SUITS/スーツ2|3話ネタバレと感想。玉井の言葉に大輔が決断したことは。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年7月27日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第3話が放送されました。

ドラまる
いよいよSUITS2も復讐編で再始動!
ラマちゃん
強敵の上杉が帰ってきて、幸村と甲斐は彼に対抗していたのよね。

大輔のその後も気になってたから、早く見たいわ~!

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第3話あらすじネタバレと感想

幸村・上杉法律事務所に宿敵の上杉一志(吉田剛太郎)が帰ってきたことを不安に思う幸村チカ(鈴木保奈美)は自分の弱点になる鈴木大輔(中島裕翔)を呼び出し、今までの経緯を聞きます。

なんとおしゃれな幸村さん。今日も素敵です。

幸村は食事に誘った相手におごらせることで相手を認めるという変わった人ですね。

上杉に対抗するためにすべての部門を味方につけることにした幸村は、企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう甲斐正午(織田裕二)に命令します。

瀬川は建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰すことを条件として出してきました。

一方、”アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所”のランキングがワースト2位だったことを責められる蟹江貢(小手伸也)は、東大ロースクールの抜き打ち視察の対策を命じられます。

視察に来た真野麻子(MEGUMI)は蟹江の知り合いだったんですね。

そして、商業ビル『大手町スカイビスタ』建設は資金繰りがうまくいっていない案件でしたが、マディソン建設のワンマン社長・芹沢(石丸幹二)は頑なに建設の中止を受け入れてくれません。

追加融資が認められなかったのは東京ナショナル銀行の融資担当が代わったため。

その担当部長の吉永由紀子も蟹江の知り合いで、今日は蟹江先生が大活躍の予感ですが不甲斐なさをバッサリ切られてしまいました(笑)。

甲斐たちはこの不自然な融資判断を不審がりますが、幸村は建設中止を譲らない瀬川の意向に従うよう命じます。

幸村のために事実に目をつむり建設を中止するのか、それとも?

真野の視察の結果、インターンシップの継続を得られた蟹江ですが、アソシエイトの不満が自身に集められていることを告げられてしまいました。

落ち込む蟹江に、「蟹江先生。君は、すごい。」と一言告げる甲斐。

新人時代の話をする二人の空気がよかったですね。

ちゃっかりボイスレコーダーで録音しているところが蟹江先生のお茶目さがおかしかったです。

一方、東京ナショナル銀行が隠している何かに感づいた大輔。

差し押さえられる予定の『大手町スカイビスタ』の売却先が東京ナショナル銀行であることを見抜いた甲斐は、この横取り計画を阻止し追加融資の許可を取り付けます。

瀬川を味方につけることができなかった甲斐に、幸村は失望していました。

案件の乗っ取りだと怒鳴り込んできた瀬川ですが、銀行と結託してビルの乗っ取りを画策していたことを明らかにされ逆に退所させられることになってしまいました。

上杉への票を一つ潰すことに成功しました。

甲斐「どんな状況になろうとあなたを守る。」

愛の告白とも取れそうな一言です。

そして、聖澤真琴(新木優子)と交際をしていること心配した玉井伽耶子(中村アン)にくぎを刺され、大輔は重大な決断をします。

大輔「やっぱり付き合えない。」

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第3話ネットの反応や感想

ラマちゃん
この一言で幸村に対する甲斐の本気を見せられたわ。

ドラまる
いつも良いとこどりしようとする蟹江だけど、甲斐と一緒に潜り抜けてきた新人時代の話はジンとしたね。

ラマちゃん
悪役を引き受けた大輔の変装がおかしくて、甲斐にサングラスを外されるところがかわいかったわ。

ドラまる
玉井の甲斐への忠誠心は大輔のそれよりも強いんだね。

この宣告はつらかったと思うな。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ2』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第4話あらすじ

2020年8月3日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第4話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)のもとに1枚の訴状案が届く。

差し出し人は、甲斐とは何かと因縁深い弁護士・富樫文弘(髙嶋政宏)だった。

大輔(中島裕翔)は、秘密を抱えたまま真琴(新木優子)と交際することができず、彼女と別れた。

同じころ、大輔を貸してほしいと上杉(吉田鋼太郎)から指示された蟹江(小手伸也)だったが、見栄を張った結果、大輔は自分の案件を手伝っていると嘘をついてしまう。

辻褄を合わせるために、さっそく甲斐に大輔を借りたいと申し出る蟹江。

甲斐は、大輔が真琴との別れから立ち直っていないことを知ると、失恋の傷は仕事で癒せ、と言って蟹江に貸し出すことに。

富樫の呼び出しに応じた甲斐は、『コースタル・モーターズ』訴訟の話を切り出される。

それは、コースタルの自動車に乗っていた運転手が事故死した件だった。

遺族はボンネットの欠陥を疑っていたが、コースタルと代理人弁護士の甲斐は、欠陥はないと主張し勝訴していた。

ところが、実はコースタルの自動車には欠陥があり、一部関係者がそれを認識していたことを示す社内メモが見つかったと言うのだ。

富樫は、コースタルが重大な事実を隠蔽していたとして、損害賠償請求を行うと同時に、それに加担した甲斐も訴える、と言い放つ。

甲斐から報告を受けたチカ(鈴木保奈美)は、上杉がコースタルの神崎社長(伊藤正之)と親交があることに触れ、公になる前に事実確認をするよう甲斐に命じるが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

「お互い嘘のない関係でいたい」という聖澤の言葉。

大輔本人よりもずっと重く受け止めていたのは玉井でしたね。

自身の身を預けてまで大輔を弁護士に迎え入れた甲斐のことを忘れかけていた大輔の目を覚ます言葉を残しました。

あっという間に破局を迎えてしまった二人ですが、復縁を切に願います。

そして、今日は幸村と甲斐、蟹江と甲斐の関係性が一気に感じられるお話でもありました。

ドラまる
大輔、今日も大きな決断をしたね。

本当のことを話したとしても、結果が幸せかどうかは分からなかったけど。

ラマちゃん
上杉への最初の一手として、上杉につきそうな瀬川を排除したのね。

来週は上杉本人も再登場よ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA