【未解決の女 警視庁文書捜査官】5話ネタバレと感想。矢代王子と鳴海姫!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年9月3日(木)にドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話が放送されました。

ドラまる
今日の驚きは草加さんに娘さんがいたこと。

そういえば、前クールで奥さん出て行ったって言ってたかな。

ラマちゃん
その娘さんが事件に巻き込まれ、さらに鳴海が人質に?!

こちらの記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話あらすじネタバレと感想

2008年。

河本直也の児童養護施設「若麦学園」の卒業を祝うパーティが開かれていました。

その施設長の娘の専門学校生・麦野奈津(水谷果穂)が刺殺され、ダイイングメッセージの「三」の文字が残される事件が発生しました。

捜査をしていたのは当時捜査一課に所属していた草加慎司(遠藤憲一)です。

しかし捜査線上に浮上した容疑者・大学生の三田良平(佐藤祐基)はストーカーまがいの行動を取っていましたが映画を見ていたという完璧なアリバイがあり、未解決のまま時が過ぎてしまいます。

2020年。

あおい銀行に三人組の強盗が押し入ります。

強盗犯の一人は銀行に勤めている草加の娘・美里(佐久間由衣)を狙っていたようでした。

そして強行班の桑部一郎(山内圭哉)から草加に伝言が伝えられました。

犯人から草加と接触を図りたいと言われます。

映し出されたモニターには「三」の文字を持たされた美里の姿がありました。

仕事に夢中だった草加は、愛想をつかして3年前に出て行った妻と娘に対し後悔の念を抱いていました。

草加と連絡を取りたがっていたのは成人した河本直也(矢野聖人)

河本「明日の10時までに奈津を殺した犯人を捕まえろ。」

河本と共に銀行に押し入ったのは同じ児童養護施設で育った高村青斗(落合モトキ)竜崎健一(山根和馬)でした。

犯人を逮捕するという約束を守れなかったことを悔やむ草加ですが、事件関係者となり捜査に加わることができません。

矢代朋(波瑠)は奈津の事件の遺留品に河本にあてた寄せ書きを見つけます。

鳴海理沙(鈴木京香)はその中の「麦」の文字に引っ掛かりを覚えました。

そして三田がいたとされる12年前の映画のアンケートに残された文字にも。

三田の書いた文字と文字に込められた感情が符合していないと指摘します。

アンケートを書いたのは替え玉なのでは?

そんなか、具合の悪くなった人質を交換することになり鳴海が指名されます。

そして当時、奈津と付き合っていたのは高村青斗だと聞かされた鳴海。

末期がんで戦っている奈津の父が生きている間に、なんとしても犯人を見つけたいというのが河本の願いでした。

降臨した文字の神様。

矢代にもそれが伝わっていましたね。一心同体?(笑)

捜査に当たっていた室長・古賀清成(沢村一樹)は、鳴海の読み通り12年前に三田の替え玉をしていた男を発見し三田を警察に連行しました。

しかし、三田はその現場にいたほかの男が奈津を刺したと証言します。

三田は奈津を殺害した犯人ではありませんでした。

奈津の寄せ書きに残した「麦」の書き順に違和感を覚えていた鳴海は、ダイイングメッセージの「三」は書きかけの文字で、本当は「青」であったことを突き止めました。

三田から守るために懸命にボディガードをしていた高村は奈津に告白をし、フラれていました。

付き合っていたというのは高村のうそだったのですね。

そして奈津が本気で好意を抱いていたのは河本だと聞かされた高村は逆上し奈津を刺殺。

草加「謝れ。お前を家族だと思っていたすべての人たちに。」

事件は解決し、娘との次の約束を取り付ける草加なのでした。

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話ネットの反応や感想

ラマちゃん
とうとう鳴海が矢代のことを王子様だって認めたわ~!

最後に駆け寄ってくる草加さんの笑顔も素敵。

ドラまる
そんなに簡単に12年前の替え玉見つかっちゃうんだって思っちゃった。

ラマちゃん
草加さん、娘の美里と話す時間を持つ約束をしていたわね。

離れてしまってもかわいい娘には変わりないわ。

ドラまる
もう最終章に突入よ。

本当に豪華な顔ぶれのゲスト様たち。

スポンサーリンク

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

未解決の女-警視庁文書捜査官-season2|5話見逃し動画無料視聴はこちら

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第6話あらすじ

2020年9月10日(木) 21:00時から放送のドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第6話のあらすじをご紹介します。

人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)が手足を縛られた状態で、新店舗の冷凍施設に閉じ込められ、凍死した未解決事件から5年――。

成功のノウハウをまとめた自著『億りびと』を上梓したばかりのネット長者・西松文也(渡辺邦斗)が、入沢と同じように手足を縛られ、ホテルのバスタブで溺死しているのが見つかった。

その遺体を見た「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は、くるぶしに彫られた奇妙な刺青に目を留める。

文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)によると、その刺青は「梵字」。

しかも、5年前の被害者・入沢の腕にも「梵字」の刺青が彫られていたというではないか!

 2つの事件にはつながりがあると直感し、捜査に乗り出そうとする朋。

その矢先、「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)を介し、警視庁刑事部のナンバー2である参事官・小野塚吾郎(筧利夫)から呼び出しがかかる。

なんでも、小野塚の肝いりで新設された「捜査情報係」に所属する刑事が、3日前から行方不明になっているため、朋に捜してほしいというのだ。

その刑事とは、朋が新人時代に世話になった富野泰彦(市原隼人)。

新人たちから「ミスターパーフェクト」と呼ばれていたエリート刑事で、朋も慕っていた人物だった!

 さっそく富野の自宅へ向かった朋は、鍵が開いたままで、室内も荒らされていることを疑問視。

さらに、部屋の固定電話の留守録ボタンが点滅していることに気づく。

そこに残されていたのは、楽器店に勤める富野の恋人・杉山貴子(北乃きい)からのメッセージ! 

朋はすぐさま貴子に会いに行くが、富野と3日ほど連絡が取れないことはよくあるそうで、貴子にも居場所などに心当たりがないという…。

 一方、5年前の事件を洗い直していた第6係の草加慎司(遠藤憲一)と国木田哲夫(谷原章介)は、入沢と西松がかつて年配者を狙った詐欺商法でつながっていたとの情報を入手。

そんな中、事件関係者の背後に“理沙と関わりのある超大物”の影がちらつき出し…! 

やがて、朋も耳を疑う形でつながっていく“2つの未解決事件”と“エリート刑事の逃亡劇”――。

その先には、とてつもない闇が待ち受けていて…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

12年前の事件で、もう少しきちんと捜査していれば…、という元も子もないことを感じてしまいました。

しかし、今日も鳴海の文字への執着は見事でした。

人の字を見て書き順にまで違和感を覚えるとは。

そしてなんといっても、今日の注目すべきは救出するために突入してきた矢代が王子様に見えたという鳴海姫。

矢代王子、爆誕です。

ドラまる
草加さん、ようやく家族と向き合う時間が取れそうだね。

そして次週のゲストは、めちゃくちゃ豪華だね。

ラマちゃん
予告にあった、「さらば、古賀室長」も気になるのよね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA