SUITS(スーツ)season2|6話見逃し動画無料視聴はこちら【8/17配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

月9ドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話(2020年8月17日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『SUITS(スーツ)season2』第6話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『SUITS(スーツ)season2』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『SUITS(スーツ)season2』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『SUITS(スーツ)season2』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『SUITS(スーツ)season2』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月17日(月)放送終了〜2020年8月24日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2020年春の月9ドラマ『SUITS(スーツ)season2』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『SUITS(スーツ)season2』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『SUITS(スーツ)season2』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『SUITS(スーツ)season2』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『SUITS(スーツ)season2』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。
(初回登録日が1/9の場合、2/8まで無料期間になります)

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『SUITS(スーツ)season2』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『SUITS(スーツ)season2』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじは?

2020年8月17日(月)21時00分より放送のドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじをご紹介します。

かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。

ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れる。

碓氷はギャンブル依存症だったが、ここ数年は賭け事を断っていた。

だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまう…。

しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていたのだ。

碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。

一方、真琴(新木優子)と蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になる。

公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。

里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。

里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。

そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。

羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していて……。

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行く。

奪われたら、奪い返す。

甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

ドラマ公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

きなこ
ドラマ『SUITS-season2-』第6話(次回)では、主人公である弁護士の甲斐が、ギャンブルによってすべてを奪われてしまったクライアントのために裁判に挑む姿が描かれます。

甲斐は、これまでも型破りな方法で裁判に勝利しているので、今回も相手からクライアントが奪われたものすべてを取り返して裁判に勝つ展開になると思います。

楽しみなポイントは、甲斐が自分の問題とクライアントの裁判を上手く両立させていくことです。

甲斐は、優秀な弁護士ですが、現在ある裁判でのミスがきっかけで弁護士としての進退も危ぶまれる事態に直面しています。

そんな甲斐が、クライアントを救いながら自分自身の問題にも決着をつけていくところが見られることを楽しみにしています。

ペンネーム:きなこ(20代・女性)

ゆっきーな
甲斐であれば解雇された玉井を連れ戻す方法も考えていると思うので、遺族との和解交渉がどう進むのか、解決後に玉井をどうやって呼び戻すのか楽しみです。

それにファーム内での人間関係が細かく描写されていて、上杉と幸村の過去の関係、甲斐がそこにどう関わっていたのか、このファームにどういうきっかけで加入する事になったのか気になりますし、蟹江が愛猫を亡くしてから聖澤に言われた一言で今後甲斐やアソシエイトへの接し方が変わるのか、聖澤と鈴木の微妙な関係がこれからどうなっていくのかなど、メインのストーリー以外にも見どころ満載です。

ペンネーム:ゆっきーな(40代・女性)

ミサキ
次回がマカオでカジノのようですが、今回の事件はまだ解決していないようです。

甲斐は玉井を失った辛さを抱えているようです。

ですが、次々と新しい案件が入ってくるので、そればかり考えているわけにもいかないでしょう。

鈴木は甲斐に同行してマカオに行ったようですが、しっかりサポートしてほしいです。

彼の超人的な記憶力は最大の武器になります。

次回の案件はギャンブル依存症の会社の社長のようですが、かなり重症な気がします。

果たして甲斐たちはこの案件を解決していくことが出来るのかが気になります。

そして、甲斐の逆襲が始まるようで、これも非常に楽しみです。

ペンネーム:ミサキ(50代・女性)

hiro1019
次回の案件は、外国のマカオだと予告されました。

マカオで働いている日本人の社長が、カジノでお金を使い果たしてしまい、会社を取られ、その会社を取り戻す為に甲斐がこの案件を任されるというストーリーだと思います。

マカオでの撮影なので、豪華なカジノの様子も見どころですし、マカオの風景や夜景もとても綺麗なので、そこも見どころです。

又今回は鈴木がどんな仕事で見せてくれるのか、甲斐の負けなしの弁護も見どころです。

そして、聖沢と鈴木の関係に進展はあるのかも、見どころです。

又、新しい秘書は、誰がするのかも楽しみな所です。

ペンネーム:hiro1019(50代・女性)

青井里央
当日付で解雇されてしまった玉井さん。

これだけで済むとは思えません。

証拠を破棄したことで甲斐先生が裁判にかけられた時に不利になるだけです。

たぶん、裁判になると思います。

甲斐先生は糾弾されるとは思いますが、ドラマの主人公などで、悲劇で終わる訳はありません。

どう巻き返すのか楽しみです。

真琴がサイン入りテニスボールを蟹江先生にあげたこと。

それにはどう言う意味があるのでしょう。

大輔もそのボールが蟹江先生のもとにあることを知ると思います。

同情から愛に変わった?弱ってる時に優しくして貰って蟹江先生の心が折れ揺れた?

この2人が恋人になるとは思えませんが、気になります。

真琴と大輔によりを戻して欲しいです。

ペンネーム:青井里央(50代・女性)

2020年春ドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

cake1747

『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレ

甲斐と鈴木はクライアントである碓氷ジュエリーの社長に会うためマカオのカジノを訪れるが、社長は300万ドル以上賭けた上に、勝負に負け、甲斐の目の前で会社を奪われてしまう。

自社の全株式を担保にすると紙ナプキンに書き300万ドルもの借金を城田という男にしていたのだ。

帰国した甲斐は、城田とその代理人弁護士との戦いを始め、勝利する。

また、幸村のもとに関東弁護士会副会長の羽鳥から連絡があり、訴訟の件で甲斐の弁護士資格剥奪が和解条件になっていることを問題視していると伝えられる。

幸村と羽鳥はロースクール時代の因縁の関係であり、幸村は自身の名誉と甲斐を守るために動くことを決意し、見事切り抜ける。

一方で、蟹江は聖澤と共に、あるバレエ団と劇場との交渉の代理人を担当することになり、無事に案件クローズを迎える。

『SUITS(スーツ)season2』第6話の感想

冒頭からマカオのカジノが出てきて、スケールが大きいと思いました。

碓氷社長役の華丸さんが、なんの違和感もなく役にピッタリで面白かったです。

終盤で、甲斐と城田が賭けをする場面では、甲斐を演じる織田さんの迫力がすごくて緊迫感を感じました。

まるで、これから始まる一連の戦いを暗示しているかのように感じました。

また、先週から距離を縮め、親しくなっているように感じる蟹江と聖澤ですが、ついに今回は一緒に仕事を担当するストーリーだったので、今後2人でコンビとして案件を担当するシーンが増えたりするのかなと思いました。

個人的にはそのような場面を見てみたいと思ってしまいました。

ペンネーム:cake1747(20代・女性)

さくらこ

『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレ

甲斐と大輔はマカオのカジノでクライアントのジェユリ-会社でギャンブル依存症の碓井社長を訪ねると、ギャンブルで会社を取られたと明かす。

碓井のギャンブル依存症が世間にバレる前に、チカは和解をするように甲斐に命じる。

甲斐らはお金を借りた城田と弁護士に和解を求める。

城田ら碓井のギャンブル依存症を世間に漏らすことを提案すると大輔も同調して和解に持ち込もうとするが、相手は会社の不正があると一歩も引かない様子であった。

そんな中、大輔は蟹江に盗聴されていたことに気づく。

そして、甲斐らは城田に会社を潰す手段に出て、会社を掛けてポーカ-で勝負することにした。 

『SUITS(スーツ)season2』第6話の感想

チカの元に関東弁護士会の亜美が現れ、甲斐の賠償金と弁護士資格はく奪の話を聞き駆け付けたが、この二人の過去に確執があることもあり甲斐に最大の危機を感じた。

そして、頭脳明快のチカが亜美を脅すようなシ-ンは圧倒的にチカの存在感があり貫禄があった。

しかし、亜美はずっとチカのこと恨んでいるように思い、このままでは済まないことが起こりそうな予感がした。

甲斐と城田はポ-カ-勝負に挑み、城田の無能さが明るみにでる面白い結果となったが、碓井も会社でトップを立つ立場でないようだ。

とうとう甲斐の弁護士にチカが挑むことになりとっても楽しみな展開となった。

ペンネーム:さくらこ(50代・女性)

青井里央

『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレ

甲斐先生の案件は「ギャンブル好きが講じて会社の株を担保にその場でお金を借りてしまい、会社を取られないように」と言うことで大輔を連れてマカオに行きました。

相手は某会社の元二世社長で、付いてる弁護士も余り評判は良くありませんでした。

今回は負けるかもと思われた案件でしたが、甲斐先生の貸しがある人がいたので、録画したUSBを手に入れることができ、ディーラーと組むイカサマをしていたことがわかりました。

また、玉井さんとバレエを観に行く約束をしていた真琴。

同じ劇場に蟹江先生もバレエを観に来ていました。

趣味が同じと分かって意気投合して一緒に仕事をした2人。

蟹江先生は真琴のことを好きになり掛けていたようですが、真琴にはその気はありませんでした。

甲斐先生の弁護は幸村先生が担当することになりました。

『SUITS(スーツ)season2』第6話の感想

甲斐先生の裁判の話になると思いきや、甲斐先生は新たは案件でマカオに行ったり、相手に会いに行ったりと忙しくしていて、裁判はどうなのだろうと心配でした。

また、真琴と蟹江先生が近づいたので、これもとうかと思っていましたが、蟹江先生はやっぱり蟹江先生。

仕事は出来てもクズに近い男です。

真琴は初めから蟹江には恋みたいな気持ちは無かったようです。

蟹江先生にはあったようですけど。

幸村先生はやっぱり若い頃からお転婆で、ロースクール時代にライバルのレポートを削除したことを恨まれていました。

それが甲斐先生の裁判にも悪影響を及ぼしそうになりましたが、お転婆は安泰で相手を脅していました。

上杉幸村法律事務所は怖い人ばかりです。

ペンネーム:青井里央(50代・女性)

hiro1019

『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレ

5億円の賠償金と、甲斐の弁護士資格の剥奪を条件に示談に応じるという敵に裁判で戦いたい甲斐。

他の案件の為鈴木と共にマカオに飛び、そこで、ジュエリー会社社長の臼井と会い、会社をとられてしまった事を聞きます。

社長がカジノで負けますが、いかさまをされていた事実を知り、騙した城田の弱い所をついた甲斐は、城田に勝ち会社を取り戻しました。

一方蟹江に認められた聖沢は、ダンススクールの案件を解決します。

その中で見つけたレコーダーで蟹江が盗聴し、上杉に甲斐の情報を流していた事実を知ります。

そして蟹江に、かしをつくりました。甲斐の案件は、雪村が弁護することになりました。

『SUITS(スーツ)season2』第6話の感想

パラリーガルの聖沢を認めている蟹江は、どんな役職でもその実力を認める所が、素晴らしい事だと、素直に感心しました。

そして甲斐は、どこで何をしてもカッコ良いと想います。

二代目というのは大体ダメな人が多いと思っていた通り、城田もそんな器の社長で、そんなところも考えて甲斐の戦い方がすばらしかったです。

雪村も学生時代から強い人だったのだろうと想像出来る事件で、又新しい横槍が入って面倒くさくなると思いましたが、すぐ解決して、ホッとしました。

甲斐と、雪村って似た者同士で、息もぴったり合っていると感じます。

そして甲斐を信じ、弁解してくれる事になった事にホッとしました。

ペンネーム:hiro1019(50代・女性)

ジャニス

『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレ

クライアントである碓氷ジュエリーの社長・碓氷に会いにマカオまで行く甲斐と鈴木。

碓氷はギャンブル依存症でカジノで1回の勝負で300万ドルを賭けようとしていました。

甲斐が止めるが流れが来ているといって勝負する碓氷だったがあっさり負けてしまうのでした。

しかも碓氷はこの場にいた城田に碓氷ジュエリーの全株式を担保にしてお金を借りていたのでした。

碓氷に頼まれて甲斐は城田と交渉を繰り返すが決裂することからポーカー勝負を提案するのでした。

いざポーカー勝負となると甲斐は1回で全てを賭けようとプレッシャーを城田にかけます。

城田は甲斐に心理戦で負けてついでにディーラーと組んでいた証拠を示され敵前逃亡するのでした。

聖澤は蟹江と組んでバレエ団の劇場での一件を成功していました。

聖澤は蟹江を評価しますが蟹江が甲斐の会話を盗聴していたのを知る鈴木がいました。

それを伝え聞いた甲斐は蟹江に鬼の形相で詰め寄り今回だけは貸しにしといてやると伝えるのでした。

『SUITS(スーツ)season2』第6話の感想

勝つのは運じゃない、その場を支配することだという甲斐の言葉は今回の決めゼリフでカッコ良すぎました。

まさかの城田とのポーカー対決という流れは甲斐らしくないなとは思いました。

ただやはりもう一枚情報を隠し持っていたのは流石だなと感じました。

ただ非合法ですがポーカー勝負で決着というのも面白かったなと少し残念に思っています。

城田も卑怯な事ばかりしているし目には目をというのを見たかったなと思いました。

蟹江と聖澤の距離感が近くなっているのが気になりました。

しかし一定の距離感を保つ聖澤が確かにそうなるよなと印象に残りました。

ペンネーム:ジャニス(40代・男性)

三輪たかし

『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじネタバレ

織田裕二と中島裕翔の二人は、「碓氷ジュエリー」の社長の博多華丸に会うため、マカオのカジノに行く。

博多はギャンブル依存症だったが、1回の勝負で300万ドル以上も負けてしまうのである。

そのうえ博多は三浦誠己から、会社の全株式を担保にして300万ドルを借りていたこともあり、会社を乗っ取られてしまいます。

織田は、博多のために知恵を絞って三浦との勝負に挑む。

最終的には織田の強気が大勝利を導く。

新木優子と小手伸也は、バレエ団の演出家の吉澤健の件で、特に新木が大活躍、見事勝利している。

鈴木保奈美が、堀内敬子に「コースタル・モーターズ」訴訟の件で、織田の賠償金と弁護士資格のはく奪を追求されるが、これも見事に解決した。

小手が織田の会話を盗聴していたという事実を織田が知り、彼に借りを作くらせた。

『SUITS(スーツ)season2』第6話の感想

弁護士世界と言うのは言い方が悪いが、勝つためにあらゆる方法を駆使するということが良く判るドラマである。

込み入った案件は常識論だけでは勝てない。

こちらも危機的状況であれ、相手に法に触れないすれすれのやり方でダメージを与えることによって、訴訟に勝つことができるのである。

傍から見たら、強迫的な面もあるが、押しが強くないと、社会では生き残れないと思った。

今回のドラマは3本の案件が同時進行していたが、どれも小気味よく勝っています。

小手のすさまじい強気の主張、鈴木の寄付によって切り抜ける頭の良さ、織田の心理作戦による勝利と、どれもちょっと危ない道だが、これが弁護士の世界なのかもしれないと納得した。

ペンネーム:三輪たかし(60代・男性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2020年春の月9ドラマ『SUITS(スーツ)season2』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『SUITS(スーツ)season2』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『SUITS(スーツ)season2』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA