【DIVER-特殊潜入班-】5話(最終話)ネタバレと感想。嘘をついていたのは誰?岡本の残した言葉は?

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年10月20日(火)にドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第5話(最終話)が放送されました。

ドラまる
福士蒼汰さんが演じるダークヒーローも今日で見納めだよ。
ラマちゃん
もう最終回だけど、黒沢はテロの真犯人を見つけ出せるかしら。

こちらの記事では、ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第5話(最終話)のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『DIVER-特殊潜入班-』第5話あらすじネタバレと感想


渡辺和之(戸田昌宏)の行った密輸現場を押さえた警視庁に連行された黒沢兵悟(福士蒼汰)。

D班のことを知られないようにするため阿久津洋子(りょう)は黒沢と連絡を取らないよう伊達直哉(安藤政信)に指示します。

テロの準備のために渡辺が密輸しようとしていた薬物は佐根村将(野村周平)によって海に廃棄されました。

兵庫から警視庁に移送される黒沢は逃走に成功し行方をくらませます。

逃走した黒沢は爆破テロを起こそうとしていた犯人の映像に何かを見つけていました。

街の防犯カメラに写っていた黒沢はホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)に「重ねろ」と伝言を残します。

自分の映像と爆破事件を起こしたとされる真下の映像を重ねろというのです。

その結果、真下の映像はニセ動画だと判明。

しかもその真下自身はロシアで一年も前に亡くなっていました。

これは何者かが全てのテロを真下の仕業だと思わせようとしていたことを意味します。

さらに真下の手下だと思われていた田島も全く関係のない別人だったことが明らかになりました。

そして開かれる、日米安全保障会議。

現場には黒沢も潜入していました。

阿久津は田島も別人だということを調べ上げたという黒沢の言葉に動揺を見せてしまいます。

フェイクの情報をD班に流し邪魔な黒沢を排除したのは阿久津自身でした。

全ては遠藤洋三(小市慢太郎)を陥れるため。

阿久津は今回のテロ騒動の全てを仕組んだのです。

そこへ会議の開かれる会場でガスマスクの男が毒ガスを噴霧させます。

てっきりこの男が黒沢かと思っていました。

毒ガスを持つ男は遠藤の後を追います。

さらに遠藤に銃口を向けるこの男は佐根村でした。

事件の前にお墓参りしていましたね。

佐根村は過去に麻薬捜査でマフィアに黒沢とともに潜入していた岡本(寺脇康文)の息子でした。

マフィアに警察が潜入していることを知られた岡本は、黒沢を助けるために自らを犠牲にしたのです。

佐根村は、阿久津の昇進を阻止するために父親を見殺しにした遠藤に復讐するために、阿久津と手を組み今回のテロを画策。

田島と名乗り渡辺と接触し、海に捨てたとする薬物を使ってVXガスを製造していました。

父だけでなく母までも亡くした佐根村は、遠藤に復讐することだけを頼りに生きてきたのです。

そして、父親に引き金を引いたのが黒沢だと知った佐根村は黒沢を撃ちます。

黒沢自身も岡本が自分の持っていた銃で死んだことに思い悩み、死を望んでいました。

しかし伊達は「お前の父親が命を懸けて守った男だ。」とそれを阻止しようとします。

黒沢は佐根村の起こした犯罪を引き受け、再び逃走を続けることに。

岡本が残した言葉。

「生きろ。生きて悪を絶て。」

そう言って黒沢が握っていた銃口を自らに向け引き金を引いたのです。

黒沢はその言葉を胸に、悪を葬り続けていたのでした。

一年後。

D班は存続し佐根村とともに潜入を続ける黒沢の姿がありました。

スポンサーリンク

『DIVER-特殊潜入班-』第5話(最終話)ネットの反応や感想

ドラまる
5話しかなかったのが残念だったね。

あ、5話でまとめ上げたのがすごいってことか。

ラマちゃん
みんな大好き上島君もお疲れさまでした。

ドラまる
最後、黒沢がどうなったのかヒヤヒヤしたけど生きててよかった。

ラマちゃん
岡本の残した「生きろ」って言葉が黒沢の中でずっと生きてたんだね。

スポンサーリンク

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

DIVER-特殊潜入班-|5話見逃し動画無料視聴はこちら

まとめ

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第5話(最終話)のネタバレ感想をご紹介いたしました。

自分のせいで命を落とした岡本に対し、後悔や謝罪、いろんな感情を内に秘め任務にあたってきた黒沢。

岡本の残した「生きて悪を絶て。」という言葉はとても重いものだったのだと思います。

そして岡本の息子・佐根村と出会ったことで、その重荷を少し分かち合えるようになったのではないかと期待しました。

5話という短い中でしたが、見ごたえのある作品でした。

ドラまる
黒沢生きててよかった。

岡本の言葉を大切にしてほしいな。

ラマちゃん
佐根村とのコンビはもっと見たいわ!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA