捨ててよ、安達さん。|2話見逃し動画無料視聴はこちら【4/24配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓今すぐ『捨ててよ、安達さん。』を無料で見る↓

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話(2020年4月24日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『捨ててよ、安達さん。』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『捨ててよ、安達さん。』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『捨ててよ、安達さん。』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『捨ててよ、安達さん。』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年4月24日(金)放送終了〜2020年5月1日(金)深夜0時50分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、ドラマ『捨ててよ、安達さん。』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます!(前クールからの傾向)

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『捨ててよ、安達さん。』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『捨ててよ、安達さん。』の配信状況は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『捨ててよ、安達さん。』はポイントレンタル配信されているので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『捨ててよ、安達さん。』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる550ポイントが毎月付与されます。

550ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『捨ててよ、安達さん。』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

ビデオマーケット無料登録はこちら

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して1話無料視聴可能

※無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじは?

2020年4月24日(金)深夜0時52分より放送のドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじをご紹介します。

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。

再び夢の中に現れた少女(川上凛子)を見て、安達さんは幼少期時代のある出来事を思い出す。

そんな中、輪ゴム(臼田あさ美)とレジ袋(戸塚純貴)を名乗る男女2人が安達さんの元を訪れる。

何やら自身の使い方について不満がたまっているらしく…。

さらに、話していくうちに輪ゴムとレジ袋が喧嘩を始めてしまい…。

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

yuyu
次回は男性と女性が登場して安達さんに捨ててよと訴えてくるようなのですが、単にいらなくなった物ではなく、安達祐実さんの生活や人生とリンクしたようなものが登場して訴えるようなのですが、なぜ男女の擬人化なのかワクワクして想像しています。

次回も引き続きかわいい女の子が出てきますが、安達さんがその女の子の存在を疑問に感じているところを見ると、このドラマのキーパーソンは女の子なのかなと思ってしまいます。

もしかするとその女の子は安達さんの気持ちを擬人化したものだったりするのではないかと、今後の女の子との展開も楽しみです。

ペンネーム:yuyu(30代・女性)

nanakusaokayu
第2話では、また謎の女の子と自宅で捨てるものについて考えることになりそうです。

男性と女性が登場し、女性は「カラダが限界なんです」と言い、男性は「捨ててよ、安達さん」とお願いします。

安達さんは夢の中の世界が、自分の範疇を超えていることに困惑しているようです。

女の子からは「夢の中でも女優」だと言われ、女優である自分とそうでない素の自分について考える話になるのではと予想します。

雑誌の打ち合わせではマネージャーや編集者と話すことになりますが、捨てるものが擬人化し、捨てて欲しいと訴える夢の世界を理解してくれるのか、気になります。

ペンネーム:nanakusaokayu(30代・女性)

福岡
1話では安達祐実さんの代表作品のDVDが捨てられないという展開でしたが、来週の第2話は輪ゴム(臼田あさ美)とごみ箱(戸塚純貴)が登場します。

これは安達祐実さんの性格というか、なかなかモノを捨てられない理由として、「もったいない」という気持ちがあり、それを第2話ではメインストーリーとして描いていくだろうと予想しています。

輪ゴムとゴミ袋という、ついつい取っておいてしまうものランキングでも上位に来そうなこの二つが、安達祐実さんの前でどのように擬人化して、やり取りを繰り広げるのか、大変興味深いです。

3人芝居がどのように展開されるのかにも注目です。

ペンネーム:福岡(20代・男性)

てりやき
なぜ捨てて欲しいのか、どのように分別するのか、処分方法はどうするのか、モノに対して非情になる際の心理状態…この辺のことは各話捨てるべきモノによって変わりそうなので、とても楽しみです!

第二話は輪ゴムとレジ袋がテーマになるとのことで、今から共感する気しかしません…。

また、ゲストの役者さんがどなたになるのかもあえて調べていませんのでワクワクしています。

今は現実社会がどうしても重苦しく生き辛い雰囲気なので、このドラマではとにかく癒されたいですし、癒してくれると半ば確信しています!

次回もとても楽しみです。

ペンネーム:てりやき(20代・男性)

紅茶
次回の楽しみなポイントは夢の中の少女とのやり取りです。

雑誌の企画は10回続くようですので毎回捨てるか否かの葛藤があるはずです。

そして夢の中の少女との会話から安達さんの本音の部分が引き出されると思われます。

今回は映像作品に出る芸能人特有なテーマとも思えますが私は共感できました。

そして恋愛がらみの男からのプレゼントをどうするかというエピソードも簡単に予想できます。

その場合は誰にでも当てはまるので、よりズシリと感じるものがあると期待しています。

次も夢の少女が安達さんの本心を鋭くえぐる場面があることを願っています。

ペンネーム:紅茶(40代・男性)

たろ
2話の安達祐実(本人)は1話で現れた女の子(川上凛子)が再び現れて、少女時代の思い出である輪ゴム(臼田あさ美)とレジ袋(戸塚純貴)が現れます。

少女時代から役者として活躍していた安達が普通の子供たちと同じような生活をしていたとは思えないので、輪ゴムとレジ袋と言う普通のものどんな少女時代の思い出があるのか非常に興味を引きます。

又、1話では娘かなと思っていた女の子が実は夢の中だけに出てきた女の子と分かりましたが、彼女今回も再び登場するのでこの女の子が安達の回りにあるどんな思い出が擬人化されたものであるか明らかになるかも楽しみです。

ペンネーム:たろ(50代・男性)

2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

Meloetta

『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレ

安達さんがいつものように謎の少女と夜の自宅にいる。

不思議な状況をコントロールできない安達さんはいらついている。

そこで見ず知らずの男女が自宅にやってくる。

女は「最近は紅しょうがをとじていた輪ゴム」、男は「シンクの下の物入れに突っ込まれていた書店のレジ袋」。

実は安達さんが書店で雑誌を買ったときに雑誌を束ねていた輪ゴムであり、レジ袋だったのだ。

便利、便利ではないものとして全く別の安達さんの家での時間を過ごしていた両者。

手を取り合って、お互いを慰め合う。

安達さんは両者に「いつかは使おうと思っていた」と釈明するも、謎の少女に「罪悪感から逃げているだけ」と鋭く言われてしまう。

レジ袋は安達さんに「捨ててもいいんだよ」と一言言い、背中を押す。

ここでソファーで寝ていた現実へと戻る。

安達さんはこぼしてしまった皿のニンジンを床から拾い、「書店のレジ袋」に入れ袋の口を「書店の雑誌についていた輪ゴム」で閉め、捨てる。

便利、不便利の価値観、いつかは使うと思っていた、そこを抜け出し、捨てるという一歩前に出る行動が描かれている。

『捨ててよ、安達さん。』第2話の感想

ドラマの中にドラマがあり、その場面が安達さんの内心を描いている、展開の面白さがあった。

出てくるキャラクターも、「自分の幼いころの幼稚園のクラスメート」や「レジ袋」、「輪ゴム」と誰にでもどこにでもあるものなので、親近感や現実味を増していると思う。

最初、冷蔵庫にかけられていた輪ゴムとレジ袋に何の共通点があって、安達さんの家に登場したのか疑問だったが、書店の雑誌にかけられていた輪ゴムとそのレジ袋、という関係に、セッティングになるほど、と思った。

二つは離れていても実は同じところから来た、同じように扱われていた、というのが面白かった。

二人の話を聞けば聞くほど「捨てる」にどう結びつくのか、考えが及ばなかったが、意外な展開、「捨ててもいいよ」の一言がよかった。

ペンネーム:Meloetta(40代・女性)

toko3

『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレ

安逹さんは女性雑誌の編集者から自分の私物を整理してほしいと頼まれていた。

一方、夢の中の少女が出てきて安逹さんの話し相手になっていた。

今回は輪ゴムとレジ袋と名乗る男女二人がお客としてやって来た。

輪ゴムは安逹さんによく使用されるので、限界だと言っていた。

また、レジ袋はゴミ袋に使われる方がまだいいと言っていた。

安逹さんはこの二人に言われて気付くところはあったが、少し困っていた。

そのうち、輪ゴムとレジ袋は付き合っていることが分かったが、安逹さんは特別困ることはなかった。

少女と安逹さんはこの二人を見守るしかなかった。

『捨ててよ、安達さん。』第2話の感想

安逹さんが紅ショウガを食べて、その袋を輪ゴムで止める場面は私も一緒だと思った。

また、残ったふりかけを捨てないで、輪ゴムで閉じるところも私と一緒だと思い少しうれしかった。

だが、小さいふりかけの袋に輪ゴムをかける場面で、輪ゴムでは少し止めにくいと思った。

また、レジ袋のキャラもとても面白くて、見ているだけで笑えた。

確かに本屋のレジ袋はしっかりしていて、取っておく安逹さんには同感できた。

また、おしゃれなお菓子を買った時のおしゃれな紙袋も、置いておくと便利だと感じた。

いつも思うが、安逹さんとあの少女の会話している場面は見ていて本当に楽しい。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

ナーナー

『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレ

安達さんは自宅で大好きな紅生姜を食べてくつろいでいた。

その後、ソファーで寝てしまうとまた、夢の中で謎の少女に会い話をしていると少しして訪問者がやってくる。

その訪問者は輪ゴムとレジ袋だという。

見た目は男女であり男性がレジ袋で女性が輪ゴムだとわかる。

輪ゴムはもう体が限界だという事を安達さんに話し捨てて欲しいと頼む。

一方、レジ袋はずっと使われずにコンビニ袋と一緒にしまわれていたことが納得できなかった。

なぜかと言うとレジ袋は書店の袋だと言うことが明らかになる。

その後、輪ゴムは書店の袋の中に入っていた書籍のゴムだったことがわかり2人は一緒に安達宅にやってきた事を語る。

その事があったので「2人は付き合っている」と謎の少女が指摘すると輪ゴムに「付き合ってます」と返答される。

それから、安達宅の庭に場所を移しそこでレジ袋は「捨ててよ安達さん」と頼むのだった。

目を覚ました安達さんは書店の袋を輪ゴムで止めてゴミ箱の中に捨てるのだった。

『捨ててよ、安達さん。』第2話の感想

この話で一番気になったのが、レジ袋の使い道ですね。

やはり溜まっていってしまうのは、しょうがないと思いますが、ある程度は処分しないといけないみたいな感じだったので戸惑いました。

自分も必ずスーパーのレジ袋は、もらいますのでかなり大変なことはわかります。

でも中盤でそのレジ袋は書店のレジ袋だった事が判明するのでまた面白くなりした。

このドラマで肝心なのは会話劇の展開だと思いました。

台本が、面白ければこう言う深夜ドラマも全然悪くありません。

それにやはり安達さんご本人役という事で見方が色々と変化していきます。

ペンネーム:ナーナー(30代・男性)

べるとまん

『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレ

2話ではゴムとレジ袋が擬人化して登場します。

ゴムは紅生姜の袋を止めていて、レジ袋は書店のちょっと良いレジ袋です。

二人は書店の女性向け雑誌に付いていたゴムとそれを入れる袋の関係で、安達祐実さんの家に来て1年が経っていました。

その間、ゴムは使い勝手が良く常に使われていて、肉体的にも精神的にも限界だといいます。

一方、書店のレジ袋は使われることなく拗ねていて、俺は普通のレジ袋とは違うからと主張しています。

二人とも安達祐実さんに捨ててもらう事を望み、それを伝えたところで目が覚めました。

起きた安達祐実さんはレジ袋をゴムで止めて捨てることになりました。

『捨ててよ、安達さん。』第2話の感想

今回のテーマは少し地味でイメージくずれると安達祐実さんは言ってましたが、イメージをぶっ壊す感じでやって欲しいと思いました。

今回のゴムと書店の袋は付き合っていて、お互い慰め合いながら一年間過ごした結果やっと捨ててもらえました。

ゴムのように限界まで使われて疲れてしまう物も有れば、書店のレジ袋の様に次は自分が使われる番だと期待している物もいます。

身の回りの物は使われる為に存在していて、使われた後に天寿を全う出来るのが本望だと思いました。

日本人は物に魂が宿ると古来から信じて来ましたが、大切に使わないと行けないと2話を見て感じました。

ペンネーム:べるとまん(40代・男性)

リードタイム

『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレ

安達祐実さんは夢の中で少女と出会います。

さらに安達さんの前に輪ゴムとレジ袋の男女が現れます。

輪ゴム女性は、日々酷使され体がボロボロになってきたと安達さんに言います。

輪ゴム女性の話に対しレジ袋男性は仕事を与えてもらえるだけましだと話します。

輪ゴム女性はレジ袋男性のプライドの高さが仕事をもらえない理由だと言います。

レジ袋男性は輪ゴム女性の指摘に激しく落ち込みます。

輪ゴム女性は慌ててレジ袋男性に言い過ぎたと慰め始めます。

安達さんは、輪ゴムとレジ袋がカップルである事に気が付きます。

少女は使いもせずとりあえず取っておく安達さんの態度が傷つけていると言います。

夢から覚めた安達さんは、レジ袋とごみ袋を一緒に捨てます。

『捨ててよ、安達さん。』第2話の感想

レジ袋と輪ゴムでここまで壮大な男女のもめ事を描いた脚本に感心しました。

特にレジ袋が書店の袋だった事をごみ袋になれないプライドの高い奴という例えが面白かったです。

レジ袋役の戸塚純貴さんの演技が意識高い系を表していて良かったです。

輪ゴム役の臼田あさ美さんのコロコロ変わる感情も面白かったです。

輪ゴムとレジ袋が結ばれて一緒に捨てられるハッピーエンドで良かったです。

安達さんの幼稚園のエピソードがリアルだったので気になりました。

紅ショウガを落とすシーンもありそうで面白かったです。

少女を演じる子役の話し方が大人ですごかったです。

ペンネーム:リードタイム(40代・男性)

かいろう

『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじネタバレ

安達は自分が書いた連載が、もう少し生活に身近な暮らしにまつわるものがないかと言われる。

安達は、紅しょうがを食べると寝てしまうと夢に出てきた少女を見て自分の少女時代を思い出す。

劇でシンデレラの役をやったと言う。

すると輪ゴムを名乗る女性とレジ袋を名乗る男性が来る。

安達に捨てて欲しいと言う。

輪ゴムは1年くらいお世話になっていると言う。

紅ショウガを止めていると言う。

もう体が限界だと言う。

私ばかりに仕事させると言い、私でなくてもいい仕事までやらせていると言う。

体力的にも精神的にも限界だと言う。

レジ袋も安達のところに来て1年くらいたつと言う。

シンクの下の物入れにあると言う。

レジ袋は他の奴らとは違う書店のレジ袋だと言う。

材質も大きさも他とは違うと言う。

放置されたレジ袋は使われている輪ゴムの話は贅沢だと言う。

俺は何の為に存在しているのか、とレジ袋が言うと、輪ゴムはレジ袋にプライドがあってゴミ袋になれなかったと言う。

レジ袋は材質が良くても、可愛いちゃぶバッグにはなれないと輪ゴムに言われる。

安達はチョコレートの袋を愛用していた。

レジ袋はゴミ袋でも生きている感じがすると言う。

輪ゴムはごめんと謝り、レジ袋の手を握る。

輪ゴムは書籍についていた輪ゴムだと言う。

輪ゴムはレジ袋と一緒に安達のところに来たと言う。

レジ袋は輪ゴムが使い古されていると言う。

輪ゴムはレジ袋の活躍を見たいと言い、2人は仲直りする。

2人は恋していると少女が言う。

レジ袋は輪ゴムを守ってやれなくて、ごめんと謝る。

少女は、使わないのに放置したのかというと、安達はいつか使おうと思ったと言う。

レジ袋は自分に可能性を感じてくれただけで嬉しい、さようならという。

輪ゴムはやきもちを焼いて自分をレジ袋より先に、なき者にしようとしていると安達に怒ると、レジ袋が自分を信じろと輪ゴムを抱きしめた。

目が覚めると安達はレジ袋をゴミ箱に捨てた、安達は美容院に居た。

『捨ててよ、安達さん。』第2話の感想

レジ袋が自分は唯のレジ袋じゃない書店のレジ袋だと言ってプライドを持っていたのは笑えました。

確かに書店のレジ袋はスーパーなどのレジ袋よりも高級感があります。

それでも、チョコレート屋の紙袋よりは高級感で劣るのを輪ゴムに指摘されたのは事実だと思えました。

書店のレジ袋は、スーパーのレジ袋より、ゴミ袋には使いにくいので、使われずに放置される盲点を突いているなと思います。

輪ゴムは自分ばかり仕事させたのは、自分をなき者にしようとしたと、安達にやきもちを焼いたのも笑えました。

何と言っても、使いやすさでは、輪ゴムの方が使われる頻度は違います。

結局、安達は書店のレジ袋を輪ゴムで留めて捨てたので、2人はめでたく使われて捨てられたので、仲良く運命を共にし、めでたしで終わって良かったです。

ペンネーム:かいろう(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画を無料で見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して1話無料視聴可能

『捨ててよ、安達さん。』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる550ポイントを利用して1話無料視聴可能

コメントお待ちしています!

CAPTCHA