半沢直樹(2020)|4話ネタバレと感想。大和田の恩返しで、半沢、銀行に返り咲き!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年8月9日(日)「半沢直樹」の4話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
東京中央銀行は、追加融資500億を決め、資金力にものを言わせる。

半沢は、電脳の不透明な収益に目をつけるが、電脳の玉置は消える。どう切り抜けるのかな。

ラマちゃん
半沢の正式出向が決まりそうになり、万事休すになる。

半沢はある人物に会うようですが、まさか、宿敵・大和田ではないですよね。

スパイラルのフォックス買収による株価高騰に対し、銀行は、巨額追加融資で対抗してくる。絶対絶命の半沢は、電脳の不透明な収益に気づき、電脳の玉置に接触を試みるが、消えてしまい.....。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』4話あらすじネタバレと感想

銀行は500億の追加融資を決めた、取締役会を通すのみになる。三笠についた伊佐山が、実は、大和田と裏でつながっていたことを半沢は知らなかった。

玉置を、智美の店で待っていたが、来たのは、電脳の平山社長と美幸副社長だった。玉置は、辞表を出して辞めたという。二人は、半沢が頭取室で電脳を潰す話をしたことを知っていた。

半沢は、電脳には、不透明な収益があることがはっきり分かったと電脳の社長夫妻を迫り、必ず、明らかにするという。

玉置の行方を探すが見つからず。半沢と森山は、静岡にある電脳電設を探るが、受付には、電脳社長の手が回り、玉置社長に会うことができなかった。

半沢は、帰り際、工場をみると、コイルを巻く電脳電設社長を見かけ声をかける。となりに、玉置がいることを察し迫ると、玉置がもういいと言い出てくる。

社長が書いた特許は素晴らしいと半沢は言い、電脳はその特許の利用を約束して、電脳電設を買収したのでは、そして実際は、特許は使わず別目的で電脳電設を使われていると玉置に指摘する。

玉置は、特許を電脳に取られているから何もできないと言う。

渡真利は、半沢に、いよいよ出向が決まりそうだと伝える。半沢は、今やるべきは、スパイラルの買収を防ぐことだと言い、出向が怖くてサラリーマンが務まるかと叫ぶ。

渡真利は、的場政権も支持率回復のため電脳に力をかけるとの噂があり、特許を譲渡させるには時間がかかるし万事休すだと言う。

半沢は、悪いのは電脳だから、銀行も騙される可能性がある。銀行を味方につけると、伊佐山に連絡する。

伊佐山は来ず、諸田が現れ、どうあがいてももう遅いと言う。半沢は、電脳に不明瞭な収益があり調べるようにとのメモを渡す。半沢が去ったあと、ある人物により握りつぶされる。

半沢の味方になった三木の話では、伊佐山が電脳を調べている様子はなかったと半沢は渡真利に伝える。

頭取室の電脳の話が、電脳平山社長に流れており、大和田か、伊佐山のルートからではないかと言う。

大和田は、今回の追加融資で、三笠に貸しを作り、次期、常務の椅子を手に入れたと噂話を渡真利が伝える。

最初から、大和田と伊佐山は裏でつながっており、電脳にどっぷり浸かっているから、三笠をはめるために仕組んだ計画ではないかと予想する。

半沢は、もう、三笠は、大和田と伊佐山の関係に気づいているかもしれないと言い、渡真利に、目を光らせることを頼む。三笠は、すでに、大和田と伊佐山の関係を知っていた。

半沢は、電脳と電脳電設の特許契約を調べ、電脳の業績が悪くなると時、話すことができることが分かる。森山たちは、特許に興味を持ってくれる投資家を探し融資金を集めに奔走する。

浜畑電気が手を上げるが、銀行に相談したら辞めておいた方が言われたと言う。大和田は賛成したが、伊佐山から猛反対されたと半沢は言われる。

大和田は、頭取室に呼ばれ、帝国航空の再建スキームの組織案に異見を求められる。それを見た大和田は出てくるなり、怒った声で伊佐山を呼び出す様子を、秘書室から渡真利に伝えられる。

渡真利は、役員室に入った伊佐山と大和田との会話を聞く。

大和田は、再建スキームの筆頭に自分の名前が常務としてあり、三笠が約束した椅子がないと怒る。しかし、その大型スキームの責任者に伊佐山の名前だけ残っておりどういうことだと怒る。

伊佐山は、大和田が、将来頭取になると思ってついてきたが、あんたがここで、土下座したせいですべて台無しになった。

自分が、ここまでのし上がったのは、大和田のおかげでもなく、自分の実力だと豪語する。準備は、万端に、仕留める時は一発だと言う。

伊佐山は大和田を「この土下座野郎」と馬鹿にして去って行く。

大和田は、取締役大会議室でまたもや、土下座をしたことを後悔して、床を叩くのであった。

その話を渡真利から聞いた半沢は、電脳案件が来た時に、伊佐山は、大和田に相談したはずで、この案件を達成するには、担当役員の三笠についたふりをするようにと指示があったはず。

大和田は、相手が半沢だから、簡単には済まないだろうと予測して、三笠をはめるチャンスだと思った。しかし、伊佐山は、ヒラの大和田と副頭取の三笠を天秤にかけ、三笠についたと予想。

銀行もやばいのに、自分の出世のことしか考えてないという森山についてこいと半沢は言う。渡真利の情報で15分後に車寄せだと分かる。

東京中央銀行に向かう半沢と森山。半沢は、信念さえ持っていれば大丈夫だと言う。森山は、半沢の信念とは何かと問う。

「1つ正しいことを正しいと言えること、1つ組織の常識と世間の常識が一致していること、1つひた向きに誠実に働いた者がきちんと評価されること。」だと答える。

半沢は、この正しいことができずに、自分の私利私欲に走ると、三笠や大和田や伊佐山のようなやつらが出てくる。

仕事は、会社のため、世の中の人のためにやるもので、常に、自分の胸に聞いてやって欲しいと伝える。明日になったら、出向だろう、敗者の弁になる前に森山に聞いて欲しかった。

今から、最後のかけで、因縁のある人物に会いに行くと言い、東京中央銀行に消えて行く。

車寄せで、半沢が待っていたのは大和田だった。明日の役員会議で決まる電脳への追加融資を止めたいから力を貸して欲しいと頼む。

大和田は、「それは、それは、謹んでお断りをいたします。お前なんかとだれが手を組むか。死んでもいやだね。負け犬、半沢直樹くん」と言い車に乗る。

半沢は、車の前に出て止めエンジン切れと恫喝する。

「あの大和田暁が、部下にいいように使われすごすこと退散ですか。私は、あなたが見返す鍵を握っている。私を利用しませんか」というが、大和田は行ってくれと言い車を出す。

役員会当日の朝、半沢は、やることはやったと花に言う。花は、銀行、証券、どんな地方でも南極でもどんとこいだと言い、どんな辞令がでても堂々と帰ってきて欲しいと後押しをする。

役員会で、伊佐山は、この融資をまとめることで、経験豊富な相手だと顧客から見られると語る、三笠も、これは試金石で、当行は大きく成長すると力強く賛同する。

中野渡頭取は、賛成意見は分かったと、反対するものはと言うと、役員たちは、大和田の顔を見る。大和田は、この融資にはリスクを伴うから、詳しい者から説明させて欲しいと許可を得る。

大和田が招き入れたのは、半沢だった。

昨晩、大和田は車を発進させたあと、戻ってきて、握っている証拠を見せろと言う。半沢は、簡単には教えられない。本当にやるんですねと大和田を恫喝する。

大和田はひるみ、「それで、お前の倍返しは決まるんだな。何をやればいいんだ」と従順になる。半沢は、2つやって欲しい、1つは、明日の役員会で発言をさせて欲しいと言う。

半沢を見て、伊佐山のフォローでいた諸田は驚き、伊佐山や三笠も驚く。

伊佐山は、セントラル証券の人間だと言うが、大和田は、自分の代弁者だと言い、人事権も銀行にあるから問題ないと言う。中野渡頭取もリスクがあるなら話しなさいと許可する。

半沢は、証券営業部がまとめた稟議書には重大な欠点があり、電装電設のことがかかれてない、ゴミの稟議書だという。伊佐山は、ゴミと言われ怒りが爆発する。

ゼネラル電設を買収し今は電脳電設になっており、その買収額は300億円だったが、当時の資産価値は100億円程度でどこかに消えたと言う。

最初、実績のないセントラル証券に話を持ってきたのは、ゼネラル産業グループのメインバンク
が東京中央銀行で、銀行に徹底的に調べられたら都合悪い事実の発覚を恐れたからだと説明する。

その都合の悪い事実とは、「粉飾です」と言う。役員全員にどよめきが走る。三笠だけがじっとしていた。

電脳は、業績が赤字になり、電脳電設に架空の売り上げを上げさせ補てんしていた。スパイラルを買収しようとしたのも、業績のよいスパイラルを隠れ蓑にしようと思ったからだと言う。

大和田は、「そこまで言うなら、裏はとってあるんだよね。半沢くん」と言う。

半沢たちは、3時間前、電脳電設の玉置に会い、大和田の紹介で、浜畑電気が融資をしてくれることになった。いっしょに電脳と戦いましょうという。

玉置は、裏帳簿のコピーを半沢に預ける。森山が、電脳に行き、平山夫妻に裏帳簿を突きつける。とぼける二人だったが、玉置から聞いた本当のありかを見せると断念する。

半沢は、この裏帳簿によると50億もの赤字が出ており、これを、銀行は見抜けず、融資をしようとしたと言う。

伊佐山部長は、セントラル証券が、スパイラルのアドバイザーになった時、グループの利益を損ねると言われたが、500億の追加融資までして、本当に利益を損ねたのはだれだと迫る。

伊佐山は、唇をかみしめて悔しさをにじませる。

三笠は、伊佐山に、「粉飾を気づけないとは全責任は君にある。半沢くんに非礼を、わびろ、伊佐山わびろ、伊佐山わびろ、伊佐山わびろ、わびろ」と両肩を持って頭を下げさせる。

伊佐山は、真っ赤な顔をして、三笠が土下座せようとするのを立ち上がり、「ま、こ、と、に、あい、すみませんでした」と絞り出すように言う。

その姿を、大和田は、自分の姿を見るような気分になりながら、目から涙が溢れてくる。

中野渡頭取がそのくらいにしろと止め、500億の融資は見送りにすると言う。半沢は、お待ちくださいというと声をかける。中野渡頭取は、「まだ何があるのか」と振り向く。

半沢は、電脳電設とゼネラル産業グループの関係を調べるようにと伊佐山部長に頼んだが、握りつぶされた。

伊佐山は受け取った覚えはない顔をする。半沢は、渡した諸田にだれに渡したと迫る。大和田も、だれに渡した諸田と恫喝する。諸田は、三笠副頭取に渡したと証言する。

三笠は、受け取った覚えはないし、中身を見てもないとシラを切る。諸田はちゃんと見ていたじゃないかと叫ぶ。

半沢に、森山から音声データが入り、平山社長夫妻が断念してすべて語ったと言い、音声データを流す。

平山は、三笠が娘の留学費用だの、奥さんの出店費用だのとせびられたと告白する。その代わりに、銀行の融資をもらったのにと言う。

半沢は以上ですと、取締役室を去り、スパイラルの瀬名社長に報告し、瀬名は安心する。

三笠は観念し、中尾渡頭取は、優秀な人材はどこに行っても優秀だと言う。

セントラル証券に戻った半沢は、拍手で迎えられる。後ろには、諸田がついてきた。

半沢は、セントラルの買収案件を銀行に流し銀行に戻った。銀行に戻っても、電脳の粉飾を見抜けなかったと言い、中でも、仲間を騙したことを謝れと言う。

諸田は、もうしわけありませんでしたと頭を下げる。

中野渡頭取に、大和田は、電脳には証券取引等調査委員会の調査が入ると言い、1500億円の融資の回収をしなくてはならない。難しい仕事だが適任者がいるのではないかと言う。

瀬名社長から、加納と清田から連絡がありもう一度スパイラルで働きたいと言われたと話し、森山はスパイラルにこないかと誘われる。

岡社長から半沢に電話がきて、銀行の人事がいた。半沢は電脳に出向ですかと言い、電脳には、諸田、伊佐山、三笠が行くと言い、「俺の知る限り、戻るのは1つだけだ」と言う。

森山たち全員で、東京中央銀行営業第二部次長への復帰を祝う祝賀会が行われる。浜村に一言と言われる。

半沢は、ここに来た時、銀行は勝ち組とプロパーは負け組という声が聞こえてきた。今は、その銀行がなしえなかったことを君たちはやり遂げたと鼓舞する。

勝ち組負け組はなく、どこにしても、仕事を成し遂げたものが勝ち組だと言う。

ここにいるのは20~40代のバブル崩壊後の就職難就職した人たちだ。バブルは、私利私欲に走ったために起こった。

「顧客のために働いで、君たちの倍返しを待っている。」と半沢は鼓舞する。聞いているセントラル証券の仲間の目には涙が浮かんでいた。

森山は、スパイラルの瀬名社長に電話をかけて、ここでもう少し働きたいと思ったと言い、移籍を断る。瀬名は、郷田とコペルニクスの件で会議をするからいっしょにきてくれと言われる。

半沢のいないセントラル証券は、活気に溢れていた。

半沢は、頭取室に行き、辞令を受け取る。さっそくだがと、帝国航空の再建を託される。大和田からぜひと提案されたと言う。

頭取室から出た半沢を、大和田が、東京中央銀行を救った立役者お帰りなさいと言われる。

帝国航空案件は厳しいと知っている半沢は、大和田に、担当するのかと聞くが、恐れ多いと言い、ニューヨークから帰ってきた木本常務を紹介される。木本は、頼むよと言い頭取室に入って行く。

大和田は、半沢も、頭取に、銀行に戻してもらったんだ、「施されたら、施し返す、恩返しだ」と叫ぶ。

半沢はさっそく、融資部から営業第二部に異動した田島をつれて帝国航空に行く。審査部次長の曾根崎も同行する。

社長の神谷、財務担当部長で東京中央銀行からの出向の永田、総務部長の山久に対し、半沢は、再建計画のどころか、500億の赤字を出していると迫る。

労働組合が強くて企業年金がとか言い訳をしていると、いつやるのでしょうか、経営陣の怠慢ではと半沢はズバリいう。

神谷社長が、公共交通しての社会的な意義があると言うと、半沢は、公共交通機関である前に一民間企業であると冷静に言う。曾根崎はいい加減にしろと敵対心をむき出しにする。

今、必要なのは、地に足をつけた改革だと言い、それを手伝わせて欲しいと迫る。今を逃したら、救済するのは難しい、御社にとって今がラストチャンスですと迫る。

田島をつれて、渡真利と苅田と飲む、木本常務が帰ってきたと言うと、それを聞いた智美の顔色が変わる。

半沢は、経営陣の危機意識のなさが一番困ると言い、今潰れると、うちの銀行だけでなく、社会全体に影響があるという。だったら、国が助けるべきだというが。

渡真利は、的場内閣支持率が落ちていて、支持率回復のため、内閣改造により目玉人事を考えているらしいと伝える。帝国航空とだったら、国土交通省と指を鳴らす。

内閣改造の報道を待つ、半沢たち、国土交通大臣だけが発表されなかった。深夜になって現れたのは、当選2期のアナウンサーから議員になった白井亜希子だった。

白井は、記者発表で、帝国航空再建のタスクフォースをぶち上げ、銀行に7割の債権放棄をしてもらうと発表する。

大和田は、えらいことになったと半沢に言い、東京中央銀行は700億円の債権があり、500億円をどぶに捨てることになる。

半沢は、これを知っていて、私に任せたのかと問う。

大和田は、君が優秀だからだと言い、債権放棄が実行される前に、業績を回復させ、700億を回収しなければ、君は、政府、いや、この国全体を敵に回すことになる。頼むよ半沢くんと言う。

白井を国土交通大臣に大抜擢した新政党の大物代議士・箕部は、議員室で不敵な笑みを浮かべていた。

ここまでがネタバレですが、第4話は、追加融資決定が迫る中、電脳の不透明な収益を知る玉置を探す半沢。銀行も損害を受けると、伊佐山に連絡するが.....。

追加融資を止めるため、半沢が動いたのは、敵対する伊佐山だった。電脳が不正なことをしていれば、銀行も損害を受けると、自分のことではなく、会社の利益を考えましたね。

伊佐山が、大和田を見限っていたとは驚きでしたね。伊佐山の「土下座野郎」という言葉に、大和田は崩れ落ちました。

ドラまる
半沢が、最後に、協力を仰いだのは、大和田でした。

大和田の悔しい気持ちをくみとり、最後は、倍返しできるんだよねと聞いてくる大和田が面白かった。渡真利のおかげで大和田を落とせたのですがね。

ラマちゃん
役員会当日、花の言った言葉が半沢を勇気づけたね。電脳の粉飾の証拠をぶつける。

三笠は自分が悪いのに、伊佐山を土下座させようとするとはすごかった。三笠に倍返しでしたね。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』4話ネット上の反応

ドラまる
伊佐山に裏切られて、半沢に乗り換えた大和田が大人気ですね。

ラマちゃん
伊佐山が詫びるシーン、三笠も陥落したシーン、皆さんすっきりしたようです。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹(2020)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『半沢直樹(2020)』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

半沢直樹(2020)|4話見逃し動画無料視聴はこちら/a>

ドラマ『半沢直樹』5話のあらすじ

2020年8月16日(日)放送のドラマ『半沢直樹』第5話のあらすじをご紹介します。

IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。

だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。

帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。

しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。

そんな矢先、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のりこ)が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。

彼女によれば、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄を検討しているという。

もしこのプランが実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。

半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へと乗り込むが、そこには一筋縄ではいかない巨大な壁が待ち受けていた…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『半沢直樹』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

伊佐山に電脳を警告するが潰される半沢。伊佐山に裏切られた大和田を使い、取締役会で、電脳の粉飾を暴露し、追加融資を回避。電脳から賄賂をもらっていた三笠を反撃。銀行に返り咲く。

ドラまる
帝国航空の再建を任された半沢。労働組合やOBの力が強く身動きができない。

半沢は、かってない巨大企業にどう立ち向かうのか、楽しみですね。

ラマちゃん
再生タスクフォースが立ち上がり、債権の7割を放棄しなくてはならなくなる。

半沢は、政府との戦いにも挑むことになりますね。半沢の仲間はだれなのでしょうか。

今回はすごかった。伊佐山に裏切られた大和田が崩れ落ち。電脳の粉飾を見抜けなかった伊佐山が三笠に押さえつけられ土下座しそうになり。最後は、悪事を暴露された三笠が放心状態になる。

なんといっても、黒崎の残していった痕跡と、渡真利の情報力の勝利としか言いようがないですね。でも、半沢の見抜く目が一番するどいということですね。

次話、返り咲いた半沢を待っていたのは、帝国航空再建というかってない相手。今までの、銀行内の闘争から、政府との戦いというもの凄い話です。どう切り抜けるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA