捨ててよ、安達さん。|最終回(12話)見逃し動画無料視聴はこちら【7/3配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『捨ててよ、安達さん。』を無料で見る↓

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話 2020年7月3日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『捨ててよ、安達さん。』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年7月3日(金)放送終了〜2020年7月10日(金)深夜0時50分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、ドラマ『捨ててよ、安達さん。』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます!(前クールからの傾向)

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『捨ててよ、安達さん。』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『捨ててよ、安達さん。』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『捨ててよ、安達さん。』はポイントレンタル配信されているので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『捨ててよ、安達さん。』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『捨ててよ、安達さん。』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

ビデオマーケット無料登録はこちら

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して1話無料視聴可能

※無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじは?

2020年7月3日(金)深夜0時52分より放送のドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじをご紹介します。

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。

自身についてのインタビューから始まる最終回。

娘、夫、母親、自分。それぞれに思いを巡らす中、ある日の母親との電話を思い出す。

そして、ずっと捨てられないでいるゴミ箱の中身と向き合うことにする。

安達さんが捨てられないモノとは…そして夢に度々現れた謎の少女(川上凛子)の正体とは…?

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

YK
第12話の見どころは、ずっと捨てられないでいるゴミ箱のなかにある物と安達さんが向き合えるのかという点です。

これまでの安達さんがふとしたときに発していた母親のことが気になっていたので、次回は母親に関係するものではないかと予想しています。

夢の中にいつも現れる謎の少女の正体も判明するようですが、安達さんの幼少期に関わっていた人物ではないかと思います。

最終回ということもあり、安達さんのインタビューもあるようなので楽しみです。

最後に整理するものとしっかり向き合ってほしいのはもちろんですが、安達さんの知らなかった一面を新たに知ることができたらと期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

さくらこ
次回が最終回となり、ほのぼのとして見ていた「捨てないで、安達さん。」が終わってしまうのはとても寂しい気持ちです。

女性雑誌で私物を整理する企画の依頼を受けた安達さんは、雑誌のインタビュ-を答えます。

今まで出演していなかった不滞在の夫が出演して安達さんの家族4人の姿が見たいです。

そして、今までずっと気になった夢の中に現れる謎の少女の正体が明かされることになり楽しみです。

赤のごみ箱の中からその少女の声を気にしているようで、物を捨てるためゴミ箱なのか?

ずっと捨てることの出来ないものは安達さんの中にあるように思え、その正体が謎の少女にも思います。

ペンネーム:さくらこ(50代・女性)

konno
安達さんの家は広くて整理整頓されているのに、人間長くやってると『モノ』が溜まって行くんだなあと、しみじみ見ています。

あの納戸にまだ何か隠れていると思うと、安達さんも『夢の中』で大変だなあと。

夢をはっきり見るので、しかも熱弁が繰り広げられていて眠りが超浅い、寝れてないんじゃないかと。

そしてだんだん「捨てて」と言ってくるものが、心の深い所に関わって、次回はトラウマと対峙するとか、心理学専門家レベルなんじゃないかと怖くもあり、興味もあり。

最後まで旦那さんは帰ってこないんでしょうか。顔が見たかった気もします。

ペンネーム:konno(50代・女性)

マル
次回は安達さんの深層心理に迫っていくような気がします。

自分の発言が全て正しくないと思っていた時期があると予告で語っていたので、もしかしたらずっと悩んでいたことがありそれを夢の中で謎の少女に洗いざらい話し相談に乗ってもらう展開かもしれません。

その中には母親との関係性のことなんかも含まれているような気がするのですごく楽しみです。

安達さんは母親との折り合いがあまりよろしくないという情報を何かの雑誌で見たような気がするのでそのことに触れてくれるとすごくスッキリします。

ドラマも佳境だと思うので最後まで走り抜けて欲しいです。

ペンネーム:マル(30代・男性)

アリア
次回は最終回ということで最後に捨てる物が何なのかが気になるところです。

最終回らしい物が捨てられるのか、誰が出演してくれるのかも楽しみです。

安達さんの夢の中に出て来る謎の少女というのも何なのかが知りたいです。

毎回出てきていますが、安達さんの未来の娘ということでもないようだし正体というのが分かるのか楽しみにしています。

結末というのが最終回でもいつもと同じように安達さんが物を捨てているシーンだとは思います。

ただ個人的大穴予想は謎の少女の正体は安達さんが持つ負のイメージでそれを最後は捨てるみたいな感じになると、的外れかも分からない結末を予想しました。

ペンネーム:アリア(40代・男性)

佐藤銀三郎
予告編動画を視ると「自分のすることが全て正しくないと感じる時期があった・・・」と答えるインタビューシーンや「せめて普通の人生を送りたい・・・」と訴えるシーン、更に少女がバイバイと手を振るシーン等が紹介されていることから、次回第12話は、今までに登場してきた捨てるものを通して安達さんが今までの自分の人生を総括し、全てを振り切ったうえで自分自身の価値に気付くことによって、自分は自分なのだから、何もかも捨てる必要はないということを悟り、その結果、謎の少女ももう夢の中に現れなくなるという展開を予想します。

少女の正体もついに分かりそうで、その点も大変楽しみです。

ペンネーム:佐藤銀三郎(50代・男性)

2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

nanakusaokayu

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレ

インタビューで自分には、娘・母・妻・俳優としての役割があると話した安達さんですが、娘としての比重が重いのではと問いかけられ、母が言うことが正しい、自分の言うことが正しくないと思っていた時期があった、と話しました。

3ヶ月前、母と電話で話した後、へその緒捨てたことを思い返して眠りにつくと、運動場で謎の少女に紅生姜をひたすら食べさせられます。

母が妊娠中に紅生姜ばかり食べるようになったからだと少女は話します。

「あちら側」へ走り出したところで夢は終わります。

安達さんは捨てたへその緒をゴミ箱から取り出し、号泣します。

安達さんは娘に対して「私のもの」と抱きしめますが、娘は去っていきます。

へその緒の擬人化だった謎の少女が、安達さんも安達さんの母も一緒だと言うと、安達さんは母と一緒にしないでとへその緒を捨てようとします。

しかしもう捨てるへその緒はありません。

捨てないでと泣く少女に捨てないよと語りかけ目覚めます。

西村マネージャーと雑誌連載最終回について話しますが、娘への執着も母との縁も捨てないと決意します。

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の感想

今回最も印象的だったシーンは、捨てたへその緒を取り出し号泣する安達さんでした。

まるで安達さんの生まれ直しを見ているかのようでした。

前回から続く「安達さんは誰のもの」に真正面からぶつかりただただ圧倒されました。

へその緒だった謎の少女が「捨てないで」と無くシーンはもらい泣きしそうでした。

へその緒が、自分で生んだ子どもに執着することを否定しなかったことで、安達さんから娘への執着、そして母から安達さんへの執着も受け入れることになり、捨てずに生きることもまた一つの選択肢だと考えさせられました。

冒頭のインタビューシーンで、安達さんの丸いピアスにツッコミを入れるのが絶妙で笑いました。

ペンネーム:nanakusaokayu(30代・女性)

ha

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレ

母との確執について話していました。

自宅のソファーで安達は、3ヶ月前の母との電話のことを話していた。

眠りについた安達は、謎の少女と一緒にグラウンドで紅生姜を食べていました。

お母さんに会いたいという決意を固めて、走り出したのでした。

目が覚めた安達はごみ箱から、へその緒を拾い泣き崩れました。

そして、泣きつかれて眠ってしまいました。

夢の中で安達は、謎の少女と自分の娘に、「(母との関係が)しんどい」と吐露していました。

謎の少女は、何かを捨てようとした安達に「捨てないで」と泣きながら言いました。

謎の少女は、安達のへその緒だったのです。

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の感想

自分の考えは正しくないと思って生きてきた時期があった、という言葉が衝撃的でした。

俳優として仕事をしていくなかで、自分の考えを表現する場も多かったのに、彼女の演技は全てお母さんの指示だったのかなと思ってしまいました。

そしてへその緒(謎の少女)を捨てないと決めた安達が、何かが吹っ切れたように明るい表情だったのが良かったです。

特にずっと悩んでいたお母さんとの関係も、捨てないと決めたことで良い方向に、向かっていくのかなと感じました。

そんな安達を嬉しそうに見ている、西村マネージャーの表情がすごく素敵でした。

ペンネーム:ha(40代・女性)

まるちゃん

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレ

基本的には1話完結スタイルではあったが、回を追うごとに安達さんの核心をつくようなストーリーになり、最終回は謎の少女の正体だけではなく、これまでの全てが最終回のための伏線だらけとなっていた。

始まりは安達さんの実母とのやりとりから。

会見では実母との関係は良好だと笑って話していたが、母の束縛や干渉を疎ましく思っていた安達さんと実母は揉めていた。

少女には自分の娘は自分のものというのに、お母さんのあなたは私のもの、には耐えられない。

終盤少女は言う。

一生懸命生んで、育てて、そりゃあ執着するよ、と。

母親の過干渉と決別するか、すべきか悩んでいた安達さんは、違う、それはそれでいいんだ、と。

自分も子供には一生過干渉だから…と気づく。

今のありのままを受け入れてすっきりした安達さんの清々しい表情が印象的なラスト。

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の感想

軽い気持ちで見られる作品でありつつも、実は深いテーマを持っていたことがこの最終話に詰め込まれていた。

俳優安達祐実の嗚咽して号泣するシーンは圧巻。深夜ドラマでここまで…と失礼ながら思ってしまった。

そして、謎の少女。川上凛子ちゃん、大女優の風格!!

淡々と語る芝居だけでもこれまで感動してみていたが、今回の中 泣きのシーン。

まるで小さい子が駄々をこねるように泣きじゃくり、かわいい…!!

抱きしめたい!と思ってしまった。

今回の少女はオレンジのロングシャツ?に緩めなリネンパンツ。

これは何を意味しているのか?わからないがストーリーにハマっていた。

今回で終わってしまったのがとても寂しい。

次回作期待。

ペンネーム:まるちゃん(40代・女性)

めるる

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレ

安達祐実さんとお母さんのちょっとしたもめ事があった夜、どうやらお母さんのお腹の中にいる時の夢を見ました。

お腹の中で提示された人生はあの「家なき子」そのもの。「受け入れます!」と言うと「合格!」そして「私の人生は私のもの」とこの世に生まれます。

お母さんともめた直後に捨てたのは臍の緒でした。

それを拾い、泣き叫ぶ安達祐実さん。

お母さんはあなたを生んだ以上は執着するでしょう。という女の子にまた、臍の緒を捨てようとします。

すると「捨てないて!安達さん」と女の子は泣き叫びます。

彼女は臍の緒だったのです。

そしてもう思い出は捨てないと決意した安達さんなのでした。

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の感想

安達祐実さん、こんな私生活丸出しのドラマのオファーをよく受けましたね。自分の人生を振り返りたくなったのでしょうか?でも、いくらお母さんと喧嘩したからといって臍の緒を捨てるというのは激しい確執を感じました。

やはり子役時代からいろいろ噂されていましたから根が深いのかなぁ?と思いました。

このドラマ全般として、かなりシュールなので万人受けはしないだろうなと感じました。

ほとんどが夢の中の出来事、と割りきって観ても、いまいち理解できない部分もありました。

若い人が制作したドラマなんでしょうか?

もっと広く支持されるドラマの主演を安達祐実さんにはしてほしいですね。

ペンネーム:めるる(50代・女性)

青井里央

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレ

電話をしながらシリアスな表情の安達さん。

電話の相手はお母さん。

何やら同居を提案されているよう。

「私はお母さんの物なの⁉︎」と干渉が辛くて泣きだす安達さん。

大切に持っていた「臍の緒」をゴミ箱に捨てた。

実母に縛られて苦しいのに、自分の娘は「私の物」と束縛する。

夢の中で競技場の真ん中で夢と中の少女が持参した重箱に入ったお弁当を食べる安達さん。

お重の中は紅生姜ばかり。

「飽きました。他の物を下さい」と言う安達さんに「お母さんがアナタを妊娠した時に食べていたのが紅生姜」と言う。

真っ赤な衣装の夢の中の少女。

今回は紅生姜に扮しているのかと思ったら、安達さんに泣きながら訴える「捨てないで」と。何と、夢の中の少女の正体は安達さんとお母さんを結んでいた「臍の緒」だったのだ。

安達さんが思う臍の緒は親子の縁。

夢から覚めて現実に戻った安達さんは「私はパジャマも西村くんも誰からも好かれたいと思う自分も捨てない。物にまみれて生きて行く」と清々しい笑顔で言い、現場に入った。

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の感想

今期で1番好きだった『捨ててよ、安達さん』がとうとう最終回。

他のドラマの開始が遅かったり、途中で休止になってしまったせいもあるけれど、本当に好きなドラマでした。

お金には不自由してない安達さんが「勿体ない」と言う慎ましい一面も好きでした。

今回の始まりはシリアス。母と娘の問題で泣き崩れる安達さんの演技は流石でした。

今回は何を捨てるのかと思ったら「臍の緒」。

番組当初から出て来た紅生姜は、お母さんが安達さんを妊娠した時に食べていたもので、夢の中の少女の正体は安達さんとお母さんを結ぶ「臍の緒」でした。自分の娘は自分のものなのに、自分は母親の物じゃないの?一生懸命大人になって命を産んだんだから「捨てないで」と泣く夢の中の少女もとい臍の緒ちゃんの演技も圧巻でした。

「捨てない」と決めた安達さんの清々しい笑顔も良かったけど、最終回はもう少し笑って終わりたかったと思います。

ペンネーム:青井里央(50代・女性)

るんぴに~

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじネタバレ

インタビューで母親との特殊な関係を語った安達さん。

家に帰って所用から母親に電話するが、自分を所有物のように扱う母親に怒り、”へその緒”をゴミ箱に捨て、そのまま寝てしまう。

すると夢の中に謎の少女が現れ、母親との関係に悩み、涙する安達さんに、「母親が自ら生んだ我が子を自分のもののように扱うのは当たり前。だから私を捨てないで!」と号泣しながら訴える。

謎の少女の正体は「へその緒」であり安達さんと母親との関係の象徴だったのだ。

目を覚まし、少女の言葉に何もかも捨てる必要はないことに気付いた安達さんは、マネージャーにこれ以上何かを捨てないと告げ、晴れ晴れとした表情でバイバイリストを捨てるのだった。

『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)の感想

この番組の最も大きな特徴は、配役の「安達さん」と現実の女優・安達祐実が激しく重なり、フィクションとノンフィクションがないまぜになる面白さにあると思いますが、今回の放送は今までの作品中、その重なり方が最も激しく、その映像表現も最も抽象的かつやや実験的なもので、単なるドラマとしてみると、やや消化不良な面もあったと思います。

「人はありのままで良い。今まで引きずってきたものを全て捨てる必要はない。」という結論は素晴らしいものですが、それを視聴者により深く伝えるならば、もうすこし練られたシンプルな表現方法もあったのでは、と感じました。

ただドラマ全体を通して、主演の安達祐実の演技は素晴らしく、最終回を飾るに相応しいクオリティーがあったと思います。

ペンネーム:るんぴに~(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』最終回(第12話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2020年7月から同枠でドラマ『女子グルメバーガー部』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して1話無料視聴可能

コメントお待ちしています!

CAPTCHA