真夏の少年~19452020|6話ネタバレと感想。三平(博多華丸)が逮捕!まるで、金八先生!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月4日(金)「真夏の少年~19452020」の6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
悟を好きな沙織を使って財前を呼び出そうとするようです。何でも沙織の言うことを聞く約束で。

財前に話を聞くことができるのでしょうか。沙織は、悟に何を要求するのかな。

ラマちゃん
放送部の明菜は、人気ものの三平に目をつける。それがとんでもない事態を招く。

三平はどうなってしなうのかな。悟たちの三平の娘探しに進展はあるのでしょうか。

明菜は、財前のドローンが盗まれ、何かあると感じる。人気が出始めた三平の素性を調べ始める。明彦は、タイムスリップが雷によって起こされたと考え、三平を娘の元に返す方法を考え.....。

ドラマ『真夏の少年~19452020』6話あらすじネタバレと感想

ドローンが盗まれ、設置してあった防犯カメラも手で隠されたことが分かり、放送部の明菜は、かなり価値のあるものだったの気づく。

富室高校教師の真智恵は、町長候補の山田ゲルハルト節子に、財前が心配で一度様子を見に行こうと思うと告げる。節子は、ネックレスを友情の印と真智恵にプレゼントする。

和彦は、三平の書くマンガに出てくる娘・マドカが元気だというと、三平は、喘息持ちで、昭和に戻って薬を届けたいと言う。和彦は、明彦がタイムリップの研究しているから頼むと約束する。

節子の秘書・柚木原は、商店街はこのまま行くと落ちぶれて行く、店主たちも、節子に大きいビルをたてて欲しいと人任せだと報告し、計画通り進めて良いか確認する。節子は了解する。

明菜は、ドローンの防犯カメラ写っていた白い手袋がヒントではと考える。購買で人気者になってきた三平の素性にも興味を持ち始め、高橋に調べさせる。

明彦は、グアムと同時に起こった巨大な雷が、三平をタイムスリップさせた原因だと考える。和彦は、三平が娘のために薬を届けたいことを相談すると、明彦は歴史が変わるからと心配する。

三平は、富室町が見渡せる見晴らし良い場所でスケッチをしていると、節子が声をかけてくる。節子も子供たちをつれて良くきたとか、洞窟の絵が三平が書いたものだと知り意気投合する。

三平がこの町が好きだと言うと同感する節子は、この素晴らしい町の未来のために何かをしたいと言う。節子の名前を聞いた三平は、明彦和彦の母親ではないかと思うが口に出さなかった。

悟の兄・優は、仲良しのおばあちゃん・つぶらと本を読んでいた。この場所でよく父と母と遊んでいたというつぶらに優が、元気に走り回っていたのが想像できるという。

つぶらは、子供のころは元気がなく、戦死した父の遺品に薬の瓶が入っていて、それを飲んで元気になったと語り、茶色の小ビンを大事そうに見せる。和彦のぜんそくの薬の瓶と同じだった。

帰ろうとした時、本を忘れたつぶら、本から、父のもらったマドカの妖怪のしおりが風に飛んだのに気づかなかった。

悟、竜二、篤、道史は、財前にもう一度話を聞きたいと相談していた。その話を聞いた購買部のサクラは、売上との交換で作戦を授ける。

財前が今気になっているのが沙織の歌だから、沙織に歌を披露したいと財前を誘い出してもらえば良いと言う。沙織が気になっている悟が頼めば大丈夫だと言う。

悟は、沙織を呼び出して頼むが、なぜ財前に歌を歌うと誘わなくてはいけないと怒ってしまう。何でもするからと土下座して頼む悟に、沙織は、何でもするねと喜んで応じる。

商店街の店主が、花火大会が急に中止になってキャンセル費用で困っていると、節子の秘書・柚木原に訴える。節子がなんとかすると説明する。

そこに、富室町に、大型ショッピングモールが、東京の業者のカブト開発が行うというニュースが流れ、商店街の店主は潰れてしまうと心配する。

そこに、三平が道に迷ったカブト開発の社員を案内してくる。その名刺を見た商店街の店主は怒りが収まらなかった。柚木原が、山田コンチェルの名刺を出し追い返す。

大型ショッピングモールの記事を見た明彦と和彦は、やるべき時がきたと言い、富室高校爆発予告の脅迫文を印刷する。

悟は、三平に、財前に会えそうだと言い、会えたら問いただすと言う。三平は、財前は監視されており、その気持ちになったことはあるかと聞く、それが分かれば悟は成長すると言う。

そこに、沙織から、財前に会えるとの連絡が入る。竜二たちにも連絡する。竜二たちは、放送部の明菜に気づかれない方が良いと言うが、明菜たちはちゃっかりその様子を盗撮していた。

悟が待ち合わせ場所に行くと沙織もくる。沙織は、何でも聞くとの約束通り、停学が解けたらデートして欲しいと恥ずかしそうに言う。悟は、分かったと言い、指切りする。

竜二たちも密かに隠れて見ていた。放送部の明菜と高橋もカメラを構えていた。財前が歩いてきたのが分かり、明菜はスクープだと喜ぶ。財前は、黒服の男に連れ戻されてしまう。

明菜は、悟に、財前は黒服の男に連れ戻されたと言う。悟は、三平の財前の気持ちになれという言葉が頭にかすめ、怒りが湧いてこなかった。

秘密基地に戻った竜二たちは、財前は何か秘密を知ってしまい黒服の男に見張られているのではと言い出し、大型ショッピングモールが関係するのではと予想する。

静かな悟に、なぜ黙っている竜二たちが聞いてくる。悟は、財前が可愛そうになってきたと言い出す。三平は本当かなら助けてやれば良いというと、悟はそうすると決意する。

明菜は、財前が連れ去られた瞬間の映像が乱れ使い物にならないと落胆する。

高橋が、三平のことについて生徒の証言を集めてくる。タイムスリップしてきたとか、戦争とかの話が飛び出し、明菜は嘘でも面白いと言い出す。

担任の東村から、悟に停学を解いて良いと連絡が入る。財前に近づかないのが条件と言われ、悟は断る。

三平が絵を描いていると、節子が疲れたと近づいてくる。三平は、息子さんたちは自分で考え生きている言い、富室高校購買部で働いていることを明かす。

節子は、子供たちの未来のために残したいと言い、もう一度頑張るかと言う。三平は、町が無くなっても帰ってくる場所はとクイズを出し、あかあさんと答えを言う。

節子と別れ、帰る途中で、つぶらが落としたマドカと妖怪のしおりを拾い、娘は生きていると確信する三平。

三平は、秘密基地に帰って、娘は生きている。このしおりを拾ったと悟たちに見せ喜ぶ。

明彦は、和彦に、同時に雷が発生したから三平はタイムスリップしてきた。次に、グアムで大きな雷が落ちるのは、1945年8月30日だと、その日に富室町で雷が起これば戻れると説明する。

山田ゲルハルト節子のところには、商店街の店主が集まって、ショッピングモールの建設を辞めさせて欲しい、だれか、カブト建設のスパイがいると騒ぐ。

節子は、子供たちの未来のためになにかしようとしているかと聞くが、商店街の店主は何も答えなかった。節子は、残念に思いつつ、柚木原に例の件を実行するように命じる。

三平のところに、明菜が、娘さん探しを手伝うと言い取材にやってくる。悟たちは心配するが、三平が受けたと聞き見守ることにする。

明菜は、高橋がカメラを回す中、三平に、昭和からタイムスリップしてきた日本兵だということは本当ですかと聞く。

三平は、娘探しを手伝ってくれるのではと疑問を投げると、明菜はおいおい聞くからと宥める。

三平は納得して、日本兵だと答え、明菜はその証拠を見せて欲しいと頼む、三平が、この軍服がそうだと紹介すると、明菜は、銃を持ちこれの方が本物らしいと言い出す。

三平は、なれない者が持つと危ないと離しなさいと怒る。明菜はいやがりもめているうちに、発砲してしまう。その様子を高橋は撮影していた。

銃声を聞いた悟たちが駆けつける。明菜は腰を抜かしてはいたが、怪我はしていなかった。三平は明菜のことを心配する。

翌日、明菜たちは、その動画をアップしてしまい。学校や街中に広がっていった。明菜は、バズったことに喜ぶが、竜二たちは、三平になにかあったら許さないと怒る。

明菜は、なんでそんなに怒ると罪悪感がなかった。

東村は、銃刀法違反で三平を警察が探していると言い購買部のサクラに聞く。サクラは、隠れていた三平に秘密基地に居た方が良いと言う。

商店街の店主たちは、三平が、カブト開発の社員をつれてきており、スパイではないかと言い出す。

竜二たちは、三平が、秘密基地に戻ったと連絡を受け、心配になり学校から帰る。

秘密基地の周りは、商店街の店主が警察を案内して騒がしくなってきた。警察は、銃を捨て出てきなさいとまるで犯罪者扱いだった。

悟は、三平は何もやってないのにと言うと、娘を探すためにも誤解をとかなくてはならない。話せば分かると三平が言うと、悟はいかないで欲しいと頼む。

三平は、覚悟を決め、銃を持って外に出る。銃を地面に置き、手を上げる。警察は三平を取り押さえ、手錠をはめ連行する。

篤、悟、竜二、道史、明彦、和彦が三平の名前を呼びとめようとするが、警察に抑えられ救えない。三平は、振り向き、皆に大丈夫だという顔をする。

ここまでがネタバレですが、第6話は、明菜は、人気者の三平に興味を持ち調べる。悟は、沙織に頼み財前を呼び出すが黒服が連れ去る。財前を心配し始め.....。

悟は、財前に話を聞こうとするが、またもや黒服に連れ去られます。三平の教えてくれた、財前の気持ちを考えたかという言葉に、悟に救いたいという気持ちが芽生えは閉めましたね。

沙織が、財前を呼び出してくれたら何でもするという悟に頼んだのは、デートでしたね。恥ずかしそうで可愛かったですね。悟も男らしく了解したとこも、優柔不断がなくなってきました。

ドラまる
つぶらが落としたマドカと妖怪のしおりは、三平が娘に送った物でしたね。やはり、つぶらは三平の娘ですね。

喘息の薬を持っていたということは、三平は、昭和に戻れるということかな。

ラマちゃん
明菜も、再生回数のためには人の気持ちを考えずなんでもやり過ぎです。三平は逮捕されてしまった。

まるで、金八先生の腐ったみかんの方程式の名シーンで曲も非情さを訴えてましたね。

ドラマ『真夏の少年~19452020』6話ネット上の反応

ドラまる
悟と沙織が初々しいと評判。それを覗くやつらもいいと。

ラマちゃん
三平さんが逮捕される瞬間。悟たちが抵抗する姿が号泣ですね。

ドラマ『真夏の少年~19452020』第6話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『真夏の少年~19452020』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『真夏の少年~19452020』第6話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『真夏の少年~19452020』7話のあらすじ

2020年9月11日(金)放送のドラマ『真夏の少年~19452020』第7話のあらすじをご紹介します。

放送部の小泉明菜(箭内夢菜)がアップした動画によって、三平三平(博多華丸)が警察に連行されてしまう!

さらに明菜たちは三平が逮捕される瞬間も映像に収め、その動画は爆発的な再生回数となる。

三平を犯罪者扱いすることが許せず、放送部に乗り込む風間竜二(岩﨑大昇)と春日篤(浮所飛貴)。

「三平さんに何かあったらただじゃおかない」と高橋仁(松尾龍)に詰め寄る篤だったが、その様子さえも録画してアップしようとしていることに気づいた竜二は、間一髪で手を上げようとしている篤を制止し、部屋を出ていく。

どうにか三平を救うことはできないのか――瀬名悟(佐藤龍我)や柴山道史(那須雄登)らと集まり知恵を絞るが、妙案は生まれない…。

母である山田ゲルハルト節子(長谷川京子)に三平をどうにか擁護できないか頼むことを思い立つ山田和彦(金指一世)。

しかし節子は、「富室町を東京の開発業者に売り渡すスパイ疑惑までもかけられている三平をかばうことはできない」「そんな人間と息子がつるんでいることだけでも迷惑だ」と和彦の頼みを一蹴する!

その矢先、節子と東京の業者が結託し、開発に着手しようとしている、という怪文書が富室高校に送られてくる。

しかもその文書には「学校を爆破する」という文言まで書かれており…?

実はそれらの怪文書は、節子の言動が許せなかった明彦(藤井直樹)と和彦によるものだった…。

やがて三平が警察から戻ってくる。

しかし街の人々や学校の生徒たちが三平を見る目はすっかり変わってしまっていた。

富室町を去る決意をした三平は、荷物をまとめ、秘密基地を出ようと…。

しかしそんな三平のもとに、「三平さんの娘さんを見つけた!」と悟たちがやってくる!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『真夏の少年~19452020』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

財前に会おうするが連れ去られる。悟は、三平に財前の気持ちになれと言われ助けようとする。明菜が娘を見つけ出すと三平を騙し取材した時に暴発した銃の動画がきっかけに、三平は逮捕。

ドラまる
明菜たちは、三平が逮捕される瞬間の動画もアップする。

篤たちは怒るようですが、それさえも動画におさめようとする明菜は何をしたいのでしょうか。

ラマちゃん
三平を救おうと、和彦は、母・節子に頼むが、一蹴されるようです。

節子と東京の開発業者が結託していると怪文章を流し、和彦たちは対抗する。どうなるのかな。

悟の成長がまた見えましたね。黒服の男たちに監視されている財前を救いたいという気持ちが芽生え、東村が、停学を解くと言い、その条件が財前に近づかないと言われると、断りましたね。

ショッピングモールの建設は、町の未来のために、節子がやろうとしていそうですね。財前は、その秘密を知ってしまったから行動が制限されているということですね。

次話、三平は、警察から釈放されるが、町の人たちの三平の見る目が変り、町を去る決意をするようですね。悟が、三平の娘を見つけるようです。どんな展開になるかな。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA