MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|4話ネタバレと感想。志摩(星野源)の犯人の銃を握る気迫に脱帽!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年7月17日(金)「MIU404」の4話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
拳銃に撃たれた元ホステスが大金の入ったスーツケースを持って姿を消す。

なぜ、元ホステスは、大金を持っていたのでしょうかね。どんな展開を見せるか。

ラマちゃん
元ホステスは、裏カジノ事件に関与していたことを桔梗から聞く志摩と伊吹。

桔梗となにか繋がっているのかな。息子もいるし、桔梗の人物像も明らかになって行くのかな。

拳銃使用による殺人未遂事件が発生。被害者の元ホステスは、薬局で銃創の手当てをし、大金の入ったスーツケースを持って姿を消す。裏カジノ事件と繋がっており、伊吹と志摩が捜査し.....。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』4話あらすじネタバレと感想

伊吹は、隊長の桔梗に息子がいることを知り、陣馬たちの居酒屋で飲んだ時に、父親のことを聞く。陣馬は、妊娠が分かった時に事故で亡くなり、一人で育てていると言う。

志摩は、羽野麦という女性に育児を手伝ってもらっていると言う。

翌日、メロンパン号で、メロンパンの歌をかけ、横断歩道を喜びながら渡る園児を見ながら、伊吹は、父親になってもいいなとふざけたことを言い志摩に怒られる。

拳銃使用による殺人未遂事件がおき、被害者と加害者とも行方不明との連絡が警視庁から入る。

被害者が立ち寄った薬局が分かり、急行する志摩と伊吹。

女は、1億以上の大金を持っており、銃創を手当てして、薬局を出て行ったのが防犯カメラに写っていた。

指紋から、被害者は、元ホステスの透子で、裏カジノ事件に関与した前科一犯だった。

暴力団がらみの事件であることが分かり組対4課が引き継ぎ、第4機捜の役割は終わったが、桔梗は、志摩と伊吹に声をかける。

裏カジノに嵌められた透子は、借金が膨らみ、風俗や裏カジノ店でも働かせられていた。

家宅捜査が入り表の経営者を含め透子も逮捕されたが、裏の経営者・自称エトリは、情報提供者から得た似顔絵だけあるだけで正体不明だった。

桔梗は、今回の事件を暴力団の抗争と考えるのは、単純すぎるのではないかと考えを言うと、伊吹は、防犯カメラに映った透子の訴える顔を見て、見つけて話を聞きたいと言い出す。

志摩は、伊吹を暴走させて良いのかと桔梗を睨むが、桔梗は伊吹の意見に同意し、透子を探すことを許可する。

志摩と、伊吹は、透子の勤め先を尋ねると、女性店員が、不安な顔をしながら警察を待っていたと言う。

今朝、開店時に、怖い男たちが透子を探しにきて、透子は大金を持って逃げたと証言する。

女性店員は、そのことを店長に伝えたが、警察に通報はなかった。

桔梗は、我孫子刑事部長に、第4機捜が透子を捜査していることを伝える。透子は、我孫子が捜査を指揮していた裏カジノ事件の関係者だと伝える。

桔梗が保護している羽根麦(通称:ハム)はその時の情報提供者で、エトリを警察が捕まえる約束で情報を提供したが、我孫子は取り逃がしてしまったのであった。

エトリに、ハムが警察にリークしたことが知られて脅えていたところを、桔梗が、個人的に保護したのであった。その経緯を伊吹は、志摩と陣馬から聞く。

桔梗に、志摩は、透子の会社の経営者が、警察に通報しておらず何か隠しているのではと伝える。

その会社は、暴力団と繋がっていると気づいた桔梗は、組対4課に自ら聞きに行くと言うが、陣馬は、隊長が動くと事が大きくなると、代わりに九重をつれて聞きに行く。

伊吹と志摩は、市中をメロンパン号で透子を探す。そのころ、透子は、銃で撃たれたところから出血しながら市内を逃げていた。

陣馬が組対4課から得た情報では、透子が勤めていたショップで契約された携帯が、犯罪に使われているケースが多く、暴力団がまるごと購入した関連企業であることが分かる。

透子は、ショップの売り上げを1億円横領したのがばれて、暴力団に追われていたのだった。

伊吹と志摩は、ショップを見張っていると店長が、透子の居場所が見つかったと言っているのが聞こえ、店長の車を追尾する。

第1機捜のスパイダー班の糸巻が、透子が成田から海外に逃亡するチケットを購入したことを掴み、成田行きのバスに乗車したことが分かる。

暴力団も一斉に成田に向かって動き出し、組対4課それを追い、陣馬たちも追尾する。

成田での暴力団によるドンパチを避けるようにと我孫子は、透子が乗った成田行きのバスを途中で下させるように指示しようとする。

透子が乗ったバスには、透子を撃った暴力団も乗車していることが、糸巻の防犯カメラの映像分析から分かる。

我孫子は、成田の途中で運転者に降りるように指示する。成田で騒ぎが起きるよりは、被害が最小限に抑えられると判断したのであったが、桔梗は、透子の身を案じ反論する。

その時、無線から、伊吹たちが、透子の乗ったバスに追いついた連絡が入ってくる。

桔梗は、バスを、成田行きの高速から途中で下させるので、同乗する暴力団の発砲をなんとか食い止めろと志摩たちに指示する。

それを聞いた伊吹は、ワクワクしてくると言い、冷静な志摩は、伊吹に、防弾チョッキを着用しろと諫める。

運転手は、エンジントラブルだと言い高速をおりて、廃倉庫にバスを停止する。

伊吹は、バスの修理のふりをして車内に入り、暴力団の男を見つけて、志摩に、小さな声で無線で合図する。

志摩は、メロンパン号から、メロンパンの歌を流し、暴力団の男が見た隙に、伊吹が、黒い袋をかぶせて視界を奪い、拳銃を取り上げ、手錠をかける。

志摩が、バスに近づくと、バスの中にもう一人拳銃を持った男を発見し、すぐに、伊吹に伏せろと叫ぶ。

その声で、伊吹は気づき、その男が放った拳銃の銃弾をよけることができた。伊吹は、その男を、バスにかけつけた志摩といっしょに取り押さえてバスの外に連れ出す。

志摩が、バスを降りた時に、ショップの店長の男が、拳銃を志摩のこめかみに突きつけてくる。

志摩は、拳銃の銃口を手でつかみ、「撃てば、銃が暴発して、お前も死ぬ、警官である俺の方が銃に詳しい。撃ってみろ」と睨む。

伊吹は、志摩の姿をじっと見ながら、男が、拳銃の引き金を引きそうになりひるんだ隙に、銃を蹴飛ばして、男を取り押さえる。

伊吹は、志摩の胸ぐらを掴み、「暴発するわけがない。死にたいのか。」と叫ぶ。志摩は、冷静に、「助けるのが遅いんだよ」とかわす。

志摩は、透子に話を聞くのではと伊吹に言い、バスに戻るが、透子はすでに、出血多量で亡くなっていた。透子とともに、大金も消えていた。

透子のお金が薬局の防犯カメラで確認されてから、バスに乗る4時間の間に、だれかに渡したか隠したかのどちらかと考えていた。透子のその間の足どりは、血痕である程度分かっていた。

透子のスマホからブログが見つかる。ハローワークの紹介なのに、また、暴力団の店だったことを気づき落ち込んだこと、お金の流れを知り、横領し始めたがばれないことが書かれていた。

桔梗は、志摩に、透子のブログの最後の文章を読み、警察への恨み、人生への絶望が書かれていると言い、「私たちはいつも間に合わない」と落ち込む。

桔梗は、現金を海外にそのまま持ち出せないのに、どうやって持ち出そうとしたのかと志摩に言う。伊吹は、糸巻が、宝石店に透子が通っていたという情報を掴んだという。

伊吹と志摩が、その宝石店に行くと、透子が、まとまった遺産を相続できると言い、宝石を特注していたことが分かる。今日、購入をして、手縫いのウサギの目に入れていたと言う。

透子は、手縫いのウサギの両目に宝石を入れ、海外に逃亡しようとしていた。死が近くなり、そのウサギを、捨てたのではと陣馬は言う。

伊吹は、透子にはそれは似合わないと言うと、九重が、透子はだれを助けようとしたのかと言い出す。

桔梗は、ブログには、助けられなかった警察への恨みが書かれているだけだと行間を読むようにという。九重は、言っていることが分からない、誰かを助けると最後に書いてあると主張する。

志摩が、ブログは、最新のものが一番最初にくると気づき、大きな声をあげる。つまり、書いた逆の順番で、桔梗たちは読んでいたのだった。

皆で、九重を褒める。ブログの読み方にすると、小さな女の子を助けると読めることが分かる。

伊吹が、それをどこかで見たと、透子の逃亡の足どりの写真に、海外の恵まれない少女への基金への寄付のポスターだった。

志摩と伊吹は、国際便を運ぶ運送会社の窓口に行き、透子が嬉しそうに、初めて寄付をするとウサギを箱につめ、この価値が分かるようにと手紙を添えていて発送したことが分かる。

透子は、恵まれない少女に送る国際便の発着時刻を確認し、その時刻まで逃げればいいんだと思い、暴力団も警察も騙して、成田で逃亡するふりをして、死期が迫った時、ブログに思いを記したのであった。

伊吹は、志摩に、死にたいのが分かったと言い、銃口に自ら向かって行くようなことはするなと怒る。伊吹ががらにもなく、志摩を心配しているのが分かり志摩は微笑む。

ここまでがネタバレですが、第4話は、銃弾で撃たれ逃亡する女。桔梗は、その女が逮捕された裏カジノ事件で黒幕を逃がした経験から、その女を追わせ.....。

銃で撃たれ逃げる元ホステスの女の防犯カメラの顔を見て、何か訴えたいと気づくあたりは、相変わらず伊吹の直感が鋭いと思いましたね。桔梗もそれを認めつつありますね。

桔梗の息子の世話をする女・ハムの秘密が分かりました。裏カジノ事件で、情報提供者で、警察が黒幕を取り逃がしたため、桔梗が保護していたのですね。

ドラまる
志摩が、犯人に銃口を突きつけられ、撃てるものなら打って見ろと命をかける真顔の姿。バディを殺してしまった悔いで死ぬことを恐れないのか。

伊吹は、それを知ったか熱く止めましたね。

ラマちゃん
九重が、SNS時代の申し子のように、透子のブログが逆読みだと気づかせましたね。

九重も、いい雰囲気を第4機捜にもたらしてきましたね。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』4話ネット上の反応

ドラまる
志摩の凄み、伊吹とのコンビがますますいいと評価が高いですね。

ラマちゃん
最後のどんでん返しの演出に絶賛の声が上がってますよ。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|4話見逃し動画無料視聴はこちら【7/17配信】

ドラマ『MIU404』5話のあらすじ

2020年7月24日(金)放送のドラマ『MIU404』第5話のあらすじをご紹介します。

日本人店員が勤務するコンビニを狙った強盗事件が同時発生する。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、現場周辺の店舗でコンビニ店員に扮して張り込みを行うが、なんと、その店舗も強盗に襲われてしまう。

さらに付近の店舗も次々と強盗に襲われるが、マークしていた捜査員によって一斉に確保される。

犯人は外国人で、その大半が低賃金で労働する元技能実習生だった。

伊吹と志摩も同様に犯人を捕まえるが、二人に仕事を教えた留学生のマイ(フォンチー)が勤務する別店舗では、犯人を取り逃がしていた。

その一件が発端で、マイに共犯の容疑がかかってしまう。

伊吹と志摩は、マイの関係者から話を聞くために彼女が通う日本語学校の事務員・水森(渡辺大知)を訪ねるが…

そんな中、伊吹は恩師であり元刑事の蒲郡(小日向文世)に会いに行く。

今は外国人支援センターで働く蒲郡から外国人労働者の実態を知った伊吹は、思わぬところから事件の真相に迫ることになるのだが…

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『MIU404』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

銃で撃たれ大金を持って逃げた女。暴力団の金を横領。女は、桔梗が黒幕を逃がした事件の関係者。伊吹たちは救えず。大金を宝石に変え、恵まれない少女に寄付し、女は満足の死だった。

ドラまる
コンビニ連続強盗犯は外国人の低賃金技能実習生で一斉逮捕される。一部犯人を逃がした留学生の少女に疑いがかかる。

志摩たちは、その留学生を調べるようです。何が裏に隠されているのでしょうか。

ラマちゃん
伊吹の恩師の元刑事が登場するようです。

伊吹が警官になった経緯が分かってくるのかな。楽しみですね。

隊長・桔梗と刑事部長・我孫子との間に、裏カジノ事件での黒幕・エトリの姿が。黒幕を暴いて、保護するハムを桔梗は救うことができるのかも焦点になってきましたね。

志摩が、昔、バディを殺してしまい捜査一課を外れた経緯、伊吹も、銃で犯人を殺してしまいそうになった過去。お互いに傷を抱えながら、支え合う関係が出来てきました。

次話、外国人支援をする仕事をする伊吹の恩師の元刑事からの情報で、伊吹がまたもや活躍するようです。志摩と伊吹の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA