未解決の女-警視庁文書捜査官-season2|4話ネタバレと感想。将棋の世界に降りかかる闇。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年8月27日(木)にドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話が放送されました。

ドラまる
今日は昨今、大盛り上がりの将棋界が舞台の未解決事件に挑むよ。
ラマちゃん
駒に秘められた謎を追うのね。

こちらの記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話あらすじネタバレと感想

2003年。

毎朝杯トーナメントの決勝を戦っている「千駄ヶ谷の虎」こと西川悟(木瀬哲弥)と「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)。

結果は西川の反則負け。

この夜、暴力団員の簑島が殺害され西川が犯人として捜査が開始されましたが、失踪。未解決となっていました。

そして2020年。

「特命捜査対策室」第6係に持ち込まれた5年前の未解決事件。

5年前に殺害された佐田の娘・彩子(久保田紗友)がやってきました。

その時に盗まれた駒を探す彩子。

それは17年前の毎朝杯の決勝で使われた価値のある将棋の駒でした。

先週、その駒がネットオークションに出品されたというのです。

しかしすぐに出品は取り消されていました。

駒を作成した職人・桜木正村(小野武彦)に確認しに行く矢代朋(波瑠)は、出品された駒は本物だという証言を得ます。

17年前と5年前の事件に関りが?

佐田と西川は子供のころからのライバルで切磋琢磨していましたが、17年前スランプに陥っていた西川は八百長に加担していたといううわさが立っていました。

佐田の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)は、佐田と西川が同じ女性・由紀子に好意を持っていたと言います。

由紀子はその後、佐田と結婚をし彩子が生まれていました。

そして、彩子は佐田宛の差出人不明の手紙を見つけます。

7年間交わされていたその手紙には、どの手紙にも謎のを三文字が書かれていました。

それは棋譜。

行われていたのは手紙将棋でした。

鳴海理沙(鈴木京香)は将棋に詳しい国木田哲夫(谷原章介)と17年前の対局の再現を行い、佐田と西川二人ともがわざと負けようとしていたことに気が付いていました。

そんな中、17年前から二人の後援会長をしていた山井に反社会との関りが判明し、かけ将棋をあっせんしていた疑惑が持ち上がります。

そして山井が何者かに殺害され、佐田の元から盗まれた駒が山井の元から見つかりました。

発見された駒を確認する矢代は、よく似ているがオークションに出品された駒とは別物だと気が付きます。

オークションに出品されていた方が偽物だと判断する鳴海。

魔女による古典教室が始まりました。

「金」という文字と「今」という文字は同じだったんですね。

それが「と金」につながっていたとは。勉強になります。

そこで、再び桜木のもとに向かった矢代と岡部守(工藤阿須加)は駒の真実を告げ、桜木の一番弟子・桜木歩(永井大)が整形した佐田ではないかと尋問します。

歩の部屋から見つかった手紙将棋の返答。

佐田と西川は17年前の決勝戦での対局を手紙将棋で再現したいたのですね。

桜木は何年か前、身元不明の男性が突然やってきて弟子にしたと言います。

そして姿を消した西川。

母の命日に母のすきだった場所に向かった彩子。

西川が佐田から受け取っていた彩子の写真に写るひまわり畑に向かった矢代は、彩子と西川の姿を見つけます。

彩子「あなたは17年前に母と私を捨てた本当のお父さんですよね。」

生前に佐田から血がつながっていないと聞かされていた彩子。

西川が毎年ひまわり畑に来ていたのは、佐田が娘の彩子を見る時間を作ってくれていたからでした。

17年前、西川の子を宿した由紀子のことを聞かされた佐田は、山井に依頼された八百長将棋を行おうとしいていました。

それに気が付いた西川は反則負けをし、事件を起こして逃亡しましたが、山井は再び佐田に八百長を持ち掛けていたというのです。

それを手紙で知った西川は止めようとしましたが、その後佐田は殺害されてしまいました。

どうしても佐田を殺害した犯人を見つけ出したかった西川は、犯人をおびき寄せるため桜木の駒の偽物を作りオークションに出品していました。

そして現れたのが山井でした。

すべての始まりが西川が八百長を断ったことだとなじられた西川は、山井を殺害してしまいます。

自分はただの殺人犯だという西川に、

彩子「あなたは生きてください。それでも会えてよかった。また会おうね。」

と伝えました。

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
毎回行われる室長・古賀清成(沢村一樹)と強行班の桑部一郎(山内圭哉)のやりとりが定番になってきたね。

ラマちゃん
『竜の道』でも顔を変えたイケメンがいたわね。

こちらは声は変わらなかったみたい。

ドラまる
文字に丁寧なドラマだけあるね。

ラマちゃん
魔女の古典教室、勉強になりました。

スポンサーリンク

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

未解決の女-警視庁文書捜査官-season2|4話見逃し動画無料視聴はこちら

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話あらすじ

2020年9月3日(木) 21:00時から放送のドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話のあらすじをご紹介します。

閉店間際の銀行に3人組の男が押し入り、立てこもった。しかも人質の中には、「特命捜査対策室」第6係の刑事・草加慎司(遠藤憲一)の娘で、3年前に妻と共に家を出ていった草加美里(佐久間由衣)がいた上に、なぜか犯人は「草加という刑事に電話させろ」と警察に要求してきたのだ。

そんな中、防犯カメラ映像で、漢数字の「三」が書かれた紙を持たされる美里と、犯人の一人の顔を確認した草加は息をのむ。

その男はある未解決事件の捜査で出会った河本直也(矢野聖人)だったからだ!

 草加が担当した未解決事件とは12年前、専門学校生・麦野奈津(水谷果穂)が帰宅途中に刺殺され、地面にダイイングメッセージともとれる漢数字「三」の文字が書き残されていた事件。

しかし、奈津に当時つきまとい、漢数字「三」が名前に入っていることから真っ先に容疑がかかった大学生・三田良平(佐藤祐基)のアリバイは完璧…。

奈津の父が経営する児童養護施設で育った直也から、必ず犯人を捕まえてほしいと懇願された草加は逮捕を誓ったが、必死の捜査もむなしく三田のアリバイは崩せず、他に犯人も特定できず仕舞いだった――。

 草加は立てこもり犯の指示に従い、すぐさま電話。

すると、直也は人質の命を盾に取り、約18時間後の翌朝10時までに奈津を殺した犯人を捕まえるよう要求する。

自分のせいで起こった事件だと、自責の念に駆られる草加。

だが、人質の家族は捜査に直接関われないため、自らの手で決着をつけることはできず…。

 まもなく直也以外の立てこもり犯は、同じ児童養護施設で育った高村青斗(落合モトキ)と竜崎健一(山根和馬)で、3人とも奈津と仲が良かったことが判明する。

さらに矢代朋(波瑠)は、12年前の事件当日、直也の施設卒業を祝う会のために奈津が用意した寄せ書きを入手。

そこに書かれた「麦」の文字に、文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)は引っかかり…。

 その矢先、人質の一人が持病を発症。

直也は急病人と交換する人質として、理沙を指名する! 

覚悟を決めた理沙は、朋と草加に“ある文書”にも違和感があったと告げ、銀行へ入っていくが…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

真剣勝負の世界にも入り込んでくる闇社会の手に引きずり込まれてしまった佐田と西川の悲しい人生。

どんなことがあっても生きていてくれたことを喜んでくれた彩子の言葉が西川に響いてくれていることを願うばかりです。

とにかくお髭姿の永井大さんがかっこよかったですね。

整形してイケメンになるのが最近の流行り?でしょうか。

ドラまる
駒に書かれた西川の文字と娘の彩子の文字につながりを感じるとは、さすが魔女だったよ。
ラマちゃん
草加さん、娘さんがいたのね。

魔女一筋かと思ってたわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA