半沢直樹(2020)|3話ネタバレと感想。オネエ黒崎パワーアップ。な・お・き、オイタしてるじゃないの!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年8月2日(日)「半沢直樹」の3話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
電脳雑技集団と東京中央銀行連合との戦いのため、スパイラル瀬名に、半沢が提案したのが、逆買収。

半沢の打ち手は順調に進むのでしょうか。

ラマちゃん
東京セントラル証券に証券取引等監視委員会の立ち入りが入る。

半沢の前に現れたのは、天敵・黒崎。今回もネチネチかな、どう切り抜けるのかな。

スパイラルとアドバイザー契約を結んだ半沢は、親銀行と全面戦争に入る。電脳の株買付が進みピンチが続く中、逆買収を提案。証券取引等監視委員会の立ち入りで、半沢の前に黒崎が現れ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』3話あらすじネタバレと感想

電脳の美幸副社長は、子会社が親会社に歯向かうなんておかしいと伊佐山を怒る。伊佐山は、着々とスパイラル株の買収はすすみ40%を超えてもう少しと安心するように言う。

フォックスの郷田も予定通り買収してくれるように、電脳の平山社長にお願いする。フォックスは通販サイトも持っていた。

スパイラルのアドバイザー契約した半沢は、逆買収を提案する。電脳ではなくフォックスだった。瀬名は、負債株を買ってどうすると言うが、知力で勝つのが我々の戦法だと計画書を見せる。

瀬名、森山、半沢は剣道を交え、結束を高める。半沢は、最後に、銀行が資金力できたら負けるが、敵の隙を見計らい勇気を持って切り込むことが大事だと言う。

ネットニュースで、フォックスが投資失敗で巨額損失かと報じられ、株価が下落する。それを見計らい、瀬名は、強みを生かすためフォックスと買収すると記者会見する。

電脳の平山社長も、銀行の伊佐山も、スパイラルがフォックスを買収だと、半沢の狙いを調べろと部下に命令する。

フォックスの郷田に会う、瀬名と半沢と森山。郷田はネット記事のリークを怒るが、瀬名は、電脳と銀行とやったことをまずは謝罪して欲しいと反論する。

郷田は、すまなかったと謝り、電脳と先に話を進めているからそちらが優先だと、瀬名の提案を受けない。瀬名は、かってに、買収を進めさせてもらうと言い席を立つ。

渡真利と半沢は、智美の小料理屋で飲む。渡真利は、フォックスの買収は無謀ではでは、スパイラル株も安くなると心配する。

フォックスの情報をリークするには、内部情報が必要だったはずと言い、半沢になぜおれに聞かなかったと言う。半沢は、友達の渡真利を飛ばしたくないと言うと、渡真利はその心配に喜ぶ。

智美は、半沢に贈り物をありがとう言う。渡真利は、何をやった俺にはと騒ぐ。

家に帰ると花が、こんな高級紅茶をなぜ買ったのかという、2つ注文して届いたのは1つだけ、何にか隠していないと迫る。半沢は出向になるかもしれないと言うと花は安心する。

セントラル証券に、突然、証券取引等監視委員会が立ち入り検査に入る。慌てて、社員たちは、まずい資料をシュレッダーにかける。

半沢も、スパイラル逆買収計書を、スパイラルの天才技術者・高坂が作った鉄壁のクラウドの隠し部屋に疎開させるのであった。

証券取引等監視委員会が入ってくる。社員に手を止めるように言い、統括検査官がくるのを待つ。

岡社長に目もくれず、半沢の目の前に現れたのは、黒崎だった。黒崎は、金融庁から、異動になり、統括検査官になっていた。

黒崎は、「あら、お久しぶり。銀行を追い出されても、こんなところでオイタしているんじゃないの」と嫌味を言う。半沢は、ご無沙汰してますと冷静に答える。

黒崎は、シュレッダーのゴミまで回収し復元するように指示する。

ネットでは、セントラルとスパイラルのアドバイザー契約に問題ありと流れ、スパイラル株が急落し、電脳が買収しやすい状況になって行った。

半沢は、マスコミが、証券取引等監視委員会が来る前にきたことから、嵌められたと悟る。

スパイラルの瀬名が心配してきて電話してくる。黒崎の今までのやり方を見ると、徹底的に調べてきており、隠し部屋も危ないかもしれないと告げる。

黒崎は、半沢や主要幹部のPCを抑え、この部屋から出るなと命じる。

浜村は、システムを作った高坂が鉄壁なシステムができたと言っていたから侵入できないのではと心配する。

隠し部屋には、フォックスの買収計画と、フォックスの業務報告書が入っており見つかると、セントラル証券は業務停止命令が下ることになる。

「なおきがね、ネットでよちよちかくれんぼ、そんなに上手に隠れても私が見つけてあげるわよ」と鼻歌交じりに、半沢のPCからクラウドに入る。

黒崎は、隠し部屋に入る方法のメモを持っており、隠し部屋に到達する。HANAという半沢の妻の名前を見つけ入ろうとするが、パスワードを要求される。そこまでの情報はなかった。

瀬名は、高坂を探し、セントラルのクラウドに侵入できるかというが、高坂はなんとかしてみると、半沢のPCをハッキングする。黒崎たちがパスワードにたどり着いたことを知る。

3回間違えてくれればロックされるのにと半沢に伝えるが、黒崎も、それを予想し、部下に、半沢に聞くなとパスクラッカーを使い出す。

パスワードは、z.a.n.s.i.nと半沢は答える。zから始まるが、30分で突破されそうだと高坂。

高坂は、SRチームを集め、セントラル証券のシステムにバックドアを仕込むよと指示する。

半沢は、だれが黒崎にリークしたかと考え、岡社長は、諸田に相談したことがあると話す。諸田に、証券取引等監視委員会を動かせる力はないから、その上の三笠副頭取と考えた。

伊佐山は、三笠副頭取に、黒崎たちが入ったと報告する。諸田は、三笠にセントラルのことを聞かれたのはと言うと、睨み返される。スパイラルが下げれば一気に買い占めろと言う。

黒崎たちのパスクラッカーは、半沢の設定したパスワードに迫っていた。ついに開いてしまう。

瀬名は、高坂に早くなんとかしろというと、高坂はうるさいと怒り必死に、PCを撃つ、黒崎が、買収計画をクリックする寸前に2つのファイルを消すことができる。

スパイラル社内は、歓喜の声が上がり、半沢たちも喜ぶ、黒崎は、苦虫を潰したように悔しがる。

黒崎は、やってくれたわねと半沢を睨む。社長室に案内してと言い、銀行出身者は必ず、紙で書類を残すと言い、社長室にあったシュレッダーを見つけ、わずかな紙から復元するようにいう。

半沢は、森山に電話をする。フォックス郷田社長から瀬名社長に連絡が入っているはずだという。

電脳は、スパイラルがフォックスを買収するなら、スパイラルを買収する電脳が、わざわざ、不良債権のフォックスを買う必要があるかと、切ったのであった。

半沢は、森山に、瀬名社長に郷田社長に会うように言えと指示する。シュレッダーが復元されれば、半沢は責任を取って動けなくなる。

これからは、森山がやるんだと言う。瀬名も郷田も今は冷静な判断ができないだろう。

冷静な森山が、両社が組めば、この世界に大きな利益を生むだろうということをイメージして交渉するように伝える。

「森山忘れるな、大事なのは、感謝と恩返しだ。この2つを忘れたらただの絵空事だ。これまでの出会いに感謝し、その恩返しをするつもりで仕事をする。明るい未来が開ける。頼む」と言う。

シュレッダーの復元が終わり、黒崎がニヤニヤしながら、半沢に近づいてきる。

「なおき、こんなものが見つかったわよ。フォックスの業績をリークして株価を下げてから買収すると書いてある。これは立派な情報漏えいだと。だれから聞いたの」と迫る。

半沢が黙っていると、そこに、森山が郷田社長をつれて入ってくる。

黒崎は、「丁度良かった。セントラルのおかげで大損害を受けたでしょう。私が代わりにお仕置きしてあげるわよ」と言う。

郷田は、それは、スパイラルとの合併をうまく行かせるために、私が、話ししたものだから、どう使おうと勝手だという。

半沢は、黒崎に、ということだからなんら問題ない。銀行の誰かに聞いて業務妨害をしているのはそちらの方だと睨む。黒崎は、「分かった。またね」とあっさり帰って行く。

郷田は、瀬名に、スパイラルの株も下がって助ける余裕なんてないんだろうと言い、瀬名も、そんなこと言うならと物別れになりそうになる。

森山が、瀬名は、辞めた創業2人の椅子を残すくらい社員を大事にし、フォックスの郷田社長を尊敬していると言う。瀬名もその言葉に同意する。

森山は、この難局を乗り越えるだけではなく、両社が手を組むことで、将来必ず成功して恩返しをしますと郷田の手を握る。両社は、信頼関係で結ばれたのであった。

郷田は、この計画書にある通販サイトに目をつけるとは半沢を褒める。すぐに取締役会にかけ、瀬名社長のところに行くと言う。

半沢は、スパイラル株価が下がっているすぐに第4の手を打つぞと言う。

そのころ、伊佐山は、スパイラル株価を見て、48%まで買収が進んだもう少しだと余裕で、証券営業部で騒ぐ。

そこに、フォックスの郷田社長がスパイラルの記者会見に現れる。郷田社長は、スパイラルの傘下に入ることを表明する。

瀬名社長は、フォックスの持つ世界有数の通販サイト コペルニクスを、世界最強のスパイラルの検索エンジンを持って、アマゾンに次ぐシステムができると発表する。

そこに世界有数のIT企業マイクロデバイスの社長が現れ、この事業に賛同し、少なくとも3億ドルを出資すると発表する。

これにより、スパイラル株は急上昇し、電脳の予定価格を5000円も突破してしまった。伊佐山は、ただ、口をぽかんと開けたまま、持っていた湯呑を落とし、怒りで、割ってしまう。

渡真利から半沢に、銀行が500億円の追加融資する話が進んでいると言う。最初は難色を示していた中野渡頭取だったが、三笠副頭取が頭を下げて頼んだと情報が入る。

あとは、今でも権力を持っている大和田が了解すれば承認される。これが決まったら、金の物量でもうおしまいだと伝える。

半沢は、森山たちに、500億円の追加融資のことを伝え、黒崎があっさり帰ったことが気になると言い出す。

あの銀行嫌いな黒崎が、簡単に、銀行の言いなりになるとは思えない。そもそも、電脳が、銀行ではなく、先にアドバイザーを依頼してきたことがずっと引っかかっていたと言う。

黒崎たちが、散らかしていった書類の山を見て、何か気づくところはないかと森山たちは必死に探す。

半沢に電話がかかってくる。出ると伊佐山だった。伊佐山は、大和田が、三笠から常務の席を約束され、味方につき、500億の追加融資が決まったと、もうおしまいだと高笑いする。

半沢は、万事休すと思い、椅子に座りこんでしまう。その時、尾西が、電脳関係の書類だけ別にしてあると言い出す。

半沢は、電脳の書類の山を見ながら、黒崎が、書類を見つけ喜び、コーヒーをかけられ激怒する様子を思い出していた。

すぐに、電脳の書類の山から、コーヒーの汚れのついた資料を浜村が見つける。そこには、電脳電設と書かれていた。

森山は、電脳のスキームを調べるうちに、電脳電設の次世代スイッチングシステムの特許に目をつけたと言い。

ジェネラル電設という名前だったが、電脳が、ジェネラル産業グループから事業譲渡され、電脳設になったという。

ジェネラル電設の社長の息子が、電脳の財務担当・玉置で、玉置は常務だった。半沢は、親会社に行き、電脳の金庫番になるなんておかしい人事だという。

電脳は300億円で買ったと知ると半沢は驚く、電脳電設の財務状況を見せてくれという。数字をみてなぞが見えてくる。

親会社ゼネラル産業グループのメインバンクは東京中央銀行だった。半沢は、電脳が銀行に頼まなかったのは、銀行に知られたくないことがあり、黒崎もそこに目をつけたと言う。

半沢は、玉置さんに会うと言い出す。

大和田は、あの三笠が頭を下げるとはと言い、買収が成功すれば、私に三笠は頭が上がらんよと笑う。伊佐山をよくやったと褒める。伊佐山はすべては、大和田さんのためですと言う。

半沢は、智美の小料理屋で、森山と玉置を待っていた。玉置に、次世代スイッチングシステムの話をした時の顔をみたら、何か思いがあるようだった。だから必ず来ると森山に言う。

しかし、来たのは、電脳の平山社長と美幸副社長だった。

ここまでがネタバレですが、第3話は、フォックスの逆買収のため、業績悪化をリークし株価を下げる。宿敵・黒崎が立ち入り検査に入り、逆買収の証拠を.....。

オネエ黒崎最初から凄かったですね。オイタしてるんじゃないのとか、隠しファイルを探す時は、なおきがね、ネットでよちよちかくれんぼと鼻歌を歌ったりと全開で大爆笑でした。

黒崎が隠しファイルを見つけクリックするまで行き、万事休すと思いきや、高坂が、直前で消し去るというハラハラドキドキの展開でした。

ドラまる
黒崎のしつこさを知っている半沢は、森山に、「感謝と恩返し」だ頼むと解き、フォックスとスパイラルを手を結ばせました。

黒崎の悔しい顔にすかっとしましたね。

ラマちゃん
銀行も負けません。三笠がついに大和田に頭を下げて追加融資を決定する。

半沢は諦めかけようとするが、黒崎の真の目的、電脳がなぜ銀行を避けたのかのしっぽを掴みましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』3話ネット上の反応

ドラまる
黒崎のオネエ全開とネットで楽しんでますね。

ラマちゃん
ついに大和田きたと。三笠副頭取に頭を下げさせたと声が上がってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹(2020)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『半沢直樹(2020)』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

半沢直樹(2020)|3話見逃し動画無料視聴はこちら/a>

ドラマ『半沢直樹』4話のあらすじ

2020年8月9日(日)放送のドラマ『半沢直樹』第4話のあらすじをご紹介します。

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。

だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。

そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。

財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。

玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。

動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。

これ以上、打つ手はあるのか——。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く——。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?

すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『半沢直樹』3話のあらすじネタバレ、感想、4話のあらすじを紹介しました。

黒崎が立ち入り検査に対し、フォックス買収の秘密を守る。フォックスとスパイラルは手を結び、株価は急上昇。追加融資を決めた銀行に追い込まれた半沢、電脳に不透明な部分を感じる。

ドラまる
追加融資を決め、金にモノを言わせ強引にくる銀行に絶体絶命の半沢。

頼みの綱の、電脳の不透明な部分を知る玉置は消されてしまう。どうする半沢。

ラマちゃん
半沢の出向先が決まりそうになる。半沢が最後の望みをかけてある人物に会いに行くようです。

ある人物とは。大和田なのか、三笠なのか。だれだろう。

いつもながら黒崎との戦いは、ハラハラドキドキが多いですね。万事休すというところまで迫られ、ぎりぎりでかわして行く。オネエ言葉もパワーアップした気がしました。

三笠が追い込まれると大和田は予想していたのですかね。半沢の力を知っているだけに利用しということでしょうか。伊佐山が悔しがっていたのもすべて仕組まれていたら凄いです。

次話、電脳に隠された秘密とは、スパイラルの買収劇はどうなってしまうのか。すべての真相は何か。展開が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA