おカネの切れ目が恋のはじまり|最終回4話ネタバレと感想。玲子の過去が判明!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
『おカネの切れ目が恋のはじまり』最終回が2020年10月6日㈫に放送されたね!
ラマちゃん
ついに最終回!

3話では慶太が玲子に突然キスをしたわけだけど、果たして結末は…!?

こちらの記事では、ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』最終回のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』最終回のあらすじタバレと感想

九鬼玲子(松岡茉優)は、猿渡慶太(三浦春馬)からの突然のキスに動揺して、眠れない夜を過ごしていた。

一方、慶太はどこかへ行ったきり帰ってこない。

そんな中、早乙女健(三浦翔平)が、玲子の家を訪ねてくる。

玲子にあることを伝えにきたのだ。

さらに、板垣純(北村匠海)も、玲子の家にやってくる。

目まぐるしく変わっていく状況の中、玲子は家であるものを発見する。

それは、玲子が“清貧”になった過去に関わるものだった…。

そのあるものとは、玲子宛ての現金書留。

田中三郎という人物から送られてきていたもので、サチはこの存在を玲子に内緒にしていた。

この田中三郎は、玲子の父親。

翌日、玲子は、過去へのけじめをつけに、旅に出る。

行き先は、三郎(石丸幹二)がいるかもしれない場所。

向かう途中、玲子を訪ねてきた純と遭遇し、なぜか純もついていくことに。

玲子は三郎と再会。

三郎と和解する。

そして、その中で慶太に対する想いに気づき。。

以上が「おカネの切れ目が恋のはじまり」最終回のネタバレ。

最終回は三浦春馬さんが亡くなられて後に撮影した関係で、慶太の出番はなし。

ひょっこりどこかへ行ったという設定で話が展開されていきました。

メインは玲子の父親との関係。

テニスに励む玲子を応援したいと思っていた三郎は、お金に余裕がなくなってしまった末、横領して逮捕されてしまったのです。

それ以来、家族はバラバラに。

最終回は、そんな玲子と三郎を描いていました。

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』最終回のネットの反応や評価は?

ドラまる
慶太がいなくなったことと三浦春馬さんの死がリンクしていたね。

ラマちゃん
最後のテロップに涙腺崩壊した方もたくさんいたのではないかしら?

ラマちゃん
慶太が帰ってきたと思わせるラストもよかった。

お蔵入りにせず放送してくれて感謝ね!

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

おカネの切れ目が恋のはじまり|4話見逃し動画無料視聴はこちら

まとめ

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』最終回のあらすじネタバレをご紹介しました。

正直、ストーリーはかなりの急展開ではありましたが、とにかく無事に放送できてよかったです。

キャストやスタッフさんも撮影を継続したのは大変だったと思いますが、お蔵入りを避けられてよかったです。

ドラまる
慶太の笑顔が忘れられない、という視聴者多数!
ラマちゃん
これからも三浦春馬という役者はみんなの心の中で生き続けると思うわ。。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA