13(サーティーン)|4話(最終回)ネタバレと感想。一樹から解放、百合亜に幸せが戻る!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年8月22日(土)オトナの土ドラ「13(サーティーン)」の4話(最終回)ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
警察に一樹から直接電話が入る。百合亜との交換で誘拐した麗香を解放すると言う。

一樹大胆不敵ですね。狙いは、百合亜を取り戻したかったのか。

ラマちゃん
間に合わせ場所に行く前に渉に会う百合亜。覚悟を決めたようですね。

百合亜は一樹と対峙してなにをするつもりでしょうか。

一樹は、百合亜と会うことを条件に、誘拐した少女の解放を約束。母・麻美は反対するが、百合亜は了解する。指定された場所に行く前、渉に会い、永井には、刑事の仕事をしただけと言い.....。

ドラマ『13(サーティーン)』4話(最終回)あらすじネタバレと感想

一樹から百合亜をだせと電話がある。百合亜が代わり、麗花ちゃんを解放して欲しいと頼むと、二人で会えるなら解放するという。明日13時にいつもの場所でと指定する。

逆探知は時間が短くできなかった。麻美は、13年間なにも警察はしてくれなかったのに、また犯人に会わせるなんてできないと断り家に百合亜と帰る。

玄関で後ろからマスクの男に羽交い絞めにされる百合亜。麻美が大声を出して、宗一と千帆も駆けつける。マスクをとると、麗花ちゃんの父親だった。

麗花の父は、ネットでの噂に惑わされて、百合亜が一樹とグルだと信じてしまい。百合亜を襲ったのだった。宗一は、警察にというが、麻美は気持ちが分かると止める。

百合亜は、犯人の一樹から電話があり、百合亜が行けば、麗花ちゃんは解放されると言い、明日行くと決心する。警察もいるから大丈夫だと言い、家族をなだめる。

宗一は、大丈夫なのかと言うと、麻美は、行かせても行かせなかったとしても後悔すると気持ちを伝える。

翌朝、百合亜は、渉に会う。渉は、13年前いつものようにいっしょにいれば良かったと後悔を言う。百合亜は、母も父も自分のせいにするが、悪いのは一樹だと否定する。

今度、会う時は笑って欲しいと渉に最後に言い百合亜は去って行く。渉は、もう会えないのではと思う。

田辺と永井は、百合亜に、GPSのついたバッチを渡す。

田辺が呼ばれて、永井と二人っきりになった時、永井は、昨日は、疑ってすまないと謝る。百合亜は、刑事さんは刑事さんの仕事をしただけで、私も役割を全うすると決意を言う。

指定の場所で座る百合亜。防犯カメラと、周りに警察が百合亜を見守る。

百合亜は、吸い込まれるようにビルの中に入って行き、丁度、警察の死角になる。

以前、証明写真のBOXで、一樹といっしょに写真をとったのを思い出す百合亜。中には、一樹と、誘拐された麗花がいた。

「やっと会えたね。ゆりりん」と一樹は言う。

警察は、GPSが動いていないことから、辺りを捜索する。麗花がエレベーターから上がってきて、田辺が保護する。手には、百合亜につけたGPSが握られていた。

永井は、地下駐車場に向かう。車の中に乗せられた百合亜が見え、いっしょうけんめい首を振りきてはだめだというのが見える。一樹が、バットで襲い倒れる永井。逃走する。

麗花が帰ってきたことを喜ぶ両親。田辺が、百合亜がいなくなったことを伝えると宗一はなぜだと怒る。

麗花に、田辺が聴取するが、恐怖で何も言えなかった。両親は帰らせて欲しいと言い。上司の広岡も仕方がない様子をみようと判断する。

百合亜は気が付くと、椅子に座らさせられ、両腕を拘束バンドで椅子に固定されて身動きがとれなかった。

一樹は、後ろから抱きしめ、「ゆりりんの匂いだ」と言い懐かしそうに抱擁する。

百合亜は、私も会いたかった、逃げてゴメンと言い、両親や昔の友達に会ったが、みな、口先ばかりだったと言い、手をほどいて欲しいと言う。

一樹は手をほどき、顔を見ながら抱き合う。百合亜は汗臭いと少し笑う。一樹は幸せな顔をする。

田辺は、永井に電話をし続ける。意識を取り戻した永井にようやくつながり、一樹に襲われ、取り逃がしたことが分かる。車両番号は西東京400 お 5421と伝え、田辺はすぐに手配する。

麗花から何も聞きだせなかったと永井は聞くと、13年間拉致監禁された少女の結末が悲劇でいいのですかと失敗を取り戻すと言い電話を切る。

百合亜は、お風呂が沸いたよ一樹の服を脱がせるふりをして拳銃を奪い、一樹に向けるが、おもちゃであった。一樹は信じていたのにと百合亜を殴り気絶させる。

永井は、麗花の家を訪ね、話しを聞かせて欲しいと頼む、父親は、恐怖を感じていて無理だという。

相川家では、宗一は何もしてやれなくてすまないと謝る。麻美がいっしょに祈りましょうというと、手を握る。その様子を見た千帆は、私たちができることがあると言い出す。

麗花の家に着く、宗一たち、永井もまだいた。宗一は、麗花の父親に頭を下げ、百合亜は、娘さんを救うために怖かったが身代わりに行ったと言う。

その言葉に、麗花の父親は折れ、麗花に会わせる。永井は、麗花に思い出したくないよねと優しく言いながら、なんでもいいからというと。麗花は絵を描きだす。

誘拐されていた麗花の書いた絵には、窓から見えるスカイツリーが描かれていた。

百合亜はベットに両手を縛られ目覚める。一樹は、頭のケガをゴメンねと言いながら撫でる。7才の時、母親が父の暴力で出て行き、その後は、一樹が暴力の対象になった。

12才の時、父が無くなり、母が優樹をつれて戻ってきたが、優樹ばかり愛情を注ぎ、だれも愛してくれなかった。百合亜と初めて学校で会った時、指の手当てをしてくれて神様だと思った。

一樹はもうおしまいだと言い、百合亜の首にナイフを当てようとする。百合亜は、もう一樹しかいないねと言うと、一樹は納得する。

麗花の書いた絵を元に、捜索範囲を絞り込む警察。乗り捨てられた車両の位置から有力な場所を特定する。

一樹は、百合亜に手錠をはめ、窓を封しし練炭自殺を図ろうとする。百合亜は、最後にいっしょになりたいと手錠を外してもらい、一樹にキスをするふりをして舌を噛み切る。

ひるんだ隙に、ドアのテープを剥がし、襲い掛かる一樹を跳ね除け、扉の外に出て閉める。一樹は部屋の中から、百合亜と開けろ何度も叫ぶ。

一樹のナイフがドアを突き破ってくる。百合亜の脳裏に、拉致された時や、優樹を殺してしまった時が思い出されてくる。

そのうちに、一樹が、練炭で力が入らなくなり、声が聞こえなくなる。

百合亜は、裸足のままビルから外の世界に飛び出す。警察がサイレンをならしてくる。

警察車両には、麻美、千帆、宗一も乗っていた。百合亜を麻美が、千帆が、そして宗一が強く抱きしめる。

相原家では、27歳の誕生日会が行われる。笑顔の百合亜がいた。13年間頑張れたのは、それまでの家族の楽しい思いでがあったからだと言い、前を向いて生きると宣言する。

百合亜は、渉ときた公園のベンチに座り、素晴らしい景色を笑顔で見つめていた。

ここまでがネタバレですが、第4話(最終回)は、一樹から、誘拐した少女と交換でと連絡があり、百合亜は応じる。警察が見張る中、百合亜は連れ去られ.....。

百合亜は、少女を自分と同じ目に会わせたくない一心で、一樹の提案に応じました。誘拐された少女の父親が襲いますが、その気持ちも分かりますよね。

証明写真のBOXで、麗花を抱き、気づいた百合亜に、一樹が言った言葉「やっと会えたね。ゆりりん」が最悪でしたね。麗花がいるから卑怯でしたね。

ドラまる
一致団結してきた相川家。後は、祈るだけと麻美が言うが、千帆が何かできると、誘拐されていた麗花のところに行く。

この言葉が、百合亜を救いましたね。

ラマちゃん
一樹から何度も逃げようとする百合亜。ようやく、外に出た時の明るい演出が、百合亜の解放を意味してましたね。

13年間の家族との思い出が救ってくれたと百合亜が話すのも良かった。

ドラマ『13(サーティーン)』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『13(サーティーン)』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

13(サーティーン)|2話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『13(サーティーン)』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『13(サーティーン)』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

13(サーティーン)|4話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『13(サーティーン)』4話(最終回)ネット上の反応

ドラまる
百合亜のはかなさ、美しさが光ました。桜庭ななみさんの演技が良かったですね。

ラマちゃん
一樹役の藤森慎吾さんの怪演がみごとと評判ですね。

ドラまる
最後は、幸せになった百合亜に良かったとの声が上がってますね。

まとめ

ドラマ『13(サーティーン)』4話(最終回)のあらすじネタバレ、感想を紹介しました。

誘拐された少女との交換に協力する百合亜。一樹にまた拉致される。家族は、解放された少女にたのみ、監禁場所を特定する。百合亜は、一樹の隙をついて何度も逃げ出し、家族と幸せになる。

ドラまる
一樹は、父親の暴力に耐え、それがなくなったら、母親は弟を可愛がり、愛に飢えていたのですね。

だから、百合亜が傷を手当したことを勘違いしてしまった。それにしても闇でした。

ラマちゃん
13年間百合亜はなぜ逃げられなかったのか、その疑問が残ってました。

最終回をみると実は何回も逃げようとしたのかもしれませんね。でも、だめだったということかな。

百合亜役をした桜庭ななみさんの演技が凄かった。監禁の辛さを示す無表情な顔、豹変する怒りの顔、好きな人に見せた無邪気な顔、最後は、希望に満ちた笑顔で締めくくってくれました。

犯人・一樹役の藤森慎吾さんの演技の見事にはまってました。拉致した百合亜を見つめる狂気の目、唇、頭をやさしくなでる手の仕草と、怪演でドラマを盛り上げました。

13歳の時に行方不明になった少女が13年目に突如として現れる。逃げる機会がいくらでもあったのにと思われ、次第に疑われる存在に、家族が結束して守る優しいラストで良かったです。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA