13(サーティーン)|最終回(4話)見逃し動画無料視聴はこちら【8/22配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話 2020年8月22日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『13(サーティーン)』最終回(第4話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『13(サーティーン)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『13(サーティーン)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『13(サーティーン)』最終回(第4話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月22日(土)放送終了〜2020年8月29日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『13(サーティーン)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『13(サーティーン)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『13(サーティーン)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『13(サーティーン)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『13(サーティーン)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『13(サーティーン)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『13(サーティーン)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年8月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじ

2020年8月22日(土)23時40分放送のドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじをご紹介します。

警察に一樹(藤森慎吾)から直接電話がかかってきた。

誘拐した少女の解放条件として、百合亜(桜庭ななみ)と2人きりで会うことを提示する。

永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は不本意ながら百合亜に協力を求めるが、麻美(板谷由夏)は「犯人に再び会わせることはできない」と声を荒らげる。

しかし百合亜は心の中で、少女を救うために一樹に会う決意を固めていた。

翌朝、警察とともに一樹から指定されたショッピングモールに向かう前に、百合亜は渉(井上祐貴)のもとを訪れる。

後ろめたい思いを抱える渉に対し、百合亜は「次に会ったときは笑ってよ」と笑顔で伝える。

その様子に、渉は再び百合亜がどこか遠くへ行ってしまうような雰囲気を感じていた。

いよいよ予定の時刻が近づく。

百合亜にGPSを渡した永井は、前夜の取り調べで百合亜を少しでも疑ってしまったことを謝る。

それに対し百合亜はきっぱりとした表情で答える。

「刑事さんは自分の仕事をしただけ。私も、自分のやるべきことをやる」―――

指定の場所に1人で向かう百合亜。

永井、佐緒里ら刑事は遠巻きに百合亜を囲み、万全の態勢を敷いていたが、ふとしたアクシデントで百合亜が警察のモニターの死角に入ってしまう。

慌てて永井が現場に駆け付けるが、そこには誰もいなかった。

果たして百合亜の運命は?

そして相川家の行く末は?

ラストまで目が離せない、緊張と感動の最終話!

ドラマ公式サイトより引用)

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

きなこもち
4話でまさかの最終回でしたね。全てが解決するのか気になります。

一樹の目的は何なのか、いま新たに誘拐されている女の子は無事に帰ってくるのか、まだまだ解決していないところがあるので、そこが解決してスッキリするのか百合亜はまた普通の日常を送ることができるのかが見どころではないかと思います。

まだ終わると思っていなかったので、予想が全く付きませんがこの事件に関わっているすべての人が幸せになればいいなと思います。

次回一樹はどんな行動をするのかも楽しみ、と言うかハラハラします。百合亜はこの事件と向き合って先に進むことができるのかが見どころだと思います。

ペンネーム:きなこもち(20代・女性)

パト子
次回は、ゆうくんが死んだ後の恐怖の一樹との二人の生活が描かれるので、怖い物見たさでとても興味が湧きます。

セックスのシーンとかどうなるんだろうと、少しワクワクしています。

また、警察を通じて、再び一樹と百合亜が接触するシーンもありそうなので、(次回予告では、失敗しそうなように見えました)どうなるかとても楽しみです。

百合亜だけじゃなく、辛い思いばっかりの家族だったけど、家族が一つになり、百合亜の安らげる居場所が早くできればいいなぁと思います。

百合亜がしっかりしすぎていて、本当にすごいと思う。女性の強さが垣間見れます。

ペンネーム:パト子(30代・女性)

はるか
展開予想は、一樹に呼び出された百合亜は、誘拐された少女を助けるために一樹に会います。

そこで百合亜は、一樹に対しての今までの怒りをぶつけます。

百合亜は、一樹を刺そうとしますが、直前で永井に止められます。

楽しみな所は、事件の真実をすべて語った百合亜が、改めて一樹と向き合う所です。

13歳の頃とは、ちがう百合亜の対応に注目です。

一樹を警察が、逮捕できるのかも注目ポイントです。

優樹の事件も百合亜は、逮捕されるのか微妙な所なのでどうなるのか知りたいです。

一樹が、逮捕されたらようやく百合亜も解放されると思います。

最終回なので相川家の人達が、笑顔になれるようなラストを期待します。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

oni
一樹が、警察に対して百合亜を返すように電話をしていたけど、一樹の行動が挑戦的な感じがします。

警察も、誘拐されている女の子を救い出すため、百合亜に協力をお願いするしかないと思うけど、百合亜がどう考えているのかが見どころになると思います。

百合亜は、一樹と再会し、一樹を殺して自分も死のうとするんじゃないのかなと思いました。

13年間で自分の住む世界が変わってしまっていて、自分の居場所がなくなっていると感じている百合亜にとって、未来が見えなくなっているんじゃないかなと思います。

誘拐された女の子を自分と重ね、無事に救い出すために、一樹と心中する覚悟をするのかなって思いました。

ペンネーム:oni(50代・女性)

まずは犯人が次の女の子を誘拐した目的はなんなのか?

百合亜にどういう感情を持ち続けているのか?気になります。

犯人がどうしてこのような犯罪を犯すことになってしまったのか、生い立ちも気になります。

誘拐された女の子が、無傷で助かってほしいです。

また百合亜の初恋相手である、ワタル君との関係。

ワタル君は、婚約者と別れ、百合亜のもとに行くのか?

あとは、百合亜は、家族と心を許し合えるのか、孤独から抜け出せるのか、と言う点も気になります。

百合亜の罪が不可抗力だったと認められ無罪になればいいなと思います。

そして、相川家のみんなが希望が見えるような展開になってほしいです。

ペンネーム:y(50代・女性)

ハチドリ
誘拐犯役の藤森くんの表情に凄みがあって、いかにも誘拐するような人間の感情表現が上手いと思う。

これまでの彼のイメージと違うので余計に怖い。

怖いもの見たさで来週はどうなるのだろうと思う。

母親と教師の関係はどうなっているのだろうと思ったり、百合亜に対する若い男性警官の気持ちがどう動いていくのかも興味がある。

やっと自分の家に戻ることができたとはいえ、何年も監禁されていた百合亜が元の生活や家族になじんでいくのには時間と努力と周囲の愛情が必要だと思う。

ニュースで見ることがある誘拐事件のその後はどうなのだろうと考えさせられる。

ペンネーム:ハチドリ(60代・女性)

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ひまわり

『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

黒川一樹本人から直接警察に電話がかかってきたところから始まりました。

一樹は百合亜に会いたい。と言われ百合亜は黙ってしまう。

百合亜は今監禁されている森麗花ちゃんの無事を確認し解放してほしいと頼む。

一樹は条件を出す。

森麗花を解放するかわりに百合亜一人で会いに来いと言う。

もし一人で来なければ森麗花は殺すと言って電話を切りました。

ですが母親は百合亜が一樹と会うことに大反対。

百合亜は条件通り一樹との約束の場所に向かいました。

ですが一樹は約束の時間になっても現れない。

百合亜は何かを感じたのか奥の方に歩いてしまって警察も見失い現場は騒然としてしまいます。

百合亜は以前撮った証明写真を撮る機械の中に一樹と麗花は座っていた。

百合亜が居なくなったと同時に麗花が帰ってきた。

でも百合亜はまた姿を消してしまいました。

百合亜は一樹の潜伏した部屋に連れて行かれて何度か逃げようとしましたが、一樹は百合亜が必要だと言い続け練炭自殺を試みる。

百合亜はなんとか逃げ出し一樹は一酸化中毒で死んでしまった。

百合亜は27歳の誕生日を迎え家族のもとで幸せを噛み締めていました。

『13(サーティーン)』最終回(第4話)の感想

最初からハラハラが止まりませんでした。

一樹と接触して一瞬あれ?一樹に会いたかったの?やっぱり愛し合っていたの?と思うところがありましたが、それは一樹に空きを見せる為であったことがわかりました。

最初はどこもかしこもドロドロでどうなるんだろうと思いましたが、家族の関係が修復し信頼し合える家族になれたこと。

一樹は死んでしまいましたが、さらなる犠牲者は出さずに無事に事件が解決したこと。

誘拐されていた森麗花ちゃんも家族の元に帰ってきたこと。

何より百合亜自身が大きく変われたことがこのドラマを最後まで見続けて良かったなぁと思いました。

いろいろな人間関係が描かれていて面白かったです。

ペンネーム:ひまわり(20代・女性)

はるか

『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

百合亜は、誘拐された少女のために一樹と会う事を決める。

ショッピングモールで一樹の現れるのを警察も百合亜も待っていた。

しかし、警察は、百合亜の動きが、分からなくなってしまう。

その時、百合亜は、一樹と写真を撮った場所に来ていた。

そこには、一樹が、少女と共にいた。

百合亜が、一樹に捕まった事で少女は、解放されるが、犯人について語れる状況では、なかった。

相川家の人々は、少女の父親に犯人について知っている事を語って下さいと頼み込む。

すると、少女は、スカイツリーの絵を描き始める。

百合亜は、スカイツリーのみえる部屋にいたのだ。

一樹によって心中させられそうになるが、百合亜は、自力で逃げてきた。

『13(サーティーン)』最終回(第4話)の感想

一樹を振り切って百合亜が、逃げてきたシーンが、印象的でした。

裸足の状態でしたが、前を向いて歩く姿に一樹からようやく逃げられたと思いました。

誕生日会で由里亜の本当の笑顔が、みれて嬉しかったです。

その後に公園で笑顔で会っていた相手は、渉かなと予想させるラストが、良かったです。

少女の家に相川家の人々が、訪ねるシーンで最初の頃より相川家の絆が、強くなっていると感じました。

一樹が、百合亜と出会ったきっかけが、意外な出来事で驚きました。

永井が、百合亜に惹かれていたようなので永井と百合亜の関係が、その後にどうなったのかも知りたくなりました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

oni

『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

警察に電話がはいり、黒川は百合亜と話した。

百合亜と二人で会う条件で関している少女を解放するというものだった。

母親は大反対したが、刑事達は協力を求めた。

百合亜を少女の父親が襲ってきたことで、百合亜は黒川に会う話をした。

警察が周囲を見張る中、GPSをつけた百合亜が待ち合わせ場所で待っていた。

百合亜が歩き出し死角に入ってしまった。

百合亜は証明写真機を覗くと、少女と黒川がいた。

少女は解放されたが、百合亜の行方はなかった。

永井は駐車場にいき車を発見したが黒川から殴られ取り逃がしてしまった。

黒川の自宅で、百合亜は黒川の気を引くような言葉いい油断させようとしていた。

百合亜が黒川に拳銃を向け引き金を引いたがおもちゃだった。

黒川は百合亜を殴り心神させた。

練炭自殺の道連れにしようとしていた黒川にベットにつながれた手錠は外すようお願いした百合亜は、黒川にキスをしようとして舌をかみ逃げ出し家の外に出た。

黒川はドアにナイフをさし開けるようにいったが、そのまま声がしなくなった。

警察が黒川の自宅に駆けつけ、百合亜は助かった。

『13(サーティーン)』最終回(第4話)の感想

百合亜が13年も監禁された黒川にあう決意が相当精神的にきつかっただろうと思いました。

声を聞くのも恐ろしいはずなのに、二人で会うとは相当な覚悟だったと思いました。

監禁された少女を救いたいと思う気持ちと自分が十三年間監禁されたことのつらさを他の人にあじあわせたくないという強い気持ちからだったと思いました。

百合亜は、黒川と刺し違う覚悟だったと思いました。

黒川がまさか百合亜を道連れに練炭自殺をはかるとは思わなかったけど、百合亜の機転で家を出ることができて本当に良かったです。

警察と家族が現場に駆けつけてくれて、百合亜もやっと落ち着いたと思いました。

ペンネーム:oni(50代・女性)

青井里央

『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

百合亜を取り戻すことに必死なカズキは8才のレイカちゃんを誘拐して解放は百合亜と交換することだった。

百合亜の家族は断るがレイカちゃんのお父さんが自分の娘の為ならと百合亜を攫おうとまでしました。

百合亜はレイカちゃんを取り戻す為にカズキと会うことにしました。

百合亜の周囲には隠れて刑事たちがいましたが、カズキの巧妙な罠でレイカは解放されてまた百合亜が拉致されてしまいました。

百合亜はカズキの部屋に連れ戻されてしまいました。

百合亜の家族はレイカちゃんと家に行き、何とか手がかりになることを聞けないかと思いましたが、レイカちゃんはショックで声が出なくなっていました。

レイカちゃんはスケッチブックに窓から見える景色を描きました。

スカイツリーと電車が見える部屋に閉じ込められていたもうです。

カズキは百合亜と練炭自殺をしようとしていましたが、カズキの意識が薄れてきた時に何とか百合亜は逃げ出すことが出来ました。

百合亜の家ではバースデーケーキと共に百合亜の満面の笑顔と家族の幸せな姿がありました。

『13(サーティーン)』最終回(第4話)の感想

レイカちゃんのお父さんは、自分の娘だけ助かればいいようなセルフィッシュな人でガッカリしました。

ネットに想像でありもしない噂話を書き込む人にもうんざりしました。

自分の為にレイカちゃんを取り戻し、カズキを自分の中から退治しようとした百合亜は勇敢でした。

自分が誘拐されたことで、それを自分のせいだと思い込んでいる傷付いている人も救うことが出来ました。

カズキの生い立ちは気の毒ですが、世の中の人が全て幸せな子供生活を送って来た訳では無いので、同情する余地はありません。

1番良い時期をカズキに閉じ込められてしまった百合亜こそ気の毒です。

一応、ハッピーエンドで良かったでず。

ペンネーム:青井里央(50代・女性)

やまねこ

『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

13年前、なぜ百合亜が誘拐されてしまったのか。

それに関わる秘密を母親が告白したことで百合亜が心を開きます。

やっと安らいだ表情をみせる百合亜でしたが、そこに一樹から電話が入ります。

誘拐しているレイカを解放する条件として百合亜に思い出の場所にくるよう迫ります。

迷いながらも警察を信じて指定の場所に行くと、まんまと一樹に連れ去られてしまいます。

連れ去られた痕跡も掴めず打つ手のない警察に百合亜の家族は諦めかけますが、レイカから監禁場所のヒントを得、百合亜奪還に向かいます。

一方、百合亜は恐怖を感じながらも必死に生きる道を探していました。

『13(サーティーン)』最終回(第4話)の感想

怯えた表情を浮かべることの多かった百合亜でしたが、その内側で必死に母親の秘密を守ろうとしていました。

監禁されながらも百合亜が家族を思う気持ちを持ち続けていたのには驚きました。

毎話、警察のポンコツぶりに「ありえなーい!」と突っ込んでいましたが、とうとう最後まで警察はなにも解決できず、という役回りで、このドラマ何か警察に恨みがあるのかしら?と思ったくらいです。

13年前の百合亜の誘拐でバラバラになっていた家族でしたが、百合亜を家族の力で取り戻そうとしたことで、再び心を通わせることができました。

家族写真で締めくくられ、あたたかい気持ちで見終われました。

ペンネーム:やまねこ(50代・女性)

まさる

『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじネタバレ

警察の元に黒川から電話が入り百合亜と麗花を交換するなら麗花を開放すると約束してくれる。

それを聞いて麗花の父親がやって来て百合亜に助けてほしいと懇願してくる。

それを聞いて百合亜は仕方なく思い出の場所に行き黒川のことを待つのだった。

予定の時間になってもなかなか黒川が現れないので百合亜が周りを探すと証明写真機の中に黒川と麗花が隠れていてくれ人質の交換を果たし麗花は解放され警察に保護される。

その後、百合亜はまた黒川との監禁生活が始まってしまう。

百合亜の家族は麗花の自宅に行き黒川かの居場所を聞くとスカイツリーの見える場所の絵を描いて教えてくれる。

それを手掛かりに警察は動く。

黒川と百合亜は火を燃やして心中を図るが隙を見計らって百合亜は逃げ出し家族の元に戻るのだった。

『13(サーティーン)』最終回(第4話)の感想

やはり4話という短いスパンだったので物語としては物足りないものがありました。

本当なら、8話構成だったと思うので少し残念さはありますが結構面白かったです。

百合亜が、なかなか警察に黒川との事情を話さなかったことにイライラしました。

もっと百合亜が本当のことを警察に洗いざらい話していれば黒川は早くに逮捕されていたのではないでしょうか。

その部分が最後まで解せませんでした。

でもラストは、ハッピーエンドになったので後味は良かったです。

もし心中して終わりだったらかなり後味がわるいものになっていたことでしょうね。

ペンネーム:まさる(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』最終回(第4話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2020年8月29日から同枠でドラマ『恐怖新聞』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくので、引き続きよろしくね☆

『13(サーティーン)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『13(サーティーン)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA