DIVER-特殊潜入班-|2話ネタバレと感想。サークル内にはびこる悪に鉄槌を下す。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年9月29日(火)にドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第2話が放送されました。

ドラまる
正義のために悪の死もいとわない黒沢が潜入するのは大学のグルメサークルだよ。
ラマちゃん
D班の新メンバーの佐根村将の動きにも注目ね。

こちらの記事では、ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『DIVER-特殊潜入班-』第2話あらすじネタバレと感想

半年間に次々と起きた女子大生の自殺。

その現場に到着した伊達直哉(安藤政信)は、女性たちが務めていた風俗店に目を付けます。

そして、本部長・阿久津洋子(りょう)から烏鷺谷(うろや)大学を調べるように指示を受けました。

自殺した女性の通う大学はバラバラでしたが、彼女たちが所属していた関西広域の大学サークルのあった大学でした。

烏鷺谷大学に潜入した捜査官・黒沢兵悟(福士蒼汰)は件のグルメサークルに興味を示した井川エリ(山口真帆)とともに説明会に参加します。

サークルを主宰している小野原光生(鈴木仁)によるグルメの話を聞く学生たち。

その中には特殊潜入捜査チーム「D班」の新メンバー・佐根村将(野村周平)の姿もありました。

まるで黒沢のお守りをしているような佐根村でしたね。

一見、普通のサークルのようでしたが主宰メンバーたちが数個の質問で暗示にかかりやすい人物を選別していることに気が付いた黒沢は、井川も主催者側の人間だと断言します。

そして行われるサークル活動の中で出された様々な色の飴。

活動後、貧血で具合が悪くなったという女性を連れていく主催者メンバーたち。

明らかに様子がおかしかったですね。途中で配られた飴に細工がしてあったようでした。

飴に含まれていたのはコカインらしきもの。

しかし、同じものを食べたはずの黒沢の薬物の反応は陰性。

自殺した女性たちも検査では薬物の反応はありませんでした。

そこへ井川にぼったくりバーに連れ出された佐根村が、店で暴行を受けて帰ってきました。

その店に活動後に具合の悪くなった女性も小野原と一緒に入っていったと言います。

料金を支払えなかった女性を薬漬けにして風俗にあっせんしていた小野原たち。

一方、伊達は通報者の大学の非常勤講師・橘(山中崇)に接触を図ります。

橘の協力の元、サークルの部屋に侵入した黒沢と佐根村は金庫の中に大金を見つけます。

それは風俗で働いていた女性たちから巻き上げたお金でした。

そこで見つけた飴からはコカインが検出されました。

次に開かれたサークルで、再び出された飴。

主催者である小野原たちが食べたのは、安全だと思われていた黄色の飴。

到着した警察の目の前で全員がその場に倒れました。

小野原たちは薬物の過剰摂取で意識不明の重体に。

そのことに焦っていたのは橘でした。

小野原たちが使っていた検査でも検出されない新ドラッグを精製していたのは、科学の講師であった橘本人でした。

黄色の飴は安全だと思っていた小野原たちに致死量のコカインの入った黄色の飴を渡したのです。

心臓の病気を抱えた娘の治療費のために小野原に協力していた橘。

死人が出てしまったことで小野原たちを消去し手を引こうと考えた橘でしたが、小野原たちが亡くならなかったことで罪を認めました。

黒沢は、橘の企みを見抜きサークル活動が始まる直前に致死量のコカインの入った黄色い飴を、新たに用意したコカインの量を調節したものとすり替えていたのでした。

黒沢は小野原たちを救ったのか?

佐根村の疑問が晴れることがありませんでした。

スポンサーリンク

『DIVER-特殊潜入班-』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
佐根村は黒沢のことを監視しているという立場なのかしら。

反発しながらも結構いいコンビね。

ドラまる
のほほんとした山口さんが悪い方の人間だったねぇ。

ラマちゃん
正義のために黒くなる黒沢。

「だます側の人間になる」と言った幼い黒沢が悲しいね。

ドラまる
ハマケンさんいい味だよねぇ。

スポンサーリンク

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『竜の道-二つの顔の復讐者-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

DIVER-特殊潜入班-|1話見逃し動画無料視聴はこちら

『DIVER-特殊潜入班-』第3話あらすじ

2020年10月6日(火) 21:00時から放送のドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第3話のあらすじをご紹介します。

闇サイト殺人は復讐(ふくしゅう)の始まり!?

謎の連続誘拐事件が勃発し、伊達(安藤政信)のひとり娘にも魔の手が!

神戸の中華街で、男が背後から何者かに刺されて死亡した。

被害者の飯島洋介(梅原勇輝)は、8年前、遊ぶ金欲しさに高級住宅街に住む女性と幼い子どもを殺害。

当時、警視庁で捜査の指揮をとっていた伊達(安藤政信)が飯島を逮捕したが、飯島の親族が警察関係者の天下り先企業の重役であることから、警察は殺人の証拠を捏造(ねつぞう)。

飯島は減刑されていた。 飯島がなぜ殺されたのか、一抹の不安を抱いている伊達のもとに、「8年前の事件関係者の家族が相次いで誘拐されている」と情報が入る。

D班のホワイトハッカー・宮永壮一(浜野謙太)が調べたところ、判決を下した裁判官、減刑に導いた弁護士、そして真実を隠蔽(いんぺい)した警察に対し、闇サイトで高額な懸賞金がかかっているという。

そして、ターゲットとして伊達の名前も挙げられていた。

ひとり娘の亜紀(宮野陽名)の身にも危険が迫っていると伊達が警察による警護を望むも、阿久津(りょう)は、「証拠がない」と非協力的な態度を見せる。

警察が事件の捜査に動き出すだけの証拠を見つけるようD班に命じるが、兵悟(福士蒼汰)は、「あんたの個人的な騒動に巻き込まれるなんてごめんだ」と協力を拒否。

そんな中、覆面男たちが伊達の家を襲い…。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

黒沢の捜査を補佐している佐根村の存在。

本当の目的がどこにあるのかまだまだ謎が残っていますね。

それぞれの思惑が正義に向かっているD班ですが、その方法は白と黒、表と裏とかなり多種多様です。

今日はりょうさんがかっこよかったですね。

ドラまる
黒沢のことをよく理解している闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)との関係も気になるね。
ラマちゃん
次週は伊達家に危機が!?

黒沢は助けてくれるかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA