SUITS/スーツ2|1話ネタバレと感想。甲斐・大輔コンビが復活!やっぱりおしゃれ。

  • この記事を書いた人:tomopon

2020年4月13日(月)にドラマ『SUITS/スーツ2』第1話が放送されました。

ドラまる
一年半ぶりにスタイリッシュドラマが帰ってきたよ。
ラマちゃん
相変わらずオシャレの宝庫。

楽しんでいきましょう~。

こちらの記事では、ドラマ『SUITS/スーツ2』第1話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『SUITS/スーツ2』第1話あらすじネタバレと感想

新事務所に引越しをしている幸村・上杉法律事務所。

そんな慌ただしさの中、甲斐正午(織田裕二)はとある歌手の海外進出の手続きを進めていました。

歌手役に加藤ミリヤさんでしたね。

しかし脅迫を受け事前に提案されたものとはかけ離れた条件を出された甲斐は、その脅迫の様子をメディアに暴露し全米進出を取りやめます。

それを手助けしていたのがボストンから呼び戻された鈴木大輔(中島裕翔)でした。

大輔が経歴詐称をしていることを知っている幸村チカ(鈴木保奈美)は不安顔をし、さらに共同経営者の上杉一志(吉田剛太郎)が帰ってくることを心配しています。

大輔の復帰戦として甲斐が任せたのはアイデアを盗用されたという元女性社員に訴えられた出版社の案件です。

出版社を訴えた吉野麻帆(玉城ティナ)にあった大輔は、小説のアイディアを編集者に見せたことがあると聞かされます。

和解金で訴訟は回避されたかに見えました。

甲斐自身はロケットや航空機の技術開発をしている『フューチャースカイ』の社長・三津谷聡(反町隆史)から、宇宙事業一本化に向け事業の売却を依頼されます。

最低価格は100億円。

三津谷は「これは今後、甲斐に仕事を任せるかどうかのテストだ」と言います。

買い取りを考えている本命の相手会社は70億で提案してきたため、競合を行い値を釣り上げようと考えました。

そんな時、上杉の妻が他界したとの連絡を受けた甲斐。

妻の看病のため休職していた上杉は幸村と確執がありました。

彼の復帰を快く思っていない幸村と甲斐は、法律事務所に戻らせないための彼の弱みを握っているようです。

しかし、幸村は自分たちの弱みは大輔を雇い続けていることだと考えていました。

一方、出版社との交渉を進めていた大輔でしたが、両者同席での場で吉野は和解を断ってきました。

原案者として小説にクレジットすることを求めます。

慌てた大輔は盗用したとする小説家の元に向かい、構想メモを盗み見ることに成功しました。

パソコンのごみ箱に捨てられていたファイルに目を止めます。

盗用を確認した大輔でしたが吉野に対し、海外の小説を読み漁った結果、彼女のアイディアがオリジナルではないことを告げ再度出版社と契約をすることを勧めました。

甲斐の方も『フューチャースカイ』の件で駆け引きを仕掛けますがうまくことが運びません。

社長の三津谷のフェイクニュースを流されたため、評価額は50億まで下がってしまいました。

大輔に「リングを降りる」と言う甲斐。

三津谷が焦って売却しようとしている技術が特許を侵害していることを突き止めた甲斐はこの件から手を引くことにしたのです。

特許侵害のことを知りながら隠匿していた三津谷は甲斐からクロスライセンスを交渉材料に使うことを進言され、再び甲斐に顧問弁護士を続けてもらえるよう依頼します。

再び『フューチャースカイ』を担当することになった甲斐が事務所に戻ると、上杉が復帰していたのでした。

『SUITS/スーツ2』第1話ネットの反応や感想

ラマちゃん
すごすぎる二人だわ。

画面がかっこよすぎて震えるわ。

ドラまる
シーズン2もスタイリッシュ~!

ラマちゃん
大輔先生、ちゃんと真正面に告白してかっこよかったわ。

ドラまる
お葬式もかなりスタイリッシュで、幸村・甲斐コンビも素敵だったね。

ラマちゃん
玉城ティナさんの透明感、半端ない~。

ドラマ『SUITS/スーツ2』第1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『SUITS/スーツ2』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『SUITS/スーツ2』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

『SUITS/スーツ2』第2話あらすじ

2020年4月20日(月) 21:00時から放送のドラマ『SUITS/スーツ2』第2話のあらすじをご紹介します。

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)によって、『幸村・上杉法律事務所』から事実上追い出されていた共同代表の上杉(吉田鋼太郎)が復帰した。

上杉は、全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いを詫びると、妻の死をきっかけに人を思いやることの大切さを学んだとアピールし、あっという間に彼らの心を掴む。

チカは、上杉に弱みを握られる前に大輔(中島裕翔)を解雇するよう甲斐に命じた。

しかし甲斐は、大輔を辞めさせるなら自分もクビにして欲しいと返す。

甲斐が辞めれば、上杉は必ずその理由を探り、無資格の弁護士を雇っていたことでチカを責めるはずだと言うのだ。

あくる朝、チカたちが事務所にやってくると、内装工事が行われていた。

上杉の指示だった。

その陣頭指揮をとっていたのは蟹江(小手伸也)だ。

蟹江は、上杉から事務所の全案件をまとめた資料も作るよう指示されていた。

蟹江からその許可を求められたチカはOKするが……。

そんな中、甲斐は、難航している東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるよう、チカに命じられる。

東京国際記念病院は、もともと上杉が獲得したクライアントでもあった。

だがチカは、重要な案件は上杉に任せない心づもりでいたのだ。

東京国際記念病院では、待遇に不満を持つ看護師たちが組合を結成し、賃上げを要求していた。

それが受け入れられない場合は、内閣官房長官の心臓バイパス手術が行われる日にあわせて一部業務のストライキを行うと宣言していた。

甲斐は、大輔とともに組合をまとめる看護師長の安田佐緒里(黒木瞳)に会いに行く。

かつて被災地のボランティアをまとめた手腕でも知られる佐緒里は、弁護士もつけずにたったひとりで交渉の席につく。

そこで甲斐たちは、平均5%の給与アップを提示した。

しかし佐緒里はそれを拒否し、病院側が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%もの賃金アップを要求。

「私たちの仕事を舐めないで」。

佐緒里は、甲斐たちにそう言い放ち……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『SUITS/スーツ2』第1話のネタバレ感想と第2話のあらすじをご紹介いたしました。

今回のゲスト・反町隆史さんや玉城ティナさんがメインキャストに負けないオーラを披露していてあっという間に一話が終わってしまった感じでした。

相変わらずのスタイリッシュぶりです。みなさんかっこいい~。

そして一期では名前しか出てこなかった上杉がとうとう復帰しました。

かなりのくせ者のようですね。

甲斐たちが握っているという上杉の弱みとは何なのでしょうか。

ドラまる
初っ端から大輔が聖澤真琴(新木優子)にちゃんと告白してたね。
ラマちゃん
いろんな見どころが満載。

第二期でますます面白くなってきたわね。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA