SUITS/スーツ2|2話ネタバレと感想。大輔の恋が進展も重大な決意をするが・・・。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年4月20日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第2話が放送されました。

ドラまる
ついに帰ってきた上杉が法律事務所のトップを虎視眈々と狙ってくるよ。
ラマちゃん
大輔は真琴との関係が進展して浮かれそうだけど、自分の立場を理解しているのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第2話あらすじネタバレと感想

甲斐正午(織田裕二)が鈴木大輔(中島裕翔)を連れ幸村・上杉法律事務所に戻ると、以前の自分の傲慢な態度を反省し改心して戻ってきたと上杉一志(吉田剛太郎)が演説を繰り広げていました。

その姿に危機感を覚えた代表の幸村チカ(鈴木保奈美)は自分たちの弱みとなる大輔を解雇するように甲斐に命じますが甲斐は反対します。

早速上杉のためのオフィスの改装を行っているのは蟹江貢(小手伸也)でした。

蟹江は友人からの引き抜きの話もあったようですが、結局上杉サイドにつくことを決意したようです。

これも仕組まれたような見事なタイミングでしたが。

さらに上杉から事務所が取り扱っている全案件をまとめるように指示されていました。

実際の作業を任される聖澤真琴(新木優子)を助ける大輔がかいがいしいです。

前回、きちんと告白して返事待ちの状態でしたね。二人を見るとドキドキします。

幸村は上杉に主導権を握られないよう、上杉が以前獲得してきたクライアント・「東京国際記念病院」の案件を甲斐に任せることにしました。

「東京国際記念病院」における看護師長・安田佐緒里(黒木瞳)が待遇改善を求め訴えを起こしていました。

大輔を連れ病院へと出向いた甲斐は、交渉の場に弁護士をつけず一人でついた安田に対し報酬の5%UPを提示します。

しかし安田は病院が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入することを理由に15%UPを求めてきます。

要求を通すために安田は内閣官房長官の心臓バイパス手術の日の看護師のストをちらつかせてきました。

この件で報酬アップを飲むべきだと口をはさんできた上杉に必要以上に反発しているように見える甲斐を大輔も心配しています。

しかし、ストの情報がマスコミにリークされ甲斐は追い詰められます。

そこへ現れた上杉に対し「ストは絶対にさせない。」と強い言葉を残し出て行ってしまいました。

安田を祖母の元へ連れてきた大輔は看護師側の正確な要求を確認します。

甲斐を助けたいという上杉に呼び出されたという大輔に対しても表情をこわばらせる甲斐。

二人の関係にも割り込んでくる上杉の影が気になりますね。

経歴詐称が暴かれる恐怖と言うよりも、大輔が上杉と通じていたことに対する怒りを見せていました。

院長・長谷川雄一郎(佐戸井けん太)と会食する甲斐は報酬アップを12%で決着をつけることを提案します。

院長と看護師長同席の交渉の場で甲斐は超過勤務で安田に対する解雇通知を用意していました。

全看護師に対し解雇通告の用意があると告げる甲斐でしたが、これを回避させるために勤務のホワイト化を院長に約束させ安田を納得させたのでした。

あくまでも報酬アップを飲み急いでケリをつけようとする上杉のやり方ではなく、全看護師の本当の願いを叶えるための手段を選んだ甲斐。

大輔の頑張りが甲斐によって昇華されました。

一方、告白を受け入れてくれた聖澤を祖母の元に連れていく大輔は、ある決意を胸に甲斐の元へと向かいます。

大輔は聖澤に真実を告げようとしていました。

スポンサーリンク

『SUITS/スーツ2』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
大輔の立場はどうなるのかな?

ドラまる
看護師長、きれいで強かったね。

ラマちゃん
よかったね~大輔先生。

でもファームではな・い・しょ。

ドラまる
大輔に近づいてくる上杉。

怖いよ~。

ラマちゃん
やっぱり影響を受けちゃったわ。

みんな一丸とならないといけない時だから、コンフィデンスマンJPを次週は楽しみましょう~。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ2』第2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第3話あらすじ

2020年4月27日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第3話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)は、『幸村・上杉法律事務所』のトップの座を狙っている上杉(吉田鋼太郎)の動向を注視していた。

上杉が、シニアパートナーの過半数の票を集めて代表権の交代を画策するものと考えたチカは、まず企業再生部門の瀬川修一(笹野高史)を味方につけるよう、甲斐に命じる。

一方、真琴(新木優子)と交際を始めたばかりの大輔(中島裕翔)は、彼女にすべてを打ち明けるべきかどうか悩んでいた。

そんな折、チカからディナーに誘われた大輔は、幼いころのことなどをいろいろと尋ねられる。

だが、チカが自分を呼び出した目的がわからず、困惑するばかりだった。

瀬川のもとを訪ねた甲斐は、チカに対して不満を抱く彼に、力になれることを証明したいと申し出る。

そこで瀬川が提示したのは、建設中の商業ビル『大手町スカイビスタ』プロジェクトを潰せ、というものだった。

『大手町スカイビスタ』は今年の春に完成予定だったが、大幅に建設が遅れていた。

原因は、プロジェクトを進めるマディソン建設のワンマン社長・芹沢(石丸幹二)のこだわりで、度重なる仕様変更にあったためだった。

また、同社はメインバンクの東京ナショナル銀行への返済も迫られていたが、資金は完全に底をついている状態だ。

しかし芹沢は、建設を断念すべきだという甲斐たちの提案を聞き入れず、追加融資をしない銀行の方がおかしい、と主張して最新の財務計画書を甲斐に手渡す。

同じころ、アソシエイトを統括する蟹江(小手伸也)は、経済誌に載った“アソシエイトが選ぶ働きやすい法律事務所”という記事で、『幸村・上杉法律事務所』がワースト2位だったことにより、東大ロースクールはインターンシップの廃止も検討しているということでチカに責められる。

改善を命じられた蟹江は、東大ロースクールから抜き打ちで視察に来た真野麻子を出迎えるが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

とうとうSUIT2までも放送が延期になってしまいました。

「あなたを許す気はない」と言い切り冷静さを欠くほどに上杉との確執は深いもの。

その上杉が様々な場所へ介入してきてこれからますます雲行きが怪しくなってくる転機になるところだったので残念ですが、放送開始を楽しみに待ちたいと思います。

ドラまる
真琴と付き合い始めた大輔がウッキウキだったのがおかしかったね。

このまま嘘をつき続けることに罪悪感を感じていた大輔。

ラマちゃん
二人の恋の行方もしばらくお預け。

第3話放送まで楽しみにしておきましょう~。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA