M-愛すべき人がいて-|4話見逃し動画無料視聴はこちら【6/13配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話(2020年6月13日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『M-愛すべき人がいて-』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『M-愛すべき人がいて-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『M-愛すべき人がいて-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

『M-愛すべき人がいて-』は他のドラマと違いTverやテレ朝キャッチアップなどで見逃し動画配信はしていません。

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでも『M-愛すべき人がいて-』の配信は以下のようになっています。

ABEMA 独占配信

ドラマ『M-愛すべき人がいて-』はAMEBAのみ独占見逃し配信をしています。

ABEMAプレミアムに登録すれば月額960円でABEMA全ての作品が見放題になります。

初回登録であれば、1ヶ月間の無料キャンペーン期間が設定されていますのでこの機会に登録してみてはいかがでしょう。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『M-愛すべき人がいて-』見逃し動画を全話見放題で見る方法

  1. ABEMAの1ヶ月間無料キャンペーンに登録

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2020年春ドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじ

2020年6月13日(土)放送のドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじを紹介します。

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、アユ(安斉かれん)のデビュー日に、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするガールズグループAxelsのデビューをぶつけることに。

マサはアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香(河北麻友子)をはじめ「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。

なんとかしてマサを叩き潰したい大浜は、全国のクラブ回りという地道なプロモーションでAxelsを売ろうと考えていた流川を呼び出し、アユに勝つためならAxelsに大量のプロモーション費を投入してやると告げるが…。

そんなマサの期待に応えたいと焦るアユだが、その思いは空回りするばかり…。

レコーディングでも上手く歌えず、スタッフたちからあきれられてしまう。

なかなか音楽番組への出演が決まらずイラ立つマサと、理沙(久保田紗友)らAxelsのメンバーからアユに勝ちたいと詰め寄られている流川を呼び出した大浜は、大物プロデューサー・黒川誠に認められたら、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるとほのめかす。

さらにその後、流川にある悪魔の提案を…。

一方、秘書の姫野礼香(田中みな実)は、「会ってほしい人がいるの」と、離婚したマサを強引に呼び出し…。

ついに礼香の愛が常軌を逸した暴走を始める――。

番組公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

R
女性陣がすごいことになるとテロップに出ていましたが、見るからにヤバいと思いました。

理沙が流川と寝てお互いがどうなるのか、あゆに対する周りの反応はどうなるのか。

それ以上に礼香がどこまで暴走するのか楽しみです。

3話で婚姻届を取ってきたので、4話ではウエディングドレス姿を見せるそうですが、それがマサにどのように見えるのかが気になります。

あと、早く目の話を出して欲しいです。

あゆに関しては、ソロデビューをする段階にくると思うのですが、絶対理沙たちが邪魔をすると思うので、マサと共にどう攻防戦を繰り広げるのかも見所だと思います。

ペンネーム:R(10代・女性)

ぺけ
次回はアユのデビューの日に流川がプロデュースをする、ガールズグループのデビューをぶつけるのが気になります。

マサは全力で立ち向かっていくところが楽しみです。

大浜社長はマサのことを潰したいからと、流川にどんなことを告げるのかも注目ポイントだと思います。

アユは頑張ってマサに応えようとするけど、なかなかうまくいかなくて焦るところも気になるところです。

スタッフたちが呆れてしまいどうなるのかなと思います。

さらに秘書の礼香は離婚をしたマサに、会ってほしい人がいると呼び出すところも注目です。

一体誰なのか期待したいです。

ペンネーム:ぺけ(20代・女性)

ながれぼし
今回の3話の終わりではアユがちょっとマサさんに特別な想いを抱き始めてるような感じだったので、次回以降でどうやって恋愛関係になっていくのかが気になります。

またマサさんは今のところ恋愛感情は抱いてないような感じなのでマサの想いの変化もどうなるのかが楽しみです。

また、苦難を乗り越えてデビューして行くと思うがデビューしてもはじめから順調なわけじゃないく、また新たな困難なことが現れるような展開だとは面白いなと予想しています。

散々いじめてきてる同じくデビューする同期のガールズグループの子達にも見返せる展開になってほしい。

ペンネーム:ながれぼし(20代・女性)

imi
アユがスターになっていく過程でどのようにマサと恋に落ちるのか。

いじめてる子達はデ、アユを落として自分が上がる事ばかり考えているから、デビューするけどダメか、デビューする前に挫折かどちらかになると予想。

田中みな実さんはどうなるの?

アユの全盛期の楽曲が出来る過程がみれたら嬉しい。

大物プロデューサーと社長vsマサの社内抗争をどう2人が乗り越えていくのか2人の別れと別れているのに走り続けなきゃいけない、感情や葛藤しているところがあるなら楽しみ。

ラストは現在の気持ちは描かれるの?

もし今のあゆからのメッセージがあるならそれが一番楽しみです。

ペンネーム:imi(30代・女性)

こもでぃ
姫野から、MASAが離婚したと聞いたAYUだったが、祖母の死をきっかけにデビュー曲の歌詞の最後の詞が、誰に向けたものかに気づいてしまう。

また、AYUを敵対視するガールズグループAxelsとの同時デビューに向け、流川と理沙の関係も変わっていく。

理沙はMASAに、デビューを拒否され、芸能界に居る意味を考えてしまうのではないかと思います。

また、姫野もMASAの離婚でどんどん自分の眼が見えなくなったことの責任を負わせ、MASAを自分のものにするため、どう動くのかが楽しみです。

今後、姫野を演じる田中みな実さんの暴走ぶりの怪演が見るのが楽しみです。

ペンネーム:こもでぃ(40代・女性)

2020年春ドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ありか

『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレ

あゆは同事務所のライバルグループと同日にデビューすることが決定した。

2つの新人グループのデビューということで競争心が湧いた両グループは、テレビ番組の出演を賭けてパフォーマンス対決を行う。

その前日に礼香に呼び出されたあゆは、雪が降る夜に屋上に閉め出されてしまったため風邪をひいていた。

体調が悪いあゆはパフォーマンス対決の最中に倒れてしまい、番組の出演権は獲得できなかった。

テレビ番組の出演が世間への猛アピールとなると考えたマサはあゆを連れて直談判を行う。

制作陣に二人の関係を疑われ否定をするマサとあゆだが、あゆはマサの気持ちを押し殺すことに限界を感じていた。

また礼香の目にまつわる過去のエピソードも明かされ、まさを取り巻く恋模様は複雑になる。

『M-愛すべき人がいて-』第4話の感想

久しぶりの放送だったので心待ちにしていました。

あゆがデビュー曲、二曲目をマサを想って歌うことでそれまでと一変して歌が変わったところは心に打たれました。

マサを想うが今の関係以上になってはいけないと耐えるあゆが女の子らしく、だからころあの頃のあゆの歌は人をすぐに惹きつけたのだと感じました。

礼香とマサのエピソードが明らかになり、失明した原因がまさの行動であったことから罪悪感・責任を抱いて葛藤しているマサは辛いだろうと思えました。

しかし礼香の両親のあっけらかんとした態度は流石にないだろうと思ってしまいました。

ペンネーム:ありか(30代・女性)

ひぃ

『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレ

第4話の放送では、レコード会社A VICTORYの社長である大浜(高嶋政伸)が、アユ(安斉かれん)のデビュー日に、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするガールズグループAxelsのデビューをぶつけることに決めます。

大浜は初めからマサ(三浦翔平)の事を毛嫌いしており、嫌がらせかのように振る舞います。

アユはレコーディングにも挑むのですが、マイクの前に立つと普段のように歌う事ができず緊張してしまいます。

アユ1人のためにチームが作られたり、マサが周囲の人に頭を下げたり声を荒げたりするなどゴタゴタが続くとアユはそれを見て責任を感じます。

アユはマサに励まされながら歌うことに集中していくのでした。

またマサの秘書である姫野礼香(田中みな実)がいつも付けているオレンジ色の眼帯の謎も今回の話で明かされ、ますます見逃せない展開となっています。

大人たちの思惑と芸能界にデビューをして成功したいという若者たちの信念がぶつかり合うストーリーです。

『M-愛すべき人がいて-』第4話の感想

新型コロナウイルスによる撮影中止のため放送が止まっていましたが、ようやく再開されたと聞いて嬉しかったです。

コロナの状況下でも家で笑って楽しく観れるドラマなので楽しみにしていました。

第4話ではようやくアユがデビューする段階まで来て、芸能界の裏の事情やマサとの関係が親密になってきていてストーリーが動いてきたなと感じました。

裏側が垣間見えるのがワクワクして面白かったです。

また私の中で、このドラマの中で特に注目しているのがマサの秘書役の田中みな実さんです。

このドラマのためのオリジナルキャラクターだとは思うのですが、田中みな実さんが登場するシーンはどれもこれも猟奇的で社長を惑わす姿やさまざまな思惑で行動する姿など目が離せなくなります。

今回の4話では片目が眼帯になってしまったのにはマサに原因があることが分かり、なぜマサが彼女た対してはなかなか強く言えないのかが分かりました。

彼女の両親まで登場して、マサと結婚までいくよう応援している姿さえもマサの人生を全て奪おうとしているようでホラードラマのような要素を含んで面白いです。

実際にこのような女性やその家族がいたら怖いのでしょうが、ストーリーとして見た時にはここまでのキャラクターを演じ切る田中みな実さんに圧巻されてしまいます。

SNSでも彼女の演技に多くのコメントが寄せられていて大注目になっているので、最終話までストーリーをぐちゃぐちゃにしてしまうほど暴れて欲しいなと思います。

アユを冬空のなか、外へ締め出してしまったシーンも女同士のドロドロの様子が見て取れて良かったです。

ペンネーム:ひぃ(30代・女性)

YK

『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレ

A VICTORYの社長である大浜は、流川プロデュースのガールズグループAxelsのデビュー日をアユのデビューと同日にすることを決める。

マサは10億円の資金をかけてアユのプロモーションを行おうと「チーム・アユ」を組むが、妥協を許さないマサは中途半端な仕事をするチームに対して苛立ちを露わにしていた。

一方のアユはマサの期待に応えたいと思うものも、デビュー曲のレコーディングに苦戦していた。

そんな中マサと流川を呼び出した大浜は、音楽番組にも顔が利く大物プロデューサーの黒川がアユとAxelsのパフォーマンスを見てくれることになったと告げる。

『M-愛すべき人がいて-』第4話の感想

秘書の礼香の目のケガの原因が分かって良かったですが、礼香の行動がどんどんエスカレートしてるので心配です。

アユは礼香の言葉を純粋に信じすぎているように感じたので、もう少し疑いの目を持たないと今回より酷いことが起きてしまいそうだと思いました。

アユに負けたくないと焦る理沙の気持ちも理解できますが、自分が嫌なことまで受け入れようとしていたのは胸が痛かったです。

改めて芸能界は怖い世界だと思いましたし、仕事で成功するために傷ついている人は多いのだろうなとリアルを感じてしまいました。

このままだと理沙は、心を病んでしまわないかと少し心配になりました。

ペンネーム:YK(30代・女性)

ai

『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレ

アユの所属するレコーディング会社内では社長の大浜、マサ、流川がミーティングをしていた。

同じ日にデビューが決まったアユとアクセルズ。

マサはチームアユを立ち上げ精鋭たちでアユのバックアップをすると宣言。

しかも10億かけて売り出すという。

一方、流川もアクセルズを全国をクラブ回りさせてでも売り込むようだ。

マサは宣言通りアユに鬼のように厳しくなる。

スタッフたちにもプレッシャーが掛かり、本人のアユも緊張のあまりうまく歌えない。

不穏な空気が漂い、マサはアユに恋狂いしたとささやく者も。

奔走するもなかなかアユをTVに出演させるチャンスがつかめないマサ。

大浜はマサと流川に大物プロデューサーの黒川に二組を観てもらうのはどうかと言う。

結局、黒川に二組を引き合わせ、どちらかを選んでもらってTV番組の出演交渉するという形に決まる。

黒川に会う日の前夜、姫野がアユを会社の屋上に呼び出す。

マサのことで大事な話があるというがアユをおびき寄せるための罠だった。

結局、雪がちらつく夜の屋上で締め出しをされたアユは発熱し、思うように歌えなかったためTV出演はアクセルズに決まってしまう。

マサは何かあったと気づくが今後に向けて切り替えていた。

そんな中、今度は姫野がマサを呼びだした。

会って欲しい人がいるという。

実はマサの離婚が成立し、マサの結婚式での事故で片目を眼帯することになったのを理由に両親を引き連れ結婚を迫って来たのだ・・・。

マサの答えは?!

アユはマサへの想いに決着をつけようと想いをFAXで送る。

マサの気持ちは?!

恋も仕事も混沌MAX果たしてどうなるのか。

『M-愛すべき人がいて-』第4話の感想

マサの本気が凄いです。

チームアユを結成して命を懸けてやらせようとしているあたりに執念を感じます。

でもアユは女の子なので態度を一変されると気持ちがついていかないだろうなぁと思っちゃいました。

案の定、緊張してうまく笑えなくなったり、歌えなくなったりしていました。

プロ意識は必要ですがどこか栄養がとれる時間を与えてあげて欲しいなぁと思いました。

アユはTV出演を賭けた流川の担当するアイドルグループとのプレゼンに実力を出せなかったのも姫野に前夜に姫野に屋上で締め出しをくらったからなのに、何も言い訳せずに悔しかっただろうなぁ。

マサは何かあったと気づいていたけど、訳を聞いてあげて欲しかったです。

マサが周りにアプローチして土下座までしていたのに、気に入らないひとは難くせつけてて、アユが爆発的に売れたらこのひとたちみんなどんな態度になるんだろうと思っちゃいました。

姫野の眼帯の理由が明らかになりましたが、過去のことを楯にマサに結婚を迫るなんてやめてあげて~。

ラストのウェディング姿での出勤、恐怖でしかなかったです。

ペンネーム:ai(40代・女性)

あい

『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレ

アユのデビューに向けて、必死に焦って周りが見えなくなるマサ。

それに答えようとするアユ。

周りはどんどんデビューに向けて動き出していきますが、アユの気持ちが追いついて行かず、マサもアユも周りも、ただただもどかしい毎日。

流川のプロデュースするグループもデビューに向けて動き出している。

そんな中、マサの一言でアユは自分の思いを認め、動き出す。

ただ、マサとアユの間を、どうしてあそこまでマサにしがみつき、アユをおとし入れ、マサの気持ちを引こうとする、眼帯をしたマサの側近(田中みな実さん)の過去がこの回ですべて明らかになります。

それがメインのような・・・そんな第4話です。

『M-愛すべき人がいて-』第4話の感想

とにかく今回は田中みな実さんの怪演がメインとしか思えないです。

まさかあのような過去があったとは・・・。

あんな誰も幸せにならない事故は切なすぎました。

アユのデビューへの道は、進んだような進んでいないような、といった曖昧な感じですが、最後にしっかりと思いが伝わってよかったです。

ただ・・衝撃のラストシーン・・・。

なんのこっちゃ!という感じではありますが、まだまだ田中みな実さんの活躍を期待しなければいけないようですね。

マサの一言でアユの歌が一瞬にして変わるところなんて、根っからのドラマ好きにはたまりません!

ペンネーム:あい(40代・女性)

丘里リル

『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじネタバレ

プロデューサーのマサはアクセルズのプロデューサーの流川と争うことになった。

マサは歌手の卵のアユを厳しく育てることにした。

歌が上手く歌えないアユに自分の気持ちを伝えたい人に歌うように言った。

アユはマサのために歌った。

マサの知り合いの黒川がアユとアクセルズを見てくれることになったが、その前にマサのことが好きな麗香がアユをだまして、屋上に閉じ込めて、雪の降る屋上でずっといさせた。

そのため、黒川が見てくれる日にアユは熱を出して、倒れてしまった。

黒川はアクセルズのりさが気に入って、流川に連れてくるように言った。

りさは歌手になりたいから黒川のところに行った。

アユは「マサが好きで、自分で歌手になる」という手紙を残して、去っていた。

『M-愛すべき人がいて-』第4話の感想

今回はコロナウィルスのためにドラマを中断したのを再開した最初の回でしたが、普通に行われていたのでびっくりしました。

ラブシーンはあまりなくて、それを気をつけたのかなと思いました。

また、今回はアユがマサのことが好きだと告白した回でもありましたが、まだ一人前の歌手になっていなくてそういうのはあり得るのだと思いました。

人間だから仕方がないのですが、これが本当の話ならドラマチックだと思いました。

また、麗香役の田中みな実さんの演技が一段と上手くなっていて、見ている方も怖いです。

麗香がこれからどんなふうにマサとアユの恋を邪魔していくのか、楽しみでです。

ペンネーム:丘里リル(50代・女性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『M-愛すべき人がいて-』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『M-愛すべき人がいて-』見逃し動画を全話見放題で見る方法

  1. ABEMAの1ヶ月間無料キャンペーンに登録

コメントお待ちしています!

CAPTCHA