半沢直樹(2020)|2話ネタバレと感想。半沢、ついに、銀行と全面戦争に突入!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年7月26日(日)「半沢直樹」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
半沢と森山は、東京中央銀行に奪われた大型買収を取り戻すため、電脳雑伎集団やスパイラルにも提案するが相手にされない。

八方塞がりの中、半沢はどこに活路を見出すのか楽しみですね。

ラマちゃん
窮地になったスパイラルの瀬名は、新株発行で乗り切る案を探る。ホワイトナイトで救いの手を差し伸べたのは、瀬名の憧れのカリスマIT企業フォックス社長だった。

その裏には、巨大銀行の罠が仕掛けられているようです。どうなる瀬名。そして半沢は。

半沢は、横取りされた大型買収案件を取り戻そうとするが、電脳には、相手にされず、スパイラルにも、銀行の子会社と拒絶される。瀬名は、証券会社の新株発行のアドバイスに望みをかけ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』2話あらすじネタバレと感想

半沢は、電脳雑技集団に再度買収提案を持って行くが、もう東京中央銀行とうまくやっていると言われてしまう。

強引に仕事を奪ったやり方や提案そのものも電脳にとって良い評判を与えるものではないと忠告するが、平山社長はじめ聞く耳をもたない。

諸田は、銀行に戻ると半沢に挨拶にくる。半沢は謝るなら今しかないと忠告するが、諸田は、証拠がないと言い、プロパーに謝る必要などないと言い去って行く。

花は、お花の友達から、証券会社に勤めているならどの株が上がるか聞かれて困っていると言う。半沢は、儲けだけではなく、株を買うとはその会社を応援するという意味もあると教える。

スパイラルの瀬名は、打つ手がなくて焦っていた。社内は、資本の大きい電脳の傘下に入るのもメリットがあるのではと言う声も出てくる。

森山は、瀬名を助けるべく、連絡を続けたが、瀬名は拒み続けていた。

電脳の担当なのに、相手のスパイラルを助けて良いものかと言う森山に、半沢は、電脳の方が一方的に契約を切ってきたから問題ないという。

森山の提案書を確認し、法的に問題もあるものもあるから、確認するように半沢は指示する。

瀬名に、太陽証券の広重が、新株発行の策を持ってくる。瀬名は、巨額になる新株を購入してくれるホワイトナイトはいるのかと聞く。広重は目星がついていると答える。

森山は、瀬名宛てに、瀬名からもらった万年筆で書いた封書を送る。瀬名は、森山から、最初電脳のアドバイザーだったが、銀行に横取りされた。銀行とはライバル会社だと伝える。

森山の提案書には、新株発行について、法的に問題があると書かれていた。

半沢は、渡真利と夕食を食べながら、諸田は伊佐山とうまくやっているが、三木は雑用ばかりさせられ怒っていると情報を流す。

瀬名は、森山と会い、非礼を謝り、提案書が非常に良く書けていた。一人で作ったのかと聞く。森山は半沢部長と作ったと言う。

森山は、会社に戻り、半沢に明日2時に、瀬名からアドバイスを受けたいと頼まれた。太陽証券から、新株発行の提案を受け、ホワイトナイトは秘密保持契約を結んだら教えると言われた。

半沢は、瀬名に、東京中央銀行の出身だと伝えたかと言い、すべて瀬名が了解済みと聞き、要請に応じることにした。

翌日、セントラル証券の原田たちが昼休みに、森山が今どこにいるかとスパイラルに行っているようだと噂していると、岡社長にそのことを聞かれてしまう。

秘密保持契約を結び、ホワイトナイトが、TI企業フォックスのカリスマ社長・郷田でありことが分かり、森山も思わずすごいという。

郷田と太陽証券の広重のいる部屋で、半沢と森山も同席する。瀬名は、新株発行は法的に問題があると森山から言われたが大丈夫かと聞く。広重は、大丈夫だと答える。

郷田に、スパイラルと提携して何がメリットがあると聞く、フォックスのスマホに、スパイラルの検索エンジンを入れることで、新しい顧客価値を生み出すと言う。

森山は、この提携で、印象が良くなれば、スパイラル株が上がり、電脳が株を買う資金が厳しくなり、買収を諦めるかもしれないと言う。広重も同意する。

半沢は、急な展開に違和感を覚え、郷田に、新株の購入資金はどうすると聞く、郷田は、目途がついていると答える。

電脳の株の買い付けが進まないうちに、明日、新株を発行して、契約をしましょうと提案する。

瀬名は、役員たちにはこれから話す。契約は、明日の朝8時に、株式市場が開く前にすると決断する。

スパイラル社を出た森山は、これでスパイラルは大丈夫だと言う。しかし、半沢は、気になることが2つあると言い、東京中央銀行が絶対に落とせない案件だから、伊佐山がなにかやると言う。

実際に、電脳によるスパイラル株買収は順調に進んでいなかった。そのことを、大和田は役員会議で問題提議するが、三笠副頭取から、頭取も決済した案件だとはねつけられる。

もう一つ半沢が気になっていたのは、フォックスの業績がかんばしくなく、株価も下がっており1千億円もの資金調達ができるとは思えなかった。メインバンクは東京中央銀行だった。

東京中央銀行は、電脳にスパイラル買収のための資金を調達し、一方で、スパイラルを助けるフォックスに資金を貸すとなるとおかしなことになると分析する。

伊佐山から、電話があり、スパイラルになにを提案したと怒って、銀行に来いと命令する。

銀行に行き、伊佐山はスパイラルの防衛策は何だと聞く、半沢はスパイラルのことは知らないと言う。

三木がお茶を出してきて、半沢は、三木は、人の懐に入るのがうまいやつだ。銀行に戻したのなら営業ぐらいさせてはどうかと言う。

伊佐山は、その言葉に怒り、子会社のお前たちには、仕事を与えてやると、クズの案件を半沢に投げつける。

半沢は、三木のことで、途中でうやむやになったが、伊佐山は、スパイラルの情報が欲しいはずなのに簡単に終わったことに不審に思う。

そこに、大和田が現れ、伊佐山のお使いにきたのかと馬鹿にして、人事に言い助けてやろうかと言ってくる。

半沢は、自分の尻は自分で拭くと言い断る。大和田は、組織に逆らうと、絶対に這い上がれなくなるぞと、「おしまいです」首を切る真似をする。その様子を、頭取の中野渡が見ていた。

半沢は、智美の小料理屋で、融資部の渡真利と情報システム部の苅田を森山に紹介する。

渡真利にフォックスの融資の件を明日8時までに知らせて欲しいと頼む。

買収計画そのものを知りたいという半沢に、苅田は、担当すらしらないだろう伊佐山だけだと言いい、証券営業部は、セキュリティも行内で最も厳しく無理だという。

森山は、コピー機に残ってないかと言い、半沢は、あいつに頼むかと言い、ここは奢るからと、肉食いたくないかと森山をつれて店をすぐに出る。

森山は、フォックスの郷田の本を読んだが、会社は中身だと書かれており、瀬名が惚れるはずだと言う。半沢は、フォックスが本当に良い相手か、証拠がないと瀬名は聞かないだろうと語る。

三木が現れ、毎日お茶くみばかりしていると泣きごとを言う、半沢を含め皆に謝りたかったと頭を下げる。

半沢は、三木に、買収計画で話せることはないかと聞く、コピー機もすぐに削除され、原本は伊佐山の机の中にあるという。半沢は、三木にありがとうと言う。

店を出ると、岡社長から何度も電話があったがと言われ、半沢は会いたいと言い、社に戻る。

そのころスパイラルでは、臨時の役員会議が開かれ、新株発行とフォックスとの新株引受契約に満場一致で賛同を得る。

岡社長に会った半沢は、昼に、浜村たちの話を聞いてスパイラルに会っていることを、伊佐山に伝えたかと聞く、岡社長は、会社の汚点を話すわけないだろうと言う。

伊佐山が知っていたことを話と、岡社長の驚きようは尋常でなかったことから、岡社長ではないと思う。

スパイラルと半沢とのことを知っているのは、他に、浜村、尾西、原田、太陽証券の広重、フォックスの郷田社長だと。

森山は、浜村と尾西は、明日、電脳とスパイラルに張って動きを探ると言っていたから、信頼できるだろうと言う。

半沢は、最も、伊佐山に言って利益があるのはフォックスの郷田だと。明日、渡真利から、郷田が、東京中央銀行から1000億程度融資を受けていればとんでもない計画が見えてくると言う。

翌朝の7時から、半沢は、会社で、渡真利からの電話を待っていた。森山も出社してきて、二人で待つ。

そのころ浜村は、電脳の社屋に張っており、平山社長と美幸副社長のあとからだれかがついてくる写真を撮って、森山にSNSで流すが、森山は、デスクに電話を充電しており見てなかった。

8時ぎりぎり前に、渡真利から電話がきて、フォックスは、東京中央銀行から1000億の融資を受けたと言い、業績悪化で身売りの話も出たこともあるとの情報を得る。

森山は、すぐに、瀬名に電話をする。太陽証券の広重を前に、契約直前だったが電話にでる。

瀬名は内容を聞いて、広重にしばらく部屋から出て欲しいと言う。半沢から、郷田に連絡して、資金調達先が、東京中央銀行以外を言ったら、予想は当たっていると言う。

瀬名は、半沢にも聞いて欲しいと言いながら、郷田に電話をして融資先を聞くと、白水銀行と答える。

瀬名は、騙されたことを知り、半沢は20分で向かうと伝える。森山は、郷田と契約しなければ、いずれにしてもスパイラルは電脳に買収されると言う。

半沢は、もし、郷田と契約すると、すぐに買収されてしまうが、このままなら、まだ、2週間ほど電脳は買収に時間がかかると言う。

スパイラルに向かう途中で、三木から電話が入り、伊佐山が持っている買収計画のありかが分かった。今、留守だからコピーすると伝える。

半沢は、さすがに、それはまずいのではと言うが、三木は、悔しくて、実行する。

備品を入れ替えるふりをして伊佐山部長の部屋に入る。デスクの鍵を開け、買収計画書を取り出す。

その時、諸田が何をしていると声をかける。三木は、とっさに、備品ファイルを見せてごまかし、その後、買収計画を画像にとって半沢に送る。半沢は、三木の勇気に感謝する。

スパイラルの社長室に入った半沢と森山は、太陽証券の広重に向かって、スパイラルを騙して損害を与える買収劇だと怒る。

三木から送ってもらった買収計画書を見せると、瀬名は驚く。広重は、こんなのは、でっち上げだと言い、出所を教えろと叫ぶ。半沢は迷惑をかけるから言えないと突っぱねる。

買収計画には、時間外取引で30%の株を電脳が取得し、その後、10%買付、今は40%になっている。ここに、新株を発行して郷田が取得すれば、防衛できるが。

郷田のフォックスごと、電脳が買収することで、電脳は、スパイラル株をいっきに、50%以上取得するとことなり、スパイラル買収に成功するという計画を説明する半沢。

電脳の社長さえあったことがないという広重に、森山は、浜村が朝撮影した、広重と、電脳の副社長の美幸との抱擁の画像を見せる。

瀬名は、広重に騙されたことを怒り、殴ろうとするのを、森山が止める。

半沢は、これは、犯罪だ警察を呼ぶと広重に迫り、だれが、この絵を描いたと言い、広重は、「伊佐山」だと脅えながら答える。

広重に、だれといつあってどういう利権が働いたかをしっかりと証言してもらうと言う。

ようやく解放された広重は、伊佐山からの電話に出て、半沢に計画すべて漏れていたことと、契約はできなかったことを伝える。

広重はこの件から降りると言う、伊佐山は、成功報酬だからお金は払わないと伝える。崩れる広重。

伊佐山や電脳の美幸副社長は悔しがり、立ち会っていた三笠副頭取は、何も言わずにじっと睨みつける。

岡社長は、半沢に、銀行に呼び出されたと三笠副頭取も同席すると頭を抱える。半沢は、岡社長に、今回の件でと提案書を渡す。

岡社長と半沢は、三笠副頭取と伊佐山に対峙する。

伊佐山は、東京中央銀行が総力をあげて取り組んだ案件を妨害しグループの利益を損ねたと言い、今後いっさい、セントラル証券には、銀行からの仕事は二度と行かないと言う。

伊佐山は、半沢に、「わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、わびろ」と迫る。

半沢は、横取りしたのは銀行の方だ、グループ全体の利益には、子会社は含まないのかと冷静に言う。グループ全体の利益を損ねたのは銀行の方だ。筋を通しませんか伊佐山さんと言う。

電脳の方が、銀行を選んだのだと言い訳する。顧客が選んだ以外に正当な理由はあるかと反論する。

半沢は、我々も、スパイラルとアドバイザー契約を結んだと言い、正当な理由があってやっていると押し返す。

伊佐山は、そんな理屈が通ると思っているのか子会社がと怒る。子会社が、親会社に敵対するなど前代未聞だと叫ぶ。

半沢は冷静に、同じグループであっても、ライバル同士、想定内の話ではないか。しかも、中野渡頭取の顧客第一の方針にも合っていると反撃する。

伊佐山は何も反論できない。三笠副頭取はゆっくりと立ち上がり、そういうことなら、お互いに徹底的にやらせてもらうと岡社長と静かに言い、伊佐山に容赦するなと言う。

半沢は、もちろん覚悟してますと言い返す。

半沢は、銀行から帰ろうとしながら、岡社長からやるからには、絶対勝たないと、俺もお前もおしまいだと言う。

半沢は、どうして、電脳は、最初から、こんな大きな銀行に頼まなかったのかと不思議に思う。

大和田から電話が入る。岡社長は、またやっかいなやつから呼び出しがきたと思う。

半沢と岡社長が、頭取室に向かうと、中野渡頭取と大和田がいっしょにいた。

大和田は、スパイラルのアドバイザーになったんだって、銀行にたてをつくつもりか、大人しくしておけと言ったはずだと半沢に嫌味を言う。

半沢は、覚えています。あくまでも、セントラル証券としての業務の一環として、自社の利益のためにしていると答える。

スパイラルを救うことができれば、セントラル証券としての世間の評判もあがるから全身全霊で対抗すると言う。

大和田が、大げさなというと、半沢は、天下の中央銀行が、子会社の仕事を奪い、詐欺まがいのスキームを、それも取締役の承認つきで、銀行の力の入れようは理解していると言う。

銀行と電脳の連合軍を全身全霊で叩き潰すと中野渡頭取に向かって宣言する。御覚悟をと言う。

大和田は半沢を睨む。中野渡がようやく口を開き、「顧客第一主義だ。そのために頑張ってくれたまえ」と告げる。半沢は、「はい」と答える。

三笠副頭取は、伊佐山に、完膚なきまでに叩き潰せと命令する。

大和田は、頭取室を出ると、面白くなってきたと今にも笑いそうになる。

スパイラルに行った半沢たちは、瀬名に、逆買収を提案する。

ここまでがネタバレですが、第2話は、太陽証券は新株発行と、瀬名の尊敬する社長のホワイトナイトを提案する。半沢は、その資金が銀行からと知り.....。

半沢は、新株発行とホワイナイトの出現が急すぎると思ったのでしょう。そのメインバンクが東京中央銀行と知ると、プンプン匂ってきたのでしょうね。

渡真利からの電話をじっと待つ半沢がかっこ良かったですね。森山も浜村が撮った写真に早く気づいてとハラハラして見てましたよ。

ドラまる
三木が銀行に帰って、丁寧に扱われていないことを知ると、三木に謝る機会を与えましたね。

そのことが、三木が、伊佐山のデスクから買収計画を写真にとり半沢を助けましたね。

ラマちゃん
計画を半沢が潰したと知った時の三笠副頭取の何も言わない睨みが恐ろしかったね。

半沢は、対抗して、スパイラルからアドバイザー契約を取るとは、銀行と全面戦争ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹』2話ネット上の反応

ドラまる
大和田の「おしまいです」がネットで話題に、大和田人気高いですね。

ラマちゃん
伊佐山の「わびろ」連発、三笠の存在感も増してきましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『半沢直樹(2020)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『半沢直樹(2020)』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

半沢直樹(2020)|2話見逃し動画無料視聴はこちら/a>

ドラマ『半沢直樹』3話のあらすじ

2020年8月2日(日)放送のドラマ『半沢直樹』第3話のあらすじをご紹介します。

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。

銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。

そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。

半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。

黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか?

さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。

もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。

半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。

果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『半沢直樹』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

スパイラルは、新株発行とホワイトナイトで買収対抗の提案受けるが、半沢は裏に銀行がいると掴み、卑劣な計画を潰す。スパイラルのアドバイザーとなった半沢は、親銀行と全面戦争に挑む。

ドラまる
電脳とホワイトナイトの両方を銀行が支援するという卑劣な計画を潰したが、以前、電脳からの買収はそこまでにきていることには変わりはなかった。

半沢が提案したのが、逆買収。うまく行くのでしょうか。

ラマちゃん
セントラル証券に立ち入り検査がくる。半沢の天敵・黒崎ですね。

黒崎の狙いは。三笠とも裏でつながっているようです。半沢大丈夫なのでしょうか。

銀行の卑怯な手から、スパイラルを救いましたね。半沢の危険予知の嗅覚がさえました。渡真利、三木まで巻き込むみ、人として正しく生きる半沢に共感しているのですね。

伊佐山役の市川猿之助さんの圧もすごかったけど、今話は、三笠副頭取役の古田新太さんの何も言わないが恐ろしさを感じる演技もすごいですね。大和田が小さく見えてきました。

次話、中野渡頭取まで、啖呵を切ってしまった半沢。巨大銀行に勝つ勝機はあるのでしようか。天敵・黒崎も現れ、ますます面白くなってきますね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA