家政夫のミタゾノ|1話ネタバレと感想。ミタゾノ(松岡昌宏)が痛快にカンバック!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年4月24日(金)「家政夫のミタゾノ」の1話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
家政夫のミタゾノが4度目のカンバック。

日本の汚れを落としてくれるのか、スッキリさせてくれることを期待したいです。

ラマちゃん
ミタゾノ役におなじみの松岡昌宏さん、若き家政夫・光役にHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんが引き続き出演。

新家政婦・舞役に、飯豊まりえさんが加入。ミタゾノの秘密に迫るようです。楽しみです。

ミタゾノに、次期環境大臣に内定している岩瀬から家政夫依頼が入る。岩崎は、妻と息子にもクリーンでいることを求める。ミタゾノはさっそく部屋を物色、ある写真を見つけ、謎の笑みを.....。

スポンサーリンク

ドラマ『家政夫のミタゾノ』1話あらすじネタバレと感想

ミタゾノが、街のペットボトルを片付けながら、ジョギングを軽快にしていると、むすび家政婦紹介所の所長・結頼子から、VIPからの依頼が入ったと連絡がくる。

むすび家政婦紹介所は、脱税疑惑で一時停止したいたが、事務所も移転して再開していた。

新人の舞が一日前に出社してしまう。所長の結頼子は、ミタゾノもきていないし丁度良いと言い、光、真理亜、志摩を紹介する。

舞は人間観察が趣味だと言い、さっそく真理亜の食べているポテトチップスの袋を見て、新発売のものだと好奇心旺盛な人だという。

光は、アイドルを目指していると、ダンスを披露するが、だれも見てくれなかった。

議員の岩瀬は、副総理によばれ、党内がスキャンダルで揺れている中、クリーンな人物が良いと、次期環境大臣に押され、承諾した。

家に帰った、岩瀬は、環境大臣を受けることにしたと、妻・美紗子と息子・浩一に伝え、クリーンな行動をすることを求めた。

むすび家政婦紹介所から、家政婦として、光と舞が家事をしていた。

舞がガラスを割ってしまい慌てていると、ミタゾノが現れ、スライムを使うと、細かい破片がとれると言い、さすがプロと感心される。

光は、掃除をしながら、岩瀬家族の温かさに感心をしていた。

ミタゾノは、クローゼットを物色していた。その脚を見つめて舞は、すごくきれいと言いかける。光は、舞に、男か女かを聞くのはNGだと伝える。

舞は、ミタゾノのつなぎできただけだからと言い、この家は、今にも破裂寸前な気がすると言い残し、去って行く。

ミタゾノは、机の中の写真を見つめ、「本当に、クリーンなのね」と謎の笑みを浮かべる。

ミタゾノは、浩一から助けてと電話があったと岩瀬に受話器を渡す。

浩一は、自動車で接触事故を起こし、相手は、名前を告げると急いでいるようで去って行ったと説明する。岩瀬は、無事なら、警察の指示に従うようにと伝える。

秘書の金井は、大臣就任前の不祥事になりかねないと心配して迫る。岩瀬は、その勢いに尻もちをつき、白いズボンが土で汚れてしまう。

ミタゾノが、手際よく、ズボンの汚れを見事に落とし、大事になる前に落とせば大丈夫と言う。

その言葉を聞いた秘書の金井は、浩一の事故も大事になる前にもみ消そうと岩瀬に提案する。

岩瀬は、国民の前ではクリーンでいたいと、許さない。金井は、黙るが、何か考えているようであった。

妻・美紗子は、町内会の集まりで、今日は夜遅いと、綺麗な恰好をして出て行く。ミタゾノは何か感づいた目をする。

美紗子は、若い男と喫茶店で密会をしていた。

ミタゾノは、美紗子の跡をつけ、町内会の書類を忘れていると、あの男性が町内会の人と疑う。美紗子は、慌てて、ミタゾノに帰るようにと指示する。

浩一の事故直後のドライブレコーダーを見ると、コワオモテの男が怒鳴りつけており、女が、携帯で浩一の顔を撮影していた。

浩一は、薬の商売に行くからという男にビビり、住所と連絡先をすべて教えたと告白する。

岩瀬は、警察に任せるしかないと言うと、秘書の金井は、警察に手を回しもみ消したと白状する。

そこに、ミタゾノが現れ、コワオモテの男をもうすでに、居間に通してしまっていた。男は、首にわざとらしくギブスをはめていた。

岩瀬は覚悟を決め、こうなったら、お金で解決するしかないと言いかけると、金井は、もし反社会勢力にお金を流したことがばれると大臣就任に影響すると止める。

反社会勢力だと聞かない方が良いという金井。それを無視して、ミタゾノが、「ご職業は」と堂々と聞いてしまい、慌てる岩瀬と金井。

男は、薬と言いながら、薬剤師だと言い、自分が事故の原因だと言い、浩一に対して示談金を話に来たと言う。岩瀬と金井はほっとする。

男は、浩一の同乗者がいれずみをした男で、恐喝を恐れ、岩瀬の自宅に謝りにきたのだった。

同乗者のいれずみの写真を見た岩瀬と金井は、息子・浩一が反社会勢力と付き合っていると知ったのだった。

浩一の部屋から、おばあちゃんオレオレというのが聞こえてきて、光は、なんて優しいんだと思う。

浩一は、電話の相手に、お金を要求していた。ミタゾノがメンテナンスをしていたとベットの下から突然出てきて、浩一は慌てる。

美紗子が夕方帰ってくる。岩瀬は、浩一のバイト先のことを聞くが、美紗子も知らなかった。

光は、浩一がおばあちゃんとオレオレと優しく話していたから心配ないと言う。美紗子が、祖母はもう亡くなっていると言うと。天国のおばあちゃんと会話しているんだと光は勘違いする。

紹介所に戻った光は、所長の結頼子から、それはオレオレ詐欺だと言われ驚く。

ミタゾノは、遠くに、美紗子と若い男の密会が写る自分の写真を皆にみせる。舞は、これはママ活だと言うと、全員が、まったくクリーンではないと言い出す。

ミタゾノは、封筒に何かを入れて、不気味が笑みをする。

岩瀬の環境大臣としての人気が高まってきた。副総理が家を訪ねてきて、封筒を見せ、岩瀬の息子が半グレだと書かれた怪文章が届いたと言う。岩瀬は否定する。

ため息をついている岩瀬に、ミタゾノは、聞くべきか悩んでいると言い、どこの家の換気扇も汚れていることが多いと話す。

岩瀬は、息子の部屋から、「おれたち反社で、おばあさんからお金をもらった」との声が聞こえてきて、息子に迫るが、追い出される。

岩瀬は、もうだめだと思い、副総理に相談する。副総理は、息子と縁を切れば、なんとかすると伝え、茶色い封筒を、家でシュレッダーするように渡す。

岩瀬は、シュレッダーをして、美紗子に相談しようと部屋に行くと、ドアの前に、美紗子と若い男の密会の写真が落ちているのを見つける。ミタゾノが置いておいたのであった。

岩瀬は、寝ている美紗子の部屋に入り、クローゼットの中に、派手な靴が置いてあるのを見つけ、スマホの着信に、男から、ホテルでと連絡が入っているのを見つける。

岩瀬は、美紗子、お前もかと叫んだ状態で、画面が止まる。

ミタゾノが、入ってきて、これまでのお役立ち家事のおさらいをする。ガラスの破片を取るスライムの作り方と、ズボンの汚れ落としを説明し、ヌカ床の作り方に間違いがあると指摘。

翌朝、岩瀬は、写真を美紗子につきつける。美紗子の部屋においかけると、別の男と写っている写真もあり、ハグしている写真も。

岩瀬は怒り出し、ミタゾノは、ドアを閉める。そこには、美紗子の講演会のポスターが張られていた。

美紗子は、岩瀬の女性支持者を増やすため、内緒で講演会をしていたのであった。ハグは、その時支援者と写したものだった。

岩瀬は、最近女性支持者が増えてきたのを思い出す。

息子・浩一にも反社と付き合っているのだろうと迫る。ミタゾノは、浩一が部屋に隠していた黒いごみ袋を持っている。

浩一は、見られてはと思い、それを持って逃げる。岩瀬は追い、ミタゾノが浩一から、黒いごみ袋を奪い、岩瀬に渡す。

岩瀬が中をぶちまけると、反射板が入っていた。

浩一は、お年寄りの安全のため、反射板を配っていたが、ただでは受け取らないため、お金をもらっていたのであった。

岩瀬は、事故の時、いっしょに車に乗っていた入れ墨の男はだれだと聞く。浩一は、先輩で、入れ墨のデザインの腕日よけをしていただけだと言う。

岩瀬は、勘違いしていたことが分かり腰が抜ける。

秘書の金井が、慌てて、明日発売の週刊誌のゲラを持ってくる。そこには、政界を揺るがす餅つき大会の証拠を、岩瀬が隠ぺいしたと書かれていた。

ミタゾノがタイミングよく、岩瀬がシュレッダーしたものに、大事な書類が入っていると思ったと復元していた。

そこには、餅つき大会の名簿があり、反社会勢力の参加も書かれていた。

岩瀬は、副総理に頼まれただけだと言い、金井にもみ消しを頼む。金井も飽きれ、妻・美紗子も息子・浩一も信じれれないと言い家を出て行く。

岩瀬は、ぼーとして座っていると、ミタゾノが、請求書だと言い持ってくる。

ミタゾノは、ヌカ床を素手でかき混ぜるのが嫌いなようだが、素手の雑菌によって、ヌカ床は美味しくなると語る。

もうおしまいだという顔をしている岩瀬に、一枚の写真を渡し、定期的にかき混ぜるのも必要ではと言い、去って行く。

岩瀬は、その写真を見て驚く。

シュレッダーから復元した名簿とその写真を副総理に突きつけ、岩瀬は謝罪会見を迫る。

副総理は、総理に更迭されたのであった。

ミタゾノが、紹介所の家政婦たちに、一枚の写真を見せ、岩瀬と女性支持者が写るその先に、副総理と反社会勢力が杯を交わしていいた。

名簿にあった反社会勢力と関係があったのは副総理で、岩瀬に脅され、副総理を辞任したのであった。

舞は、ミタゾノが、ヌカ床のように、家族も一度かき混ぜた方がいいと思いわざとしたのではと思うが、そこまでの力があるとは思えないと否定するのであった。

ここまでがネタバレですが、第1話は、大臣に内定した岩瀬家に派遣されるミタゾノ。妻の密会、息子の反社との付き合いと秘密が分かる。それをバラし.....。

ミタゾノの登場感が半端なかったですね。さすがプロで、割れたコップの破片や、ズボンの汚れを瞬く間に綺麗にしました。

一方で、息子の部屋のベットの下に隠れていたり、奥さんの若い男との密会に出没したりと、突然感が凄かった。

ドラまる
いっきに、妻の密会は実は、支持者を集めていただけで、息子の反社とは反射板だったというオチをアップテンポで明かす展開の爽快さも良かったです。
ラマちゃん
ミタゾノは、最初に、写真を見つけ、岩瀬は、クリーンだと知っていたのですね。

最後に、その写真を使って岩瀬を救う大活躍でした。

スポンサーリンク

ドラマ『家政夫のミタゾノ』1話ネット上の反応

ドラまる
始まった。面白かった。トレンド入りと皆さんの声がアップされてますね。

ラマちゃん
時事ネタが満載で、期待を裏切らないと声が多いですね。

スポンサーリンク

ドラマ『家政夫のミタゾノ』第1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『家政夫のミタゾノ』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『家政夫のミタゾノ』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『家政夫のミタゾノ』2話のあらすじ

2020年5月1日(金)放送のドラマ『家政婦のミタゾノ』第2話のあらすじをご紹介します。

ラーメン店を営む藤原家に派遣された三田園薫(松岡昌宏)と霧島舞(飯豊まりえ)。

家主・藤原力也(西岡德馬)が営むラーメン店『りきや』の従業員3人は、藤原のパワハラまがいの当たりの強さに耐えながら働いている様子だった。

ある夜、店を閉めた藤原は最も修業期間の長い河原(きづき)に「明日、麺を打ってみろ」と命じる。

ようやく店の将来を若者に任せようとするが…翌朝、店に河原が現れず大混乱。

三田園の機転でなんとか開店準備は進み、藤原の妻・奈美(重田千穂子)は三田園らに「お店を手伝って」と依頼する。

そんな中、三田園は店の裏で奈美が誰かにこっそり電話をしている現場を目撃。

どうやら奈美は藤原に内緒で、ラーメン店の事業拡大を画策しているようで…。

店員が突然失踪した謎は…30年間変わらない秘伝のスープの中に隠されている!?

三田園が即席チャーシューで暴く、ラーメン店の黒い秘密とは…!?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『家政夫のミタゾノ』1話のあらすじネタバレ、感想、2話のあらすじを紹介しました。

大臣邸に派遣されるミタゾノ。妻の密会、息子の反社との関係の疑う大臣。ミタゾノが疑いを晴らすが、家族は離れる。大臣は、副総理の反社との関係の証拠を掴み、政界に復帰、家族も戻る。

ドラまる
ラーメン屋で家政夫をするミタゾノ。

頑固おやじの店主が相手のようですが、どうなるのかな。

ラマちゃん
店員が突然失踪したり、店主の妻がこっそり事業拡大を進めたりと。

ミタゾノがどうさばくのかも注目ですね。

ミタゾノが帰ってきました。相変わらずのダークヒーローぶりでした。その裏には、家政夫で入った家族を幸せにするというスカッと爽快感もありましたね。

ミタゾノ役の松岡昌宏さんも健在でしたね。今回、新たに加わった舞役の飯豊まりえさんが、初回から重要な雰囲気を出してました。今後に期待です。

次話、老舗ラーメン屋を舞台に、ミタゾノが、裏で暗躍しそうですね。どんな展開になるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA