MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|6話ネタバレと感想。同僚を殺した後悔で生きる志摩を救った伊吹に拍手!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年7月31日(金)「MIU404」の6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
志摩が相棒殺しという噂を聞いて伊吹が尋ねるが、志摩は答えないようです。

前話で、志摩のフラッシュバックに秘密が隠されているのかな。

ラマちゃん
伊吹は、志摩の相棒が亡くなったことを九重から聞き出す。

九重と伊吹がそのことを捜査するようですね。うまく行くのでしょうか。

志摩が相棒殺しと言う噂を聞くが、何があったか伊吹に話してくれない。伊吹は、九重を通じ、志摩の相棒の香坂が不審な死を遂げたことを知る。伊吹は、九重と、香坂の死の真相を調べ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』6話あらすじネタバレと感想

伊吹は、志摩が相棒殺しと噂を聞いて尋ねるが志摩は答えない。九重は、本当に相棒が死んだのは事実だと言う。

2013年8月8日、捜査1課の香坂の転落死体が見つかる。ビルの上にウイスキーが置いてあり、片方の靴があった。香坂は酒が飲めないのに多量に飲んでいた。第一発見者は、志摩だった。

志摩は、桔梗に終業報告に行く。桔梗が給湯器が壊れ、修理屋が今日くると言われたが、麦のために知らない人を入れたくないと困っているのを見て、志摩が代わりに行くことにする。

伊吹は、志摩が捜査1課にいたことも、香坂の事件により、捜査1課を飛ばされたことも初めて聞き、香坂の事件の真相を突き止めると張り切り出す。

志摩は、ぜったい分からないと反発するが、志摩は今でのウイスキーが飲めずに、引きづっていると言い、調べるとやる気になる。

伊吹は九重を捕まえ、自分には、権限がないから力を貸すようにと頼む。こういう時、志摩だったら、何かしてくれるのになと九重を焚き付ける。

伊吹に志摩が相棒殺しと言った捜査1課の刑事を捕まえ、九重の父親の名前を出して香坂の死について尋ねる。その日は、別の毒殺事件が発生しており、志摩もそちらを捜査していたと語る。

その会社の同僚がさらに毒殺され、付き合っていた女が逮捕された。その日、香坂と志摩が口論して、今にも殺しそうだったとその刑事は語る。

その女の行方が分からなくなり、捜査1課全員が飛び出して行くが、志摩と香坂だけ残っていた。

そして、香坂の死体が見つかり、110番通報したのが志摩だった。その現場に機捜として行ったのは、志摩と旧知の桔梗と陣馬だった。

桔梗の家で工事屋を待つ間、志摩は、麦から、桔梗が、元料理人の彼氏の話を楽しそうに話していると聞き、桔梗の素顔を見た気がする。

九重と伊吹は、陣馬を酒に誘い、香坂の死を聞きだそうとする。伊吹は、酒を注いで、香坂がなくなったビルの写真を見せて、桔梗と組んでいた時に行ったのではと聞くが、口を割らない。

九重は、酒を飲めば聞かせてくれるのでしょうと自分のコップにつぐ、陣馬は、飲めないのに無理するなと、「酒を半分も飲むから」と突然語り出す。

捜査1課が、毒殺女が逃げたのを追い全員出払っていた。桔梗と陣馬が、香坂の現場に着くと、アルコール臭がきつく、志摩は、そのウイスキーの名前を知っていた。

屋上から落ちたようだと、陣馬が行こうとすると、屋上へは階段からしかいけないと言い、現場に慣れていた。

志摩と陣馬が屋上に上がると、香坂の片方の靴が落ちていた。志摩が言っていたウイスキーのボトルが半分残っていた。

陣馬は、屋上の様子を知っている志摩に「俺たちが来る前に、屋上に来たのか」と尋ねる。志摩は、「昨晩は来ていないが、以前にきたことがある」と説明する。

志摩の脳裏に、香坂に、「お前は許されないことをしたが、そうさせたのは俺だ」と言う自分を思い出していた。

屋上で、ウイスキーを飲み落ち込む香坂に、警察官ではなくなったが、まだ人生は続くと慰めるのが見えていた。

伊吹と九重は、毒殺女を追う過程で、トラブルがあり志摩が香坂を殺してしまったのかと推論を話す。酔っぱらって寝ていた陣馬が、寝言で、遺書があったと語る。

九重と伊吹は、酒臭い状態で、警察署の桔梗に遺書の話を聞きに行く。桔梗は、面白半分で調べることではないと一喝する。相棒なんて一時の話だからと言う。

伊吹は、たまたは、志摩と一緒になったが、それって、スイッチだと、相棒になったことで、志摩のことを知らないのでは、仕事ができないと真顔で言う。

桔梗は、分かったと言い、まずは、シャワーを浴びて酒臭いのを直してから話すと言う。

桔梗は、第4機捜に呼ぶ時に反対意見があり、捜査資料を作成したと、伊吹と九重に見せる。

遺書ではなく、退職願いであった。志摩と香坂は、毒殺女と疑われた詩織の家に行き、タリウムで亡くなった男2人と不倫関係にあったのではと言うが、小馬鹿にしたように笑い否定する。

香坂は、たれこみのメールがあったと言ってしまう。詩織は、笑い知らないと言う。

志摩は、女の家を出た後、香坂に、たれこみメールのことを言うなと、こちらが、そんな証拠しか持ってないと思われるだろうと。所轄からきて捜査に焦る香坂を叱る。

香坂は、証拠を掴めず、非番の日も一人で、詩織の家を張り込んでいた。詩織が、部屋に誘う。香坂は、タリウムの証拠があるのではと思い女の部屋に入って行く。

詩織は、香坂に麦茶を出すが、香坂は飲まない。詩織は、香坂の横に座り、突然、口に含んだ麦茶を香坂を倒し、口移しで飲ませる。

毒を飲まされたと焦った香坂は、吐き出す。署に帰った香坂は、志摩に素人扱いされると思いこのことを言い出せなかった。

香坂は自分の髪の毛を成分を調べる依頼を出す。

香坂は、詩織がタリウムを入手した証拠を見つけたと捜査本部に持って行く。それは、女の住所で、タリウムを発注した記録だった。

志摩は、香坂を捕まえて、部屋につれて行く、その様子を今の捜査1課長が見ていた。

部屋に入り、二人っきりなり、志摩は、だれか成りすまして発注したともいえると言える。お前が証拠をでっち上げたのかと迫る。

香坂は、調べれば、部屋にはタリウムがある、正義だと言う。志摩は、何を習ってきた。警察が権力を使ったらそれは暴力だと激しく怒る。

志摩は、捜査本部が騒がしくなったのを見て、香坂を部屋に置いて様子を見に行くと出て行く。

志摩は、香坂に毒殺女は逮捕されたと言う。香坂は、俺たちの手柄だったのにと残念がる。しかし、女は別人の弓子だった。

詩織は、同僚の弓子が不倫相手だと分かり、面白半分で、自分が犯人だと匂わせるメールを自分に送っていた。香坂が出した毛髪からもタリウムが検出されなかった。

志摩がそのことを香坂に伝え、お前は、何をやっているんだと叫ぶ。

香坂は、屋上からの転落ではなく、1階踊り場からの転落で打ち所が悪く、亡くなった事故であることが判明する。

現場に行った伊吹と九重と陣馬は、ここらか落ちたのかあっけなく人は死ぬと言う。伊吹は、香坂が亡くなったところで手を合わせる。

香坂には、母親だけおり、当時の捜査1課長の判断で、退職願いを受理せずに、退職金も支払われたと陣馬は九重に言う。

九重は、自分だったら志摩に言えるのだろうかと言い、使えないやつと思われたくないと言う。陣馬は、失敗ははずかしいことじゃないすべて話すべきと言う。二人でご飯を食べに行く。

伊吹は、香坂が亡くなった屋上から、桔梗の部屋で工事を待っている志摩に電話をかける。

香坂の退職願を読みすべて分かったと言うが、一つだけ分からないことがあると、「志摩が、香坂に最後に会ったのはいつ、なんて声をかけたの、調べてもそこが分かんなかった」と優しく聞く。

志摩は、「降参か」と言い、伊吹は、「降参、教えて」と軽く言う。香坂が肩を落として手紙を書いていた時、屋上にいた時と言う。伊吹は、志摩は行ったのと聞く。

実際は、退職願いを書いていると後ろ姿を見て声をかけられず。自宅の屋上で志摩の好きな酒を買って飲んでいるからと誘いのメールがきても始末書を書いているのにと行かなかった。

最後にかけた言葉は、「進退は自分で決めろ」だったこと、香坂の遺体を朝発見した時から、何度も何度もスイッチはあったのに後悔し続けていたことを伊吹に告白する。

香坂のことが、ずっと志摩のトラウマになっていたのだった。

伊吹は、向こうのビルを見つめ、香坂が亡くなったのはタコの日だったよねと言い出し、階段を駆け下り、勢い余って1階の踊り場から転落しそうになり、香坂ありがとうと言う。

伊吹は、志摩に、今すぐ、香坂が亡くなったビルに来い、来ないと後悔すると言う。

桔梗の家の工事が終わったことを見届けた志摩は、迷ったがビルに向かう。

伊吹は、志摩に、向こう側は世田谷区で管轄外だと言い、あの日、香坂は志摩を待っていて、犯行の場面を見つけたと言う。志摩は、そんな証拠はどこにもないと言うと、伊吹は笑う。

向かいのビルに、「2013年8月8日 深夜2時、110番してくれた方探してます」の大弾幕が張られている部屋を示す。それを見た志摩も驚く。

伊吹は、通報記録もあり、男が侵入して、女性が殺されようとしていたと言い、香坂はその女性を助けようとして、階段を慌てて降り、その勢いで踊り場から転落して死亡したのであった。

伊吹と志摩は、その部屋を訪ね、あの時通報してくれた方ですかと女性の住人から聞かれる。志摩は、今はここにはいない同僚の刑事ですと答える。

住人の女性は、通報してくれたおかげて助かったと、お腹の赤ちゃんも守れた、今月で引っ越しをするので、この横断幕を先月から張ったと言う。

その方にお礼を言って欲しいと志摩に頼む。志摩は、「はい。しっかり伝えます」と言い、目を潤ませていた。

志摩は、香坂が亡くなった現場の地面に座り込み、香坂に語りかけるように言う。刑事に向いていない弱いやつだと思っていたが、おれもあれからウイスキーが飲めない弱いやつだった。

犯人を捕まえ説教をするたびに、説教する資格はあるのか、説教されるのは自分の方だと思い続けていると話しかける。

香坂の相棒が伊吹のようなやつだったら、刑事を辞めたとしても生きていたに違いないと語り、香坂の死を忘れない、絶対にと何度も地べたを手で叩きながらつぶやく。

屋上に行くと、待っていた伊吹に、コーヒーを投げられ、刑事を辞めようと思ってないよなと言う、志摩は、刑事を辞めたら香坂に申し訳ない、何度も後悔して刑事を続けると語る。

伊吹は、難しいこと言うね、俺の生命線は長いから大丈夫だから、安心してと言われ、志摩は少しむかつく。

そこに、桔梗の息子から志摩にどこにいるんだと電話が入る。伊吹をつれて桔梗の家に行く。

桔梗はお礼にと、焼き肉パーティを開いてくれた。伊吹は、麦の可愛さにキュルキュルすると喜び。

桔梗の息子が、志摩に父になって欲しいと言い出す。桔梗は警察官同士の結婚はないないと否定する。伊吹は、小声で、良くありますよねと言うが、伊吹に、桔梗は聞いていないよと笑われる。

その賑やかの中、外から、工事をしていた男が、盗聴良好ですとある男に電話をしていた。桔梗が守ってきた麦に危険が迫っていた。

ここまでがネタバレですが、第6話は、志摩が相棒殺しと聞いた伊吹は捜査。毒殺女の事件の最中、相棒ともめていた志摩。相棒が手紙を残していて.....。

陣馬から、志摩の相棒の死の真相を聞くため、伊吹は飲ませるが言わないが、九重が飲んだら話すのでしょうと言い出すと急に態度を変えましたね。九重のこと気に入っているのですね。

桔梗に、相棒の手紙を聞きたいと伊吹は願う。相棒として全力で走るためにも必要だと説得するシーンが、それまで酔っ払いと違い真顔になってましたね。だから、桔梗も折れたのですね。

ドラまる
志摩は、相棒が刑事として許されないことをして、死んでしまったと思い、何度も、話せる機会があったのにと悔やみ続けていたのですね。

だから、フラッシュバックがきてたのですね。

ラマちゃん
伊吹が、志摩の相棒が、犯罪を見つけ、刑事として追って事故にあったことを見つけました。

志摩は、伊吹によって救われましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』5話ネット上の反応

ドラまる
香坂は最後まで刑事だった。それを知って、志摩は救われましたね。

ラマちゃん
志摩を助けた伊吹の行動に感動ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|6話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『MIU404』7話のあらすじ

2020年8月7日(金)放送のドラマ『MIU404』第7話のあらすじをご紹介します。

トランクルーム内に男性の遺体があると通報があり、初動捜査に駆けつけた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)。

現場で2人が目にしたのは、トランクルームの中で猫砂の山に埋まり、微笑むような穏やかな顔をしている死体。

一見、自殺のように見える状況だが、ただの自殺とは思えない2人は、他のトランクルームの利用者であるジュリ(りょう)と、家出少女のスゥ(原菜乃華)とモア(長見玲亜)の聴取を行うことに。

さらに、トランクルームに違法に住んでいる男・倉田(塚本晋也)の証言で、死亡した男についてある事実が分かる。

一方、結婚が決まった長男の両家顔合わせに出席するため会場に向かっていた陣馬(橋本じゅん)は、その道中で偶然にも指名手配犯と遭遇し、急遽後を追うことに…!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『MIU404』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

志摩の相棒は行き過ぎたことをし辞表を書く、自宅屋上に飲みに誘われるが志摩は無視、翌朝遺体で見つけ、志摩は後悔。伊吹は、志摩の相棒が刑事として亡くなったことを見つけ志摩を救う。

ドラまる
トランクルームに自殺と思われる死体を見つける志摩と伊吹。

トランクルームで何が起きたのでしょうか。志摩と伊吹の捜査が見ものですね。

ラマちゃん
陣馬は、結婚が決まった息子の両家顔合わせに行けるようですね。今話で、来るなと言われたとぼやいてましたが。

でも、指名手配犯を追うことになる。陣馬は、両家顔合わせに行けるのでしょうか。

志摩が、なぜ、犯人の銃口に額をぶつけたり、フラッシュバックは、相棒になぜ一言声を掛けられなかったのかの後悔からきていたことが分かりました。伊吹が少し肩の荷を下ろさせたかな。

志摩がいるのに、桔梗の家に盗聴器が仕掛けられてしまいました。麦は大丈夫なのでしょうか。桔梗が、犯人を捕まえることができるといいですね。

次話、陣馬と家族の話なのかな。息子が結婚するとなり、陣馬の家族を見てみたいですね。違法ドラッグの売人に連れられていった成川の安否も心配ですね。どんな展開を見せるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA