ミラー・ツインズ Season2|最終回(4話)見逃し動画無料視聴はこちら【7/25配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話 2020年7月25日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ミラー・ツインズ Season2』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年7月25日(土)放送終了〜2020年8月1日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ミラー・ツインズ Season2』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ミラー・ツインズ Season2』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ミラー・ツインズ Season2』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ミラー・ツインズ Season2』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『ミラー・ツインズ Season2』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『ミラー・ツインズ Season2』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2020年夏ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじ

2020年7月25日(土)23時40分放送のドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじをご紹介します。

勇吾と再会した英里は「もう一度、圭吾に会った方がいい。」と告げる。

そして皆川の手引きで再び対峙する圭吾と勇吾――!

21年の時を経て、正反対の人生を送ってきた2人は分かり合えるのか?!

一方、小早川家を守るために罪を重ねてきた尚史の過去と英里の想いを知った尚太郎はある決断をする。

それぞれの信念、秘密、裏切り、謎が、再び双子の運命を交錯させる。

葛城栄一の死の真相、尚史の罪、尚太郎の覚悟……、すべてが明らかになるとき、正反対の人生を生きてきた2人には一体どのような結末が待っているのか――?!

ドラマ公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2020年夏ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

はる
次回は、ゆうごがけんごに会いたいと皆川警部に話しているシーンがあって、二人がまた再会した時の反応やどんな会話をするのか全く正反対の双子がお互いにどんな考えを持っているのかが分かることが楽しみ。

えりが何者かに狙われていてそれをみんなが阻止することが出来るのか、危険なことが起きないことを祈る。

「さ」がけんごを狙っていることが確かなので、それも防ぎながらこの事件の展開が少しでも見えていくるのではないかと見どころになってくると思う。

最後はみんな協力してもらいたい。

毎回ハラハラドキドキさせられる展開なのに、来週も楽しみにしている。

ペンネーム:はる(20代・女性)

YK
第4話の見どころは、圭吾たちの育ての父・栄一の死の真相が明らかにされる点です。

栄一の死は尚史の指示によって行われたもので、小早川は何も知らなかったのでないかと予想しています。

圭吾が詮索していることを知った尚史が、どのような行動に出るのか注目しています。

尚史は小早川家を守るために手段を選ばないと思いますが、桜庭に命を狙われている圭吾を勇吾が助ける展開になりそうです。

また、小早川に関しては息子の尚史が罪を重ねてきたことを知り、公の場でそのことを謝罪し政界を引退するのではないかと予想しています。

再会した圭吾と勇吾が、最終的にお互いのことを理解し合える結末になってくれたらと期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

はるか
展開予想は、皆川の取り計らいで圭吾と勇吾は、出会います。

2人は、英里を守る事と父親である葛城栄一の殺害の真実を知るために協力します。

一方の尚太郎は、尚史にこれ以上の犯罪を犯させないためにマスコミに尚史の真実を話そうと決意します。

しかし、その動きを読まれて桜庭に捕まってしまいます。

英里も桜庭に捕まりマスコミに話したら英里を殺害すると脅されます。

そこに圭吾と勇吾が、協力して2人を助け出します。

楽しみなポイントは、ついに2人が、協力して行動しそうな所です。

英里を守り尚史を逮捕できるのか注目の最終回です。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

丘里リル
第4話の展開予想は英里は勇吾に仲直りさせるために「圭吾とあった方がよい」と言いました。

勇吾は圭吾と会って、今までのことを話しました。

そして、栄一のために尚太郎一家に復しゅうしていることも話しました。

圭吾も勇吾の思いに共感して、協力することを誓いました。

楽しみにしているポイントは一度は関係が壊れた兄弟が元に戻って欲しいと思いました。

そして、英里と勇吾の関係も戻るといいなと思いました。

それから、英里が桜庭に狙われないように圭吾と勇吾で守って欲しいと思いました。

このドラマは圭吾と勇吾は俳優の藤ヶ谷太輔さんが一人で演じているので、二人のシーンは合成するのかなと思いました。

ペンネーム:丘里リル(50代・女性)

michikawa
圭吾は、いよいよ父が殺された真相に迫ります。

そして、尚史と桜庭と陣内の関係を明らかにすると思います。

が、桜庭は、狙撃の腕もあるようなので、圭吾が狙われる危険もあります。

事情聴取されている皆川が、間に合うとよいのですが。

そして、尚史の罪が暴かれると、父の尚太郎も無傷ではいられません。

総裁選はあきらめ、自分のために罪を犯した息子のために、全てを話すと思います。

英里は勇吾を心配し、圭吾と会って、今までの誤解を解いて心を通わせてほしいと思っています。

そうできればよいですが、会うということは、勇吾が殺人の犯人として捕まることです。

どちらにしても悲しい結末だと思いますが、二人を見届けたいです。

ペンネーム:michikawa(60代・女性)

ふじお
圭吾と勇吾は再会を果たしますが、双子ならではの通じるものはあるのでしょうか?

お互いに違う道を歩むことになりましたが、刑事と犯罪者じゃないか?と勇吾は言います。

大きな差はない事を言い出しますが、差はできてしまっています。

同じ人間でありながら、気持ちの持ち方ひとつで運命は変わってきます。

二人に忍び寄る悪魔の手はいったい誰なのでしょう。

今度こそ、殺害されてしまいそうな勇吾ですが、圭吾も道ずれにされそうです。

同じ日に生まれて、同じ日に亡くなる二人は一心同体になります。

分かり合えるのは最後の瞬間になりそうです。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

2020年夏ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

はる

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

ゆうごがえりに会い、けいごと会うように言われ手紙を渡された。

えりのことを守りたいという強い思いからけいごと会う決心をし、皆川警部に話し会うことになった。

再会したが、桜庭に狙われていたけいごを庇いゆうごは撃たれて死んでしまった。

みんな酷く悲しみ、けいごは真実を突き詰めると言った。

小早川さんの護衛として車を走らせたがそうではなく2人きりで話せるようにし、真実をきちんと打ち明けてほしいとえりの手紙と共に言った。

小早川さんは演説で全てをさらけ出し、桜庭は警察に捕まった。

皆川警部も自分も死のうとしたが、けいごに生きろと言われ罪を認めて捕まった。

事件は全て解決した。

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の感想

ゆうごとえりが会って、けいごに会ってもらいたいと言われていて、えりは強くなったなと思った。

けいごとゆうごがまた再会することができて、お互いおどおどしながらだったけど少しだけ話せてよかったと思いきや、けいごを殺そうと桜庭がやってきて、ゆうごが犠牲になってしまったところは本当に悲しくて虚しい気持ちになった。

えりがどんだけ悲しかったか、終わりがあっさりすぎる。

けいごはそのことで生まれ変わったかのように怖い目つきになって、必死にこの事件を終わらせようと1人で頑張っていてすごいなと感心した。

ゆうごな無念を払ってもらいたい。

ペンネーム:はる(20代・女性)

YK

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

英里は自分に会いに来てくれた勇吾に自分のことは忘れて、勇吾自身の幸せを考えるように伝える。

さらに英里は尚太郎に宛てた手紙を圭吾に渡すように勇吾に託し、勇吾がどのような選択をするにしても圭吾に会った方が良いと話す。

そんな中、桜庭の行方をつかめずにいたことを報告した圭吾は、皆川に呼び出される。

圭吾が指定された場所を訪れると、そこには勇吾が待っていた。

勇吾を捕まえて罪を償わせたいと考えていた圭吾に対して、勇吾は「もう逃げるつもりはない」と話す。

しかし、そこに桜庭が潜んでいることに気づいた勇吾は、圭吾を庇って撃たれてしまう。

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の感想

圭吾と勇吾がお互いのことを理解し始めていると感じたときに、勇吾が撃たれてしまったのは予想外でした。

咄嗟の判断で圭吾を庇った勇吾は、本当は圭吾のことを大切に思っていたのだと感じました。

亡くなった勇吾の顔が微笑んでいるように感じて余計に切なかったです。

英里の深い悲しみも圭吾の悔しさも伝わってきて、感情が揺さぶられました。

尚太郎が公の場で過ちを認め、皆川が罪を認める決断をしてくれて良かったです。

全てが明るい結末ではありませんが、ラストに変わっていなかった勇吾を知って希望を感じました。

圭吾と英里には勇吾の分まで強く幸せに生きてほしいと思いました。

ペンネーム:YK(30代・女性)

はるか

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

勇吾は、英里から圭吾に会うように言われる。

そして、勇吾は、英里から小早川には、関わらないようにと言われた事を圭吾に伝える。

しかし、圭吾は、小早川の件から手を引くつもりは、ないと言う。

その時、桜庭が、圭吾を狙って銃を向けていた。

勇吾は、圭吾をかばい撃たれてしまう。

圭吾は、勇吾の名前を叫んだ。

そして、圭吾は、尚太郎に尚史のしてきた事をすべて話す。

尚太郎は、マスコミのいる前の演説ですべて話した。

一方、圭吾を狙っている桜庭は、銃を圭吾に構えるが、皆川が、阻止した。

事件を解決した後に圭吾と英里は、小さい頃に圭吾と勇吾が、遊んだ公園に来る。

そこには、タイムカプセルが、ある勇吾のメッセージが、入っていた。

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の感想

勇吾を殺害した桜庭への怒りから皆川が、勇吾の事を息子としてみていたのだと伝わる回でした。

勇吾が、圭吾のよう事件と関わりたかったという気持ちが、切なかったです。

2人は、警察と犯罪者という立場になってしまい勇吾もどうしていいのか分からなくなっていたのかもしれませんね。

英里は、自分の居場所で前向きに歩きだしていたので良かったです。

勇吾も英里の前向きな姿は、嬉しかったと思います。

圭吾は、警察を退職する事になり今後は、どうなってしまうのか考えてしまいました。

皆川も逮捕されてしまい登場人物達のその後の世界が、知りたくなりました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

もちうさぎ

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

英里は勇吾に小早川議員への手紙を託し、圭吾に会って手紙を渡して欲しいと頼みます。

皆川の手により勇吾と圭吾は、再会します。

そこに銃で圭吾を狙っている桜庭がいて、引き金を引いたことに気付いた勇吾が、圭吾をかばい撃たれてしまいます。

救急車を呼ぼうとする皆川を止めて、衛里からの手紙を託します。

英里の幸せだけを考えて勇吾は、本当に亡くなってしまいます。

翌日、小早川家に脅迫状が届き議員を護送するという名目で、2人きりになった圭吾は次々と事実をつきつけます。

手紙を受け取った小早川は考えこみ、翌日演説会で総裁選の辞退を表明します。

圭吾を狙っていた桜庭は警察に確保され、議員も息子も逮捕されます。

銃を持ってアパートに行った皆川の元に圭吾が現れ、罪を償うように説得して皆川はそれに従います。

しばらくして、英里と圭吾は勇吾が誘拐された公園へ行きます。

幼い頃に埋めたカンを掘り出すと、勇吾からのメッセージが入っていて、それは勇吾が田島に復讐する前のものでした。

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の感想

一度死んだと思っていた勇吾が、実は生きていてそして今度は本当に亡くなってしまった英里の気持ちは、どれほど悲しいものだったかと思うと、胸が締め付けられました。

圭吾と勇吾、演里や皆川の人生を変えてしまった勇吾の誘拐事件。

あの時、圭吾のほうが誘拐されていたのだとしたら、違う結末を迎えていたのかもしれないと思いました。

勇吾は、圭吾のようになりたいと思っていても、そうは出来なかったんですね。

最後のメッセージを読んで圭吾はきっと救われたと思いました。

藤ヶ谷さんが、一人二役を見事に演じていて、素晴らしかったと思いました。

存在感月際立っていたと思いました。

古谷一行さんが、さすがのベテランの風格で早川を重厚感ある演技力で演じていて、さすがだと思いました。

総裁選の講演会での激白シーンは、圧巻でした。

中村俊輔さんが、父の言葉を聞きながらポロポロと涙を流した何とも言えない表情が、真に迫っていてすごかったです。

ペンネーム:もちうさぎ(50代・女性)

michikawai

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

英里は勇吾に手紙を渡し、圭吾に会いように言い、2人は会います。

勇吾は、英里を守るために、小早川から手を引けと言い、圭吾は罪を償うように言った時、桜庭が圭吾を銃で狙い、気づいた勇吾が代わりに撃たれてしまいます。

そこに皆川が来ますが、勇吾は二人に見守られ死んでしまいます。

圭吾は勇吾の死を無駄にしないと誓い、尚太郎に陣内が父の栄一を殺し、桜庭が陣内を殺し、尚史がかかわっていることを告げ、英里と、息子のために真実を明らかにするように言い、英里からの手紙を渡します。

手紙には生まれてきてよかったと書いてありました。

尚太朗は総裁選の演説会で、自分は資格がない、保身のため隠蔽し、息子に強要し、人が死んだと話しました。

そして、尚史は、警察に連行されます。

そのころ、圭吾を狙撃しようとした桜庭は皆川の手配で警察に捕まります。

圭吾が皆川に、すべてが終わった。

必要な人だから罪を償ってと言い、皆川は誘拐、脅迫などで逮捕されます。

英里は旅館に戻り、圭吾は警察をやめることを決めます。

2人で、あの公園に行くと、宝物を子どもの頃に埋めていたことを思い出し、探すとUSBがあり、勇吾からメッセージがありました。

勇吾は、正反対にしかなれなかった。

思いを閉じ込めると言い、圭吾は、勇吾は変わっていなかったと言いました。

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の感想

シーズン1から見てきたので、勇吾が死んでしまう終わりは残念でしたが、勇吾は英里を守り切り、父の栄一の敵もとり、実の父の皆川も死なずにすんだので、喜んでいると思います。

圭吾とは、双子でしたが正反対の道を生きました。

でも、圭吾の生き方を認め、守りました。

圭吾はその思いをしっかり受け止めたと思います。

英里は、両親のことがわかり、愛されていたことを知り、生まれてきてよかったと言いました。

それがこのシーズンの一番よかったところだと思います。

きっと、本当の父とは、これからも心を通わせていけるでしょう。

勇吾の誘拐から始まった不幸な物語でしたが、生き残った人がしっかり生きていける終わりで良かったです。

ペンネーム:michikawai(60代・女性)

ふじお

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

圭吾の元に勇吾が現れますが、桜庭に射殺されてしまいました。

これまでの事件は、小早川の息子が闇に葬るために桜庭を使っていました。

葛木栄一の死の真相が、明らかになり、それを揺すっていた人物が陣内玄です。

陣内玄に知られてしまい脅されていたので、殺害に応じました。

すべては息子の指示で動いていた桜庭でしたが、父の尚太郎は知らなかったです。

小早川の父は総裁から脱退することを公表しますが、自分は政治をする資格がないと言います。

すべてが終わったかのように見えましたが、圭吾は皆川刑事に罪を償って欲しいと言います。

脅迫分を送ったのは皆川刑事だったのです。

『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)の感想

勇吾が言い放ったセリフに刑事と犯罪者の違いだけじゃないかとありましたが、所詮人間は一人の生き物です。

勇吾と圭吾が再会して、それを引き付けたのは皆川刑事でした。

桜庭に撃たれて亡くなった勇吾は、今度こそ生きてはいません。

双子同士の二人の世界でしたが、分かり合えたのはよくわかりません。

小早川は政治の世界にはいてはいけない人間だと言いました。

政治家としても親としても失格だったと大勢の前で言います。

小早川は、この事件には関与していないことは明らかでした。

息子と桜庭が繋がっていたことで事件は解決しましたが、影で操作していたのは皆川刑事でした。

腑に落ちない最終回でした。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年夏ドラマ『ミラー・ツインズ Season2』最終回(第4話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2020年8月1日より同枠でドラマ『13』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくので、引き続きよろしくね☆

『ミラー・ツインズ Season2』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『ミラー・ツインズ Season2』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA