未解決の女-警視庁文書捜査官-season2|3話ネタバレと感想。高校生でも教育実習生でもかっこいい伊藤健太郎さん!

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年8月20日(木)にドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話が放送されました。

ドラまる
文字をめぐる事件も、ついに国語の先生が登場するよ。

被害者は体育教師。

ラマちゃん
今を時めく伊藤健太郎さんが国語教師役で登場よ。

こちらの記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話あらすじネタバレと感想

2017年。

高校バスケ、全国大会出場をかけた一戦を戦っていたのはキャプテンの唐木田玲一(伊藤健太郎)でした。

後日、私立稜泉学園のバスケットボール部名物コーチで体育教師の片山彰(谷田歩)が何者かに撲殺され発見されました。

しかし未解決のまま三年が経ってしまいます。

そして、現在。

参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優)が殺害される事件が起きました。

彼女が死の間際に見ていたDVDに録画されていたのは片山が亡くなった後の稜泉学園バスケ部の特集でした。

しかしDVDに残されていた指紋は被害者のものではありませんでした。

矢代朋(波瑠)は片山の事件との関係を示します。

DVDには非常に整った筆跡で「稜泉学園バスケ部 木曜日」と文字が残されていました。

一週間前に放送されたその番組には、3年前の片山の横に上原の姿が。

上原は稜泉学園の卒業生っだったのです。

そして秘書として彼女が務めていたのが唐木田議員で玲一の父でした。

学園に上原のことを聞き込みに行く矢代は、国語教師として母校に教育実習に来ていた玲一を見つけます。

玲一の担当教諭は国語教師・藤沢さおり(高梨臨)でした。

国語辞典を用いたクイズで授業を行う玲一に興味を持つ矢代は鳴海理沙(鈴木京香)にその話を聞かせます。

3年前、そのクイズの授業を行っていたのは藤沢でした。

藤沢の授業をきれいにまとめていた玲一のノートを手にした鳴海はある違和感を覚えます。

2017年6月20日(=片山が殺害された翌日)に出された問題の答えは「自業自得」。

同僚が殺害された次の日に、わざとこの言葉を選んだ秘密とは?

そんな中、3年前に片山が唐木田議員から多額の口止め料をもらっていたことを突き止めます。

上原の前任の公設秘書だった大野多恵との不倫関係を知られ、唐木田の妻が用立てていました。

そして妻はDVDの文字から上原を殺害したのが大野だと主張します。

大野は、不倫を知られ秘書をクビになってから、水商売をしていました。

しかし偶然見かけた稜泉学園の特集を見て、片山と上原が当時から知り合いでグルだったことを知り脅迫しに行ったと言います。

そして、揉み合ううちに殺害してしまっていたのです。

しかし、片山の事件で大野にはアリバイがありました。

矢代に体育館に呼び出された藤沢。

鳴海が探していたのはシュレッダーにかけられたであろう辞書。

ヒントは「自業自得」

鳴海は藤沢がそれまで最新の辞書からクイズを出していたのに、「自業自得」の日から一つ前の古い辞書を使っていたことに気が付いていました。

片山を一方的に嫌っていたため殺害したと自主する藤沢に不信感を募らせる鳴海。

そこへ現れたのは玲一でした。

玲一「コーチを殺したのは僕です。」


父をゆすっていたことでも、自分が藤沢に好意を寄せていたことを知られたことでもなく、自分が思いを寄せていた藤沢を侮辱されたことが許せなかった玲一。

その玲一を守ろうとした藤沢。

玲一「先生、本当に好きでした。」

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話ネットの反応や感想

ラマちゃん
高校生も教育実習生も違和感なーし!

文句なしにかっこいい。

ドラまる
高梨さんは裏のある美女を演じさせたらぴか一だね。

ラマちゃん
恋愛から縁遠いことを押し付け合う矢代と鳴海がかわいかったわ。

スポンサーリンク

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

未解決の女-警視庁文書捜査官-season2|3話見逃し動画無料視聴はこちら

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話あらすじ

2020年8月27日(月) 21:00時から放送のドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第4話のあらすじをご紹介します。

5年前の未解決事件で何者かに殺された棋士・「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)の娘・彩子(久保田紗友)が、亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)と共に、警視庁の相談窓口にやって来た。

なんでも今になって突然、佐田が殺された際に盗まれた将棋駒がネットオークションに出品され、1週間も経たぬうちに出品が取り消されるという、不可解な出来事があったというのだ。

話を聞いた矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、すぐさま事件を再捜査することに! 

まずは出品された駒が本物かどうかを確かめるため、朋ははるばる山形へと足を運ぶ。

 朋が向かった先は、一番弟子・桜木歩(永井大)に伝統を継承しながら、将棋駒作りに専念する職人・桜木正村(小野武彦)の工房。

実は、出品された駒は17年前、「毎朝杯」決勝戦でライバル棋士・「千駄ヶ谷の虎」こと西川悟(木瀬哲弥)に勝った佐田に贈られたもので、正村の作品だったのだ。

オークションの画像を見て、自分が作った駒で間違いないという正村。

しかもよくよく話を聞くと、この対局で「二歩」を打って反則負けした西川が、同日夜に暴力団員を殺して行方をくらます事件が起こっていたことも明らかになる!

 5年前の「居飛車のプリンス」殺害事件と、17年前の「千駄ヶ谷の虎」が起こした殺人事件――将棋界の頂上決戦…その勝者と敗者が絡む2つの未解決事件の接点を求め、朋たちは捜査を続行。

まもなく、幼い頃から良きライバルとして切磋琢磨してきた佐田と西川が、プロになってからは同じ女性に惚れてしまったことで関係がギクシャクしていたことが判明し…。

 その矢先、佐田の娘・彩子は父に宛てられた差出人不明の手紙の束を発見する。

しかも妙なことに、どの手紙にも“謎の3文字”が記載されていて…!? 

そんな中、第6係の鳴海理沙(鈴木京香)と国木田哲夫(谷原章介)は17年前の対局を再現。

当時は見過ごされていた“ある事実”に気づき…!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

「未必の故意」と同じように秘めた苦しい恋をしていた玲一と藤沢。

どちらが3年前の事件の犯人か最後まで読めませんでした。

最初で最後の玲一の告白は切なく悲しいものでした。

そして今日は鳴海に文字の神様が下りてきましたね。

辞書の些細な改編に気が付いた鳴海。さすがでした。

ドラまる
美男美女の悲恋は切ないものだったよ。
ラマちゃん
次週は今大注目の将棋の駒が事件のカギなのよ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA