MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|1話ネタバレと感想。志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)の最強バディ誕生!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年6月26日(金)「MIU404」の1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
綾野剛さん&星野源さんのダブル主演の機動捜査隊の話がはじまるね。

二人は、コウノドリ以来の共演。今回は、静ではなく、動のドラマ面白そうですね。

ラマちゃん
脚本は、逃げ恥やアンナチュラルの野木亜紀子さん。プロデュースは、新井順子さん、監督は、塚原あゆ子さんと、

アンナチュラルの最強コンビ。どんなドラマが描かれるのか、見て行きましょう。

警視庁の働き方改革で新設された第4機捜に召集された志摩、バディが見つからずやむを得ず組まされたのが伊吹。元同僚から情報を集めると、足が速い、話したくないとか不安になる志摩.....。

ドラマ『MIU404』1話あらすじネタバレと感想

警視庁も働き方改革で、何か事件が起こるとすぐに現場に駆けつける機動捜査隊MIUを3部制から4部制に増やし、24時間対応する日数を減らす改革が行われることになった。

桔梗は、第1機捜と新設された第4機捜の隊長を任されたが、増員すると約束した警備部長・我孫子に詰め寄る。

父親が警察庁刑事局長の息子でキャリアの九重を押し付けられ怒る。しかたがなく、ベテランの陣馬と組ませることにする。

あふれた志摩は、候補段階で落とされていた多摩署の伊吹と組まされることになる。

志摩は、さっそく、伊吹の情報を集めるが、足が速い以外は、話したくないとか良い噂が出てこない。心配になった志摩は、桔梗隊長にやめようというが、もう辞令が降り遅かった。

翌日志摩は、第4機捜の仮の分室に行くと、生意気な九重から、捜査一課の優秀な刑事だったのですねと言われむかつく。

陣馬がきて、今日は、第1機捜のバックアップだと言う。志摩は、伊吹を探すが、行くたびに、もう出て行ったと言われ、確かに足が速いと思いつつ、ようやく駐車場で見つける。

初対面の伊吹に、丁寧で好印象を持つ志摩。さっそく、管内偵察にでる二人。東京の道に早くなれたいという伊吹に運転を任せることにする。

最初は普通の運転をしていた伊吹であったが、後ろから赤い車にあおられ、頭に血が上り、やり過ごすようにと言う志摩を制止、あおり運転の車の進路を妨害する。


赤い車とバトルになり、交差点で、赤い車の急な動きで、おばあちゃんが倒れたのを見た伊吹は、ますますむきになり、赤い車の前方で急ブレーキをかけて、間一髪、赤い車は停止する。

志摩は、伊吹に、交通違反は、機捜の仕事はない、役割を全うするようにと制するが、伊吹は聞かない。

赤い車の運転手は、本当に警察なのかと伊吹と口論になる。志摩は、おばあちゃんが心配になり駆け寄るが、杖がないとぼけたようなことを言う。

伊吹はますますエスカレートして、周囲に集まった人たちが、警察に通報してしまう。

第4機捜の陣馬と九重も通報でかけつけ、カメラを向けるものもいてあたりは騒然とする。ようやく、伊吹は警察官だと理解され、赤い車の運転手も志摩が厳重注意して現場は収まる。

おばあちゃんを心配になった伊吹と志摩が行くが、立ち去ったあとで、おもちゃが残されていた。志摩は、伊吹にしっかり届けるようにと命じる。

志摩は、陣馬に、伊吹はヤンキーのようだと言う。陣馬は、隊長の桔梗から、志摩が、使えないと判断すれば、多摩に返して良いと言われていると語る。

陣馬が、機捜名物のうどんを作ると、入伝が入り、現場に向かう。九重はうどんがというが、くさらないと言い、志摩と伊吹も行くことになる。

志摩は、伊吹に暴走しないようにと釘を刺す。志摩は、生半可な返事をする。

男性が殴打されて意識不明で救急車で運ばれて行く。

目撃者の証言を集めると、殴打された男は、いつもスマホと鍵を持ってくる店の常連客で、店を出た後、男に看板で殴られ、何かを盗み去って行った。男の顔は見れなかったがジャケット姿だった。

被害者は、店で、女とスマホで口論していたと聞いたと伊吹は報告する。志摩は、もっと正確でないと、初動を謝るし、次の警察官に渡す時に、調書になんて書くんだと睨む。

志摩は、鍵を持っていたことから、車で来ていたのではと近くのパーキングに伊吹と向かう。途中、伊吹の証言の取り方がずさんな点を怒りながら、伊吹のパーカーに仕込んでおいたレコーダーを取り出し、これで調書を書けと言う。

志摩は、伊吹のことを信用しておらず、レコーダーを仕込んでおいてのだった。

パーキングに行くと、伊吹があおりをうけていた赤い車が止まっていることを見つける。鍵が開いていて、シートには犯人が残した血痕があった。ドライブレコーダーが盗まれていた。

スーツ姿の男に殴打された男は、伊吹とバトルした赤い車のあおり運転の男だった。

パーキングの防犯カメラの映像には、白い車が写っており、その車のスーツ姿の男が犯人と思われた。

伊吹が赤い車にあおりをうけた時、その白い車もその裏をつけていてナンバーが特定された。

志摩は、伊吹をつれて、捜査の警察官に、白い車のスーツの男は、あおり運転をしていて、その証拠が赤い車のドライブレコーダーにあると考え、赤い車の男を襲ったと推論を伝える。

パーキングの防犯カメラの映像と、伊吹があおられた時に赤い車の裏についていた車のナンバーを説明して、受け渡しが終わる。

伊吹は、逮捕まで捜査がやれないもどかしさを感じる。志摩は、俺たち機捜の役割は、そこまでだと、仕事に厳格な態度をとる。

昼間のおばあちゃんが行方不明だと入伝が入る。女の子が、おばあちゃんを探し、警察で保護されていた。

伊吹と志摩は、おばあちゃんの持っていたおもちゃを売っていた店を尋ねるが、在庫がなくおばあちゃんに別の店を教えたと言う。

その店に行くがもう閉店でだれもいなかった。伊吹は、防犯カメラを見ようと言うが、志摩は、生活保護は、機捜の仕事ではないと諫める。

伊吹は、何もできない、機捜にいらだちを隠せなかった。

桔梗は、自分が行った警察の報道がパンク状態になったと報告される。ネットチューバ-が、あおり運転を受けて警察ともめていた時の伊吹の動画をアップする。

桔梗は、志摩にしっかり監督しなさいと言う。昼間情報を掴んだ白い車のナンバーが盗まれたものだったと伝える。あおり運転の犯人は、ナンバープレートを変えていたのだった。

伊吹は、おもちゃ屋の前で見た白い車をどこかで見たと言い、エンジン音がいっしょだったと叫ぶ。

志摩は、エンジン音だけでは、緊急配備はかけられないと、自分たちで、探すしかないと語る。

防犯カメラを片っ端からあたり映像を集め、陣馬の人力で、第1機捜の映像から犯人を捜すスパイダー班の糸巻を呼び、白い車とおばあちゃんを探してもらう。

志摩と伊吹は、街中を見回り、白い車を探し、調べるが空振りだった。陣馬と九重も探し、スパイダー班の糸巻が割り出したナンバープレートの白い車を見つける。

追いかける陣馬と九重、志摩と伊吹の車合流し、停止を呼びかける。

白い車はそれでも止まらずに、歩行者のいる横断歩道につっこみそうになる。

志摩は、このままでは、歩行者が巻き込まれると思い、伊吹を横目にみて合図し、白い車の前を自分たちの車で塞ぐが、志摩たちは横転する。

志摩たちは無事だったが、白い車は逃走する。伊吹は、本当に足で追いかける。志摩は、本当に足が速いと伊吹の能力に感心する。

犯人を追いかけ、倉庫に追い詰めた伊吹。犯人は、伊吹に物を投げ逃げようとするが、伊吹が後ろから拳銃で撃つぞと制止させる。

志摩も追いつき、伊吹を止めようと説得するが、伊吹は、「だれも見ていないし、防犯カメラもないから、死んだっていいんだ」と叫ぶ。

志摩は、伊吹が、銃を発射させた過去があり、懲戒を受けていたことを知っていて、伊吹が本当に銃を撃つのではと制する。

そして、伊吹は、おばあちゃんのおもちゃを鳴らし笑う。志摩は、心底心配したのにと怒りで伊吹を殴り飛ばし、犯人に手錠をかける。

桔梗は、初日から、予算がないのになぜ車を廃車させたと叱責する。全員頭を下げる。

皆が出て行ったあと、桔梗は、志摩に、伊吹はやって行けそうかと尋ねる。

志摩は、やることはハチャメチャで規則を守らないが、おばあちゃんが見つかり喜ぶ正義感の強い伊吹を思い出し、「保留にさせて欲しい」と言う。

ここまでがネタバレですが、第1話は、第4機捜が新設され、志摩のバディは、ハチャメチャな伊吹。あおり運転に勝負し志摩は諫める。殴打事件が発生し....。

志摩は、バディの伊吹がどんな人物が気になり調査して、問題を起こしたことが分かりましたね。実際に会うと、普通ですっかり安心しましたが、そのあとはぶつかりの連続、変化が面白かった。

伊吹があおり運転が許せず、志摩の制止を無視して、車のカーチェイスをするシーンがカッコよかった。そのあとしっかりおばあちゃんを心配する二人とも優しい警察官でしたね。

ドラまる
殴打事件が発生し、志摩の冷静な分析力が光ったね。鍵から、車を連想して、パーキングを捜査。赤いあおり運転の車を見つけ、伊吹の記憶が光ったね。

二人がいい感じになってきたシーン。

ラマちゃん
伊吹がエンジン音で犯人の車を特定。冷静な志摩が、伊吹の勘に乗って捜査する。横断歩道の歩行者を守るため、志摩が、車を前に出して止める危険な行為をするとは。

志摩も熱い男でした。

ドラマ『MIU404』1話ネット上の反応

ドラまる
出演者もスタッフも最強の布陣、面白かったとの注目度が高いですね。

ラマちゃん
激しいカーアクションが話題です。よかったと絶賛する声も上がってますよ。

ドラマ『MIU404』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『MIU404』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)|1話見逃し動画無料視聴はこちら【6/26配信】

ドラマ『MIU404』2話のあらすじ

2020年7月3日(金)放送のドラマ『MIU404』第2話のあらすじをご紹介します。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。

容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。

加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『MIU404』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

新設された第4機捜、冷静な志摩と無鉄砲な伊吹が組む。伊吹とバトルしたあおり運転男が殴打される。志摩の冷静な分析と伊吹の勘で追いつめる。伊吹が犯人を殺す脅しをして怒る志摩。

ドラまる
また、伊吹が、パトロール中に、隣の車の様子がおかしいと勘が働くようですね。車内で夫婦が脅えている様子のようです。

伊吹と志摩どうやって初動捜査を進めるのでしょうか。

ラマちゃん
陣馬と九重は、殺害現場に向かう。陣馬は、部屋内に多量の血痕があるにも関わらず、逃走したドアについていないと気づく。

陣馬の鋭さがでてきますね。生意気なところのある九重はどう成長するか楽しみですね。

正義感で、犯人を憎むあまり、過激な行動に出てしまう伊吹。それを制しながらも、根っこのところでは同じ志摩といううまい滑り出しでした。

激しいカーチェイスでスピード感のある展開も見どころでしたね。さすが、刑事ドラマでした。

伊吹役の綾野剛さんのコウノドリとはまた違ったやんちゃな演技が良かった。志摩役の星野源も、コウノドリや逃げ恥とまた違った味をだしてましたね。

九重どこかでみたことあるなと思ったら、中学聖日記で好演した岡田健史さんではないですか、今回は、ダブル主演に押され気味でしたが、これから存在感が出てきそうですね。

次話は、伊吹と志摩が捜査する不審な車と、陣馬と九重が初動捜査する殺害事件が結びついて行き、予期せぬ展開になるようですね。楽しみにしたいです。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA