未解決の女-警視庁文書捜査官-season2|2話ネタバレと感想。定家本は本物だったのか?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年8月13日(木)にドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第2話が放送されました。

ドラまる
肉体派の矢代と頭脳派の鳴海のバディが今週取り組む文字は《定家様(ていかよう)》だよ。
ラマちゃん
定家様の文字を書いた古の歌人・藤原定家は小倉百人一首を選んだ人としても有名ね。

こちらの記事では、ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第2話あらすじネタバレと感想


2010年。

国文学の権威である啓星大学の教授・板橋京介(佐渡稔)は、古書店「大蔵堂」の店主・倉木達也(合田雅吏)が持ってきた古書の鑑定を依頼されていました。

しかし古書は定家の筆跡をまねた贋作だと言われてしまいます。

10日後、その板橋が何者かに殺害される事件が発生しましたが、大学での素行が悪く被疑者が多すぎたため未解決のままとなっていました。

そしてその事件の際に倉木が板橋に預けていた古書も紛失していました。

10年後。

『藤原』と刺繍の入ったスーツを来た男性が他殺体で見つかります。

その文字を見た鳴海理沙(鈴木京香)は鎌倉初期の歌人・藤原定家の筆跡を模した《定家様(ていかよう)》だといいます。

現在でも定家様のフォントがあるんですね。

そして10年前の事件を思い出した鳴海は、紛失した古書に目を付けました。

それが定家本「和泉式部日記」

文学研究者として定家が《定家様》を用いて書き写したものでした。

魔女の古典教室(笑)

これが本物ならば国宝級の大発見です。

そして自ら捜査に向かう鳴海と矢代朋(波瑠)はかつて板橋の部下だった啓星大学の国文学教授・真田誠(松下由樹)のもとに向かいます。

当時容疑者にも挙がっていた誠でしたが定家本のその後を知りませんでした。

“刺繍の被害者”は8年前まで「大蔵堂」に勤めていたという藤原伸一(おかやまはじめ)でした。

倉木が抱えた負債が基で大蔵堂は7年前に倒産していました。

10年前、古典に詳しかった藤原が定家本を持ち出したのか?

そしてそれを知った倉木が藤原を殺害した?

室長・古賀清成(沢村一樹)の推理ですが、鳴海は「定家を胸に亡くなった藤原が悪人のはずがない」と根拠のない推理をはじき出します。

アホの女子学生って(笑)。いつも冷静な鳴海にしては確かに珍しいですね。

現在はタクシー運転手になっていた倉木。

10年前に藤原が定家本ではないかと言い出し、さらに最近になって藤原から定家本はまだ見つかっていないかと聞かれたといいます。

そこへ消え入りそうな声で矢代にかかってきた鳴海からの電話。

一人で行う聞き込みで不安を覚えた鳴海は矢代に電話をしながら誠に話を聞くことにします。

逆コナンパターンですね。

一番聞きたかった紛失した定家本について尋ねます。

こんなにも価値のある本を前にしながら見ていないという誠の言葉を信じられない鳴海。

そして妻に従順で、警察には協力的ではなかった誠の夫・真田学(野間口徹)に動きがありました。

レンタル倉庫から学が持ち出したのは紛失していた定家本でした。

目の前で学によって燃やされてしまった定家本。

そして誠の取り調べが始まります。

10年前、誠の教授就任の邪魔をし続けていた板橋を許せず殺害したのは学でした。

教授になるために日々、板橋からの嫌がらせに耐えてきた誠はすべての証拠を隠滅しました。

そしてその時、学の持ち出した定家本。

誠は自分の死後、進んだ技術を用いてこれからの研究者に再鑑定してほしいと願っていました。

その後、定家本を誠が持っていたことに気が付いた藤原が会いに来たと言います。

藤原の存在が誠の危機だと感じた学は藤原のことも殺害していたのでした。

スポンサーリンク

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
古典の授業で出てきたわね~。

懐かしくなっちゃった。

ドラまる
松下由樹さんは本当にすごいと思うんだ。

ラマちゃん
矢代にも草加にも恋されてる鳴海。

でも鳴海は定家に夢中だったわね。

ドラまる
の、野間口さん、悪い旦那さんだったよ。

ラマちゃん
毎回ソーシャルディスタンスを守って写真をアップしてくれるエンケンさん。

ありがとうございます。

スポンサーリンク

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官)』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

未解決の女-警視庁文書捜査官-season2|2話見逃し動画無料視聴はこちら【8/6配信】

『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話あらすじ

2020年8月20日(木) 21:00時から放送のドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第3話のあらすじをご紹介します。

熱心な指導で私立稜泉学園のバスケットボール部を全国大会初出場へと導いた名物コーチ・片山彰(谷田歩)。

そんな学園きっての英雄ともいえる片山が全国大会の開幕前日、何者かに殺された。

だが、犯人の特定は思いのほか難航…。

事件は未解決のまま、月日は流れてしまっていた――。

 あれから3年。

ある日、参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優)が自宅のリビングで殺されているのが見つかる。

しかも、リビングのDVDデッキに入っていたディスクには、非常に整った筆跡で「稜泉学園バスケ部 木曜日」と記されていたのだ! 

収録されていた映像は、例の未解決事件から3年が経ち、再び全国大会出場の切符を手にした同校バスケ部の特集番組。

だが奇妙なことに、録画されていたのは番組の途中からで、ディスクに残された指紋も被害者のものではなかったのだ!

 2つの事件には何らかのつながりがある――そうにらんだ矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、さっそく録画された番組の元映像を手配し、最初から見直すことに。

すると、そこに収められていた3年前の片山の指導映像に、なぜか望の姿が映り込んでいることが判明し…!?

 手がかりを求めて稜泉学園へ向かった朋は、3年前に同校バスケ部のキャプテンだった教育実習生・唐木田玲一(伊藤健太郎)が、授業で国語辞典を使ったクイズを展開している姿を目撃。

興味を示す朋に、玲一は高校時代に感銘を受けた国語教師・藤沢さおり(高梨臨)の授業の受け売りなのだと明かす。

密かに玲一自身の“ある行動”が気になっていた朋は、彼が持っていた高校時代の授業ノートを借り、文書捜査のエキスパートである鳴海理沙(鈴木京香)に見てもらうことに。

すると、理沙は“ある単語”と“出題された日付”の間に、どうにも拭えない違和感を覚え…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

定家本は真偽を確かめられないまま、学の愚かな行動で灰になってしまいました。

誠への間違った愛のせいで、殺害されてしまった二人。

誠自身も学を守るために殺害を隠蔽したのではなく、自己保身のためだったというところは今回は救いようがなかったですね。

松下由樹さんの迫真の演技にはどんな作品でも脱帽してしまいます。

それにしても、今回は定家に恋する鳴海と、焼きもちを妬く矢代と草加さんが面白かったです。

ドラまる
今週は鳴海が一人で聞き込みに行ったり、文字の神様が下りてこなかったり、いつもとは違ったね。
ラマちゃん
来週は伊藤健太郎さんと高梨臨さんがゲストで登場よ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA