恐怖新聞|5話ネタバレと感想。詩弦(白石聖)の前世!恐怖新聞を生み出し、実の娘を殺した母親か!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月26日(土)オトナの土ドラ「恐怖新聞」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
桃香に自転車のブレーキを切られて意識を失った詩弦。

鬼形にどこかに連れていかれるようです。その場所とは。

ラマちゃん
父・蔵之介が死に際に、お前が生まれてこなければ良かったと言った言葉の意味が今夜明かされるようです。

何か、詩弦の生まれる前にあったのか。それと恐怖新聞がどう結びつくのでしょうかね。

桃香に自転車のブレーキを切られ意識を失う詩弦。鬼形に連れてこられた場所でさらにショックが襲う。父がなぜ詩弦に生まれてこなければ良かったと言ったのか、恐怖新聞の誕生の謎が.....。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』5話あらすじネタバレと感想

時は江戸時代にさかのぼる。越後屋の店主・仁左衛門にシズを奉公させて欲しいと頼む母・ヤエ。身重で使い物にならないと断る仁左衛門に、ヤエは、お告げの能力があると言うが断わられる。

仁左衛門は、シズの予言通り、船頭が溺れて死んだのを見て、シズを雇うことに決める。シズは、夫と芝居見物に行った帰り道、夫を殺されてから、心を閉ざし、お告げの能力を得たのだった。

仁左衛門が出かけようとするとシズが傘を渡して、雨が降るお告げを見せる。仁左衛門は、晴れているのにと疑うが、傘を店先に並べさせ、急に雨が降ってきて飛ぶように売れる。

シズは、お腹を抑えながら、火が出るのとお告げを書き、やけどの軟膏が飛ぶように売れる。塩を運ぶ船が沈むとお告げに、仁左衛門は、塩を買いだめし高く売って大儲けする。

若い侍がやってきて、仁左衛門に、あの事は忘れないと言って去って行く。若い武士は、シズをみてサキと呼ぶ。

ヤエは、仁左衛門に、シズはお腹の子からお告げをもらい、シズしか聞こえないと言う。すでに10月10日は過ぎるが生まれてこないため有名な僧侶・空元に相談していると言う。

シズがいなくなったと番頭が言ってくる。

シズは、ヤクザものに絡まれていた。そこに、若い侍が現れ助ける。母・ヤエが探しあて、心配していたと店につれてかえる。

シズは、夫が殺された時の悪夢にうなされて起き、ヤエに殺して欲しいと頼むが、きっといいことがあると励ます。

ヤエは、空元に、シズのお腹の中には、牛の妖怪・くだんがいると言われる。くだんの寿命は短く、生まれるとお告げを出して死ぬが、シズのお腹に留まることで避けているのではと予想する。

空元は、仏様が、人々を救うためシズのお腹に宿したのではと言うが、ヤエは、越後屋が私利私欲のために使っていると訴える。

空元は、シズを救った若い侍・中村半次郎を紹介する。ヤエは、越後屋にひどい仕打ちを受けていると訴える。

半次郎の妹・サキも病で、一度は贅沢させようと越後屋に着物を仕立てさせたが売ってしまい、詫びもろくに言わない仕打ちを受けたのであった。サキは、着物に袖を通すことなく亡くなった。

サキはシズに良く似ており、半次郎はなんとかしてやると言う。ヤエは頭を下げながらニヤリと笑う。

仁左衛門は白髪が増え元気がなかった。シズは、越後屋が侍に切られるとお告げをする。そこに、半次郎がシズの給金を3倍にしろと迫ってやってくる。仁左衛門は、半次郎の圧力に負けて了承する。

半次郎は、シズを見かけ声をかける。シズは、人を殺すのねと言い、お腹の子も殺すのかと、お腹をさすりながら告げる。半次郎は驚く。

その夜、仁左衛門は一人で飲んでいた。ヤクザものに半次郎を殺すことを依頼する。

半次郎は、2人の刺客に切りつけられるが、反撃し二人とも殺す。

半次郎は、ヤエを探し空元の元に行く。なぜ、シズが、自分が人を殺すことを知っていたと聞く。空元は、シズのお腹にくだんがいて、それがお告げをすると説明する。

越後屋が儲けているのもその力のせいだと説明。お告げを受けっとったものは100日寿命が縮まることを話したかとヤエに聞くが、ヤエは、伝え忘れたと頭を平伏す。

空元は、ヤエと半次郎を引き連れ、仁左衛門に説明に行く。

仁左衛門は、半次郎を殺し損ねたヤクザものを叱っていた。駆けつけた半次郎を殺すようにヤクザものに命じるが、半次郎は、襲ってくる相手を殺し、仁左衛門も殺す。

仁左衛門は息絶え絶えに、シズに向かってお告げ通りだったと言い息を引き取る。

空元は、シズのお告げは人々を救うと思っていたが、危ない面があると、シズが人目を突かない場所に幽閉しようと言い出す。

仁左衛門は、くだんがいる限り、不幸になる人がいると言い、シズを傷つけずに、お腹の子だけ殺すことはできないかと言う。

空元は、自分が殺すと言い出すと、ヤエは、夫を失って心を病んだ自分の娘を殺させないと言う。

シズは、仁左衛門から流れた血を触ると、「夫は、おかっさんが殺したのではないか」と叫ぶ。ヤエは、シズのお腹の子をくだんにしたいと迫り、断った夫を殺したのであった。

その後、ヤエは、くだんにする薬を無理やり、縄で縛りつけたシズに飲ませ、お腹の子を、恐ろしい化け物・くだんにしたのだった。

鬼と言われたヤエは、シズを背中から刺して殺す。シズは、「永遠に救われぬさだめよ」と言い残し死んでゆく。我に返ったヤエは、シズに許してくれと平伏す。

ヤエは、すべて貧乏が悪い。シズもお腹の子も生きて行けないと言う。空元が、お前も被害者だと肩を撫でると、ヤエは、空元を刺して殺す。空元は恨みを決して忘れないと言う。

ヤエは、越後屋は、寿命が縮まって死ぬ、その時に、越後屋を乗っ取ろうと考えていたのに、空元たちが、変な気を起こすからと、また、娘でもさらって、くだんを復活させると言う。

半次郎は、刀を抜こうとするが、腐ってもシズの母親にはかわりはないと切ることができなかった。

シズが、亡くなったあと、どこともなく、お告げが現れるようになった。それを拾った人間は100日寿命が縮まって行き、くだんが復活のため、寿命を吸い取っているのだった。

桃香にタイヤチェーンを切られ転び気を失った詩弦が、悪夢を見ていたと目を覚ます。その場所は、墓場で、鬼形がそばにいた。

鬼形は、悪夢ではなく、真実だと言い。今、詩弦が苦しんでいるのは、今見た前世の罪があるからだと説明する。

詩弦は、「私がヤエだった。」だから、空元であった父・蔵之介は、死ぬ間際に、詩弦のせいだと言ったことが分かる。

鬼形は、「自分の娘・シズを殺した罪でもっと苦しむが良い」と言い、地上に戻ろう言う。そこは、死との境道であった。

詩弦は、勇介の声で目を覚ます。詩弦は、自分の恐ろしい前世に叫ぶ。

ここまでがネタバレですが、第5話は、江戸時代、牛の妖怪を宿したシズのお告げは的中し大儲けする越後屋。侍に殺されるというお告げに、侍を消そうと.....。

いきなり現代から江戸時代の芝居かと思ってしまったが、詩弦が意識不明になり生死の境で見た悪夢だったのですね。

詩弦と瓜二つのシズが、妖怪・くだんを宿し、そのお告げが次々に的中。それが現代の恐怖新聞につながるとは。未だに、シズのくだんが命をもらおうと、恐怖新聞を発行していた。

ドラまる
シズの母・ヤエは、自分の私利私欲のために、シズの夫を殺し、シズにくだんを宿し、越後屋を乗っ取ろうとした。

恐ろしい女でしたね。

ラマちゃん
ヤエが殺した空元の怨念が、詩弦の父・蔵之介に乗り移り、死に際の詩弦を否定する言葉になった。ヤエが殺したシズの怨念が、恐怖新聞でしたね。

前世がヤエと詩弦が苦しむ訳ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』5話ネット上の反応

ドラまる
いきなり時代劇で混乱した、前世が分かったと声が上がってますね。

ラマちゃん
恐怖新聞の始まりの話ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恐怖新聞』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恐怖新聞|4話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『恐怖新聞』6話のあらすじ

2020年10月3日(土)放送のドラマ『恐怖新聞』第6話のあらすじをご紹介します。

恐怖新聞の持つ“力”を知った篠崎(駿河太郎)から「私が恐怖新聞を引き継ぎましょうか」との申し出があったが、断る詩弦(白石聖)。

詩弦にはこれまでの恐怖新聞も読めなくなり、新たな新聞も来なくなったのだ…。

しかし、恐怖新聞の呪縛から解放され、ホッとしたのも、束の間、謎の呼び出しメールが詩弦の元へ来るようになる……。

「アシカガ」と名乗る送り主は、詩弦の自転車のブレーキを壊した人物を知るという。

詩弦が指定されたネットカフェに行くと、火事が発生。

アシカガに会うことはできなかった。後日、多数の死者が出るほどの火災だと知った詩弦は、恐怖新聞と契約した誰かが、自分を殺すためにそこに呼び出したのではないかと推測する。

自転車事故の際、桃香(片山友希)の姿を見た詩弦は、新しい契約者は桃香ではないかと疑い連絡をするが、音沙汰がない…。

「桃香を放っておけない、巻き込んだのは私」と心配した詩弦は勇介(佐藤大樹)と桃香のマンションへ行くが、そこで見たものとは…?

再びアシカガからメールが来た。

詩弦は勇介と指定されたカフェに行くも、今度は発砲事件に遭遇。

勇介のとっさの判断で、九死に一生を得た詩弦。

恐怖新聞が消えて、桃香も消えた…。

アシカガは何者なのか?その目的とは??自分たちの身に何が起こっているのか?全く想像もつかない状況に怯える詩弦と勇介。

2人の関係はギクシャクしだす…。

そのことを知った歌子は、戦慄の行動に出る!?

恐怖新聞不在でも、怖さは健在!!新しい契約者は誰なのか?恐怖新聞によって狂わされた人生は、どう交錯するのか??

“愛”がゆえの豹変と狂気!想いが過ぎて生まれる“恐怖”。

愛と恐怖が共存する本格ホラーは想像を絶する展開へ!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恐怖新聞』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

江戸の越後屋は、シズが宿した牛の妖怪のお告げで大儲け。私利私欲で妖怪を宿させたのはシズの母トヨ。シズと僧侶も殺す。その怨念が恐怖新聞となり、詩弦は、前世のトヨの報いで苦しむ。

ドラまる
誰かが恐怖新聞と契約し、詩弦の元に届かなくなり、前に受け取った新聞も読めない。

良かったじゃんと思いきや、事件現場にメールで呼び出され殺されそうになる詩弦。どうなる。

ラマちゃん
桃香が勇介のことで恨み契約したと詩弦は思う。桃香はいなくなり、恐怖新聞の見えない恐怖で勇介との関係もギクシャクする。

篠崎が自分では契約せず桃香にさせ、情報を得ている気がするな。でも、歌子だったら怖い。

恐怖新聞は、牛の妖怪が生きようと人の命を吸うため生まれてきたのですね。鬼形は、死と生の境目にも現れたことから、牛の妖怪ということか。

詩弦は、前世で、自分似のシズと父似の僧侶を、母・歌子似の母・トヨが殺した怨念を持っていた。顔の一致から、歌子が私利私欲のため、恐怖新聞を潰す詩弦を殺そうとしているのでは。

次話、契約者では無くなる詩弦だが、恐怖新聞に操られた次の契約者が、詩弦を殺そうとする。恐怖新聞がなくても恐怖というのはどういうこと。怖すぎる恐怖新聞。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA