恐怖新聞|3話ネタバレと感想。恐怖新聞を止められたと喜ぶ詩弦!隣に住む男・鬼形礼が届けていた!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月12日(土)オトナの土ドラ「恐怖新聞」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
勇介の説得で歌子が、詩弦が悩んでいることを理解する。刑事・篠崎も協力する。

歌子は、詩弦は、恐怖新聞に書かれた虐待事件を防ぐことができるか。

ラマちゃん
入院をしていた冬夜が逃亡、詩弦に電話をかけてくる。

その内容が衝撃的なようです。冬夜は何を伝えるのでしょうか。

自分を否定するようになる詩弦。勇人は心配し歌子に訴える。桃香からは、人生を滅茶苦茶にしたと責められ、恐怖新聞を無視しても何度も届く、歌子が現れ、恐怖新聞を信じるようになり.....。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』3話あらすじネタバレと感想

刑事の篠崎の詩弦に対する聴取は長引いていた。桃香は、恐怖新聞のことは話せなかったと言い、勇介に不安を漏らし腕を握る。勇介も桃香のことが気になり始めた。

詩弦が、前の事もあり長引いたと謝る。桃香に気づかうが、桃香は、詩弦に不平をもらす。勇介は、詩弦を送って行くと言い二人で行く。一人残された桃香は、二人を睨んでいた。

詩弦は、父や母、家族を公園で殺された男性から、お前のせいだと責められる夢にうなされるようになる。

勇介は、連絡してもでない詩弦を心配してアパートに行く。詩弦は、勇介にも迷惑をかけるからと避けていたのだった。勇介は、抱えきれないものがあればいっしょに背負うと抱きしめる。

勇介は、詩弦の実家を訪ね、歌子に、詩弦をしっかり見て欲しいと頼む、自分も、父が事故で亡くなった後、母がおかしくなって辛い経験をしたからと説得する。

勇介は、詩弦にカウンセラーの大井川明日香を紹介する。

明日香は同様に自分も幼い頃、親から傷をつけられた。父親から最後にかけられた言葉で受けた傷はなかなか治らないが、乗り越えることもできると言い、いつでも相談に乗ると言う。

勇介は、桃香に呼び出される。勇介が詩弦と付き合っていると知ると、桃香は不機嫌になる。

篠崎は、お金にトラブルを抱えているようだった。鑑識からの結果で、初老に見えた冬夜は、ややり25歳の冬夜本人であることが判明する。

詩弦は、久しぶりに大学に行ったが、桃香から、常にあの事件が頭からはなれず、恋人とも別れたと非難されてしまう。

自分だけが不幸なわけではないと気づいたと勇介に語る。カウンセリングの先生から、恐怖新聞と関わらない方が良いと言われ、心が落ち着いたと勇介に感謝する。

しかし、詩弦が無視しても、どこでも恐怖新聞は現れる。トイレで、白髪があるのに気づき、冬夜の言った、100日寿命が短くなるという言葉がのしかかってくる。

詩弦は、部屋にこもり、神様助けてと脅えていると、急にドアが開き、恐怖は最高潮になる。見ると歌子であるあることに気づき、思わずしがみつき泣き喚く。

詩弦は泣きじゃくりながら、お父さんの時も止められなかったし、今回も止められなかったと歌子に訴えることで、少し落ち着きを取り戻す。

歌子は、お父さんが死ぬのを知り、助けようとしてくれたことを信じるといい、恐怖新聞の存在を信じ始めた。

勇介に真っ直ぐな目で詩弦を見てくれと言われ、お父さんも、一人暮らしを始めた詩弦をいつも心配していたことを語り、最後に言った言葉は、お父さんなりのジョークだと慰める。

窓の外に、恐怖新聞が張りつく、詩弦が、明後日、日常的に虐待を受けていた女児の虐待死が起こる。ここに書かれていることは絶対に起こると言う。

歌子は、「詩弦には、ここに書いてあることが読めるのね」と恐怖新聞を認めるようになった。

歌子は、詩弦に朝食を作り、今日は、女の子を助けに行くと、虐待を受けていたなら、児童相談所で分かると言い、お父さんのようなことは防ぎたいと言う。

詩弦は、恐怖新聞に書かれていることは絶対起こると消極的だったが、歌子は、ここで動かなかったらあとから後悔すると励ます。

児童相談所に行くが、個人情報だと言われ、職員からは聞きだせなかった。

詩弦は、刑事の篠崎を呼び出し、篠崎から提案のあった恐怖新聞の内容を全部話すことを条件に、虐待女児の情報を入手する。

歌子と詩弦は1軒1軒聞いてまわる。こんなにたくさんあるとは思わなかったと言う。ある1軒で留守宅があり、虐待していた母親は、男児と女児に静かにしているようにと居留守を使う。

詩弦は、カウンセラーの明日香に商店街で会い、母・歌子を紹介する。明日香はつれていた娘はなぜか元気がなかった。

勇介は、桃香に、お母さんと仲直りしたと聞いたが、詩弦と連絡がとれないが何か知ってないかと聞く。

桃香は、心配してくれる人がいて詩弦は良いと言い、自分は、あの事件以来クラブに行ってもまったく楽しくないと、勇介の腕をとりすり寄ってくる。

詩弦は、母が寝た後、ベランダに立つと、隣のともをもベランダに立っていた。

詩弦は、運命には逆らえないと言われたが、本当にそうかと尋ねる。ともをは、少しは変えられても大きな流れは変えられないと言う。

詩弦は、それでもなんとかしたいと力強く言う。ともをは、力強くなったねと、何をしようとしているか分からないが、うまく行くことを願っていると言う。

冬夜は、意識を取り戻し、病院のベットから逃げ出していた。

児童虐待をしていた家庭で、母親の隙を狙い、男児が助けを求める。ドアを開けると、児童相談所の職員がいて、通報があったと、女児と男児は助かる。この女児が、明日香だった。

翌日も、歌子と詩弦は、昨日留守だった虐待児の家に行く、引っ越しをしていた。まだ、半分もあると、詩弦は諦めそうになっていたが、歌子が新聞にヒントはないのと聞く。

詩弦がよく見ると、虐待された少女のシャツにハートマークと、エンジェルの首飾りをつけていることが分かり、昨日会ったカウンセラーの明日香の娘ではと気づく。

篠崎に連絡をして住所を調べてもらうように頼む。大井川家は豪邸だった。篠崎も、恐怖新聞に書かれていることが本当か確かめると言い乗り込んでくる。

大井川家では、娘が少し音を立てると、父親が起こり、ベルトで叩く虐待を繰り返していた。母の明日香は、幼い頃、母親から受けた虐待の恐怖から抜け出せなかった。

父親が、娘を倒し、踏みつけようとするのを、やめてと叫んで止める明日香。その時、チャイムがなり、父親は足を止め、明日香に、出るように指示する。

明日香が、チェーンをかけて、ドアを開ける。詩弦がいて、開けて欲しいとお願いする。父親もきて、何事だというと、篠崎が警察手帳を出し、児童虐待の通報があったと迫る。

父親が、入りたいなら令状を出せとドアを閉める。子供の泣き声が聞こえてきて、明日香と争う声が聞こえ、明日香が、チェーンを外す。

篠崎は、父親を抑える。詩弦は、虐待し泣く女の子を抱きしめる。歌子は、明日香に、あなたも被害者だといい慰める。

歌子は、喫茶店を再開する。恐怖新聞の内容は変わっており、女児が無事保護されたとなっていた。

詩弦は嬉しくなって、久しぶりに勇介に電話をして週末会えないかと言う。勇介は快く返事をするが、桃香の部屋で二人は裸でいた。桃香は、勇介を詩弦から奪ったことに優越感を得ていた。

篠崎は、令状もなく踏み込んだことを上役に怒られるが、踏み込まなかったらあの子は死んでいたと断定する。篠崎の跡を、上役に命じられ他の刑事がつけて行く。

詩弦は、ベランダに立ち、恐怖新聞を変えられたことを誇らしげに思っていた。隣のともをから、嬉しそうだねと声をかけられ、未来を変えられることが分かったからと言う。

詩弦に冬夜から、この前の続きがしたいと電話がかかってくる。慌てる詩弦に、そばに、目の釣りあがった男がいるのかと聞く。

「その男は、鬼形礼、恐怖新聞を届けている男だと」叫ぶ。詩弦が、ともををみると、にやりと笑う。

ここまでがネタバレですが、第3話は、詩弦は、自分を責めるようになる。勇介は、詩弦の母に支えて欲しいと頼む。脅える詩弦に、母は恐怖新聞を信じ.....。

勇介が母・歌子を説得して、詩弦は救われたね。歌子も、恐怖新聞は見えないけど信じてくれるようになって良かった。

桃香は、詩弦と勇介が仲良くなるのが気に食わず、勇介を奪いました。詩弦が歌子と恐怖新聞を止めようと勇介に連絡してなかった隙です。詩弦から恋人を奪うことが、恐怖新聞の目的かな。

ドラまる
詩弦と歌子が、刑事の篠崎の手を借りて、ついに恐怖新聞を止め、明るいニュースに変えることができましたね。

篠崎はそれによって上役に目をつけられたようですし、気になりますね。

ラマちゃん
気味が悪い隣のともをが、恐怖新聞を届けていた男とは。流れを少し変えられても、結局大きな流れが変えられないと言います。

今回、詩弦が止められたと喜んだが、大きな恐怖の前触れかも。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』3話ネット上の反応

ドラまる
虐待のお母さんが怖かったと声が上がってますね。

ラマちゃん
お隣が、マンガ原作の鬼形礼だったと。恐怖新聞を配る側と話題ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恐怖新聞』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恐怖新聞|3話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『恐怖新聞』4話のあらすじ

2020年9月19日(土)放送のドラマ『恐怖新聞』第4話のあらすじをご紹介します。

『そいつの正体は鬼形礼だ…』

冬夜(猪野学)からの電話で、今まで相談に乗ってくれていたのは、隣人・片桐ともをではなく、鬼形礼(坂口涼太郎)だと知った詩弦(白石聖)。

鬼形が恐怖新聞を詩弦の元に届けていたのだ。

詩弦は、冬夜から恐怖新聞から逃れる方法を聞く。

新聞紙に名前を書かせると、契約が移るという…

「死にたくないなら一刻も早く誰かにサインさせるんだ」。

これまでの苦しかった日々を思い、つい、見ず知らずの人にサインをさせようとしてしまう詩弦。

自分の怖さに気づいた詩弦は、歌子(黒木瞳)に相談する。

正義感の強い歌子が考えた恐ろしい秘策とは…

その頃、勇介(佐藤大樹)に対する桃香(片山友希)の親し気な態度が気になっていた詩弦。

偶然、2人が自分に内緒でカフェにいるところを見つけてしまう。

ショックを受けた詩弦は思わぬ行動に出る…。

正体がバレてから、自らの姿をさらして、詩弦に恐怖新聞を届けるようになる鬼形。

「小野田詩弦は命を捧げなくてはいけない」「前世の記憶」と意味深なフレーズを残して去る…

一体何を意味するのか?

そして新たに受け取った予言は「国道での暴走トラック事故」だった。

詩弦は事故を防ごうと篠崎に伝えるが、篠崎にはある思惑があり…。

一方で、体が衰弱し、再び入院した冬夜の素性も明らかに。

恐怖新聞は最初、妹の春海(福地桃子)の元に届いていたという。

冬夜に契約が移った過去、そして詩弦に「新たな契約者を見つけろ」と忠告する理由とは…。

登場人物全員の本性が姿を現し、物語は更なる勢いで加速する!

詩弦は誰かに恐怖新聞をなすりつけてしまうのか!?

業の深い人間という生き物が、恐怖新聞の持つ「力」を知った時、ドラマ『恐怖新聞』の本当の怖さがベールを脱ぐ!!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恐怖新聞』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

詩弦は、お前のせいだという悪夢に脅える。勇介の助言で、母は詩弦に寄り添い、恐怖新聞の虐待死を協力し止める。喜ぶ詩弦だが、勇介を友人に奪われ、隣人が恐怖新聞を配布する男だった。

ドラまる
隣のともをが、恐怖新聞を配る鬼形礼だと分かる詩弦。

正体がばれた鬼形礼が直接恐怖新聞を詩弦に届けるようになる。どうやって届けるのでしょうか。

ラマちゃん
冬夜から、恐怖新聞から逃れるためには、だれかに、恐怖新聞にサインさせることだと分かる。

詩弦は、だれにサインさせるのか、人の業が伝わってきそうですね。恐怖です。

詩弦の精神状態がおかしくなりますが、勇介や歌子の支えで戻ってきますね。ついに、恐怖新聞に勝つことができるが、これは、さらなる恐怖への助長のような気がしました。

冬夜が、目が釣りあがった男と言うことは、冬夜が契約していた時も、隣には、鬼形礼がいたと言うことか。自宅以外にも恐怖新聞は届けられる。鬼形礼は幽霊なのかな。

次話、恐怖新聞の秘密が冬夜によって明かされる。冬夜の前の契約者は、冬夜の妹のようです。なぜ、冬夜は、契約を受けたのか、恐怖新聞の本当の怖さとは何か、展開を待ちましょう。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA