MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|8話ネタバレと感想。アンナチュラルと繋がった!恩師・蒲さんの殺人に、放心状態の伊吹!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年8月14日(金)「MIU404」の8話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
山中で変死体が見つかり、志摩を嫌う捜査1課の刈谷の手伝いをさせられる。

志摩は耐えることが出来るのだろうか。伊吹が和ませるのかな。

ラマちゃん
アンナチュラルのUDIラボがついに登場。検体者記録にミコトの名前が登場したりと伏線がありましたが。

面白い展開に、楽しみですね。

山中で男の変死体が見つかる。未解決の連続猟奇殺人の可能性が浮上し、伊吹と志摩は捜査1課の手伝いをさせられる。不自然死究明研究所UDIラボに行き、臨床検査技師の坂本に会い.....。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』8話あらすじネタバレと感想

桔梗の住宅に盗聴器が仕掛けられており、警察も入り鑑識による調査も行われる。志摩は、香坂のことで動揺し、5分ほど目を離した隙に、盗聴器を仕掛けられたことを悔やむ。

桔梗は、簡単にみつかる場所に仕掛けてあったことから、簡単につかまらない自信のあるエトリか辰井組ではないかと予想する。

麦を狙っていると考え、警察の寄宿舎に、ゆたかと麦といっしょに一時避難をすることになる。

2ヶ月がたつが、エトリの情報は得られず。志摩は、目の前で盗聴器を仕掛けられたことを悔やんでいた。伊吹は、いつまでも悩む志摩を怒る。

山中で、身元不明の男性遺体が見つかり、伊吹と志摩は駆けつける。死後、1ヶ月が経ち、胸に刺し傷が5カ所、左右の人差し指、中指、薬指がなかった。十字架のペンダントをしていた。

ナウチューバー ナイトクローラーが登録者数40万超えをした人気番組になっており、いろいろな事件をゲリラ的にすぐにかけつけていた。

捜査1課の刈谷が現れ、これから捜査1課が仕切ると言い出す。志摩は、初動が始まったばかりなのに早いなと尋ねると、連続猟奇殺人の疑いがあると言われる。

20年前千葉の海岸、15年前に荒川区の自然公園でいずれも、胸をメッタ刺しされ、指が同じように切り落とされ、グリーンのシートを巻かれ、荷札は、中国語のケモノを示していた。

今回の被害者は、堀内で、前科2犯で茨城出身であった。伊吹は、同郷ということもあり張り切るが、捜査1課の刈谷は、俺たちの足になれと手伝いをさせられることになる。

不自然死究明研究所、通称UDIラボで検死が行われることに、刈谷に同行するが、待っているように言われてしまう。

UDIラボの臨床検査技師の坂本は、メロンパン号を本当に売っていると勘違いして志摩と伊吹に声をかけてくる。志摩が、坂本に警察官である名刺を渡し、信じてもらえる。

伊吹は、刈谷が忘れていった資料を見て、堀内の初犯の担当刑事が蒲郡だったことを知り、検死の5時間を待つ間、話を聞きに行くことにする。

蒲郡は、外国人支援を行ってきたが、亡くなった奥さんのことが頭から離れず。しばらく、外国人支援のボランティアは休もうと思っていると伊吹たちに言う。

堀内は、気が小さい男で、捕まえた時、もうしませんと言っていたのに、そのあとも喧嘩をして5年服役をして、最後に確認されたのはパチンコ店だった。

蒲郡は、ギャンブルで喧嘩した相手を思い出そうとするが名前が出てこなかった。志摩は、飲んでいる薬をみて痴呆症ではと伊吹に伝える。

捜査会議が開かれ、検死の結果、指は生きている間に切断された。報道では、そこまでの情報は出しておらず、連続猟奇殺人として捜査は進んでいた。

1人目の容疑者は、菅沼で、堀内がパチンコ店を辞めるきっかけとなった喧嘩の相手だった。20年前は、1人目の遺体が発見された千葉に住んでいた。

2人目の容疑者は、峰岸で、中古自動車販売をしており、貸した車を売られ堀内ともめていた。20年前は、14歳で、1人目の殺人をしたとは考えにくいと報告がある。

伊吹が手を上げ、堀内はかっとなる性格で、峰岸ともめて殺された可能性があると蒲郡の話をする。刈谷は、正確な情報が分かってから持ってこいと怒る。

成川は、違法ドラックのドーナッツを暴力団に売る。麦とゆたかの写真が写った画面を見て、以前、コンビニで見かけたことを思い出す。賞金1千万がかかっている女だと言われる。

伊吹と志摩は、麦に八王子土産だと言い様子を見に行く、ゆたかも出てきて、志摩に早く悪いヤツを捕まえてと言い、ロボットが壊れたから直してと言われ、志摩は、部屋に行く。

麦は、私がいるから、ゆたがが家に帰れないと言うと、伊吹は、蒲郡がボケが始まっているが昔刑事だったから安全だと言い、いっしょに3人で住まないかと提案する。麦は返答を保留する。

志摩に、UDIラボの坂本に渡した名刺をきっかけに、神倉所長から連絡が入る。

神倉は、解剖医の中堂と、刈谷がもめて困っていると言う。

中堂は、前2回の解剖結果を取り寄せ、指の切断の向きが違うと刈谷に進言し、連続猟奇殺人だという刈谷に受け付けられなかったと説明する。中堂も猟奇殺人に思いがあった。

堀内は、座らされ、腕に拘束後があり、その状態で、手の甲側から指を切断されたのに対して、過去の2件は、仰向けにされ、手の平側から切断されたと言う。

伊吹と志摩は、そのことを桔梗に説明し、捜査本部に伝えてもらうことになる。

九重が、福岡うどんを出しながら、長崎を思い出し、指3本切りとは、キリシタン刈りみたいだという。ケモノと言われたの言い伝えを話す。

堀内の殺害が単独犯とすると、峰岸が怪しいが、貸した車を売られたくらいで、人を殺すとは思えないと志摩は言う。

伊吹が帰ったあと、刈谷が、第4機捜に、連続殺人ではないと勝手な進言をしてと怒ってやってくる。志摩に、何もやるなと言う。

刈谷は、蒲郡にも話を聞きに言ったと言い、志摩が痴呆が進んでいたでしょうと聞くと、刈谷は、事故で、頭部をやられ傷害が出たと言い、その事故で、妻・麗子も亡くなったと書類を見せる。

そのころ、伊吹は、蒲郡にいっしょに住もうと提案する。蒲郡は、妻の麗子がどう言うかなと言う。伊吹は、麗子が病死したと言い、それが分からない蒲郡が悲しかった。

峰岸を見張る刈谷の前で、志摩が峰岸にどうどうと会いに行くのが見える。志摩を捕まえると、休みの日に、別件で捜査しており、手柄はやるから、手を貸して欲しいと刈谷に頼む。

志摩は、伊吹の家を訪ねる。休みの日は会わないのではと好きになったのかと調子の良いことを言う。

引っ越しの資料を見た志摩が尋ねると。伊吹は、麦と蒲郡と住もうと思っていると言い、麦は、桔梗とゆたかのお荷物になっていないかと悩んでおり、丁度独り者同士都合が良いと言う。

志摩は、「お前いいヤツだな」と初めて褒める。麦には下心があるから分かるが、蒲郡はこれから大変だぞと忠告する。

伊吹は、学生のころ、ぐれてて、蒲郡がいたから立ち直ることができた恩人だと。刑事になろうと応援してくれたのも蒲郡だったと語る。

志摩は、伊吹の勘は当たる時と当たらない時があると言い、当たらない時は、何か感情で蓋をしている時だと言う。

足が速く動体視力が優れているから、情報も入ってきて勘が働く。それを、うまく整理して伝えられないから、勘だと思われているだけだと言う。

蒲郡を見て、何を感じていると志摩は迫る。奥さんの歩行器の傷を見れば何か感じているはずだと語る。奥さんは、自宅の前で交通事故に遭い亡くなり、犯人は捕まってないと言う。

蒲郡は、その事故で、記憶を失ったが、本当は、記憶があるのではと志摩は語る。

堀内が峰岸から借りた車と同じ型の車の塗料が、交通事故現場に残っていたという証拠があり、堀内は、車を売ったのではなく、事故を起こし廃車にしたのではと語る。

堀内が交通事故を起こした犯人だとすると、蒲郡には、堀内を殺す動機があると語る。

伊吹は、涙を流しながら、蒲郡は刑事だぞと言い、そんなことするわけないと机を叩いて怒る。

伊吹は、蒲郡の家に行き、麗子の写真を見たいと頼む。麗子の胸には十字架がかかっており、クリスチャンだった。蒲郡は、クリスチャンは、罪を犯した人も許すと語る。

伊吹と蒲郡の会話を、伊吹の袖に仕込まれた盗聴器を通じ、志摩は外で聞いていた。

伊吹は、麗子さんは事故で死んだんだねと言い、その時の記憶は全てないんだよねと蒲郡に確認するように優しく言う。

蒲郡は、刑事を辞め、迷惑をかけた麗子と余生を楽しもうとこの家を買ったと語り始める。

堀内から相談に乗って欲しいと連絡があったが、もう、刑事ではないと断った。麗子は、外国者支援のチラシを持ってきてやってみたらと勧める。

そんな中、悲劇が襲う。堀内が、腹いせに、車で、麗子をはね殺し、蒲郡も頭に怪我をして、1週間眠っていた。

医師に、麗子がこないことを言うと、事故で強く打って痴呆症になったと診断され、薬を処方されたと話す。

蒲郡は、記憶が戻ってきて、堀内が、殺意を持って殺したと気づいたと言う。

伊吹は、なぜ警察に言わなかったのと、涙を浮かべながら聞くと、蒲郡は、警察に言っても、目撃者がいないので、殺意を立証することはできないと思ったと語る。

蒲郡は、救いを求め、キリシタンの本を読むと、指を切り落とされ、ケモノと書かれた部分があり、過去にあった未解決の事件を思い出したと言う。

椅子に縛り、指を落とした堀内が、刑事だろうと許しを請うが、蒲郡は、許すことができずに、斧で胸をメッタ刺しにして殺したのであった。

伊吹は、俺みたいなやつを救ってくれたのが蒲郡で、蒲郡のようになって定年まで働こうと思っていたのにと叫ぶ。

伊吹は、「いつなら、止められた。蒲さんをいつなら」と涙ながらに震える。

蒲郡は、志摩と刑事たちが家を囲んでいることに気づいていた。伊吹の袖の盗聴器に分かるような大声で、「これは自首ではない、早く捕まえて死刑にしてほしい」と頼む。

刈谷は、蒲郡の家に突入する。蒲郡は、犯行現場は風呂場で、凶器は洗濯機の横の棚にあるという。確認した刈谷は、蒲郡をその場で逮捕する。その間、伊吹は、「蒲さん」と何度も叫んでいた。

伊吹は、蒲郡に、警察官になろうかなと相談した時のことが脳裏から離れず、涙が止まらなかった。

志摩は、蒲郡に、「伊吹のためにも、全警察官のためにも、人を殺してはだめだった」と言う。

蒲郡は、「伊吹に、何もできなかったと伝えて欲しい」と止められなかったとの意味の言葉を志摩に託す。

九重や陣馬や桔梗は、伊吹の気持ちを思いやり、切なさで何も言えなかった。何も知らない麦は、「三人で暮らすことを考えてみる」とSNSで返事を伊吹に書く。

一人、地べたに座り込み、涙を流し放心状態の伊吹に、志摩は、「仕事だ。一人で行かせるのか。相棒。」と手を出して、引っ張り上げ、背中を押すのであった。

ここまでがネタバレですが、第8話は、変死体は、連続猟奇殺人と思われたが、UDIラボ中堂が違うと判定。被害者を最初に捕まえたのが伊吹の恩師で、.....。

キター!アンナチュラルのUDIラボでしたね。臨床検査技師の坂本や、所長の神倉が本人で登場。建物の外観もそのまま。電話でしたが、坂本を中堂が脅す様子もいっしょでした。

中堂が、今回の事件の指の切断の方向が、前の2件の事件と違うことを、捜査1課の刈谷に伝えもめる。それがキッカケで、志摩は、真実にたどり着きました。

ドラまる
相棒の香坂を助けられなかったと後悔し続けてきた志摩は、伊吹によって救われた。

今回は、伊吹が、気づいていることに蓋をしているようだと優しい言葉。伊吹を救おうと思ったのですね。

ラマちゃん
奥さんの十字架をさげた写真を見られた時、恩師の蒲郡は、伊吹がすべて知ったと気づいたのでしょうね。

伊吹の、蒲さんと呼ぶ声が切なかったです。放心状態の伊吹を志摩が救いあげる。しびれました。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』8話ネット上の反応

ドラまる
アンナチュラルとの世界観が繋がったとネットで声が上がってますよ。

ラマちゃん
蒲さんをどこで止めれば良かったと苦しむ伊吹に共感する方が多いですよ。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|8話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『MIU404』9話のあらすじ

2020年8月21日(金)放送のドラマ『MIU404』第9話のあらすじをご紹介します。

桔梗(麻生久美子)の自宅に盗聴器が仕掛けられた一件が進展する中、伊吹(綾野剛)、志摩(星野源)らのもとに、虚偽通報事件で逃走中の高校生・成川(鈴鹿央士)が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入る。

成川を取り逃がしたことに責任を感じていた九重(岡田健史)は捜査を志願し、陣馬(橋本じゅん)と共に成川を捜し出そうとするが…

一方、成川は久住(菅田将暉)の世話になりながら、ナウチューバ―・REC(渡邊圭祐)に接触し、賞金一千万がかけられた羽野麦(黒川智花)の捜索を依頼する。

そんな中、桔梗宅への住居侵入事件の主犯が、エトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが分かり、関係各所への一斉ガサ入れが決行される。

桔梗はエトリを再び取り逃がすことを恐れ、伊吹、志摩らにエトリにつながる人物を探すように命じるが…

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『MIU404』8話のあらすじネタバレ、感想、9話のあらすじを紹介しました。

連続猟奇殺人事件と同じ死体が見つかる。UDIラボは、過去とは別犯人と示唆。被害者を捕まえた伊吹の恩師が妻を殺されたことによる復讐と分かる。伊吹は放心状態になり、志摩が励ます。

ドラまる
通報して逃げ切る遊びをしていた高校生の犯人のうち、逃走していた成川が暴力団に出入りしていたことが分かる。

成川を取り逃がした責任を感じていた九重は、志願して追うようですね。活躍に期待です。

ラマちゃん
成川は、ナウチューバーの特派員RECに、1千万の賞金がかけられた麦を探すことを依頼する。

成川と違法ドラッグの売人・久住、そして麦の事件が繋がってきましたね。楽しみです。

今回は、アンナチュラルが描いた不条理の死の世界観と、伊吹の恩師・蒲さんが、親身になって相談に乗っていた前科者に、逆恨みで奥さんを殺される不条理が繋がる壮大な物語でした。

自分を立ち直らせ刑事に導いてくれた蒲さんが、殺人を犯すとは。伊吹の、「蒲さんは、刑事だよ」と言う言葉が、伊吹の悲しみを写してました。勇気づけるため相棒と呼んだ志摩に拍手でした。

次話、桔梗は、麦を守るため、エトリにまた逃げられないように志摩と伊吹に託す。エトリはいったいだれなのだろうか。違法ドラッグの売人・久住との予想もあるが、似顔家から、九重の父親やナウチューバ―の特派員RECの可能性もありますね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA