恐怖新聞|2話ネタバレと感想。父の遺骨を口に入れる母(黒木瞳)!止められない恐怖新聞!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年9月5日(土)オトナの土ドラ「恐怖新聞」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
母・歌子から、父が死んだのは詩弦のせいだと責められる。

母・歌子が遺骨を口に入れるようです。なんでそんな行為にでるのでしょうか。

ラマちゃん
詩弦は、恐怖新聞の前の契約者・冬夜から、新聞を読むと100日寿命が縮まると言われる。

逃れる方法を聞きだす前に、冬夜は、転落して意識不明になる。詩弦はどうするのか。

父が亡くなり、母・歌子は、詩弦のせいだと怒りをぶつける。前の契約者の男から、恐怖新聞を読むと100日寿命が縮まると秘密を知るが、転落し意識不明になり、逃れる方法が聞けず.....。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』2話あらすじネタバレと感想

父の葬儀が行われる。詩弦は、父から全部お前のせいだと言われたことが気になっていた。参列した勇介は、脅えていた恐怖新聞のせいかと言い、一人で抱え込まないで欲しいと励ます。

母・歌子は、看護婦さんからおとうさんが何か詩弦に言っていたと聞いたがと問われ、詩弦は一旦はごまかす。

冷静な詩弦に悲しくないのかと迫る。詩弦は、お父さんから、全部お前のせいだと言われたことを話してしまう。歌子は、なぜ、今それを言い苦しめると泣きだす。

詩弦は、シャワーを浴びていると、口に違和感を感じ、髪の毛が次々出てきて、シャワーから血が流れてくる。驚いて起きると、ベットの上にまた恐怖新聞が置かれていた。

桃香は葬式に行けなかったことを謝る。詩弦は、恐怖新聞の話をし、父の死の予言があったが、止められなかったと言い、昨日届いた恐怖新聞を見せるが、桃香には見えなかった。

7月5日午後3時総合運動公園の時計台付近で刃物を持った犯人が女性1名を殺害すると書かれていると話すが信じてもらえない。

桃香は、引っ越してからではと言う。二人を初老の男が見ていた。

デリバリーで詩弦は呼び出されると引っ越し屋の初老の男だと気づく。詩弦は怖くなり逃げようとするが、男は、恐怖新聞を止めたくないかと言われ立ち止まる。

男は、前の契約者だと名乗り、4年前の若々しい写真を見せて、恐怖新聞を受け取るごとに100日命が吸い取られるという。

恐怖新聞を止め方はと言おうとして、刑事の篠崎が現れ、男を捕まえようする。男は、階段から転落し意識不明になる。詩弦は、逃れる方法を聞きだすことができなかった。

病院に行き、篠崎になぜあの場所にいたと聞くと、男・冬夜が詩弦をつけていたから見張っていたと言う。実家の近くの徳さんから、母の様子がおかしいと電話がくる。

実家に行った詩弦は、祭壇の前に向かっている歌子に声をかける。妙な音がして歌子を見ると、父の遺骨を口に入れていた。

詩弦が止めようとすると、遺骨は床にばらまかれ、一生懸命歌子は回収しながら、あんなものが刺さって痛かっただろうと言い、詩弦のせいで亡くなったのだと責める。

詩弦は、茫然として実家を出て電車に乗り、アパートに帰る。

ベランダにでた詩弦は、隣のともをから元気がないねと声をかけられる。詩弦は、母親に父をなぜ助けられなかったと責められた話をする。

ともをは、自分の病気と同じように運命には逆らえないのではと答える。詩弦は、運命に逆らえないなんて諦めたくないというと、もう、ともをはベランダにいなかった。

詩弦が、恐怖新聞を見ながら落ち込んでいると、勇介が水を持ってきて、心配なら、俺の家に来てもいいと言う。恐怖新聞を受け取り、やはり何も書いていないという。

詩弦は、自分には読めてそれを止められないのは悔しいというと、勇介は、止めてみればいいと励ます。

詩弦は、桃香を呼び出し、恐怖新聞に書かれたことを止めたいから協力して欲しいと言う。桃香は、勇介を見るなり軽くいいよという。

詩弦は、恐怖新聞に書かれた殺人者の男を書き写したと見せる。このセーターの男を止めればいいんだなと話す。

詩弦は、自分は生まれてくるべきではなかったと思ったが、勇介に言われて、犯行を止めることで道が開けるのではと思ったという。

時計台の前で予行練習をするが、男を桃香の非力では捕まえることは現実的でないことが分かる。男を見つけ、警察に通報することにする。

喉が渇いたという桃香に、詩弦は飲み物を買ってくる。桃香は、詩弦の話は信じがたいが、昔いじめられていて、救ってくれたのが詩弦だったから恩返しをしたいと勇介に話す。

詩弦は、この時計台の前は、昔、両親ときていた思い出の場所であることに気づく。

刑事の篠崎は、冬夜のアパートを捜査して、詩弦の写真が多量にあるのを見つける。恐怖新聞と書かれたノートと、25歳と書かれた運転免許証を見つけ驚く。

そのころ、未成年にわいせつな行為をして会社を首になり、家族からも嫌がられ、子供にも会えない男がいた。公園でおやじ狩りに会い、何をおれがしたと怒る。

恐怖新聞が予告した日の午後3時の30分まえから、桃香と勇介と集まり手分けしてセーターの男を探す。

勇介は、誰も話を聞いてくれないという奇妙な女に話を聞いて欲しいとしつこくされ、その男を見逃す。桃香も、刑事の篠崎に、冬夜のことを聞かれて見逃してしまう。

5分前になり、時計台の前にいた詩弦は、セーターの男を見つける。勇介と桃香に連絡をとり引き延ばしておくからと言う。

セーターの男に声をかけるが、詩弦に邪魔をするなと言う態度で、跳ねつける。向こうから、男の妻と息子がやってくる。

詩弦が、時計台の音に気を取られる隙に、勇介にしつこく話していた女が、ナイフを持って素早くかけてくる。その後を勇介と桃香が追いかけてくる。

女は、セーターの男の横を通り抜け、男の妻をナイフを刺し、息子にもナイフを刺し殺す。

動揺する男の前に立ち、相手をしてくれないと言ったからだと言い、首にナイフをあてて、掻っ切り、血が噴き出して、詩弦、勇介、桃香の顔が真っ赤な血で染まる。

3人とも恐怖で動くことができなかった。

詩弦は座り込み、恐怖新聞を見る。セーターの男は被害者で加害者ではなかったと勘違いしたことが分かる。最初、死者が1名だったのが、2名に変わっており、自分が変えてしまったと思う。

刑事の篠原が声をかけてきて、もしかしたら、この事件が起こるのを知っていたのではと聞く。詩弦は、「恐怖新聞」とだけ答える。

警察で聴取を受ける勇介と桃香、桃香は、あれだけ、人は血を流すものなのかと、勇介の腕を掴む。

詩弦は、ガス爆発、女子高生の自殺、父の事件と今回の事件も恐怖新聞で予言がされていたと篠崎に証言する。

篠原は、全部は信じがたいが、冬夜も、実年齢は若いが、かなり老けていることから、完全に否定できないと言い、いっしょに手を組まないかと提案される。

ここまでがネタバレですが、第2話は、母は父の死を詩弦のせいだと責める。恐怖新聞の前の契約者から読むと命が縮まることを知るが、止める方法は.....。

父が死に際に、お前のせいだと言ったことを母・歌子に伝えたとたん取り乱しましたね。母が、遺骨を口に入れるシーンは不気味でした。母親は何か秘密を隠している気がしますね。

シャワーを浴びる詩弦の口から髪の毛が次から次に出てきて、血のシャワーが出てくる悪夢。ぞっとしてきました。夜中に見るものではないですね。

ドラまる
初老の男から、恐怖新聞を読むたびに命が縮まると言われ、実年齢が24歳とは。

詩弦も老いるのか。初老の男の意識が回復して、恐怖新聞から逃れる方法が分かるといいですね。

ラマちゃん
詩弦が、恐怖新聞を止めようとして、加害者の女が自殺して首から血が空に吹き出すシーン。

今度は、詩弦だけでなく、勇介や桃香の顔までも真っ赤に染まりました。すごいの連続。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』2話ネット上の反応

ドラまる
お母さんが骨食べてる。おかしくなったと。

ラマちゃん
まさかこの女が、ナイフを持って走る姿、白目、血しぶきシーンと度胆を抜かれましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『恐怖新聞』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『恐怖新聞』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

恐怖新聞|2話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『恐怖新聞』3話のあらすじ

2020年9月12日(土)放送のドラマ『恐怖新聞』第3話のあらすじをご紹介します。

事件を未然に防ぐつもりがさらなる悲劇を招き、「生まれて来ちゃいけなかったんだ」と落ち込む詩弦(白石聖)。

心配した勇介(佐藤大樹)は、母・歌子(黒木瞳)を訪ね喫茶店へ。

自分の過去を重ね「詩弦をちゃんと見て欲しい」と訴える。

勇介の助言を受け、カウンセリングを受けるようになった詩弦。

カウンセラーの大井川明日香(舞羽美海)からは「恐怖新聞には関わらないことが一番大切」とアドバイスを受ける。

少し前向きな気持ちになり、久々に大学に行ったが、桃香(片山友希)から「あんたが巻き込まなきゃ…私の人生を滅茶苦茶にした!」と責め立てられる…。

そんな詩弦に追い打ちをかけるように、何度無視しようとも、恐怖新聞が時と場所を変えて執拗に届く。

逃げるように自宅に戻った詩弦。そこに現れたのは歌子で…。

娘が子供のように泣きじゃくりながら事情を話すのを聞き、歌子は恐怖新聞の存在を信じることに。

新たに届いた新聞には子供の虐待死事件が予言されていたが、「お父さんが死んだときの悲しみを誰にもさせたくない」と事件を防ごうと提案する。

詩弦は前回の刺殺事件の後、「手を組まないか」と持ち掛けてきた刑事・篠崎(駿河太郎)のもとへ。

恐怖新聞に関する情報と引き換えに、篠崎から児童虐待の通報リストをもらい、歌子と2人でリストの家を訪ね歩く。

予告日が迫るなか恐怖新聞の挿絵を手がかりに、ある人物の家を特定する…母娘は悲惨な事件を防ぐことはできるのか!?

一方、意識が戻り病院から逃走していた冬夜(猪野学)は詩弦に電話をかける。

隣に住む片桐ともを(坂口涼太郎)とベランダで話していた詩弦だったが、電話の内容に衝撃を受ける…!

運命を変えるべく行動を起こしたことで、詩弦を取り巻く人間関係が音を立てて崩れていく。

死へのカウントダウンが始まる…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『恐怖新聞』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

父から全部詩弦のせいだと伝えたことで母は精神不安定になる。恐怖新聞の前契約者から命が縮まることを知らされる。恐怖新聞を止めるべく、勇介の協力を得るが、結果はより悲惨になる。

ドラまる
詩弦は自分が生まれてはいけなかったのだと落ち込む。勇介は、そんな詩弦を見て、母・歌子を説得します。

歌子が恐怖新聞のことを信じてくれるようです。いい方向に進めばいいですね。

ラマちゃん
前の契約者の冬夜が意識が戻り詩弦に電話をかけてくる。電話の内容が衝撃のようです。

冬夜が伝える衝撃の事実とは。恐怖新聞を逃れる方法なのでしょうか。

今話も、平穏の中にも、恐怖新聞が襲ってくる。母・歌子の精神はおかしくなり、詩弦の見る悪夢もますますエスカレート。最後は、真っ赤な血を顔に浴びる恐怖の連続でした。

隣の家のともをが怪しいですね。母親は、初回には出てきましたがそのあと出てきません。恐怖新聞と何か関係があるのでしょうか。刑事・篠崎も何か隠している気がしますね。

次話、母・歌子も恐怖新聞を信じて協力し、刑事・篠崎も加わります。恐怖新聞に書かれた虐待を止められるのでしょうか。恐怖新聞にあらがうことが正しいのか、答えが出そうですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA