13(サーティーン)|2話見逃し動画無料視聴はこちら【8/8配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『13(サーティーン)』第2話(2020年8月8日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『13(サーティーン)』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『13(サーティーン)』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『13(サーティーン)』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『13(サーティーン)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『13(サーティーン)』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『13(サーティーン)』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月8日(土)放送終了〜2020年8月15日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『13(サーティーン)』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『13(サーティーン)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『13(サーティーン)』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『13(サーティーン)』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『13(サーティーン)』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『13(サーティーン)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『13(サーティーン)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年8月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第2話のあらすじ

2020年8月8日(土)23時40分放送のドラマ『13(サーティーン)』第2話のあらすじをご紹介します。

百合亜(桜庭ななみ)の事情聴取が進展しない中、隣町で8歳の少女の誘拐事件が起きた。

永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は、犯行の瞬間をとらえた防犯カメラの映像を百合亜に見せるが、百合亜は「カズキ」と答えただけで黙り込んでしまう。

百合亜の26歳の誕生日を迎えた相川家では、麻美(板谷由夏)が、宗一(神保悟志)、千帆(石川瑠華)とともに百合亜を祝う。

相変わらずギクシャクし気まずい空気が流れる中、テレビで誘拐事件のニュースが報じられる。

ニュースに映し出されたのは防犯カメラに映った黒川一樹(藤森慎吾)の顔。

今回の事件だけでなく、百合亜を誘拐した男と同一人物の可能性が高いと伝えられると、再び家族に重い空気が流れるが、百合亜はじっと画面を見つめていた。

翌日、渉(井上祐貴)が誕生日を祝いに百合亜を訪ねてくる。

気晴らしにと、かつて2人でよく遊んでいた公園に連れていく渉に、百合亜は13年間の思いの丈を伝える。

婚約者がいる渉だが、美しくはかなげな百合亜に心を打たれてしまい…。

一方、誘拐事件の捜査を進める永井と佐緒里は、一樹の母親にたどり着く。

今は認知症のため介護施設に入所しており会話はままならなかったが、母親の様子から2人は衝撃の真実を知る。

果たして百合亜が心に秘めているものとは…?

ドラマ公式サイトより引用)

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第2話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『13(サーティーン)』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

りん
1話の中で、監禁されていた少女が失踪したとき、先生のところに行くというメモを残していたという事実が明らかになっていて、その先生と母親が電話でやりとりしているシーンがあって、2人は不倫関係にあったのかなと予想していたのですが、どうやらそうでもなさそうで、そこの関係がどうなるのか気になります。

あとは、なんといっても、桜庭七海とオリラジ藤森の関係が明らかになるのが楽しみです。

回想シーンだと、誘拐・監禁されて、怯えているところがメインで、この2人が親密な関係になっていった過程の予想が全くつかないので、とても気になります。

ペンネーム:りん(20代・女性)

はるか
展開予想は、8歳の少女の誘拐事件が、おきる。

百合亜は、誘拐事件の犯人と思われる黒川一樹を知っている様子だった。

警察は、百合亜を問いただすが、名前以外の情報は、喋らなかった。

警察は、黒川の捜査を始める。

そして、百合亜は、渉と距離を近づけていた。

婚約者のいる渉だったが、百合亜に対する想いは、あふれていた。

しかし、2人の仲睦まじい様子を婚約者は、みていた。

楽しみな所は、誘拐事件の犯人が、黒川だと分かり事件の真実に近づく所です。

黒川は、13年前にどんな暮らしをしていたのかも注目しています。

百合亜と渉の恋愛もどうなるのか楽しみです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

丘里リル
2話の展開予想は永井と田辺は百合亜に防犯カメラの映像を見せると、百合亜は「かずき」と答えました。

麻美らは百合亜の26才の誕生日を祝ってくれました。

それから、渉も翌日百合亜の家に来て、誕生日を祝ってくれました。

渉と百合亜は公園に行って、百合亜は渉のことがずっと好きだったと言いました。

一方、永井と田辺は捜査の結果、百合亜を誘拐したと思われる黒川一樹の母親にたどり着きます。

黒川の母は「わたしはあの子を誘拐して、育てた。」と言いました。

楽しみなポイントは黒川一樹役の藤森慎吾さんが出演することで、藤森さんはお笑い芸人なのですが、最近は俳優として活躍しており、ドラマの「ドクターX~外科医・大門未知子~」にも出演しています。

ペンネーム:丘里リル(50代・女性)

ターザン
誰もかれも信用できない中でどんなふうに収集を収めるのか楽しみ。

まだ犯人もチラッと映っただけだし、第一話で拉致されたらしい新しい少女のその後も展開されてなかったので第二話では事件として扱われるのではないかと思う。

そして一人ずつ隠し事がばれていく中でお話は進み、まずはお父さんの不倫問題からかな、と個人的には勘ぐっている。

まだまだ怪しいのはお母さんと先生との関係。

どうやら不倫とかではないようだし、かといって先生と生徒の母親というだけの関係でもなさそうだし。

他にも主人公の元カレらしい青年も何かしら事件に関わってくるのではないだろうか。

ペンネーム:ターザン(50代・女性)

青井里央
第1回で妹が今までも寂しさを両親と百合亜にぶちまけたことで、この家族の再生に一歩前進したと思います。

DNA検査では本人に間違いと出たのに、警察も両親も本物の百合亜かどうか疑は消えません。

百合亜は13年前の記憶をたどり自分がどんな家庭で育っていたのか、仲の良かった友人を訪ねたりして懐かしくも切ない思いばかりしてしまいます。

百合亜は自分の意思で失踪した訳ではなく、拉致誘拐されて13年間その場所に留まっていたけれど、警察には全てを話せないでいます。

事情聴取が進まないことに警察はイラつきます。

打ち解けられないまま家族と一緒に過ごしていた時に、テレビから誘拐事件のニューが流れました。

それは百合亜が失踪した時に似た状況でした。

ペンネーム:青井里央(50代・女性)

michikawaii
隣町で起きた誘拐事件を映した防犯カメラ映像があり、それを見た百合亜は、カズキだといいます。

犯人の名前が分かったので、警察は捜査を始めます。

カズキには、どんな秘密があるのでしょうか。

百合亜との関係があるのでしょうか。

次第にわかってくると思います。

百合亜と渉の関係が気になります。

渉には婚約者がいるのですが、お互いに思いがあるようで、進展があるかもしれません。

百合亜の家族も気になります。

父には愛人がいて、何かあればすぐ母のせいにするダメな父親です。

百合亜にも高圧的です。母は、自信がなくおろおろしていますが、秘密があるようです。

もしかしたら、百合亜の担任がからんでいるかもしれません。

ペンネーム:michikawaii(60代・女性)

2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

なつぞら

『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレ

第2話では百合亜の監禁場所が分かりそこに二人が楽しそうに写っている写真が残されていました。

それで警察は同意の上の監禁だったんじゃないかと疑問をいだきます。

それに加え第2に起きた誘拐事件の映像を公開され百合亜は警察の前で一樹、とだけ言いました。

警察は百合亜の学校関係や交友関係をあたり一樹は百合亜と接点があったことを知ります。

その後警察は一樹の母親がいる施設を訪ね、一樹の事を色々聞きますが母親は上の空。

でも写真を見せてゆうくん、とものすごい勢いで食いついてきました。

母親は一樹ではなく端っこに写った男だった。

その男は誰なのか、百合亜どう関わってくるのかは今後の見どころだと思います。

渉とも出掛けますが、何者かに写真を取られネット上に挙げられ波乱を呼びます。

誰がネットに上げたんでしょう。

その写真でミサは渉と百合亜の間を疑い始めます。

ですがはっきり近づくなと言われます。

百合亜が家でケーキをやけ食いしているとチホが来て百合亜を慰めつつ少しずつ心を開いてきます。チホとは和解出来たふうに見えました。

最後に第2話最大の衝撃が走ります。

百合亜の監禁場所の床下か白骨死体が発見されます。

これは誰なのか?は来週の見どころだと思います。

『13(サーティーン)』第2話の感想

少しずつ百合亜が心を開く回でしたね。

妹に心を開き父親にも自分の意見を行ってカッコいい一面も見れましたね。

幼馴染みの渉との関係もこの先気になります。 

渉には彼女がいますが百合亜の事が気になり何度か会いに行ってますよね。

百合亜も渉には心を開いているように見えるんです。

素直といいますか、思っていることを嘘偽りなく話している姿がほっこりします。

2人は13年前と何も変わらないようにも見えますね。

渉と百合亜の間には信頼関係がちゃんと出来ているのかわかりました。

この先百合亜と渉と彼女ミサとの三角関係もどう進展するのか見どころだと思います。

百合亜に頑張ってほしいです。

ペンネーム:なつぞら(20代・女性)

おかか

『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレ

百合亜が家に帰ってきたのと引き換えに、8歳の女の子が誘拐されてしまう。

防犯カメラには百合亜を誘拐した容疑者が映っていたが、事情聴取で百合亜は容疑者について「かずき…」と言うだけで、他に何も話さない。

容疑者は、百合亜の学生時代の用務員だった。

誘拐される前に恋仲だった渉と出掛けた際に、「渉とまた会えるようにと頑張っていた」とあの頃から気持ちは変わっていないことを伝えた。

渉もその気持ちを受け止めハグをする。

しかし、パパラッチに撮られてしまい世間に晒されてしまう。

渉の婚約者がそれを知ると、百合亜に「もう近づかないでほしい」という旨を伝える。

百合亜は失恋した。

容疑者の母親を訪ね、写真を見せて息子かどうか確認すると、一緒に写っているもう一人の男性だけに注目する。

認知症を患っているため、十分な会話はできなかった。

百合亜が隠しているのはこのもう一人の男性ではないかと疑い、百合亜の拘束部屋のベッドの下を剥がすと、白骨化した死体があった。

『13(サーティーン)』第2話の感想

一話で百合亜と一樹は恋仲だと思っていたので、渉のことを友情としてではなく恋愛としてまだ好きだったのは意外だった。

一樹と楽しそうにプリクラの代わりに証明写真を撮っていたので、一樹のことだけを恋愛的に好きなのだと思っていた。

妹の千帆が百合亜に心を開いていく様子が一番好きだった。

一話では完全に敵視していたが、百合亜にメイクを教えるあたりから心を許しているように見え、失恋した直後に家に着いた場面では、千帆は百合亜に同情しながら姉妹らしいやり取りをしていたので、ほっこりした。

私は、それを後ろからこっそり見ていた母親の気持ちに感情移入し、安心した気持ちになった。

ペンネーム:おかか(20代・女性)

YK

『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレ

隣町で少女の誘拐事件が発生したこともあり、警察は百合亜から何か情報を得ようと必死だった。

永井と田辺は防犯カメラに映る犯人の顔を見せるが、百合亜は「カズキ」と告げるだけで他に何も話そうとはしなかった。

その男は黒川一樹という人物であり、百合亜が通っていた学校の用務員だったことが判明する。

永井たちは黒川の母親がいる施設を訪れるが、そこで衝撃的な情報を得ることになる。

そんな中、相川家では百合亜の26歳の誕生日を祝っていた。

母親の麻美は百合亜の誕生日を祝えている喜びを伝えるが、隣町の誘拐事件のニュースが流れたことにより再び不穏な空気が流れる。

『13(サーティーン)』第2話の感想

百合亜にきつくあたってばかりだった妹の千帆が、少しずつ百合亜に寄り添おうとしていたのは嬉しかったです。

千帆も百合亜がいない間にたくさん辛い思いをしてきたと思うので、そのことを素直に百合亜に話してくれてよかったです。

両親には話しづらいこともあると思うので、千帆との関係性が良くなったのは大きいなと思います。

父親の宗一にはっきりと意見を伝えていた百合亜を見て、今までの百合亜には見られなかった強さを感じました。

百合亜と黒川の関係性についてはまだ謎が多いですが、黒川の弟だと思われる人物のことが百合亜が怯えている原因に関係しているようなので気になります。

ペンネーム:YK(30代・女性)

はるか

『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレ

百合亜は、少女誘拐事件の犯人の映像を観て黒川一樹の名前を言う。

その情報から警察は、黒川一樹について捜査を始めた。

そして、一樹に弟の優樹が、いる事を知る。

しかも百合亜が、監禁されていた家に同居していたのだ。

一方の百合亜は、渉に誕生日を祝ってもらい2人の時間を楽しんでいた。

しかし、その様子を動画にあげられてしまう。

そして、渉の婚約者からは、渉に近づかないように言われてしまう。

渉にフラれてやけ食いをする百合亜を励ましたのは、千帆だった。

警察は、百合亜を監禁されていた部屋に連れてくる。

百合亜の様子をみてベットの下に何かあると思った警察は、後日にベットの下をどかしてみると遺体が、あった。

『13(サーティーン)』第2話の感想

一樹が、危険なフインキで怖いです。

弟の優樹が、百合亜にとって味方だったのかが、今後のポイントになりそうです。

渉の誕生日の行動には、戸惑いました。

婚約者が、いるのに百合亜と距離を近づけるのは、どちらの女性も傷つけてしまいますね。

百合亜は、被害者なのに当時の同級生の女性達が、冷たい態度を取っていてかわいそうでした。

千帆とは、仲良くなっていて嬉しかったです。

13年ぶりに帰ってきても本音を話せる人物が、あまりいないので千帆と仲良くなれたのは、百合亜にとって良いと思いました。

ベットの下にあった遺体が、誰なのか今後の展開が、興味深いです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

石川

『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレ

警察はこの間起きた誘拐事件の防犯カメラの映像を百合亜に見せるとカズキと呟いたことで監禁犯と同一人物であることが判明する。

そのカズキという名前から警察は百合亜が中学時代に用務員として働いていた黒川一樹であることがわかるのだった。

それから警察は一樹の母親に会いに行き写真を見せると一樹には弟がいることがわかる。

その後、百合亜は渉とバイクで出かける。

そこで写真を撮られてネットに上げられて渉の彼女に知られてしまう。

ある夜、百合亜は渉と会うがそこで旧友であるミサに出会い今渉と付き合っているということを言われ落ち込む。

家に帰り百合亜は妹と一緒にケーキをやけ食いする。

警察では一樹の監禁部屋の床下から謎の白骨死体が見つかるのだった。

『13(サーティーン)』第2話の感想

キャラクターたちが色々と不快なドラマでしたね。

どうして渉の彼女であるミサは百合亜にあんな酷いことを言うのでしょうか。

付き合っているからと言ってあんなマウントの取り方をされたらとてもショックですね。

百合亜がケーキをやけ食いしたくなる気持ちもわかりました。

渉もなんでミサと付き合ってしまったのか。百合亜のことが好きならすぐにでもミサと別れて欲しいです。

すごく苦しんでいる百合亜が気持ちを許せるのは唯一渉だけなのではないでしょうか。

そして、妹も今回の話からいい子に変わったので色々と百合亜の助けになってくれるのではないでしょうか。

これからの展開が楽しみです。

ペンネーム:石川(30代・男性)

ほん

『13(サーティーン)』第2話のあらすじネタバレ

桜庭みなみさん演じる百合亜は13年の監禁生活から戻ってきましたが犯人について多くを語る事はありませんでした。

唯一、犯人の名前「カズキ」を警察に告げます。

そんな中、テレビで誘拐事件のニュースが報じられ容疑者として黒川一樹という男が浮かび上がります。

百合亜は多くを語らず、家族ともぎくしゃくしてなかなか打ち解けられていません。

そんな中元ボーイフレンドの渉が誕生日にゆりあを訪ねてきましたユリアは家族に見せる姿とは違う表情明るい顔を見せましたが、渉の婚約者が現れ失意の底に落ちます。

それを慰めてくれたのは妹の千帆でした。

姉妹の関係が元恋人との悲しい別れを経て改善しつつあるあります。

一方捜査の方は監禁場所から人骨が見つかり急展開を迎えます。

『13(サーティーン)』第2話の感想

なんといっても桜庭みなみさん演じる百合亜のミステリアスな演技がこの先の展開を想像させます歩むと別れた後、ケーキを手で食べているところが、彼女の心の起伏をよく表していたと思います。

それにも増して、妹の千帆が一緒に手づかみでケーキを食べるシーンは、非常に良かったと思います。

2人の心が13年の時を経て近づいた瞬間という様に感じました。

一方で、百合亜が一体何を隠しているのかという点が気になりました。

最後に見つかった人骨は、普通に考えれば一樹の弟のものだと思います。

しかしそれではシンプルすぎて面白くないので、何かどんでん返しがあると良いのですが。

ペンネーム:ほん(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年夏ドラマ『13(サーティーン)』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『13(サーティーン)』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『13(サーティーン)』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA