【DIVER-特殊潜入班-】4話ネタバレと感想。警視庁に逮捕された黒沢。阿久津との関係が気になる。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年10月13日(火)にドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第4話が放送されました。

ドラまる
黒岩と同じ暗黒面を持つ阿久津が佐根村を呼んだ理由が気になるところだね。

残すところ今日を入れてあと一話なんだよ。

ラマちゃん
今日の敵は政府を狙うテロ組織よ。

こちらの記事では、ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『DIVER-特殊潜入班-』第4話あらすじネタバレと感想

不審な荷物を置き立ち去る男。

遠隔操作でその荷物が爆破されました。

この爆発に化学薬品が使われていたことから、テロの可能性が浮上します。

警視庁・警視監の遠藤洋三(小市慢太郎)に呼び出された県警本部長・阿久津洋子(りょう)は、後に日米安全保障会議が控えていることもありこの爆破事件を不発弾が原因だったと発表するように指示されました。

遠藤は阿久津の過去の上司だったのですね。

お互いに信頼しているようには見えませんでした。

実際今でも遠藤は阿久津のことを探っていました。

不発弾で済ますことに納得できない伊達直哉(安藤政信)ですが、あくまでも犯人逮捕のためにこの案に乗ることにしたというのです。

阿久津は犯人の捜査のために黒沢兵悟(福士蒼汰)たちを犯人とおぼしき人物の会社に潜入させることにします。

元外交官の渡辺和之(戸田昌宏)の経営する会社・リトレイド貿易。

猛毒のVXガスの原料を不正に手に入れようとした形跡が見られました。

渡辺は過去に外務大臣に辞任に追い込まれた過去があり動機は十分でした。

今日は闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)も表舞台に出て活躍していましたね。

リトレイド貿易に潜入した黒岩と佐根村。

盗聴器や盗撮の準備を行います。

毎回毎回ピンチになりますね(笑)

そんな中、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)が爆破の実行犯の映像を見つけ出しました。

様々なテロ活動に参加している極左の真下一郎。

真下の仲間の田島が渡辺のもとに現れたことを知った黒岩たちですが、妨害電波を出されたのか音声も映像も不明瞭なものでした。

田島の後をつけていた佐根村が襲われ、到着した伊達に助けられます。

尾行がばれてしまったため、作戦を変更。

皆本を使いホテルに渡辺を誘い出し、監禁することに。

遠藤は田島に頼まれ違法化学物質を三千万で密輸する計画を請け負ったと言います。

「警察は信頼できない」と阿久津は警察ではなく特殊潜入捜査チームD班で押収品を確保するよう指示します。

渡辺と一緒にいる皆本の写真を確認する遠藤。

動きがばれてますね~。

取引の現場を押さえる手はずを整えるD班のメンバーたち。

しかし、その動きは警視庁に筒抜けになっており黒岩は逮捕されてしまいました。

テロ等準備罪で渡辺も逮捕されます。

全ては遠藤の手の中の出来事でした。

取り調べを受ける黒岩は阿久津との二人きりの面会を求めます。

テロの情報を流しておいて手柄を独り占めしようとした遠藤。

黒岩「相変わらず腐ってんなぁ。」

岡本を見殺しにした遠藤や警察に対する言葉でした。

スポンサーリンク

『DIVER-特殊潜入班-』第4話ネットの反応や感想

ラマちゃん
今日もハラハラドキドキの潜入だったけど、最後の空気清浄機がウィーンって動き出したのをお互いのせいにしあっていたのは面白かった!

ドラまる
黒岩と佐根村の二人、仲が良くなってきておかしなやり取りをずっと見ていたくなるね。

ラマちゃん
ほんっとにかっこいいお二人だわ!

ドラまる
残り一話あるけど続編&映画化希望の声が多かったね。

スポンサーリンク

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

DIVER-特殊潜入班-|4話見逃し動画無料視聴はこちら

『DIVER-特殊潜入班-』第5話あらすじ

2020年10月20日(火) 21:00時から放送のドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第5話のあらすじをご紹介します。

ついに最終回!兵悟(福士蒼汰)が逮捕され、D班に最大の危機!

すべての謎が明らかになる衝撃のクライマックス!

リトレイド貿易の渡辺(戸田昌宏)の密輸取引現場にて、警察に身柄を拘束された兵悟(福士蒼汰)。

警察の取り調べで阿久津(りょう)と面会した兵悟は、今回の一件が、かねてから阿久津を快く思っていなかった遠藤(小市慢太郎)の仕業だと知る。

遠藤はD班の存在をあぶり出し、数々の功績を上げる阿久津をつぶそうと考えたのだ。

その翌日、兵悟は警視庁への移送中に護送車から脱走。

身を隠しながら反撃のチャンスをうかがっていると、テロ騒動の発端となった爆発事件の犯人について、あることに気付く—。

兵悟からメッセージを受け取った伊達(安藤政信)は、兵悟が遠藤に反撃するつもりだと直感。

しかし、兵悟が遠藤を狙う理由はほかにもあって…!?

警察組織の一新をもくろむ阿久津を突き動かす過去の惨劇、兵悟と阿久津をつなぐ謎の男の正体、さらに、将(野村周平)の知られざる過去とは!?

D班発足の裏に隠された真実—、ついにその全貌が明らかに!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

阿久津と黒岩をつなぐ岡本(寺脇康文)という人物が何者なのか。

この一点がD班結成に大きく関わっているようです。

ということはD班結成以前に黒岩と阿久津は手を組んでいた?

それとも岡本も元D班のメンバーだったということでしょうか。

いろいろ気になるところが残されていますが、次回は最終回です。

ドラまる
黒岩と佐根村のコンビがいい感じになってきたのに、黒岩は別行動をとることになりそうだね。
ラマちゃん
かっこいいD班が見られるのもあと一回。

もっと見たいわね~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA