したいと我孫子刑事部長から頼まれる。エトリの情報は、麦から得た似顔絵だけで本当に存在するのか疑っていた。

桔梗は、芝浦署でやることを条件に、麦の聴取を同意する。伊吹と志摩にも同席するように命じる。

幼稚園の給与が安く、夜、ピアノの演奏のバイトをしていた麦は、2016年冬にエトリに出会った。

エトリは、麦を気に入り、裏カジノで儲けているとか話し、気に入った女は、飽きられるまで俺の女になるしかないと、さもなければ暗く冷たい場所に行くことになると脅された。

怖くなって警察に行ったが、妄想だと相手にされず。唯一信じてくれたのは桔梗だったと泣きながら話す。

成川の自宅に行く九重と陣馬、外には落書きがされており、母親は、忘れたいようだった。九重が成川を止めたいと必死に頼み、久住という男といっしょにいることが分かる。

成川は、久住に会い、エトリさんがらみで女を探していて見つかればまとまったお金が入ると言う。久住は、エトリは、このビルのオーナーでもあり怒らせると殺されるという。

事情聴取を終えた麦をメロンパン号に乗せて励ます伊吹。麦も機捜の皆がこの町を守ってくれているんだと言い、表だけの皆が前向きに生きられる世界になりたいと言う。

避難している警察寄宿舎につく麦、その姿を特派員RECが撮影していた。RECは、ゆたかの学校を特定し、住んでいる居場所を見つけ張っていたのだった。

麦を降ろしたあと、伊吹は、麦や桔梗やゆたかになにかあったら許さないという。志摩も同意する。伊吹は、物陰に隠れていたRECを見つける。

RECに何をしていたと職務質問をし、ビデオカメラを見ようとする。RECに職権乱用だと言われ諦める。RECの名前は、児嶋弓快だった。


久住は、池袋のホストで、ドーナッツEPの出所であることが分かる。久住のホスト写真を店から入手したがぼやけており、関西弁を話す男としか分からなかった。

翌日、麦は聴取を受ける。捜対4課と別れ、伊吹たちをロビーで待っていると、成川が、覚えてますかと近づいてくる。家に帰れず困っていると言い、麦のアドレスを聞きだす。

伊吹が麦を迎えにきた時には、成川は消えていた。麦をメロンパン号に乗せるが、伊吹はなぜか後ろが気になっていた、

成川は、辰井組の澤部とエトリに会いに行く。エトリは、成川に女を呼び出せと言い去って行く。

成川は、会えないかと麦にSNSで連絡する。桔梗に、昔会った子で、家がないと相談されていると言う。桔梗は心配になり、麦のスマホを覗こうとするが、プライバシーだとやめておく。

捜対4課は、辰井組にガサ入れに入ることを決める。桔梗は、我孫子警部に、辰井組を捜査しても、エトリはまた逃げて、他の暴力団を使い、私腹を肥やすだけだと迫る。

我孫子警部は、エトリが何者か分からないのだから、まずは、辰井組から攻めるべきだと叱責して、桔梗に、第1機捜も捜査に加わるように命じる。

桔梗は、渋々受けるが、第4機捜を集め、辰井組のガサに協力しながら、エトリに絞って追いかけるように命じる。九重は、成川が目撃された事務所前に、陣馬と行くことになる。

麦は、ゆたかに桔梗は今晩帰ってこないと伝える。家を借りたいが、未成年なので保証人になって欲しい言われているから相談したかったのにと言う。ゆたかは外に出てはだめと言う。

成川は、麦に既読スルーされて困っていた。エトリの顔を見てしまったからやばいと澤部から言われる。成川は久住に助けを求める。

そのころ警察は、辰井組の組長宅や事務所に行き、ガサ入れを始めようとしていた。陣馬は、九重にもっと怖い顔をしろとハッパをかけられる。

成川は、麦をようやく呼び出すことができる。麦は、成川を心配してくれて来てくれたのであった。

麦は、怖い人に付きまとわれ殺されそうになり、桔梗が救ってくれた話をし、成川もまだ18歳だからやり直せると言う。

その時、はじめて、成川は自分のしていることの重大さに気づくが、麦は待っていたエトリの車に拉致される。

ガサ入れに入った九重は、成川を探すが、事務所にはいなかった。ナリと書かれた紙を見つけ、澤部と関係があることを見つけ、澤部のPCを開けると、麦とゆたかの写真を見つける。

九重は、陣馬に異変を知らせ、桔梗に、麦の居場所をエトリが知ったかもしれないと言う。桔梗は、麦に連絡するが、連絡がつかない。

桔梗は志摩に連絡する。志摩は、真顔で、伊吹に、「おちついて聞け、麦がエトリに捕まったかもしれない」と告げる。怒りを爆発する伊吹に、「絶対に止めるぞ。澤部が知っている」と叫ぶ。

志摩と伊吹は、澤部を探す。窓から逃げる澤部を、伊吹は追う。騒ぎを聞きつけた久住が、辰井組ももう終わりだと覗き込む。

伊吹は、澤部に追いつき殴る。志摩は、エトリに殺される前に、こいつに殺されるぞと言う。澤部は、「成川が、呼び出しに成功した。」と教える。

そのころ、成川は、エトリから報奨金をもらい帰っていいぞと言われる。

エトリは、麦に、カジノを潰したことも水に流すと言う。麦は、本当の名前はなんていうのと叫ぶ。

成川は、麦のことが気になり戻ると、麦が首を絞められ気を失うところを見る。恐ろしくなり逃げ出し、久住に助けを求めるが見放される。

志摩たちは、澤部から聞いた成川と麦の待ち合わせ場所に向かうが、そこからの情報が途絶えていた。

志摩は、冷静になれと自分に言い聞かせるようだった。桔梗に電話をかけ、麦がエトリに言われたと言う、暗くて冷たい場所、人を絶望に曝せる場所はどこだと頭を巡らせる。

麦と成川は、這い上がれない暗くて冷たい井戸に落とされていた。麦は、成川に、桔梗に約束を果たしたと伝えて欲しいと言い、衰弱しそうだった。

桔梗は、井戸だと思いつき、消防署に連絡し、周辺の井戸を調べる。伊吹と志摩は一つづつ井戸を当たる。

伊吹は、助け声が漏れてくるのが聞こえてくる。井戸に落とされた成川を見つける。成川は、「桔梗さんに伝えて欲しい。エトリの車は、品川331 し 32」と麦の思いを叫ぶ。

桔梗は、涙をこらえながら、エトリの車を緊急配備する。

志摩と伊吹は必死に、麦を引き上げる。陣馬と九重もかけつけ手伝う。

麦が引き上がられ、伊吹は必至に麦の名前を叫ぶ。志摩が息をしていると叫び。二人は、麦を抱き、「間に会った」と涙を流す。

成川は、井戸水に気を失いそうになる。九重が手を差し伸べ救う。「よくがんばった」と言うと。成川は、「ごめんなさい」と言う。

九重は、反省する成川に、何でも聞いてやると言い手錠をかけるのであった。九重は、成川を救えなかった後悔から解放された瞬間であった。

桔梗は、機総を指揮して、エトリの車両を追う。そして、ついに捕まえる。

桔梗は、救急車に乗った麦の手を握り、エトリを捕まえ約束を果たしたことを報告する。麦は、微笑む。

安心した志摩と伊吹の頭上に1台のドローンが現れる。ドローンは、久住が操作していた。

ドローンをメロンパン号で追いかける。目の前には、エトリを逮捕した警察車両が走っていた。志摩はまずいと思ったが遅く、ドローンに積んだ爆弾で、エトリは亡くなる。

その爆破シーンを特派員RECが撮影していた。

ここまでがネタバレですが、第9話は、成川は、エトリの懸賞金の女を見つける。桔梗の家を盗聴していた暴力団のガサ入れが始まり、成川も出入りしてて.....。

伊吹と志摩が、麦を撮影するRECに気づいたのに、桔梗も、麦がやり取りしている相手に気づいたのに止められませんでした。ゆたかだけが、麦に外に出てはだめというのが可愛かった。

暴力団へのガサ入れと、成川が麦を誘い出すのが同時に起こり、麦そっちにいってはだめと、今行くと、伊吹たちが助けられないとハラハラして見てました。結局捕まってしまった。

ドラまる
成川は、麦が捕まって事の重大さに気づいたのですね。

麦が殺されそうになり、久住に助けを求めたが、やはり、クズでしたね。切り捨ててしまいました。

ラマちゃん
麦の行方が途絶え、志摩がじっと考える場面が印象的でしたね。

井戸から、麦を、志摩と伊吹が必死に引き上げる途中、麦が無事にと願ってました。麦が生きてて本当に良かった。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』9話ネット上の反応

ドラまる
志摩と伊吹の息をのむ演技に最高との声が上がってます。

ラマちゃん
麦が必至に伝えてくれた言葉が桔梗に、九重の言葉も成川に届いたと。涙のコメントが続出ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|9話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『MIU404』10話のあらすじ

2020年8月28日(金)放送のドラマ『MIU404』第10話のあらすじをご紹介します。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリが、ドローンに仕掛けられた爆弾で死んだ。

司法解剖の結果、エトリの正体は5年前に起きた殺人事件の容疑者であることが判明。

誰が何の目的で彼を殺したのか?

1機捜の糸巻(金井勇太)の調べで、エトリはいつも、システム開発に詳しい若い男の指示を受け行動していたことがわかる。

志摩はその若い男こそ、久住(菅田将暉)という男ではないかと考える。

久住と面識があるのは留置場にいる高校生の成川(鈴鹿央士)だ。

桔梗(麻生久美子)は、成川から久住について聞き出すよう九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)に指示。

そして、伊吹と志摩にはその裏付け捜査をするよう指示し、4機捜が一丸となって爆弾犯の行方を追うが…

一方、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、逮捕された成川に代わり「浜田」と名乗る情報源から、ドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取る。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『MIU404』9話のあらすじネタバレ、感想、10話のあらすじを紹介しました。

桔梗の家を盗聴していた暴力団にガサ入れする。成川は、報奨金の女・麦をエトリに渡したあと後悔。ガサ入れを通じ、エトリに麦が拉致されたと気づき、井戸で瀕死の麦を間一髪助ける伊吹。

ドラまる
エトリを爆破した久住の意図はなんだろうね。伊吹たちも久住ではと気づくようですが。

エトリの支配から逃れる千載一遇のチャンスと思ったのでしょうか。

ラマちゃん
特派員RECは、成川の代わりに新しい情報源を得て、エトリ爆発の極秘ファイルを得る。

極秘ファイルには何が書かれているのでしょうか。

今回、ガサ入れと同時に、麦の拉致が起こり、それに気づいた第4機捜の連携の速いこと、伊吹と志摩の麦に何かあったら絶対間に合わせるという思いが伝わってきました。

ついに念願のエトリが逮捕され、桔梗が麦に報告するが、そのエトリが、久住の操作するドローンで爆破されるという思わぬ展開に、ラスボスは、久住かと思ってしまいました。

次話、姿が見えないラスボス久住を探す志摩と伊吹。強敵が立ちはだかり、第4機捜に危機が訪れるようです。何が起こるのでしょうか。活躍を信じたいですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA