刑事7人-season6-|3話見逃し動画無料視聴はこちら【8/19配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

『刑事7人-season6-』第3話(2020年8月19日(水)21時00分より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『刑事7人-season6-』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『刑事7人-season6-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『刑事7人-season6-』第3話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『刑事7人-season6-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『刑事7人-season6-』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『刑事7人-season6-』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月19日(水)放送終了後〜2020年8月26日(水)20時30分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『刑事7人-season6-』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『刑事7人-season6-』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『刑事7人-season6-』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『刑事7人-season6-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『刑事7人-season6-』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
8月を例に出すと、8月1日〜8月31日が無料期間になります。

仮に8月29日に登録をしてしまうと、無料期間は8月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『刑事7人-season6-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2020年8月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

止めておいたほうが良さそうだね!

2020年夏ドラマ『刑事7人-season6-』第3話のあらすじ

2020年8月19日(水)放送のドラマ『刑事7人-season6-』第3話のあらすじをご紹介します。

偽造パスポートを所持した男の遺体が見つかった。

天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班の調べにより、男の本名が山田和彦(酒井貴浩)で、殺害前日に複数国を経由してリオデジャネイロに行く航空券を購入していたことがわかる。

その複雑な経路に加え、年間20回以上もの渡航歴などから、山田は密輸組織に関係していて、高飛びしようとしていたのではないか、という疑惑が浮上する。

野々村拓海(白洲迅)とともに、山田の勤務先であるバイオマス発電の研究所に向かった天樹は、そこで目にした集合写真の日付に引っかかる。

捜査資料「ゼロA」が強奪されたトラックに書き殴られていた数字「18820」だったのだ――! 

さらに、その写真に写っている女性に見覚えがある天樹…。

研究所の所長・中西由紀夫(冨家規政)から、その女性は研究所を支援しているNPO法人「WIND」の秘書・田中玲子だと教えられるが、その後記憶をたどった天樹は、3年前に退官した所轄の刑事・室井沙織(佐藤寛子)と断言。

退官2日後に田中玲子と名前を変え、「WIND」に入社していることや、その後突然行われ失敗に終わった研究所への家宅捜索は、公安の任務で潜入捜査した沙織が入手した情報によるものではないかと考えた天樹は、それならば自分たちが表立って動くと任務に影響が出るかもしれない…と危惧する。

正面突破できないのなら裏から…水田環(倉科カナ)の提案で、研究所に青山新(塚本高史)が、「WIND」に環が、そして研究所に出入りのある海運会社に拓海が潜入することに!

「WIND」に潜入した環は、沙織がフランス支局長を務めているという情報を入手。

さらに、代表・釜本久志(篠井英介)の部屋に盗聴器を設置しようと試みるが、疑いの目を向けられてしまう。

また、青山は研究所に突然立ち入り禁止エリアができたことに疑問を感じ…?

一方、沙織の実家を訪れた天樹、入国管理局に問い合わせた海老沢芳樹(田辺誠一)の調べにより、沙織が出国した記録はなく、研究所への家宅捜索と時を同じくして母への連絡も途絶えていることが判明する。

姿を消した沙織、失敗に終わった家宅捜索――環らが潜入捜査を続ける中で、沙織が「WIND」に寝返り、山田の殺害にも関与している可能性が浮上するが…?

そんな折、拓海が潜入中の海運会社が研究所に発電の材料を届ける日に、「WIND」の釜本も視察に訪れることが発覚。

関係者が一堂に会することを知った天樹らは、その日にある仕掛けをすることを決意する。

沙織の行方、何かを企てている研究所と「WIND」の真の狙いとは…? 

そして危険な潜入捜査を続ける専従捜査班の運命は――?

公式サイトより引用)

2020年夏ドラマ『刑事7人-season6-』第3話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『刑事7人-season6-』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

cake1747
今回明らかになっていないトラックの数字が次回は明らかになるのではないかと思っています。

紛失した0-Aの箱の詳細を犯人が知っていたこと、天城をはじめとする専従捜査班の事を詳しく知っていそうな雰囲気があることから、警察内部の関係者がいるのかなと感じたりもします。

もしくは、専従捜査班で過去に担当した事件と何か深い関わりがあったり、過去の専従捜査班のメンバーが関係しているという展開になるのかなと思ったりもしました。

今回の最後のシーンで登場した赤い服を着た人物が誰なのか、トラックにあった謎の数字と一緒に次回以降明らかになるのが楽しみです。

ペンネーム:cake1747(20代・女性)

YK
第3話の見どころは専従捜査班が初の潜入捜査を行うなかで、爆破テロが発生する可能性が浮上するという点です。

水田と青山がバイオマス発電の研究所に潜入するようですが、そこで意外なものを発見すると予想しています。

潜入した目的である「ゼロA」が強奪されたトラックに残されていた数字の謎についても、少しずつ近づいていく展開になりそうです。

また、公安が仕向けたと思われる女性スパイが登場するという点にも注目しています。

優秀な人だと思うので、専従捜査班にとっては手強い相手になりそうです。

専従捜査班の活躍により、無事に爆破テロを防いでくれることを期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

michikawaii
トラックに書かれていた数字の18820を見つけました。

密輸組織と思われるバイオマス発電の研究所に務めていた男が殺され、研究所にあった集合写真の日付だったのです。

さらに、その写真に、天樹が知っている女性が写っていました。

元刑事の沙織です。

でも、沙織は、名前を変えて、研究所を支援するNPO法人に勤めていました。

天樹たちは、潜入捜査かもしれないと、慎重に捜査します。

でも、沙織は行方がわかりません。寝返ったかもしれません。

それで、環と新が潜入捜査をします。

次回は、密輸や潜入捜査という難しい事件と、盗まれた資料との関係が明らかになるようです。

どのような関係か、どう解いて行くのか、とても楽しみです。

ペンネーム:michikawaii(60代・女性)

マヤマ
次回は新たな話になると思います。

今回の話は前後編の話だったので次回は1話完結の展開でお願いしたいです。

この刑事7人というドラマは本当に内容が複雑になりすぎです。

誰が誰を殺したとか全くわからなくなってきます。

今回の話も交換殺人をしていたとか出てきて途中は少しチンプンカンプンな箇所もありました。

ですから次は是非シンプルな事件に期待したいです。

その方が視聴者も食いついて見てくれるのではないでしょうか。

天樹が色々と推理して他の刑事たちが動く展開にしてくれた方が幾分見やすいと思います。

殺人事件ではない事件も見たいです。

ペンネーム:マヤマ(30代・男性)

ふじお
事件は終わったかのように見えてまだ終わっていません。

トラックに書かれた18820が残っているので、更なる犯行があります。

爆破テロを防げるか?で捜査は、困難を極めてしまいそうです。

滅多にしない潜入捜査が期待されますが、刑事とばれた時、殺害される恐れがあります。

バイオマス発電の研究所で行われているのは、テロリストが使うものだと思います。

テロリストの恐ろしさは、自分の命を顧みないことです。

生きてる人間が一番怖いので、刑事たちは阻止することに全力で立ち向かいます。

3連続のストーリーで、今度こそ犯人が見つかります。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

モルト
偽造旅券を持った遺体が発見され山田という男で何回が海外を行き来していて、殺害の前の日にリオデジャネイロ行きの航空券を買っていました。

山田が密売組織に関係していたと疑われるようです。

天樹は山田の勤務先に行くとバイオマス発電研究所での集合写真の撮影日2018年8月18日が、係長が指摘していたトラックに書いてあった18820と偶然にも同じのようです。

しかも、写真に天樹が知っている顔があり、中西から研究所を支援しているNPOの田中と教えられるようで、3年前に退職した室井刑事のようです。

室井が刑事を辞めて田中と名前を変えてNPOに潜入したのは、公安の任務だったようです。

しかし、当時はNPOへの家宅捜査が失敗し田中の行方が分かりません。

天樹は田中がNPOに寝がえり山田の殺害への関与を歌ぐようです。

天樹は違法の疑いがある潜入捜査やおとり捜査にも踏み切るようです。

すると拓海が潜入した海運会社にNPO代表の釜本ら関係者が集まるとわかり、天樹は仕掛けをするようです。

それは、おそらく釜本の密売取引相手から、取引の申し込みが来たと罠をしかけ、釜本が誘いに乗ったところで、逮捕すると想像します。

釜本は証拠隠しの為に爆破テロを企んでいたとも判るようです。

そして釜本が祖引きを裏切った山田を田中にころさせ、田中も殺してしまったと自供させると予想します。

ペンネーム:モルト(60代・男性)

2020年夏ドラマ『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

cake1747

『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレ

偽装パスポートとともに男性の遺体が発見され、男性の職場であった研究所を訪れると、ある写真が目に入った。

その写真の日付はトラックに白い塗料で書かれていた数字を指し、また写真に写る女性は天城が過去に会ったことがある退官した警察官の室井であった。

捜査を進めると、室井が退官後に偽名を使い研究所を支援するN P O法人で働いていたことや、過去に研究所への家宅捜索が行われたことがわかり、室井は公安のスパイである可能性が浮上する。

公安が関わっている可能性を考慮し、専従捜査班のメンバーは、N P O法人や研究所等への潜入捜査を決行する。

更に捜査を進めると室井が行方不明であることが判明したり、各潜入先で専従捜査班のメンバーは不審な点を感じる。

N P O法人は研究所と一緒になって情報を偽装し、国からの助成金を不正に受給していたのであった。

組織の詳細を知ってしまったため室井や遺体で発見された男性は殺されていたのであった。

室井は身元不明の遺体として見つかっていた。

『刑事7人-season6-』第3話の感想

今回は専従捜査班のメンバーが潜入捜査をするストーリーでしたが、普段は男性の中で力強く働いている倉科カナさん演じる水田の秘書姿がとても似合っていて可愛かったです。

ストーリーの中で一番印象に残っています。

一方で、吉田鋼太郎さん演じる片桐が登場しなかったので、珍しいなと感じました。

また、トラックに白い塗料で書かれていた数字が今回の事件と関連していたことが判明しましたが、0-Aの箱がまだ見つかっていないことと、白い塗料で数字を残す一連の事件の黒幕が今回も明らかになっていないのでとても気になっています。

なかなかスッキリしないので、早く黒幕の正体が明らかになって欲しいと感じました。

ペンネーム:cake1747(20代・女性)

Mimoza

『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレ

偽造パスポートを持っていたご遺体が見つかる。そこで、捜査しに行った先で写真に写っていた女性に目を止める天樹。

その女性は室井という刑事だったことが分かるが、数年前に退官していた。

そして退官後に働いていた職場では田中と名前を変えていることがわかり潜入捜査していたのではないかと疑う。

そこで水田はNPO法人のWIND、青山は研究所に、野々村も海運業者へそれぞれ潜入捜査をすることに。

そこで様々な真実が明らかにされ、室井が警察から寝返ったのではないかと疑惑が浮上。

しかし実は2年前に無縁仏になっていたことが判明。

さらに昨日までなかった立ち入り禁止エリアが研究所に現れ、侵入するも何も見つからない。

研究所とWINDが何かを隠しているのではないかと捜査を続けると研究所の不正が発覚。

天樹が今まで分かってきた真実をつなぐと研究所とWINDはテロを計画しているのではないかと導き出す。

標的は3日後のパーティー。

なんとか阻止しようと奮闘するも、急遽パーティーは一日前倒しに。

慌てる専従捜査班のメンバー。

慌てるがあまり、無防備にも立ち入り禁止エリアに青山が単独で踏み込むが襲われ捕まってしまう。

犯人が青山を殺そうとしたとき、天樹が助けに。

犯人の釜本は爆発物のスイッチを押すと脅すが「どうぞ」と冷静な天樹。

実際スイッチを押すが何も起こらない。

それもそのはず、爆発物は処理が完了しておりすべて専従捜査班が仕組んだことだった。

ぶじに犯人確保に至った。

『刑事7人-season6-』第3話の感想

潜入捜査をしていたので、普段と違う格好したメンバーが見られて新鮮さがあって1時間があっという間に感じました。

とくに水田の巻き髪姿が可愛かったです。

潜入組はリモートで会議に参加するのもコロナの今の時代を反映しているのかと思うと、悪くないなと思いました。

残念な点は早速片桐さんがおらず一人かけたところ。

捜査に出ないのであまり出ないけどいないと寂しい。

あと、最後の亡くなった室井刑事にと「乾杯」してましたが、そこは「献杯」なのではないかと思わず突っ込んでしまった。

ストーリーが非常に面白かっただけに残念でした。

ペンネーム:Mimoza(30代・女性)

もちうさぎ

『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレ

偽装パスポートを所持した男の遺体が見つかり、本名は山田和彦で複数国を経由してリオデジャネイロ行きの航空券を購入していたことに加え、年間20回以上の渡航歴があることから密輸組織に関係していて、高飛びしようとしていたのではないかとの疑惑が浮上した。

山田の勤務先のバイオマス発電の研究所で天樹は、集合写真が気にかかり捜索資料「ゼロA」が強奪されたトラックに書かれていた「18820」という数字を見つけた。

さらに、1人の女性に見覚え頑張るあり、NPO法人「WIND」の秘書・田中玲子だと教えられたが、3年前に退官したら所轄の刑事・室井沙織だと天樹は断定した。

名前を変えて「WIND」に入社してたいること、家宅捜索が行われたことから怪しんだ天樹たちは、青山町新が研究所に、「WIND」に永田環が、出入りのある運送会社に野々村拓海が潜入することになった。

環は、沙織がフランス局長を務めていることをつかんだ。

一方、沙織の実家に行った天樹は海老沢芳樹の調べによって、沙織が出国した記録はなく母親への連絡もしていないことが判明した。

『刑事7人-season6-』第3話の感想

東山紀之さんが、真実が判明するまで簡単に決めつけない、常にクールに仕事に取り組む天樹を安定した演技力で、存在感があったと思いました。

渋さが増してカッコ良かったです。田辺誠一さんが、飄々として情熱を内に秘めた海老沢芳樹をいい味を出して演じていて、とても良かったと思いました。

倉科カナさんが、容姿端麗だけれど、気が強く男まさりなところもあって、自分の感情をおさえて冷静沈着に行動する水田環を熱演していて、とてもきれいで良かったと思いました。

白州迅さんが、無邪気で先輩たちに追い付こうと突き進む、野々村拓海を熱演していて良かったと思いました。

塚本高史さんが、自分の信念を持っていてやんちゃだった面影が少し消えてきて大人になってきた青山新を、熱演していて、とても良かったと思いました。

ペンネーム:もちうさぎ(50代・女性)

yuki

『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレ

東京湾で頻繁に海外渡航歴がある偽造パスポートを持った男性の刺殺体が発見されます。

捜査を開始した専従捜査班メンバーは、男性がブラジルへ向かう航空券を予約していたこと、勤務先で天城刑事(東山紀之さん)が見た集合写真の日付と一緒に写っていた女性などに不審を抱きます。

そこでメンバーが被害者の勤め先や関連会社へ潜入捜査を行うことにしました。

一緒に写真に写っていた女性に見覚えがあった天城刑事は、女性が元警察官で2年前に退官後実家とも連絡を絶ち行方不明になっていたことを知り、その後の捜査で、この元女性警察官が身元不明の刺殺体として発見されていたと判明。

また東京湾で殺害された被害者が勤務するバイオマス発電所では実際の発電量と補助金申請時の報告書に記載された発電量に差があり、政府からの再生可能エネルギー補助金を不正に受け取っていたとの疑惑も浮上します。

元女性警察官は警察のスパイとして潜入捜査を行っていたと推測されました。

専従捜査班は経産省に協力を依頼、大臣主催し出席する再生可能エネルギー会議の日程を偽り、バイオマス発電所が計画していた大規模爆破テロを阻止したうえ、犯人も検挙しました。

『刑事7人-season6-』第3話の感想

今シリーズでは初めての潜入捜査ということで場面展開が速く内容も濃く、2時間ドラマでも良いのではないかと思いました。

第1話の捜査資料『A0』保管箱盗難事件に関連した日付を意味する番号が書かれ事件の続編で、被害男性が写る集合写真が撮影された日付から天城刑事が元女性警察官の身元に気付くという、元資料課で記憶力抜群の天城刑事ならではの特性を生かした、凝った導入だと思いました。

廃油を使ったバイオマス発電を使った補助金の不正受給事件など実際に起こっていそうだし、今回のように会議の日程を操作して爆破テロを防ぐという手法は、潜入捜査を行わなければできないと思います。

専従捜査班ならではのチーム力と個人的なスキルを活かしきった内容だと思いました。

ペンネーム:yuki(50代・女性)

タバタ

『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレ

2週間前東京の品川の川でパスポートの情報から安西清という遺体が発見される。

解剖の結果左胸の刺し傷からの出血死であることがわかりパスポートは偽造で実は山田和彦であることがわかるのだった。

その後、山田の勤め先に行って情報を集めると田中玲子という人物が浮かび上がる。

しかし、彼女は室井沙織という警察官で山田となるらかの関係があると思い捜査を開始する。

刑事たちは盗まれた0Aの資料と謎の数字のためにウインドに潜入捜査を決意する。

そこでウインドの元社員の情報から謎の数字の日付である18820の日に見かけたのが最後だったと聞き、天樹は身元不明の死体を調べると既に室井は死んでいることがわかるのだった。

山田と室井を殺した犯人は釜本で爆弾を使いテロを起こそうとしていた。

それを天樹たちは見越していて間一髪で逮捕してことを収めるのだった。

『刑事7人-season6-』第3話の感想

今回はかなりいろいろな人たちの話が同時進行していく感じだったので事件の全容を把握するのに苦労しましたね。

一度見ただけでは完全に把握することは不可能で何度か見たことによって点と点が線になっていくといった感じでしょうか。

でもやはり展開はとてもスピーディに転がっていくので置き去りにされないようについていくので精一杯でした。

見ていてお年寄りとかは本当に理解できているのでしょうか。

自分でも少しわからない箇所があったので大人でも難しかったのではないでしょうか。

前から言っているのですがもう少しシンプルな事件をやってほしいです。

何人も死体が出てきてしまうと誰のために刑事たちが犯人を捕まえようとしているのか本当にわからなくなってきます。

ペンネーム:タバタ(30代・男性)

しょうた

『刑事7人-season6-』第3話のあらすじネタバレ

東京恵比寿のNPOのWINDが環境保護を訴えていた。

偽造パスポートを持った男の遺体が2週間前に見つかり本名は山田で複数回、外国を出入りしていた。

ナイフで刺されていて、密輸組織との関係が疑わしい。

天樹は山田の勤務先のバイオマス発電の研究所に行くと集合写真の日付が18820でトラックに書かれた数字と同じだった。

その写真に3年前に刑事を辞めた室井がいて中西が研究所を支援する釜本が代表のNPOの田中だと言う。

室井は3年前に退官して名前を変えたのは公安の任務で研究所に潜入したが、産廃の違法投棄の疑いで家宅捜査が入っていた。

違法であるが、潜入捜査をすると天樹が言う。

水田がWINDに入る。

野々村は研究所と関係のある海運会社に潜り込む。青山は研究所に入る。

室井がフランスの支局長だと釜本に言うが、ところが、海外に出た記録はないと海老沢が言う。

水田は室井がNPOに寝返って家宅捜査が失敗して山田殺害に関係したと疑う。

青山が立ち入り禁止場所を探る。

8月4日、2年前までWINDにいた男が室井が男に何かを渡していたと言う。

もう出来ないと言ったと言う。

身元不明の女性の遺体を調べて欲しいと天樹が堂本に頼む。

死後2年、刃物に刺され血液型が室井と同じで左足の膝に治療の痕跡があった。

天樹は室井の母に報告した。

2日後の再生可能エネルギー会議で、新しい大臣の決定で国からの助成金がカットされるかも知れないと天樹が言う。

会議が今日の13時に早まった。海老沢が仕掛けた罠だった。

中西は計画通りだと言う坂上が車で出発する。

青山が爆発物をみつけるが中西に電気ショックを与えられる。

釜本が前にも警官を捕まえた。

山田が室井のことを警察にばらすというので殺したと言う。

釜本がナイフで青山を殺そうとすると天樹が来た。

天樹は大臣らが死ぬというが釜本は構わないと言う。

爆弾と坂上は海老沢らが確保した。

助成金を騙しとっていた釜本が逮捕された。

『刑事7人-season6-』第3話の感想

天樹が研究所の集合写真で見つけた田中と言う名前の女性が室井という元刑事だと気が付いて、公安の仕事で研究所に潜入捜査に入ったのに、警察を裏切ったと疑われたのが、最後には、そうではないと天樹らが調べて、疑いが晴れたのは良かったです。

明るく元気だった娘の無事を期待していた母親は気の毒でした。

それでも、天樹が堂本に身元不明の遺体の調査を求めたのは、鋭い感でしたが、室井がまだ生きていればよかったですが、残念です。

それでも、連続殺人の犯人がトラックに残した18820と言う数字との関連は、まだ解明されていないと思います。

当初は中西と釜本との関係がわかりませんでしたが、坂上が海外から持ち込んだ廃油を発電に使っていたのですが、量が少なすぎて経産省からの補助金を騙し取っていたとは予想外でした。

しかも爆破も計画していたとは読めない展開でした。

釜本が結局は一番の悪人で青山も殺されそうになるラストは緊迫の場面でしたが、救われてホットしました。

ペンネーム:しょうた(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年夏ドラマ『刑事7人-season6-』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『刑事7人-season6-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『刑事7人-season6-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA