MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|2話見逃し動画無料視聴はこちら【7/3配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話(2020年7月3日(金)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

↓初月無料で今すぐ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』を全話見る方はこちら↓

ドラまる
『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREE利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年7月3日(金)放送終了後〜2020年7月10日(金)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年1月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年春ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじは?

2020年7月3日(金)放送のドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじを紹介します。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。

容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。

加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

にこ
次回は志摩と伊吹が殺人事件の容疑者を、追跡するところが注目ポイントだと思います。

ナイフを持って逃走している容疑者に、どのように立ち向かっていくのか気になるところです。

伊吹が何か仕出かすのではないか楽しみです。

そして追跡していく中で、車内で立てこもりをしていると見立てるところも気になります。

容疑者を興奮させないようにどのように動いていくのか注目したいと思います。

車内にいる夫婦たちを無事救うことができるのかも期待したいです。

きっと志摩と伊吹のバディで、ちゃんと犯人逮捕をすることができると予想します。

ペンネーム:にこ(20代・女性)

ぱなこ
第1話では主人公の2人が衝突しつつも最後に伊吹が志摩を認め出していましたが、第2話でも意見がぶつかるのではないかと思います。

そして、どうやって和解していくかが楽しみです。

伊吹がスマートな推理をしていたので次回以降も推理するシーンに注目しています。

また、伊吹の過去はあまり詳しくは語られなかったので少しずつ明らかになっていくのではないかと思います。

第1話でのカーアクションがすごかったので、次回以降もアクションシーンが楽しみです。

また、第4機動捜査隊の個性あふれるメンバーのやりとりやそれぞれのメンバーの活躍にも期待しています。

ペンネーム:ぱなこ(20代・女性)

さきママ
次回予告を見た限り、次回は刃物を持って逃走する男性を追いかけるようなので、また緊迫しそうだなと感じています。

ただ、予告での印象だけだと、次回の犯人は、ただの凶悪犯ではないような感じもしました。

現に、『男が逃げる理由とは?』というような内容も書かれていたので、もしかしたら、逃げている男性は、実は何も犯しておらず、真実を知るために奔走しているタイプの内容ではないかと予想しました。

だとしたら、一体何があったのか、より気になります。

もし、何か事情のある人物だとしたら、刃物を持っているとはいえ、伊吹の怒りの姿は見ずに済むだろうかとも予想しています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

ありんこ
殺人犯が逃走をしながら、車両を使い運転手と妻を脅して立て籠るという展開です。

ここだも勘の鋭い伊吹の力を発揮し、犯人が乗っているかもしれないという予感で一台の車を追いかけます。

そこで怯えながら運転する夫婦を発見し、接触するが夫婦の態度からこれは普通の立て籠り事件ではなく裏があるのではと捜査が進んでいくストーリーのようです。

私の予想では、夫婦は殺された被害者の縁故者で、犯人に対して殺害を依頼して立て籠りの人質とさせることで自分達夫婦は完全な被害者であると思わせる作戦だったのではないかと思います。

被害者との間に何かトラブルや相続問題があったと予想します。

楽しみなポイントは、次回も迫力のある犯人追跡シーンを期待しています。

ペンネーム:ありんこ(30代・女性)

わんちゃん
クリーニング屋をしている人が犯人として登場する、というあらすじだったので、志摩が警察庁の制服をクリーニングに出す場面から物語が始まるのかなと思いました。

もしくは、真面目そうな志摩なので、普段来ている服はきっちりとクリーニングに出す習慣があり、それを大雑把に生活していそうな伊吹からからかわれて喧嘩になる場面から始まるのか、冒頭が楽しみです。

そして、謎すぎる伊吹の過去が話数を追うごとに明らかになりそうなので、彼の正体が気になります。

また、1話みたいに、別の人が犯人だったという展開になるのか最初から犯人は一人に絞られるのかも、気になっています。

ペンネーム:わんちゃん(30代・女性)

ふじお
殺人事件の現場から逃亡中の犯人を追いかける伊吹と志摩ですが、カーアクションが見ものです。

前回、車を一台台無しにしてることから、また壊してしまうのではないかと思っています。

機捜はどうしても車両を使うので危険がいっぱいです。

警察の90%は拳銃を打たないより出さないのが現実で、ただのアクセサリーになっています。

もっていれば凄く心強いのですが、奪われてしまったとき、何よりの凶器になります。

二人はいいコンビになれるのでしょうか?疑問はありますが、不思議とお互い認め合う間柄になりそうです。

野性的な刑事と頭脳派刑事は、持ちつ持たれつの関係です。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

2020年春ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

坂田団十郎2号

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレ

志摩は1話で警視庁の車を壊してしまった為、代わりに捜査の一環で使っていたメロンパン屋のワゴンを使う羽目になり、シラけてしまいます。

更には、第4捜査機動隊が使用していた部屋は、陳馬がベランダで麺の湯切りをしていたのが原因で、ラフすぎるオフィスに引っ越すことになってしまいました。

伊吹と相棒を組むことにも少々違和感を持つ志摩でしたが、ある職場で殺人事件が起こり、犯人が逃走している場所が志摩と伊吹の乗った車と同じ方面でした。

伊吹が「俺はいつも人に疑われて生きてきたから、少しは俺を信じて欲しい。」と冗談交じりに志摩に言うと、二人の車の横を通り過ぎた車の後部座席に乗っていた女性(田辺早苗)が、こちらを見ていました。

その車を運転する田辺将司(早苗の夫)は、志摩と伊吹の車を追い越し割り込んできました。

殺人事件の関係で警察の検問が行われ、田辺の車が警察に怪しまれます。

早苗の横に座る加々見という逃走中の男の手は血まみれで、持っていた刃物で早苗を脅していました。

将司はびくびくしましたが、「彼がこんなことをするのは、理由があるだろう。」と考え、加々見を息子だと偽り、警察から守ろうとします。

この夫婦には、加々見と同い年の息子がいました。

息子が中学生の頃、いじめを受けていたことを知らず、「お前が悪いんだ。」と決めつけたことで死に追い込んでしまったのでした。

その息子の墓参りの途中だったことを知った加々見は、居たたまれなくなりますが、夫婦は優しくするのでした。

「元々は無職だったが、同級生のお陰で今の職につけたこと、ところが上司は同級生を解雇し、死に追いやったことが悔しい。」と加々見は二人に話しました。

休憩所についた時、志摩と伊吹が乗り込んで来ると、田辺夫婦は加々見を逃がします。

「これ以上加々見に関わると、共に罪を犯すことになる。」と志摩に告げられた田辺夫婦は、加々見が行こうとしていた場所を教えます。

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の感想

志摩が2話の中盤で、サービスエリアのトイレで加々見を取り押さえようとした場面がカッコいいと思いました。

また、後半で加々見が実家を訪れたシーンで伊吹が加々見を待ち伏せていたところも、どこかかっこよく見えました。

何でも真面目に行動したい私は、志摩があれこれ難しく考えてしまい、返って相手にしつこいと思われてしまう気持ちが理解できる気がします。

ですが2話を見ると、いつも何もしていないのに疑いを着せられて生きてきたと話す伊吹を見て、私もそういうタイプなので、共感してしまいました。

なので、伊吹は最後まで加々見の味方だと思っていたので、加々見を逮捕した時は切ない気持ちになりました。

だけど、田辺夫婦が加々見に対し、本当の子供の用に「(出所する日を)待っているからね。」と言っていた場面は、泣けました。

ペンネーム:坂田団十郎2号(20代・女性)

ゆん

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレ

捜査車を1日で廃車にしてあまり使われていなかったメロンパン屋の車を使わされたり、分駐所も移転されたりと散々な目にあった第四機捜のメンバー。

パトロール中に隣にいた車から視線を感じた伊吹(綾野剛)、ふと見ると女性がチラチラと見ている。

それと同時に殺人事件で犯人が逃げていると入電。

隣の車の女性が逃げた犯人と同じ服の色の袖の手に引っ張られるのを見て「犯人が乗ってる」と言うが袖の色だけで判断するなと志摩(星野源)と押し問答をしつつもやはり怪しい。

車を止めてボイスレコーダーを忍び込ませて会話を聞くとやはり逃走した犯人の加々見(松下洸平)だった。

インターチェンジでとりおさえるものの、逃走に付き合った夫婦に志摩と伊吹は止められ加々見は逃走。

伊吹は彼は無実を晴らしたいがために逃げていると信じていたが、現場の捜査によりやはり加々見の犯行と断定される。

逃走先は実家、自分の心の闇を作った父親を殺しにきたところを伊吹と志摩に説得されて逮捕になった。

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の感想

朝ドラで話題になった松下洸平さんが出ていると言うことでどんな演技されるかと期待してましたが、個人的には滑舌が悪かったし、ちょっと期待外れ。

我が家の谷田部さんが出てきたが、彼を犯人?というミスリードさせたかったかもしれないけどあまり絡みがなくて他の浮上してた犯人もあまり人間性を描き切れてなくて雑だった気がします。もったいない。

結局犯人は松下さん演じる役でしたが一回ではなぜ?って思い二回目見たのですがすっきりしなかった。

一回目よりも主人公二人の会話の掛け合いが増え、台詞も多くなって二人が少しずつ距離を縮めているようだが、志摩が相棒を殺したという噂と「お前は長生きしろよ」と伊吹に投げかけた言葉がこれからどう話に繋がるのか、まだ過去が明らかにならない。

そこは楽しみ。

ペンネーム:ゆん(30代・女性)

彼方

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレ

メロンパン販売車に乗って志摩と伊吹は管内をパトロールしていた。

前回、警察車両をぶつけて潰してしまったため、不本意ながらメロンパン販売車でパトロールなのだ。

本当の販売車なのかと、信号待ちしていた女の子に声までかけられる始末。

信号待ちしていると隣の車に乗っている中年男性と中年女性がやたらと伊吹の方を見ていたので、伊吹は話かける。

そこで志摩は伊吹に「何を話してる!」とたしなめるのだが、何やら様子がおかしいことに伊吹は勘づくのだ。

よく見ると中年女性の後ろからもう一人の人間の腕が見えた!

黄緑色の袖だけで顔は見えない。

そんな中、殺人犯の容疑者が逃亡中だとの知らせが入る。

容疑者は黄緑色の上着を着ているとの情報だった。

伊吹は志摩に「あの車に容疑者が乗っている!」と志摩に告げる。

志摩は初めのうちは「黄緑色の服なんてどれだけの人が着ていると思ってるんだ!」と、伊吹の話を聞きいれなかったものの少し考えたのち、隊長に「容疑者と思われる人間が乗っていると思われる車両を見つけた模様。追跡許可を願います。」と大分ぼかした言い方をしながらも、隊長に追跡の許可を願い出るのだ。

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の感想

タイトルの「切なる願い」の意味がラストで分かる良いストーリーでした!

心を大きく揺さぶられるストーリー展開で、久しぶりに目に涙が、、。

志摩の「人は信じたいものを信じるんだ。」の言葉には、本当にそうなんだなぁと感じました。

だって脅されていた夫婦だけでなく、ドラマを見ている私も殺人犯のカガミを「この人は殺してないけど、疑われたから逃げている」と思ってしまったから。

脅されている夫婦とカガミのやり取りを見て、とても人を殺すような人間には見えなかったですからね。

カガミが自分の父親に対しての憎しみを消化出来ず、ずっと心の奥深くに眠らせていた気持ちが、パワハラ専務に咄嗟に向いてしまった故の殺人には、カガミに対して同情してしまいます。

伊吹の「殺したら負けなんだよ。」の言葉が心に染みました。

ペンネーム:彼方(40代・女性)

konno

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレ

伊吹と志摩がパトロール中、並走する隣車線の車に違和感を抱く。

近くで起きた殺人事件の容疑者が逃走中であることを知り、伊吹が隣の車の後部座席に見えた『腕』が容疑者の服装と一致すると確信。

そのまま追跡を開始。

一方、その勘は当たっていた。人質となった夫婦は、初めこそ怯えていたが、検問をくぐり抜けた安堵感から会話が増えていく。

夫婦には息子がいたが自殺していて、その日は命日の墓参りに行く途中だった。

息子への贖罪から容疑者の『無実』を信じるが、結果『犯人』だった。

父親へのトラウマから過失による殺人を犯していたが、人質夫婦との出会いでトラウマは薄れたようだった。

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の感想

『ストックホルム症候群』は良いか悪いかはわからないが、この夫婦と犯人の場合は、息子の命日に父親のトラウマを抱える犯人と出会うという奇跡が起きた。

息子を信じてやれなかった後悔から犯人の『無実』を信じ逃がそうとするが『自殺』の可能性までは頭になかった。

心配になって最後まで追いかけるほど感情移入する夫婦が切ない。

犯人は息子では無いのに。最後の「ごめんね」と叫ぶ父親が泣ける。

亡くした息子への懺悔の言葉だけど、犯人が自分の父親に一番言わせたかった言葉。

『感電』がバックに流れて、吹き出した感情も涙になって流れた。

ペンネーム:konno(50代・女性)

モモカリン

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレ

伊吹と志摩がメロンパンの販売車でパトロールしていたとき、伊吹はとなりを走る車を不審に思います。

ちょうど無線で入ってきた殺人事件の容疑者の服装と酷似していることから、2人はこの車を追跡することにします。

犯人は運転手とその妻を脅し、ある場所に連れて行くよう指示します。

この夫婦は過去に子どもを信じなかったことで失ってしまった過去があり、犯人を庇います。

それによって伊吹たちは犯人を取り逃してしまいますが、夫婦から犯人の逃走先を聞き出し、そこが彼の実家であることがわかります。

犯人は父親から受けたかこのトラウマが今回の事件の原因だとして、父親に復讐しに向かったのです。

しかし、最後は伊吹たちに、逮捕されます。

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の感想

最初は犯人は本当は上司を殺していないのではないかと思っていましたが、殺していたのは残念でした。

過去に父親から受けた暴力がトラウマになっていて、今回の事件につながったから、父親に復讐しにいくという犯人の気持ちにはあまり共感できませんでした。

また、伊吹と志摩は運転していた夫婦に止められて犯人を取り逃しますが、警官ならそれを振り切ってでも犯人を追いかけないとダメだろうと思いました。

メロンパンの販売車の車内で、真面目にメロンパンをいくらで販売するかの話しをしている志摩と伊吹の掛け合いはとても面白かったです。

ペンネーム:モモカリン(40代・男性)

ふじお

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじネタバレ

伊吹と志摩がパトロール中に、殺人現場から逃走してると連絡が入ります。

犯人は、移動立てこもり事件と判断して、怪しい車両の後を追います。

運転しているのは、田辺さんで助手席に妻の早苗さんです。

後部座席に乗っているのは、逃走中の加々見ですがナイフを持っ脅しているようです。

なぜ加々見は逃げるのか?捕まりたくないからという志摩刑事に対して、伊吹刑事はやってないからと言います。

二人の意見が食い違いましたが、伊吹刑事はしていない感じがすると野性的な勘が働いています。

真実はどうなるのか?なぜ逃げるのか?加々見しか分からない状況です。

『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話の感想

加々見は誤って、会社の専務を殺害してしまいました。

傷口を抑えているので、本当は助かって欲しい気持ちが強かったです。

逃走している時、田辺夫婦はどんな感じだったのでしょう。

パーキングで加々見と食事することになっているので、悪い人ではないと思っていたはずです。

トイレで加々見を捕まえようとした時、田辺夫婦は刑事たちを抑えて加々見を逃走させました。

加々見には目的があり、このまま捕まるわけには行かなかったのでしょう。

殺害したい相手は、もうこの世にはいませんでした。

殺害した後、自分も自殺を図る予定だったと思います。

ペンネーム:ふじお(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA