恐怖新聞|6話ネタバレと感想。恐怖新聞消える!次の契約者は、母・歌子(黒木瞳)だった!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年10月3日(土)オトナの土ドラ「恐怖新聞」の6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
恐怖新聞が読めなくなり、届かなくなる。だれが契約したのか。

お金目当ての刑事・篠崎、詩弦に嫉妬する桃香、救おうとする勇介、歌子、だれなのでしょうか。

ラマちゃん
アシカガと名乗る人物からメールが届く、その場所に行くと、事故が起きる。

詩弦を殺そうとしているようです。桃香かな、だれが、何の目的で詩弦を殺そうとするのか。

篠崎から次の契約者になると提案があるが、詩弦は断る。恐怖新聞を読めなくなり、届かなくなる。見知らぬメールが届き、その指定場所に行くと火災や発砲事件が起こる。桃香を探すが.....。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』6話あらすじネタバレと感想

詩弦に、恐怖新聞は届かなくなり、以前の届いた恐怖新聞も読めなくなってしまった。今まで届いた新聞を燃やし処分する詩弦。

歌子の喫茶店に行くと、刑事の篠崎がいた。篠崎は、冬夜が亡くなったと言い。病気の妹を救うため、契約を引き継ぎ、病気を治すために恐怖新聞の予言を使い治療費を貯めていたと話す。

事件を未然に防ぐためには、刑事の自分が契約を引き継ぐのが適任だと言い、引き継ぎを提案する。詩弦は、事故を未然に防いでくれなかったこと、今、契約者でなくなったことを伝える。

篠崎は、悔しい気持ちを抑えながら、次の契約者が分かったら連絡してほしいと言って店を出る。母・歌子は、いずれにしても、恐怖新聞から解放されて良かったと言う。

詩弦は、勇介とベットでいっしょに寝ていた。勇介から恐怖新聞が来なくなって何をしたいと聞かれ、詩弦は、人のために役立ちたいと言う。

篠崎は、桃香の家を訪ね恐怖新聞のことで協力してほしいと頼む。桃香は、恐怖新聞は詩弦の方が詳しいと言い、協力するから、詩弦の人生をメチャクチャにして欲しいと迫る。

詩弦は、前世で父に似た空元を殺したことを思い出し、父の遺影に熱心に手を合わせるようになった。

見知らぬアシカガという人物から、自転車のチェーンを外した人物を知っており、2時にネットカフェで待つとSNSで連絡が入る。

その時間にネットカフェで、アシカガを待っていると、火災が発生しなんとか逃げのびる。

詩弦は勇介に、恐怖新聞の契約者が殺そうとしたのではと言う。桃香が、自転車のチェーンを切る道具を持っているのを見たから、桃香が次の契約者ではないかと疑う。

桃香のアパートに勇介と行き、桃香が契約者だったら、助けてあげたいと言う。

桃香の部屋には鍵がかかっていなかった。中に入ると桃香がいなくて、床に血痕と歯が1本落ちていた。驚いて、勇介は、詩弦の手を引き逃げ出し警察に任せようと言う。

アシカガから、またSNSが入り、4時にカフェを指定して、恐怖新聞のことで話をしたいと言ってくる。

桃香を心配な詩弦は、勇介とカフェに行く。待ってもだれも来ないため、店を出ようとすると男にぶつかってしまう。その男は、拳銃で撃たれ、勇介に間一髪で詩弦は助けられる。

詩弦は、刑事の篠崎に、桃香が次の契約者かもしれないと伝え、部屋に、血痕と歯が落ちていたから調べて欲しいと頼む。

篠崎は、鑑識といっしょに現場を調べる。財布が落ちているのを見つけ、金と学生書を抜き取り、クラブのチケットがあることを見つける。

篠崎はそのクラブに行き、桃香から詩弦を襲って欲しいと頼まれた男3人に事情を聞く。実際に引き受けてないと言う。

篠崎は、詩弦に、クラブの男の話を伝え、桃香は実家にも帰っていないと言う。

勇介は、配達しながら声が聞こえ、桃香の首が見えて思わず逃げる。詩弦も桃香の写真を見ていたら、後ろから桃香に許さないと羽交い絞めにされ我に返る。指には桃香の髪の毛が残っていた。

勇介は、詩弦に桃香の亡霊を見たかのかと脅える。勇介が、桃香は亡くなっているかもしれないと言うと、そうなら、自分のところに恐怖新聞は戻ってくるはずだと詩弦は言う。

勇介は、もう一線を越えてしまったと脅えたような目になり、恐怖新聞と何回も言う詩弦を思わず叩いてしまう。恐怖を感じた詩弦は、帰ってと言う。

詩弦は、頬の痣を隠しながら、母・歌子に実家にしばらくさせて欲しいと頼む。歌子は、痣に気づき、氷で冷やして手当てをする。

勇介は、山奥までデリバリーを運んでいた。そこに、電話が入り、会いに行きますと答える。

詩弦が、実家の喫茶店の手伝いをしていると、近所の人が、交通事故で人をはね罪を受けなかった木嶋が、雑居ビルの火災で亡くなったことを噂話をするのを聞き驚く。

その夜、配達に行った詩弦は、勇介が自転車を引っ張って、女と歩いているのを偶然見つける。

後をつけた詩弦は、女が歌子だと知り驚き、物陰で様子を伺う。

デリバリーの荷物を降ろした勇介の背後から、歌子が、棒で殴り殺しかかる。詩弦は、必死に歌子を止める。荷物から血が出てきて、中をあけると桃香が入っていて、驚き気絶してしまう。

目が覚めると病院のベットの上だった。刑事の篠崎が、歌子の行方は分からないと言い、勇介が桃香殺害を自供したと伝える。

勇介は、桃香が、詩弦をメチャメチャにすることを男に依頼したのを知り、桃香の部屋に行き辞めるように必死でお願いした。

桃香は聞かず、男たちに連絡するのを聞いて、思わず桃香を殴り、歯が抜け血を流す。取っ組み合いになり、突き飛ばした拍子に、桃香は、鏡の下になり、首に鏡が刺さり死んでしまう。

驚いた勇介は、桃香をバラバラにして、人気のない山中に捨てていたと供述したと篠崎。歌子は、それに気づき、護身用のすり棒で勇介の頭を殴ったのだろうと言う。

詩弦は、勇介はどうなるのかと篠崎に聞く。篠崎は、警察が決めることではない裁判だと冷たく言う。

詩弦は、実家に帰り、新聞をみると、カフェで射殺された男が、婦女暴行犯だと分かる。

詩弦は、「お母さん、そこにいるのね」と言うと、歌子が出てくる。「恐怖新聞の契約者は、お母さんだったんだ」と言う。歌子は、虐待児を救った時の新聞を持っていて契約したと言う。

歌子は、新聞に出てくる凶悪犯や、近所の交通加害者を、鬼形の力を借り、犯罪者のSNSを調べ、予言の現場にくるように流して殺していたのだった。

勇介が、知人の女性を殺すという予告を見て、詩弦が殺されると思い、勇介をすりこぎ棒で殴打し殺そうとしたのであった。

詩弦は、予言現場にくるようにSNSで連絡してきたのはなぜと聞くと。歌子は、知らないと答える。

歌子は、罪人を成敗し高揚する気分になったと言い、次はだれを殺すと詩弦に迫る。いつからそうなったのと聞くが、歌子は最初から罪深い人間を成敗したかったと答える。

詩弦は、歌子を止めるため、必死で止める歌子を跳ね除け、再び恐怖新聞に名前を書く。

鬼形が現れ、詩弦の目の前に現れ恐怖新聞と向き合うことを決めたんだねと言う。

ここまでがネタバレですが、第6話は、詩弦は、恐怖新聞が届かず、次の契約者に移った。見知らぬ相手からメールが届き、事件に巻き込まれ殺されるように.....。

恐怖新聞が届かず、以前に届いた恐怖新聞も読めなくなってしまいましたね。幸せになれたと思いきや、誰が、契約者になったのか逆に心配するなんて、次の契約者はだれだろうと見てました。

刑事の篠崎もあえて契約者になりたいと言っていたし、桃香も、恐怖新聞の事なら詩弦に聞けと言っていたので、この二人はないなと思いました。残り恐怖新聞の存在を知るのは勇介か歌子。

勇介は、詩弦を守ろうとして桃香を殺してしまったことが、一線を越えたという言葉でしたね。桃香の首が回ったり、詩弦を羽交い絞めにする場面はまさにホラーでしたね。

ドラまる
勇介は、詩弦を守ろうとして桃香を殺してしまったことが、一線を越えたという言葉でしたね。

桃香の首が回ったり、詩弦を羽交い絞めにする場面はまさにホラーでしたね。

ラマちゃん
歌子は詩弦を恐怖新聞から救い、犯罪者が憎いという正義感で契約しました。まさか、勇介を殴打するとは。

しかし、詩弦を事件現場におびき寄せるメールはだれが送ったのだろうか。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』6話ネット上の反応

ドラまる
桃香の亡霊怖すぎ、バラバラ死体も。

ラマちゃん
歌子が契約したね。また、詩弦がサインしたと。最終回どうなるとの話が出てますね。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恐怖新聞』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恐怖新聞|6話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『恐怖新聞』7話(最終回)のあらすじ

2020年10月10日(土)放送のドラマ『恐怖新聞』第7話(最終回)のあらすじをご紹介します。

避けられない運命と見定め、再び恐怖新聞の契約者となった詩弦(白石聖)。

自分の命が続く限り、誰かのためになろうと決意する。

恐怖新聞の予言を使って、人々を誘導することで事件や事故を防ぎ、亡くなるはずの命を救っていた。

しかし、そんな詩弦の行動は世間では理解されるはずもなく、ネット上で「ヒーロー気取りの偽善者」呼ばわりされた上、蔵之介(横田栄司)や桃香(片山友希)の死のことまで調べられ、自作自演と叩かれるようなってしまった。

さらに「あんたがこの世からいなくなればいいんだ」と正面から暴言を受ける始末…。

……それから1年後、詩弦は京都の街から、姿を消した。

拘置所に入っている勇介(佐藤大樹)の元に歌子(黒木瞳)が訪れる。

詩弦は相変わらず恐怖新聞を使って、人の為に頑張っているみたいだが、ここ1年ほど会っていないという。

そして、勇介に「私のことは忘れてください」という詩弦からの言葉を伝えるが…。

一方、篠崎(駿河太郎)も詩弦を探して、歌子の元を訪れていた。

恐怖新聞を引き継ぎたい篠崎に対し、歌子は「命をかけて人を守ることに疲れた詩弦のために契約を引き継いで欲しい」と恐怖新聞の紙とペンを渡すが…。

歌子の2つの行動が示すものとは? そして詩弦はどこへ?

全ての伏線がつながり、思いもよらぬ結末へ!!

感動、恐怖、感動、恐怖…畳みかける展開に、感情が追い付かない戦慄の最終話!!

恐怖新聞に翻弄された人々の行く末を見届けたとき、あなたがいる世界は違うものに見えるかもしれない…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恐怖新聞』6話のあらすじネタバレ、感想、7話(最終回)のあらすじを紹介しました。

恐怖新聞が届かなくなり、メールに誘われ事件で殺されかけ桃香を疑う。勇介は、詩弦を守るため桃香を殺害、歌子も詩弦を救うため契約し犯罪者を成敗。詩弦は、歌子を救うため再び契約。

ドラまる
詩弦は覚悟を決め、再び契約し、予告から人を救うことに活用するようです

それが、偽善者とバッシングを受けるとは、自分の命を削っているのに悲しいですね。

ラマちゃん
歌子は、拘置所の勇介に、詩弦の忘れて下さいという言葉を伝え、刑事の篠崎には、詩弦は人を救うのに疲れたから契約を代わって欲しいと言う。

この2つの行動が意味のあるもののようです。その意味とは。

前世の報いを知ってしまったから詩弦は、恐怖新聞が来なくなり、逆に、次の契約者と思われる桃香を心配したり、恐怖新聞をなんとかしなければという思いになった回でした。

勇介も母・歌子も、詩弦を救いたい一心と正義感で過ちを犯しました。予言された事件がなぜ詩弦の元にメールできたのかが謎で残りましたね。鬼形が、詩弦に向き合うことを促すためかな。

次話、詩弦は、恐怖新聞から逃げないことを決心し、世の中の人を助ける使い方をします。意に反し世間のバッシングを受ける。詩弦は、最終回どうなるか。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA