真夏の少年~19452020|5話ネタバレと感想。日比美思、ギター少女沙織を熱演、悟と恋が始まる!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年8月28日(金)「真夏の少年~19452020」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
財前が車椅子なしで歩いていることを見た悟と篤。三平が見ていた沙織のライブ動画にも財前の姿が。

財前は、なぜ、自殺したと嘘を言っているのか。明菜が見つけたドローンの謎は。

ラマちゃん
富室高校教師・東村にも応援される沙織だが新曲に悩む。父がいなくてバイトをして兄弟の面倒をみる未来。

二人の姿をみて、悟は何かを感じるようです。悟がどう成長するか楽しみ。

財前が車椅子なしで歩けた。ライブ視聴回数の好調な沙織は、校内の人気者になるが、新曲が出来ずに悩む。悟たちは、三平の娘探しを本格化。秘密基地に、父不在で苦労する未来がきて.....。

ドラマ『真夏の少年~19452020』5話あらすじネタバレと感想

明菜は、拾ったドローンを持って喜んで登校するが、校門で、山田ゲルハルト節子にぶつかり、ドローンに財前と書かれているのを怪しまれる。

節子は、花火大会の復活の署名を集めに、学校にきて、日本語教師の真智恵に頼む。二人は怪しい関係だった。

明菜は、高橋から、財前が立って歩いていたことを聞き、ドローンを解明しようとするが、パスワードがかけられており簡単ではなかった。

悟は、財前が、車椅子なしで歩いていたことを訴えるが、三平が聞く、沙織のライブ動画に皆注目していた。悟は、その動画に、財前が立っていることを見つけ皆驚く。

翌日、竜二は、財前のことを聞く。沙織は、簡単に、財前の事件のことを描いた曲だからとさらりと言う。竜二はその上から目線の言い方にイライラする。

沙織の周りには、動画を見たと生徒が集まって人気が上がってきた。ライブ動画はアップしないはずではと言う仲間達だった。

そこに、東村が現れ、自分が、動画をアップするように言ったからだと言い、1年後にはからなず人気者になるようにプロデュースと宣言する。

明菜は、東村に出し抜かれたことを怒っていた、高橋に、ドローンのパスワード解明を任せ、自分は、遅らせながら、沙織の追いかけると言い部室を出る。

沙織に財前の情報を得ようとしたが、それ以上得られず振り出しに戻ったと考えた悟は、三平の娘探しをすることを優先する。

和彦が80歳以上のおばあさんの名前をリストにしてくるがその中にはいないと三平がいう。三平の娘の名前は、マドカだった。

悟は翌日から、自転車で街中を聞いて回るが、三平マドカというおばあさんはいなかった。

少女の手を引っ張る三平に遭遇する悟。三平は、悟のクラスの未来と仲良くなり、父親がいなくて兄弟を世話をする未来を秘密基地に連れて行こうとしていた。

未来は、お金を抑えて卵料理をみんなに振る舞い美味しいと喜ばれる。家族いっしょに食べられる一日一日を大事にしていると聞き、悟はなぜか感心する。

東村は、節子に、花火大会が行われたら、沙織のステージを行ってもらう約束を取り付ける。その噂は、学校中に広まり、ますます人気がでる。

沙織は、お忍びで、購買に行き、イチゴオレを買う。購買のサクラとは、中学時代からの知り合いだった。三平が、ラブ100円玉が好きというと、沙織は大した曲でないと怒って去って行く。

明彦は、三平が元に戻れる方法を考えていてもう少しと思う。和彦は、貧乏な時代に戻りたいのだろうかと問うと、それは三平が決めることだと答える。

三平は、ラブ100円玉を聞き、もしかしたら、未来が書いたのではと考え、本人に聞くと認め、自分の名前を出さない約束で、沙織が曲をつけてくれたと言う。

三平は、詩を聞いて、未来が素直だと分かったというが、未来は最後のフレーズを縦読みしてと言い、平和な奴らにくそ野郎と思っていると本音を言い三平を驚かせる。

沙織は、新曲が浮かばず困っていた、東村にも、現代の禍を書くようにとハッパをかけられるが、なかなかうまく進まない。悟の文字に、マルをつけ悟を想っていた。

悟は、ごはんをいつもより楽しんで食べるようになっていた。未来の兄弟が家族いっしょにうれしそうに食事するのを見て、1日1日食べれることを感謝することにしたようだった。

沙織が突然訪ねてくる。家族は興味津々で、悟の部屋のドアに耳を立てる。

沙織に借りていたシャーペンを返す悟。話に詰まって、ラブ100円玉の歌詞が好きだと言ってしまう。突然泣き出し、家を飛び出して行く沙織に戸惑う。

秘密基地でそのことを皆に告げ、何が起こったの分からないという。三平に意見を求めるが、人それぞれだからなと自分の意見を言わない。

戦争の体験を言わない三平に理由を聞くと、三平が言えば同情するだろうと言い、同情されて薄っぺらいものにしたくないと思いを語る。

マンガを描くことで、二度と同じ過ちを繰り返して欲しくないことを告げたいと思っていると皆に言う。皆に、三平の気持ちが伝わったようだった。

沙織は、東村に言われるがまま、禍を示す詩を作る。東村は素晴らしいとべた褒めであった。沙織は、本当に良いですかと言うが、曲はつけたかと、購買でさっそくお披露目することになる。

購買の前で新曲を歌う沙織、聞いた生徒達はノリノリで東村も喜ぶ。

歌い終わったあと、購買のサクラは、言葉を並べただけで、本当に、沙織が歌いたい曲なのかと問う。沙織は怒って教室に帰り、聞いていた生徒が褒めるのにイラつく。

教室にいた未来を話があると連れ出し、展望台に連れ出す。

沙織は、みんな未来の詩を褒めるがどうやって書けばよいのだと迫る。沙織の人生と違うから、自分で見つけるしかないと突き放される。

悟も、沙織が部屋で泣いたことをが気になっていて、好きなのか嫌いなのか訳が分からず秘密基地を飛び出して叫ぶ。

サクラは、三平に、中学時代の沙織の話をし始める。沙織はシャイで、神社で歌っていたサクラが見つけ、声をかけ、ギターを教えた。しょうもない曲を作っていたが心に響いたと語る。

三平のマドカの妖怪スナックと妖怪カードは人気がでてきて外にも売るようになって箱4杯も運んでいった。

その帰り道、三平は神社に寄り道をし、沙織を見つける。慰めに来たなら必要ないと言う沙織に、自分をさらけ出したら良いと言う。

沙織は、周りに担がれて、自分が思っている以上に評価され戸惑っていた。自分の実力も知っていて、良くわかっていると三平は言う。自分の中のお宝をじっくり探してみてはどうかと言う。

沙織は、東村も、友達も、サクラもみんな勝手なことを言うと言いながら、悟の顔が浮かぶ。悟だけが違ったと言う。

三平は、沙織のお宝が見つかったじゃないか大切にした方が良いと告げる。

そこに、悟が現れ、沙織にシャープペンを返しながら、沙織の歌が好きだと言い、花火をいっしょにやろうと声をかける。沙織に笑顔が戻る。

翌日、東村に、花火大会では歌わない、もう一度、自分を見つめ直すと言う。東村は慌てる。

沙織は、未来に詩をみせ、まだかっこつけてると言われる。沙織は、もっと自分をさらけ出すと言う。

東村は、山田ゲルハルト節子に、花火大会のライブの辞退を謝るが、節子は、忘れているようで、財前は元気かと聞くだけだった。

明菜は、沙織に、新曲のタイトルをインタビューする。「好きっぽいピ」で好きという言葉が1217回出てくるという。

秘密基地で放送を見ていた竜二たちは、悟の顔をみてそういうことかと頷く。

放送部では男がドローンを盗んで行く。明菜は、高橋からドローンが無くなったと聞き怒る。

三平は、マドカと妖怪スナックを、神社で行われている老人会に配達に行き喜ばれる。

帰ろうとした時、丁度、悟の兄と仲良しのおばあちゃん・つぶらとすれ違い、二人は何かを感じる。

つぶらは、古い折り紙で作られたマドカと妖怪カードを持っていた。

和彦が雷だと突然声をあげる。三平がタイムスリップの時に起きた大きな雷が原因では結論に至ったのであった。

ここまでがネタバレですが、第5話は、歩いていた財前が入った沙織のライブ映像が人気になる。東村がプロデュースをし始めるが、沙織は、新曲に悩み.....。

沙織は、周りが盛り上がって行くのにだんだんついて行けなくなったのですね。だから、新曲を作れなくなってしまったのですね。

悟の部屋に、シャーペンを返してもらう名目でいったけど、悟に何か言って欲しかったのですね。未来が作った詩が好きだと言われてしまい涙がでてきてしまったのですね。

ドラまる
三平に、自分に正直になるように言われ、悟への思いで吹っ切れました。

悟もそばで聞いていたのですね。恋が始まったのかな。

ラマちゃん
明菜が見つけたドローンが鍵になるかと思いきや、中身をみることができませんでしたね。

そして最後に、それが盗まれてしまう事態に。財前問題は闇ですね。

ドラマ『真夏の少年~19452020』5話ネット上の反応

ドラまる
ギター少女・沙織が良かった。かわいいとの声があがってますね。

ラマちゃん
沙織と悟の恋が始まるのかな。

ドラマ『真夏の少年~19452020』第4話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『真夏の少年~19452020』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『真夏の少年~19452020』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『真夏の少年~19452020』6話のあらすじ

2020年9月4日(金)放送のドラマ『真夏の少年~19452020』第6話のあらすじをご紹介します。

放送部の小泉明菜(箭内夢菜)と高橋仁(松尾龍)が保管しておいた財前康隆(林蓮音)のドローンが何者かによって持ち出されてしまう。

仕掛けておいた防犯カメラまで切られるという周到さに、明菜はあらためてドローンの中身にはとんでもない事実が隠されていたのだと確信を。

さらに明菜は、すっかり富室高校の人気者になった三平三平(博多華丸)の素性までも探ろうとし始める。

その頃、三平のタイムスリップの謎解明に取り組んでいた山田明彦(藤井直樹)は、その謎のヒントは“雷”にあるのではないか、という結論にたどり着く。

三平が秘密基地にやってきた日、そして75年前の同じ日のグアムにも雷が落ちていたことがわかり、そこに時空をつなぐ秘密がある、と和彦(金指一世)に熱く語るのだった。

それを聞いた和彦は、三平が昭和に戻ってぜんそく持ちの娘・マドカのために現代のぜんそくの薬を届けてあげたいと話していた、と打ち明け、なんとかできないかと明彦に相談を…。

一方、瀬名悟(佐藤龍我)、風間竜二(岩﨑大昇)、春日篤(浮所飛貴)、柴山道史(那須雄登)の4人は、財前に会って話をする方法を画策。

その結果、悟に思いを寄せる伊藤沙織(日比美思)に頼んで財前を誘い出してもらうのが最善策だという意見で一致する。

財前の件がクリアにならなければ、いつまでたっても無期停学処分が解けないことに焦る悟。

「なんでも言うこと聞くから」という条件で、沙織に財前の誘い出しを頼み込み、どうにか再会にこぎつけるが、またしても寸前で謎の男たちにより、財前はその場から連れ去られてしまう!

時を同じくして、富室町にショッピングモールが建設されるというウワサが…。

東京の会社が参入し、町の大規模な開発に着手するというのだ。

常に監視され、人と会うことすら許されない状況にある財前は、この件に関して何か知ってはいけない秘密を知ってしまったのではないか――そう考えた悟は、財前を救い出そうと…。

やがて三平のことを調べていた明菜たちの行動が、とんでもない事態を招くことに…!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『真夏の少年~19452020』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

沙織のライブ映像が人気が出る。東村がサポートするが、新曲に悩む。悟に、未来の詩が好きと言われ涙が出る。三平に自分らしくと言われ吹っ切れた沙織は、悟への思いを歌にしようとする。

ドラまる
放送部の明菜は、ドローンが盗まれたことから、何か重要なものが入っていたと確信する。

三平の身辺も探るようで、そのことで思わぬ事態を招くようです。どうなるのかな。

ラマちゃん
悟が好きな沙織に何でも聞くからと頼んで財前を呼び出すようですが、財前はまたもや男たちに連れ去れれる。

財前の秘密は謎のまま。何でも聞くと言った悟は、沙織に何をお願いされるのかな。楽しみ。

アーティストとして悩む沙織を見て、三平が、大事なものは何かと聞きましたね。吹っ切れた沙織。悟もまんざらではないようですね。うまく行くとよいのですが。

おばあちゃんのつぶらが、古いサクラの妖怪カードを持ってましたね。三平が、落雷に撃たれて、名前を忘れたか。つぶらが、孤児になって、育ての親が名前をつけたのかもしれませんね。

次話、大型ショッピングモールができる噂が出てきて、財前事件とどうかかわるのか。明彦が見つけたタイムスリップの謎が分かり、三平は、過去に帰ろうとするのか。展開が楽しみですね。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA