13(サーティーン)|3話見逃し動画無料視聴はこちら【8/15配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『13(サーティーン)』第3話(2020年8月15日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『13(サーティーン)』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『13(サーティーン)』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『13(サーティーン)』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『13(サーティーン)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『13(サーティーン)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『13(サーティーン)』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月15日(土)放送終了〜2020年8月22日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『13(サーティーン)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『13(サーティーン)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『13(サーティーン)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『13(サーティーン)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『13(サーティーン)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『13(サーティーン)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『13(サーティーン)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年8月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第3話のあらすじ

2020年8月15日(土)23時40分放送のドラマ『13(サーティーン)』第3話のあらすじをご紹介します。

一樹(藤森慎吾)の自宅から白骨死体が発見された。

DNA鑑定により弟の優樹(大窪人衛)の可能性が高いことが分かり、焦る永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は改めて百合亜(桜庭ななみ)に一樹の居場所を聞く。

しかしどんな問いかけにも、「分かりません」の一点張り。

聴取の進展が見られないことも含め、次第に世間では百合亜を誹謗中傷するネット記事も出回るようになっていた。

そのころ、相川家に不審な配達員から百合亜宛ての封書が届いた。

麻美(板谷由夏)と千帆(石川瑠華)はその内容に凍りつく。

慌てて警察に届けるが、永井と佐緒里は、封書は一樹が直接届けに来たと直感し、一樹がまだ近くに潜伏している可能性が高いと警戒を強める。

その後の捜査で、百合亜と一樹が一緒に映っている3年前の防犯カメラの映像が見つかった。

これまでの百合亜の態度とは違い、恋人同士のように親密な姿が映り永井はショックを受ける。

佐緒里は百合亜に一樹との仲を追及、厳しく取り調べをするが、百合亜は取り乱し暴れてしまう。

永井はそんな百合亜を抱きしめ、「僕は君の味方だ」とささやくと、百合亜は泣き濡れた目で永井を見つめる。

そのころ、一樹の自宅から血痕が付いた斧が見つかった。

斧の柄の部分には、なんと百合亜の血痕が付着していた。

優樹は百合亜が殺害したのか?そして一樹との関係は?

かたくなに口を割ろうとしない百合亜のもとに、ある人物が「真実を打ち明けたい」とやってくる…。

ドラマ公式サイトより引用)

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第3話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『13(サーティーン)』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

なつぞら
第2話の最後で百合亜の監禁されてた部屋の床下から白骨死体が出て来ましたね。

これはかずきの弟なのでしょうか。なぜ死んでいて床下にいたのか。

楽しみと言うか真相が気になります。

楽しみな点は第2話で家族の関係が変わりましたよね。

妹との和解と父親に自分の意見が言えたこと。これは百合亜にとっても家族にとっても大きいことですね。

あと渉との関係を気になります。

今の彼女ミサから近づくなと言われたけどこれで百合亜は引き下がるんですかね?たとえ傷ついたとしても私は前進んでほしいです。

渉くんと話す百合亜は本当の百合亜だと思うので、これからの発展が楽しみです。

ペンネーム:なつぞら(20代・女性)

おかか
次回予告で、一樹の弟(?)と百合亜は恋仲だったのか、それとも弟が一方的に好きだったのか分からないが、その恋模様が気になる。

そして弟はどのようにして死んでしまったのか、事実や詳細が気になる(一樹の命令で百合亜が殺したような描写が一瞬あった)。

展開の予想は、一樹の弟が百合亜と仲良くしていたため、怒った一樹は百合亜に弟を殺すように命じる。

これで百合亜は自分だけのものになり、監禁を続ける。

百合亜が脱出しても事件について語らないのは、百合亜の殺人がばれるのを防ぐためである。

最後は、百合亜の殺人がばれてしまい、渉は誘拐されたり人殺しをさせられたりした百合亜を放っておけないと思いながら、婚約者と結婚し、本当に好きな百合亜と結ばれることはなかった、という悲しい結末を迎える。

ペンネーム:おかか(20代・女性)

YK
第3話の見どころは黒川の自宅から白骨死体が発見されたことを受けて、警察がどのような動きをするのかという点です。

百合亜が何も言わないということもあり、田辺は百合亜も共犯ではないかと疑いそうです。

黒川は百合亜と仲良くしていた弟に嫉妬して殺害したのだと予想していますが、事情聴取を受けた百合亜が何を話すのか注目しています。

また、黒川が百合亜の自宅を訪れてくるようなので、そのときにどのような行動をするのか気になります。

母親の麻美がこれまで黙っていたことについて明かされる点も見どころなので、何か手掛かりになる情報が得られることを期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

はるか
展開予想は、一樹の部屋にある遺体は、弟の優樹だと思います。

百合亜と優樹は、あの部屋で仲良くなり恋人同士になったのですが、一樹にとがめられて百合亜は、優樹を守るためにも一樹と恋人のフリをします。

しかし、優樹から逃げる事を提案された百合亜は、一樹のいない時間に逃げようとしますが、一樹が、帰ってきてしまい優樹と一緒に一樹と戦います。

その時に優樹は、一樹に殺害されて百合亜は、その間に逃げてきたのだと予想します。

楽しみな所は、永井が、百合亜に恋心を抱いていそうな所です。

百合亜の事を好き男性が、たくさん登場しそうなドラマになってきました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

石川
次回は床下から出てきた白骨死体の正体が黒川一樹の弟であることが判明すると思います。

そのことが原因で百合亜は今まで詳しく警察に話せなかったのではないでしょうか。

おそらく殺したのは黒川一樹でしょうね。

どういう動機があったのかはわかりませんが色々と謎が多いです。

そもそもこの弟は引きこもりだったということはしょっちゅう百合亜と家で顔を合わせていたことになります。

何か危害を加えられていた可能性もあるのでその抵抗から百合亜が殺した線もなくはないと思いました。

次回で色々なことが判明しそうなのですごく楽しみです。

ペンネーム:石川(30代・男性)

ほん
次回は、見つかった人の骨をめぐって、一樹と一樹の弟と、百合亜の関係がより明らかになってくると思います。

一樹の弟が、人骨と言うのはあまりにも安直な展開なので、そこにどんでん返しがあることを期待します。

ゆりあが、この後どれだけ過去のことを語ってくるかがポイントの1つとなっています。

何かを語るには、きっかけが必要だと思います。

それが一体何であるのかが、見所だと思います。

百合亜が誘拐されたときの状況が、家族に何か問題があったと思わせる予告になっていました。

百合亜の家族も、それぞれ何か問題を抱えているようなので、3話以降それが明らかになるのが楽しみです。

ペンネーム:ほん(40代・男性)

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

きなこもち

『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレ

前回百合亜の監禁されていた部屋の床下から白骨死体が出て百合亜は重要参考人として警察に呼ばれました。

百合亜は一樹の弟について聞かれても黙秘し続け一樹と恋愛関係だったのかと聞かれても黙秘し続けました。

警察は事件解決の糸口が見付からず何も話さない百合亜を疑うようになった。

一方百合亜宛の荷物が届き母親はなんの疑いもなく受け取り中身を見ました。

すると黒川一樹からのメッセージでした。

一樹は自ら百合亜の家に行き接触してきたのです。

取調べ中の百合亜は去年一樹と外出時していた時の防犯カメラを見せられ、本当に監禁されていたのか、逃げる空きはいくらでもあったのにと問い詰められる。

すると母親が警察に出向き警察に話していなかった事がある。

百合亜と話をさせてほしいと申し出てきました。

母親は百合亜に謝りたいと言いました。

母親は当時百合亜の担任と交際していた。

百合亜はそれに気付き事件当日担任に別れてもらうようお願いしに行ってる最中に一樹に拉致されていた。と百合亜はどんどん話を始めました。

百合亜は弟の優樹の事も話し始め初めて事件についてしっかり話した一面でした。

すると警察署にゆりりんを返してと黒川一樹本人から電話がかかってきたところで3話は終わりました。 

『13(サーティーン)』第3話の感想

百合亜がさらに事件について話してくれた回でしたね。

母親と向き合うことによってこの13年どう思って過ごしてきたのか、誰とどう生きてきたのか自分の言葉で話してくれたのは始めてでしたね。

百合亜と一樹の関係は未だにはっきりはしていませんが、一樹に心を支配されていたのは間違いないと思います。

でも一樹も3話では直接郵便物を自宅に持っていったり、直接警察署に電話してきたりとアクションを見せましたね。

一樹は何をしたいのかさっぱりわかりませんが、次回では目的が明らかになるのではないかと思います。

家族との問題は解決しそうですね。

妹との和解、母親との和解も出来たのできっと百合亜にとっても家に居場所が出来てよかったなぁって思いました。

ペンネーム:きなこもち(20代・女性)

パト子

『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレ

少しずつ明らかになる百合亜の監禁生活。

百合亜が監禁されて、一樹がいない間、百合亜を見張っていたのは、一樹の弟引きこもりのゆうくんだったのです。

ゆうくんは唯一の百合亜の癒しでした。

ところが、百合亜が逃げたことで、一樹の怒りを買い、そのゆうくんの命を百合亜が奪うことになってしまいます。

百合亜はただただ監禁されていたのではなく、笑ったり、恋をしたり、色んな感情を背負いながら、屈折した中で、強く生きていたのだとよく分かりました。

一樹が、別の女の子を監禁した理由は、百合亜を取り戻すためだと分かり、その執着心が恐ろしくなりました。

次からまた百合亜と一樹の戦いになっていきます。

『13(サーティーン)』第3話の感想

少しずつ明らかになる百合亜の監禁生活は、私の予想を上回る壮絶なものでした。

百合亜が取り調べで、「優しくしてくれる人を好きになって、何がいけないの」と刑事に聞いたときは、一瞬、監禁中、一樹を好きになってしまったのかと騙されました。

百合亜に優しくしてくれていたのは、一樹の弟ゆうくんだったのです。そして、百合亜が逃げたことで、そのゆうくんの命が奪われてしまいます。(あれはゆうくんの自殺と私は考えています。)

ゆうくんが死んだ後の百合亜の恐怖や絶望は想像を絶する。

一樹が、別の女の子を監禁した目的が百合亜を取り戻すことにあることが分かり、その執着心にゾッとしました。次回も絶対に見逃せない。

ペンネーム:パト子(30代・女性)

はるか

『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレ

百合亜の監禁されていた部屋にあった遺体は、弟の優樹であり殺害に使用されたと思われるオノには、百合亜の指紋が、ついていた。

実は、監禁された部屋に優樹もいたのだ。

一樹が、働いている間の見張りとしていたのだが、百合亜と仲良くなる。

ある日、百合亜は、優樹のみていない間に脱出をしようとする。

しかし、一樹に捕まえられて優樹は、一樹に暴力を振るわれる。

そして、百合亜は、優樹のために一樹と一緒に外出しても逃げなかったのだ。

百合亜は、優樹をオノで殴るように一樹に言われたが、躊躇していた。

その時に優樹が、自分でオノを刺していた。

一方、世間では、真実を語ろうとしない百合亜を批判するものまでいた。

そんな時に百合亜の家に一樹が、手紙を届けに来た。

一樹は、百合亜と会うために少女を誘拐していたのだ。

そして、13年前に百合亜は、先生の家に不倫を咎めに言った事が、分かる。

その際に一樹に誘拐されたのだ。

『13(サーティーン)』第3話の感想

事件の真実を語ろうとしない百合亜にもどかしい思いでドラマを観ていました。

しかし、真実が、分かった時に百合亜が、一人でどれだけ心細かったのか分かりました。

誘拐された少女が、トイレから逃げ出せそうな時に一樹が、登場してホラー映画を観ているようでした。

一樹は、13年前から百合亜に執着しているようなのでその理由も知りたいです。

永井が、百合亜に惹かれているような態度をみせていたのが、ドキドキしました。

事情聴取も自分だったら百合亜のこころを開かせられるという気持ちも感じられました。

百合亜の方は、まだ、永井に恋愛感情は、なさそうですが、今後の展開次第では、どうなるのか楽しみです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

oni

『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレ

百合亜が監禁された現場から白骨死体が発見され、刑事達は百合亜が関係していると思い事情聴取をはじめた。

百合亜が誕生日に一樹と楽しそうにデートをしている画像から百合亜の誘拐事件も疑われていた。

母親が百合亜と面会し、13年前の百合亜の担任の先生との不倫を謝ったことで、百合亜は13年前の事を話し出した。

百合亜は、担任の先生に不倫を止めに言ったときに誘拐されていた。

また、監禁されていたときは一樹の弟のゆうくんが監視役をしていたが、ゆうくんはやさしく、百合亜の為に庭の花を摘んでいるときに、百合亜が逃げようとしたために一樹から暴力をうけ、一樹は百合亜に斧を持たせ殺すように命令され、ゆうくんがその斧を自分のクビに刺した衝撃的なことを話した。

『13(サーティーン)』第3話の感想

百合亜の壮絶な13年間の生活が明らかになり、とてもかわいそうになりました。

ゆうくんの優しさが救いになっていたと思うけど、自分が逃げようとした為にゆうくんが一樹から暴力を受けたことや、一樹にゆうくんを斧で殺すように命令されたときの心情を考えると、精神的に耐えられなかっただろうと思いました。

ゆうくんも百合亜に事を思い、百合亜が握っていた斧を自分のクビに引き寄せたんだろうと思うとこの事件が悲惨すぎてたまらなかったです。

一樹の冷酷さや凶暴さで百合亜も逃げる気力がなくなっていた時期もあっただろうと思いました。

百合亜の母親もなんでもっとはやく自分の不倫の話しをしなかったんだろうと思いました。

娘が誘拐されていたのに13年黙っていたことに納得いかない感じを受けました。

ペンネーム:oni(50代・女性)

『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレ

3話では、百合亜が警察に言えなかった秘密が明らかになりました。

百合亜は、いくら警察に尋問を受けても応えようとせず、犯人の居場所も分らないため、誘拐された子の安否が心配される状況。

警察が困り果ててしまう矢先、百合亜の母は、自分が抱えていた秘密を百合亜に伝えにいき謝ります。

百合亜はそれを知っていて、先生の所へ行き、母と別れてくれるようお願いしようとした時に、誘拐されてしまいました。

誘拐された生活をとうとう母に告白します。

それは、暴力で百合亜を支配する犯人。

そして、犯人の弟に監視される生活でした。

誰にも頼れない独りぼっちの状況。

しかし、知能が弱い弟は心が優しく、いつしか百合亜の心の拠り所になっていきます。

ある日、その弟も犯人である兄の怒りを買い、兄に暴力を受けて、瀕死の状況に。

その弟を殺せと百合亜に迫ります。

殺さないと、百合亜を殺すと。

百合亜は、恐怖に耐えながら、殺すことを躊躇していると、弟自身で百合亜にオノを振り下ろさせ、死んでしまいました。

そして、現在、犯人はというと、百合亜に手紙を送り、百合亜を迎えにいくと。

『13(サーティーン)』第3話の感想

百合亜と母の告白があり、想像を超えた、監禁生活にぞっとしました。

百合亜がなぜこの犯人と仲良くしていたのか、なぜ逃げることができなかったのか、なぜ警察に話すことができなかったのか、ということが明らかになり、決して百合亜は共犯ではなかった、ということが解り、その部分はほっとしました。

また、まさかの母の告白があり、だから、母は異常に家族に気を使っていたんだなと腑に落ちました。

百合亜の孤独で苦しい胸の内の表情を桜庭ななみさんが繊細に表現されていました。

また、百合亜を想う母の気持ちを板谷由夏さんがリアルに演じていて、胸がぐっときました。

ペンネーム:y(50代・女性)

ハチドリ

『13(サーティーン)』第3話のあらすじネタバレ

誘拐犯の家の床下から白骨が見つかり、DNA鑑定によってそれが誘拐犯の年の離れた弟であると判明する。

警察は殺害された時点でその家にいた百合亜に事情を問いただすが、答えない。

関わっていくにつれて女性警察官は百合亜に対して冷静だが男性警察官は強く同情していく。

どうして誘拐されることになったのか、母親は自分を責める事情があった。

それは母親が不倫をしていて、その相手である教師のもとに百合亜が分かれるように話をしに行ったことがきっかけだったから。

警察に白骨死体について取り調べられている百合亜のために、母親は意を決してその日のことを話す。

『13(サーティーン)』第3話の感想

少女が誘拐されるというおぞましい事件がドラマの内容なので、眉間にしわを寄せながら見ているが、できれば最後に救いがある結末であってほしいとも思う。

誘拐された時、百合亜が教師との恋愛をしていたのかと思ったら、そうではなくて母親が不倫をしていたというのは驚き。

そして、それをやめさせるために行ったために誘拐されたことは母親にとって辛いことだっただろうと思った。

また、誘拐されている間に百合亜は犯人に親近感を持ってしまったのではないかとも思った。

気になるのが若い男性警官。

百合亜に対して、職務以上の感情を持ち始めているのではないか。

ペンネーム:ハチドリ(60代・女性)

まとめ

ドラまる
2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『13(サーティーン)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『13(サーティーン)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA