アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-|4話見逃し動画無料視聴はこちら【8/6配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓無料で『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話(2020年8月6日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』は放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月6日(木)放送終了後〜2020年8月13日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2020年春ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじは?

2020年8月6日(木)22時00分より放送のドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじをご紹介します。

葵みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。

みどりは具合が悪そうな樹里を気にするが、辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、最近は自分と口も聞かないと嘆く。

それでも、樹里を心配するみどり。

一緒にいた小野塚綾(成田凌)はお節介と評した。

翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をする。

だが、くるみは樹里よりもみどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい。

話しながら廊下を歩いていると、年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていた。

介助しようとするみどりに、龍一は自分は医者だ、薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放つ。

そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、龍一を病室に戻した。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。

一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまう。

医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ない。

そこに志帆が羽倉を訪ねて来る。

志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師だった。

みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行く。

龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。

そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から救急センターに来いと連絡が。

樹里が搬送されたのだ。

付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言う。

駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。

樹里の環境変化を気にかけるみどりに、辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教えた。

家族の絆は壊れかけていた。

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はる
第4話では、羽倉くんの両親との関係が問題となってくるようなので、羽倉くんが両親とちゃんと向き合えるように、また葵が首を突っ込み、瀬野さんや販田さんたちが陰から優しく見守ってくれるのではないかと思います。

もしかしたら刈谷さんたちも羽倉くんのために何かしてくれるのではないかと期待しています。

そして、小野塚が第3話で勉強をはじめていたので、もしかしたらもうすぐ葵たちと同じ病院薬剤師になってくれるのではないかと思っているので、できれば第4話で仲間入りして欲しいですが、仲間入りしなくとも、また中華屋さんで葵と言い合いをして欲しいなと思います。

ペンネーム:はる(10代・女性)

はる
小野さんは、葵に色々言われてからやっぱり頑張ろうと決意していたのが3話の終わりでみえたので、どのように変わっていくのかが楽しみだなと思いました。

4話でも相変わらずの人手不足の中で、医師と戦いながら頑張る葵の姿をみれるのが楽しみです。

薬剤師で、患者との接点は少ないけど、患者のことを一番に考えている姿はかっこいいと思います。

羽倉さんはいつも笑顔で明るいイメージですが、その笑顔の裏に隠した悩みとか、みんなの知らない顔を4話では知れると思うので、とても楽しみです。

相原さんもだんだんと薬剤師という仕事に、充実感を持ってきているようなので、成長が楽しみです。

ペンネーム:はる(20代・女性)

はなさん
新人薬剤師さんのくるみさんにも注目をしています。

時々関西弁交じりになったり、先輩方の行動などを目の当たりにして成長していってる姿に応援したくなります。

いろんな薬剤師さんの考え方でのぶつかるところもありながら、みなさんがそれぞれを理解しようとする内容であったり、こう対応するといいんだって思ったりしながら見ようと思います。

人手不足で忙しいような設定でもあるようなのですが、その中でどうお仕事をされていくのかや、どう患者さんと向き合っていこうとするのか、小野塚さんとの恋への発展はしないのかなと楽しみにしております。

ペンネーム:はなさん(40代・女性)

さわ
大好きな石原さとみさん見てもいつも病院がトラウマです。

なんとか病院というところをましに思えるようになれたらいいなと思います。

このドラマは葵みどり(石原さとみ)のパワフルさがすごみだと感じるところだろう。

そして相原くるみ(西野七瀬)が愛くるしく思えます。

先輩をいたわる気持ちに共感を思えます。

瀬野章吾(田中圭)重みのある演技や発言が強く心に残るところはなぜでしょうか?あまり出演時間は長くない田中なのにです。

今回のゲストの患者にどこまで向き合う病院の看護があるのか?石原さとみはどこまで関与するのか?楽しみです。

ペンネーム:さわ(40代・女性)

めるる
例の中華料理店でみどりと小野塚が談笑しているシーンで終わったので、この二人、次回はどんな風に絡むのか非常に気になりますね。

いつもへらへらしている羽倉の父が脳神経外科医だったとは意外でした。

なぜ羽倉が医師にならなかったのか不思議ですね。

学力不足で医学部に入れなかったのか?親に反抗して敢えて違う道を選んだのか?気になるところです。

なんとなく、医師の父は薬剤師の息子を馬鹿にしそうな感じも否めませんね。

医療従事者に上も下もないと言うのは私の持論ですが、やはり医師が一番権力があるのでしょうね、このドラマを観ればわかります。

さて、親子の問題をみどりがどう踏み込み、緩和していくのか楽しみにしています。

ペンネーム:めるる(50代・女性)

konno
第4話も葵は『お節介』と小野塚に言われるけれど、自分のアンテナ通りに動くことでしょう。

どこか具合悪そうな行動・その人の環境も見過ごせない葵。タフですね。

小野塚の言葉の裏には、そこまで一人一人に深く関わると身が持たないんじゃない?という心配も感じられる。

小野塚はドラッグストアで奨学金をチャラにした後、どこに務めるのだろう。葵に反発しながらも憧れているようなので、葵の病院に入ってくれたらいいのに。

副部長って仕事してるんでしょうか。

販田さんの心の平穏はいつ乙津れるのだろうか。

色々楽しみです。

くるみやめないといいですね。

ペンネーム:konno(50代・女性)

2020年春ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

彼方

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレ

萬津総合病院に羽倉龍之介の父親・龍一が入院してきた。

龍之介は父親・龍一が入院してきたことには気づかなかったのだが、薬剤部に母親がやって来たことで知る。

母親は龍之介が萬津総合病院で働いていることを知っていて、わざと龍一と龍之介を会わせるために入院させたのだった。

母親は龍之介に父親と会うように説得するが、龍之介は声を荒げて「会わない!」という。

実は龍之介は父親・龍一と喧嘩をしており、長年会っていなかった。

龍之介は父親の龍一のように医師になろうと医大に受験したが失敗!

二浪して、結局薬剤師の道を選んでいた。

それを父親の龍一は「薬剤師なんて医者の奴隷だ!」といい許さなかったのだ。

その事から、龍一と龍之介の仲は最悪。

龍一は認知症のような症状、頭痛などは自身の経験や知識から脳の病気だと考えていたが、実は違うのではないか?と葵みどりは龍之介に伝える。

龍之介は始めこそは「あんな奴、放っておけば良いんだ!」と言っていたものの、葵の言葉によって心を入れ換えて、葵と一緒に夜通し「薬の飲みすぎによる認知症症状の出現について」書かれた文献をあさるのだった。

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の感想

いつもは明るくてニコニコしている羽倉龍之介にフォーカスされた回で、かなり見ごたえがありました!

「薬剤師は医師の奴隷」と言い切る龍之介の父親・龍一と薬剤師になった龍之介の対立。

たとえ薬剤師の葵に「薬の多重服用によって認知症症状が出ている」ことを突き止めてもらっても、最後の最後まで「たかが薬剤師が医師の真似事か!」と言うところ、とても腹が立ちましたし、医者ならではの傲慢さが出ていて完全にドラマに入り込みました!

しかし、最後にやっと薬剤師の龍之介を認めたところ涙ぐんでしまいましたね。

親であり自身が医師だからこそ「薬剤師が医師の奴隷」のように扱われることを知っているから、龍之介に薬剤師にはならないで欲しかったんだろうなぁとも思うと、何とも言えない気持ちになりました。

それでも薬剤師として、患者を助けていくと決めた龍之介を応援する親子のグータッチ!

親子の確執が溶けた瞬間と思え、ホロリとさせられました。

ペンネーム:彼方(40代・女性)

かな

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレ

石原さとみ演じる葵が「娘娘亭」で小野塚とご飯を食べていると、店主の娘である樹里が帰ってきます。

葵は、彼女の顔色の悪さなど気になってしまうんです。

翌日、葵が西野七瀬演じるくるみと院内を歩いている時に、廊下でうずくまっている男性をみつけますが、自分は医者だからと介助を拒否します。

調剤室では、羽倉が医師に電話で疑義照会をするも、相手にされず医師の指示通りの処方をする事になります。

そこへ女性が現れます。

実は彼女は羽倉のお母さんであり、廊下でうずくまっていた男性は父親であり、病院を経営する医師であることがわかります。

葵達が問診しても薬剤師に対して見下す態度を取り応じてくれません。

そのうえ羽倉がこの病院で薬剤師として働いている事を知ると、退院する事を決めてしまいます。

実は羽倉は医大に落ちてしまい薬剤師を選んだことで、父親と断絶状態なんです。

さらに羽倉に対して父親の竜一は、お前のやっている事は医者の奴隷だと言い放ちます。

そんな時に樹里が救急車で搬送されてきます。

医師の診断で樹里が摂食障害である事が判明します。

実はこの病院に樹里のおじいちゃんが助かる見込みのない癌で入院していて、それが病気の原因のようです。

羽倉の父親である竜一は、認知症の疑いがある事に葵が気づきます。

ただ飲んでいる薬の影響ではないかと考える葵。

それを証明するために羽倉と一緒に徹夜で文献を調べます。

翌日、退院しようとする竜一に認知症ではなく薬の影響である事を話します。

原因が分かったことで認知機能も改善して退院する竜一。

ただ息子が薬剤師である事を認めない父。

羽倉が、薬剤師の重要性を主張するも、なかなか認めず、もう一度医師になる挑戦をする事を望む父親。

最後は、竜一の言葉に納得をして、葵に息子を頼みますと頭を下げて去っていきます。

そこに樹里のおじいちゃんが急変した事が告げられます。

葵に泣き崩れる樹里。

来週に続きます。

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の感想

今回は2組の親子が登場します。

1組目は薬剤師の羽倉の父親と竜一の関係です。

小さいときには、あんなにお互いにいい関係を気づいていたのに、竜一が医大に落ちて薬剤師になったことで断絶してしまうんです。

父親は息子の事がきっと今でも可愛いし、自分の後を継いで欲しいという気持ちを変える事が出来なかったんだと思います。

羽倉だって薬剤師になったのは父親を尊敬していたからだけど、それでも医師になれなかった事に大きなコンプレックスを感じていたように思います。

今回は葵のお陰も有り2人がもう一度親子になれた事、すごく良かったと思います。

そして樹里ちゃん、大好きなおじいちゃんが癌で助からないという事がわかり摂食障害になります。

治らないのに、おじいちゃんに告知しない選択をしたお父さんの気持ちもわかるし、それに対してどうして良いかわからずに苦しむ樹里ちゃんの表情を見ていると、胸が絞めつけられます。

次回がすごく気になります。

ペンネーム:かな(50代・女性)

ひみこ

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレ

第4話はでは、薬剤師の羽倉君のお父さんが登場しました。

羽倉君のお父さんの羽倉龍一は、むち打ち症の患者として萬津総合病院に入院して来ます。

羽倉君のお母さんの志帆さんが薬剤部に挨拶に来ます。

「龍ちゃん」と呼ばれていて、びっくり!

しかし、羽倉君はお母さんに「もう来るな」と怒鳴ります。

実は羽倉君のお父さんは脳外科医で、羽倉君は本当は医者になりたかったのですが、2浪しても合格できず、薬剤師の道を選んだのです。

「薬剤師なんて医者の奴隷だ」という父に反発を感じ、父とは疎遠になっていて確執がありました。

葵みどりは羽倉龍一が認知症ではないかと疑います。

志帆さんがメモをしていたお薬の記録を借りて、薬剤による認知症ではないかと調べました。

羽倉君も英語の論文を読んで調べ、原因を突き止めたのです。

そしてもう一つのお話は、娘娘亭の辰川秀三さんのお父さんの辰川太一さんがガンの末期で入院していますが、その孫で辰川さんの娘である樹里ちゃんが摂食障害で倒れて、搬送されてきました。

太一さんは、末期のがんであることを告知されていません。

秀三さんが母親が抗がん剤治療で苦しんだので、告知しないで欲しいと頼んでいたのです。

樹里ちゃんは、「、みんなが嘘をついてつらい治療を受けさせている。分からないことがたくさんあって怖い。家族もばらばらになってしまうみたいで…」と不安な気持ちを葵みどりに打ち明けました。

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の感想

今時、薬剤師は医者の奴隷だなんて思っている医者がいるとは思えないなあ。

そして、自分の処方ミスを薬剤師のせいにするだなんて、ちょっと医者のことを悪く書きすぎている気がします。

医者と患者の信頼関係を壊すような内容にしてまで薬剤師を持ち上げるのは、辞めてほしいなあと思いました。

今の時代、医者は結構薬剤師さんを頼りにしているし、薬の副作用などで困ったときは「薬剤師さんに相談したんだけど」などと、言っています。

私も、薬の副作用に関することを主治医が薬剤師さんに相談してくれて、「漢方薬でいいのがあるらしいから、使ってみよう」となったことがあるのです。

しかも、30年ほど前の話なので、今ならもっともっと、医者は薬剤師に相談しているはずです。

樹里ちゃんが、おじいちゃんの病気のことで悩んでいますが、このように、身近な人の苦しみを背負って他の人まで病んでしまうこともあるようです。

第2の患者と言うらしいです。

きちんと太一さんに告知をして、樹里ちゃんの苦しみが和らぐといいなと思います。

しかし、薬剤師の葵みどりが樹里ちゃんにいろいろと寄り添っていたけど、ここの病院のナースは何をしているんだろう?

これはナースの仕事ではないのかな?と思いました。

ペンネーム:ひみこ(50代・女性)

coco

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレ

自損事故を起こした羽倉が入院してきました。

彼は薬剤師の龍之介の父だったのですが、親子で確執があるようでした。

父親は地方で病院を経営する医師で龍之介も医師になって後を継ぐ予定でしたが医学部に受からず薬剤師になりました。

父親は認知症の状態が出て事故を起こしたことがわかりました。

葵と龍之介が調査すると多剤服用で認知機能が低下していたのでした。

薬の量を調整する事で症状は改善しました。

龍之介は薬剤師として患者さんのために医療に関わっていくことを父親に告げるとやっと親子が分かり合えることができました。

一方辰川の父親が癌のステージ4で入院していますが告知をせずに治療していることに孫の樹里は心を痛めて接触障害の症状が出ていました。

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の感想

薬剤師の仕事はとても素晴らしいと思いますが、医師からの扱いは酷いもののようで驚きました。

羽倉もこの病院の医師も薬剤師は医師の奴隷だと言います。

そう蔑まれながらの仕事はよっぽど誇りを持っていないと続くものではありません。

医師を目指した龍之介はどこか同じように思っていたのかもしれません。

医師が出した処方に対しておかしい所があり意見を述べますが医師が良いと言えばそれが通ってしまい、患者に何かがあれば薬剤師のせいだと謝罪させられとても心を痛めるシーンが多かったように思います。

それでも葵が患者さんのために奮闘する姿は格好良く素敵でどうしてこんなに前向きに仕事ができるのかとても不思議です。

ペンネーム:coco(50代・女性)

たなか

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレ

病院の調剤室に羽倉の母親がやってきて同僚たちに挨拶する。

そこで母親は今父親が入院しているということを羽倉に話し2人の和解を期待していた。

しかし羽倉はそれを拒む。

その後、中華屋の娘の樹里が救急でやってくる。

摂食障害だと診断される。

樹里の祖父もこの病院に入院していることがわかり末期癌である。

その事で摂食障害になってしまったらしい。

それから羽倉の父親は認知症の疑いがあるが検査をしようとしない。

母親に聞くと今飲んでいる薬の手帳を貸してくれる。

それを見て葵と羽倉は父親の原因を調べる。

すると父親は認知症ではなくて多剤服用が原因だったことがわかる。

退院する間際に父親は羽倉に自分の跡を継いで欲しいと頼むが羽倉はそれを断り薬剤師として働くことを選ぶのだった。

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の感想

色々とおかしいですねこのドラマは、なんで葵は頻繁に病室に顔を出しに行くのでしょうか。

ナースの役目を奪わないでください。

殆どが医者やナースのすることを葵が出しゃばってやっているようにしか見えません。

その事で視聴者はかなりイライラしていますよ。

こんなことをしている薬剤師を見たことがありません。

絶対に薬剤師の方達から批判の声は上がってくると思います。

本当に御都合主義のドラマですね。葵が全て正しいのでしょうか。

絶対にそれは違うと思います。

ちゃんと注意する人間がいないから葵が調剤室の人たちに迷惑かけてまで患者と繋がろうとするのですよ。

ペンネーム:たなか(30代・男性)

マッキーT

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじネタバレ

葵の同僚である羽倉の父が交通事故で萬津総合病院に入院してきた。

母親がわざわざ薬剤部まで挨拶にきたが、なにか羽倉の様子がおかしい。

羽倉の父は地域で有名な医師で病院の院長だった。

息子が医者にならず薬剤師になったことが許せないのである。

一方、葵は羽倉の父の状態に異変を感じる。

自分の病室を忘れたり片足に違う靴下を履いているのを見て、軽い認知症を疑う。

薬剤師ふぜいがと馬鹿にされながら、常用している薬を調べてみると、はたして思いのほか多岐にわたっていることがわかった。

これは認知症ではないかもしれないと思いあたった葵は、羽倉と共に薬の副作用を調べて結果をだし、父と息子の和解へとつなげるのであった。

『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話の感想

相変わらず薬剤師は医者の奴隷というフレーズが乱発されており、胸が悪くなった。

薬剤師は立派な職業である。

一方で、当初は薬剤師がこんなことするのかと感じていたが、第4回ともなると葵のやり方がベストだと思うようになった。

病床で薬の説明を看護師ではなく薬剤師がしてくれたら、心強いと思う。

こういうところはこのドラマの利点であろう。

今回は珍しく次回への伏線があった。

葵や小野塚のいっている中華料理屋の祖父と孫娘が同じ萬津総合病院に入院しているのである。

そして薬剤部副部長である七尾の何やら怪しげな電話の様子も気になった。

羽倉と父の話はもう少し掘り下げてみてもよかったのかなと思う。

ペンネーム:マッキーT(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『アンサング・シンデレラ-病院薬剤師の処方箋-』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA