MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|2話ネタバレと感想。犯人を信じる伊吹(綾野剛)、信じない志摩(星野源)!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年7月3日(金)「MIU404」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
殺人の容疑者が逃走との連絡を受ける。伊吹は隣の車の様子がおかしいと気づくようですね。

乗っていた夫妻の思わぬ行動から、予期せぬ方向に行くようです。どうなるのかな。

ラマちゃん
陣馬と九重は、殺人現場に行く。陣馬が、犯人が逃走した割には、ドアに血痕ついていないことに気づく。

陣馬、さすがですね。九重とどうやって犯人に近づくのか楽しみですね。

パトロール中、伊吹は、隣の車に違和感を感じる。殺人の容疑者が逃走中との連絡を受け、隣の車に乗っているのではと追跡。殺害現場の初動捜査をする陣馬は、現場に不審な点を見つけ.....。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』2話あらすじネタバレと感想

志摩と伊吹は、車を壊してしまいメロンパンを売っていた屋台車に乗ることになってしまった。

志摩は、伊吹と組んだせいで、メロンパン車になったと文句を言う。隊長の桔梗は、機捜は、初動捜査が仕事で、車にスピードがいることはないと跳ねつける。

芝浦署内にあった第4機捜の部屋も、陣馬が、機捜うどんを窓から湯切りをしたせいで、使わせられなくなり、近くの喫茶スペースを間借りすることになってしまっていた。

志摩と伊吹は、パトロール中に、女子高生が車に書いてあいるメロンパンの絵を見て、メロンパン欲しいと声をかけてくる。

志摩は相手にするなと言うが、明るい伊吹は、嬉しそうに返事をする。

伊吹は、夫妻が乗った隣の車の奥さんの方が、こちらの方をめっちゃ見てくると不審に思う。緑のジャンパーの袖が見え、奥さんを引っ張っており、おかしいと気づく。

警視庁から、殺人の容疑者が、緑のジャンパーを着て逃走中との無線が入る。

志摩と伊吹は、隊長の桔梗に連絡し、追尾の許可を得る。

陣馬と九重は、殺害現場に向かい初動捜査を行う。殺されたのは会社の専務で、第一発見者の社員は、到着した時には亡くなっており、社員の加々見が慌てて逃げ出していったと証言する。

陣馬は、現場に鞄と財布も残っており運転免許も持っていないと桔梗に伝える。

逃走中に一般市民の車を脅して乗っているかもしれないと考え、志摩と伊吹の追う車の持ち主の家に行くように陣馬に伝える。

陣馬は、現場に血痕が様々なところに付着しているのに、加々見が飛び出したドアについていないと不可解に思い、九重に伝える。九重は、他に犯人がいるのではと予想を言う。

警察の交通検問が始まっていた。夫妻の乗った車も止められるが、殺人事件があって犯人が逃走したと聞いた夫は、なぜか、加々見を自分の息子で具合が悪く病院につれて行くと言う。

志摩と伊吹は、機捜だと名乗り、なぜ検問を通過させたと警官に言う。警官は、息子だという話に信憑性があったと答える。

伊吹は、絶対に犯人だと主張する。志摩は、伊吹の勘も、誰のいうことも信用しないが、完全にシロだと分かるまでは追うと、許可をする。

伊吹は、こんな風体だから、だれにも信用されたことがなかったが唯一一人だけ信用してくれた人がいたと語る。だから、志摩も信用して欲しいと言うが、志摩は、だれも信じないと言う。

陣馬と九重は、志摩と伊吹の追う車の持ち主の自宅に行くが留守だった。九重は、緑の袖を見ただけなのに99%無駄だと言う。陣馬は、我々の仕事は99%無駄なことが多いと窘める。

九重は、志摩は優秀ではないから捜査一課から飛ばされてきたのだろうと文句を言う。

陣馬は、志摩が捜査一課を飛ばされた理由は、相棒を殺してしまったからだと語る。

近所の人の聞き込みから、夫妻には、息子がいたが、亡くなり今日が命日だと、桔梗に伝える。

犯人の加々見に、夫は、今年同じ年になる息子がいた。今日は命日でお墓詣りに行くとところだった。偶然に年が同じとはと、目元がなんとなく似ていると言う。妻も同感だった。

加々見に本当に人を殺したのかと優しく聞く。加々見が否定すると、それを信じると夫妻は言う。

志摩は、車が停車した時を見計らい、運転手の夫に、ハッチバックに何か引っかかっていると声をかけ、とってあげると、言いながら、後部座席の男が凶器を持っていることを確認する。

メロンパンの捜査車に戻った志摩は、伊吹に、緑のジャンバーで凶器も持っていたと報告し、トランクに、Bluetoothのレコーダーを仕込んできたという。

志摩は、桔梗に、夫妻が持っていたお墓にたむける花の購入した店の名前を伝える。

伊吹が車を近づけると、Bluetoothのレコーダーを通じ車内の声が入ってくる。

加々見は、おやじと仲が悪く上京して、同級生の岸に会ってようやく就職できたのが今の会社だと語る。

その岸が、専務を殴り、解雇され。岸が殺したと加々見は語る。

桔梗は、岸の事を調べ、実家が山梨だと分かる。志摩と伊吹たちは、加々見が拉致した車を追って山梨に入っていった。

陣馬と九重は、夫妻が購入した花の店の防犯カメラを確認すると、加々見が、夫妻の車を襲い立て籠ったことが分かる。陣馬は、1%の正解に当たったなと九重に微笑む。

桔梗は、山梨県警に応援を依頼し緊急配備をする。志摩は、パーキングエリアに入ったと報告する。

伊吹は、加々見のことを信じてやりたいと言いながらも、もしもの場合は逮捕の許可をとる。

夫妻は、加々見のことを信じると言いいいっしょに食事をしようと言う。

その前にトイレだと言い、夫は、手を洗いながら加々見に、息子が学校でお金を盗んだと言われ信じてやれず謝らせた。その数日後、息子は自殺した。

あとから、別の子が盗んだことが分かり、信じてやれなかった自分が悔しいと後悔を述べる。だから、加々見のことは信じたいと言う。

伊吹は、加々見に声をかけ逮捕しようとすると、夫に押さえつけられ、逃げられる。志摩も、加々見を逮捕しようとするが、今度は妻に妨害されて、加々見は、山の中に逃げて行く。

桔梗に報告し、桔梗は、山梨県警に伝えて、加々見を追う。

夫妻は、犯人だと知らなかったと言い張り、もし、知っていたら、犯人隠避だと志摩に脅される。

岸は、東京にいて女のところにいたことが判明し、岸は犯人ではないことが分かる。

それを伝えても加々見を信じる伊吹と夫妻に、志摩は、犯人が嘘をいうのは、自分の罪を隠したい場合以外に、罪に耐えかね罪を犯す前に戻りたいという気持ちになる場合があるからだと言う。

志摩は、加々見は自殺するかもしれないと言うと、伊吹は、夫妻に、どこに行くと言っていたか教えて欲しいと願う。夫妻は、伝える。

志摩は、伊吹に、現場の血痕の跡と加々見のDNAが一致したと犯人であることを告げる。

加々見は、ショップから包丁を盗み、住んでいた実家に行き、叱られ続けた父を探す。

岸から電話が入り、専務を殺して欲しいとは頼んでないと言う。加々見は、昔、ゲームをしていて父に怒られ、決して謝ってくれなかったと父への恨みを岸に言う。

伊吹が現れ、父親は、数年前に事故で亡くなったと伝える。

志摩は、今朝、会社の専務を殺したねと聞く。

加々見は、息子が人を殺したというのに、謝って欲しかったのにと、父親の写真を包丁で、何度も刺す。

加々見は、専務に父親と同じように頭を押さえつけられ、近くにあった千枚通しで胸を刺してしまったのであった。

必死で、血を止めたが、だめだった。後悔で、手についた血を一生懸命落とし、茫然としていた時、第一発見者の社員に見つかり、怖くなって逃げたのであった。

ドアに血がついていなかったのは、手を洗ったあとだった。

伊吹は、いくら悪いヤツでも殺したたら負けだと、犯人でないことを願っていたのにと、志摩から渡された手錠をかける。

加々見は、逮捕される。そこに夫妻がかけつけ、「ごめんね最後までついていてあげられなくて、いつか、いっしょにうどんを食べよう」と声をかける。

加々見は、そのごめんねという言葉が、父の言葉に思え、深々と頭を下げるのであった。

伊吹は、お腹がすいたと言い、志摩といっしょに、山梨名物のホウトウを食べる。

志摩は、ふいに、以前殴ってしまったことを謝る。伊吹は、良くできましたと頭を撫でようとし、志摩は撤回するとじゃれ合う。

伊吹が、やったことは撤回できないがいいコンビになりそうだという。

志摩は、「そうだな、やったことは戻らないな。お前は長生きして欲しい」としんみり言う。

ここまでがネタバレですが、第2話は、殺人事件が発生し、不審な夫妻の車を見つける伊吹。夫妻は、犯人の青年を息子だと庇う、志摩たちは追い続け.....。

今回も、伊吹の鋭い観察感が光りましたね。犯人が乗っているのではとわずかなことから気づきましたね。

九重が、陣馬の教えの初動捜査は広く見るとの教えを素直に吸収してましたね。今回は、陣馬の99%無駄なのが我々の仕事という言葉が印象的でした。また、九重は成長するのでしょうね。

ドラまる
夫妻は、自分たちが信じてやらなかったばっかりに、自殺した息子と、犯人の加々見が重なったのですね。

だから、最後まで信じ助けたのですね。

ラマちゃん
伊吹は、自分も人が信じてくれなかった過去があり、最後まで、犯人の加々見を信じたいと思ってましたね。一方で、志摩は、最後まで、慎重に疑い冷静でしたね。

好対照の二人ですね。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』2話ネット上の反応

ドラまる
志摩と伊吹がいい相棒になってきたとネットでの声があがってきてますね。

ラマちゃん
伊吹の優しさ、犯人の加々見に対する夫妻の温かさに共感する方がいますね。

スポンサーリンク

ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|2話見逃し動画無料視聴はこちら【7/3配信】

ドラマ『MIU404』3話のあらすじ

2020年7月10日(金)放送のドラマ『MIU404』第3話のあらすじをご紹介します。

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。

西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。

これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『MIU404』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

殺人犯人が夫妻の車を乗っ取る。伊吹は無実を信じながら志摩と追尾。夫婦は、自殺した息子の後悔から、犯人の青年の逃亡を助ける。犯人は、父の虐待のトラウマから罪を犯したのであった。

ドラまる
イタズラ通報により警官がきりきりまいさせられる事件が多発する。

どうやら、ネット上のゲームを模倣した愉快犯のようです。どんな犯人なんでしょうか。

ラマちゃん
脚の速い伊吹が、犯人を捕まえると意気込むようですね。

冷静な志摩がどうからむのか楽しみですね。二人は犯人にたどり着けるのかな。

初回は、カーチェイス、今話は、東京から山梨へのロングドライブと、それもメロンパン屋の車という車をうまく使った演出が映えましたね。

志摩の過去が少しづつ明らかになりました。相棒を殺してしまって、捜査一課をやめてしまった。志摩の伊吹に、「お前は長生きしてほしい」という言葉が印象的でしたね。

次話、ネット上のゲームを模倣した警察をバカにするような事件。息があってきた志摩と伊吹のコンビがどう解決するのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA