隕石家族|6話ネタバレと感想。隕石が再び地球に、キャプテンが門倉家に、どうなるの!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年5月16日(土)オトナの土ドラ「隕石家族」の6話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
和彦は、リストラされたことも、キャプテン・片瀬にお金を貸したことも言えずかわいそう。

片瀬が、門倉家に居候。どうなってしまうのか。

ラマちゃん
翔太は資産家の息子で、火星に結月と移住するという、またまた、すごい展開。

隕石の軌道が再び変わるようです。地球、そして門倉家はどうなってしまうのでしょうか。

リストラされ、片瀬にお金を貸した事を内緒の和彦。それを知らない久美子は、片瀬との密会を続ける。片瀬が、門倉家に居候することに。翔太が資産家の息子だと判明し、結月と火星に.....。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』6話あらすじネタバレと感想

隕石の軌道がそれ日常を取り戻したように見えたが、物価高で、経済は戻ってこなかった。

正子のボケはまだらだった。久美子は、和彦に、美咲も仕事を辞めたし、正子の介護費もこれから、かかるから仕事を頑張って欲しいと頼む。

和彦は、リストラされたことを家族に言えずにいた。キャプテン・片瀬にお金を無心され、秘蔵のお宝を売ってお金に換えていた。

片瀬は、地球が滅亡すると思い、仕事も辞め、家も売却して、キャンピングカー暮らしをしていたのであった。

お金を受け取った片瀬は、感謝し、和彦が、久美子に言っていないことを聞くと喜び、二人だけの秘密だと熱く語る。

二人だけの秘密と言われ和彦もまんざらではなかった。

和彦は、仕事探しにハローワークに行くが、同じような境遇の人が増えており、3時間待ちの大行列だった。

片瀬は、お金が入ったと言い、久美子を高級レストランに誘う。和彦から借りたお金だとは言わずに、格好をつけていたのであった。

久美子は、勇気を出してメールして良かったと言い、片瀬も、高校時代に久美子は輝いていた、唯一の後悔は告白しなかったことだと愛をささやく。

久美子が、正子の認知症が始まり、これからは頻繁に会えないかもしれない。和彦から聞いていないと聞く。

片瀬は、和彦とは、告白された以降会っていないと嘘をつき、久美子の手を握り、会えないことを寂しがる。

和彦は、炊き出しに並び、昼飯代が浮いたとベンチに座っていると、ランニングしていた美咲に見つかってしまう。

リストラされたことを知った美咲は、仕事をするしかないかと言う。和彦が、キャバクラとかはだめだと父親ずらすると、いまさら何を言うと怒られる。

結月と翔太が別れたのも和彦のせいだと責められ、どうすれば良いと落ち込む和彦。リストラのことは、家族には内緒だと頼む。

和彦が仕事をしてきたというふりをしながら家に帰ると、久美子が、正子の痴呆症でディケアホームの職員に気を付けて欲しいと頼んだことでもめていた。

和彦が仲裁に入ったが、ますますもめ事が大きくなっていった。そこに、森本家で長年秘書をしている木下がやってくる。

木下は、翔太が資産家の息子であること、父親がつい先日亡くなったことを語り出す。翔太が門倉家を出て行ったのは、父の看病のためだった。

翔太の父は、隕石がぶつかることが分かり、翔太をつれて火星に移住しようと計画をしていたが、自分たちだけ助かってもしかたがないと翔太が反発して家を出たのであった。

結月は、翔太からそんなことを聞いておらず、結局信用していなかったのだと文句を言う。

木下は、ここからが本題と、遺言で、翔太と大事に思っている結月と火星に移住することを望んでいたと語る。

政府が未発表だが、また、隕石の軌道がそれて地球にぶつかると言い、1カ月後、火星に出発で、2週間後までに決断をして欲しいと結月に頼む。驚く門倉家全員。

結月は、火星には行かないと言い出す。和彦たちは、自分が行くべきだと話し合いを重ね、翌朝、結局、結月が行って自由な人生を歩んだ方が良いとすすめる。

しかし、結月は、「家族いっしょに最後の日を迎えるのがパパの夢だったのではと言い、家族ではないんだ」と怒り、予備校に飛び出して行く。

そのころ、翔太は、バイト先で鉄郎の店にいた。鉄郎は、1億円の賞金を使ってしまい借金取りに追われ店をたたみ、隠れるために店で寝泊まりしていた。

翔太は、結月や門倉家に迷惑をかけたという思いから、会えなかったと胸の内を鉄郎に話す。

翔太は、傲慢な父親が嫌いで家を飛び出したが、門倉家に3ヶ月間住んで凸凹しながらも家族がまとまって行く姿に、家族もいいなと思い、父親の看病ができたと言う。

結月を傷つけたと落ち込む翔太に、鉄郎は、何をカッコつけていると、思いをぶつけてみるべきだと尻を叩く。

翔太は、いつもと違うスーツ姿で門倉家を尋ねる。久美子はその姿に驚くが、結月はもうすぐ帰ってくるから家の中で待ってほしいと言う。

翔太は、和彦、久美子、美咲、正子に、頭を下げて謝る。秘書の木下からすべてを聞いたと言い、父親が亡くなったことを知らずにごめんと逆に謝られる。

結月を説得して火星に行かせるから頼むと和彦は頭を下げる。

結月が帰ってきて、「私は行かない。翔太は勝手すぎる。帰って」と翔太を家から追い出す。

美咲は、結月を思い、家にいても何もできないのだから家を出て行けと叫ぶ。結月はショックを受ける。

和彦は、美咲の頬を叩き、美咲も和彦にけりを入れる。二人とも、結月のためにわざとしていたのであった。

和彦は、久美子に寝室で手当てを受けながら、美咲は優しいと言う。久美子は、もう一度、結月と話してみると語る。

和彦は、「あの事だけは言うな」と釘を刺す。久美子は、それを言えば、結月は火星に行くと言うかもしれないが、行った後幸せではないからと、言わないことを約束する。

久美子は、結月の籠っている部屋の外から、優しく、皆、結月だけでも生き残って欲しいと願っていると言い、翔太と何があったのかと声をかける。

結月は、翔太に、嫌いだと言われたと打ち明ける。久美子は、結月は翔太のことをどう思っているのかと尋ねる。

結月の中で、翔太の笑顔や思い出が戻ってくる。久美子は、「人を好きになるのは素敵なことだ」と話す。

翌朝、和彦は、また、秘蔵品を売りに出し、キャプテン・片瀬にお金を渡していた。

和彦は、貢いでいるみたいだと言うと、片瀬は男の友情だと言う。和彦は、愛情ではないんだと独り言を言う。

和彦が、リストラになったが、退職金が入るから心配はしないでと言っていると、片瀬は、キャンピングカーを売る算段をしていた。

久美子は、痴呆症を心配し、正子を医者に連れて行き、医者の前ではしっかりしている正子に疲れて家に帰ってきた。

和彦が、前触れもなく、キャプテン・片瀬をつれて家に帰ってくる。片瀬が、キャンピングカーを売り泊まる場所がないため、男の友情で家に来てもらったと言う。

久美子は驚き、結月と美咲は、あのキャプテンと騒ぐ。緊急速報がなり、隕石の軌道がそれて、地球に2ヶ月後にぶつかると正式に報道がある。

正子は、片瀬を見たとたん、亡くなった夫・和夫が戻ってきたと痴呆症のために勘違いする。

食事だと、和彦の座る席に、片瀬を座らせ、自分も久美子が座る席に座る。ボーとする皆を席につかせる。

片瀬に、いつものように一言言うようにと正子は促す。

片瀬も、その気になって、家長としての一言を言い、美味しいとご飯を堂々と食べる。

和彦は、片瀬の遠慮がない姿を睨み、久美子は、片瀬が家にきてドキドキする。

ここまでがネタバレですが、第6話は、和彦は、リストラやキャプテンにお金を渡したことを秘密に。翔太は御曹司で、結月と火星に行く計画が分かり.....。

和彦は、家族に秘密はなしだと言っておきながら、リストラされたことや、キャプテンとまだ会っていることを言えませんでしたね。自分のことは言えないからね。

翔太が御曹司とは、結月と触れ合うことで家族のありがたさが分かったのですね。だから、結月に、嫌いになったと嘘を言って、別れたと言うことですね。

ドラまる
門倉家の全員が結月の幸せを願って、翔太に、火星につれて言って欲しいと言った。結月は、翔太の気持ちを分かりつつも、裏切られた思いだったのかな。

翔太のスーツ姿かっこ良かった。

ラマちゃん
キャプテン・片瀬には幻滅したね。

和彦からもらったお金で、久美子をレストランに連れてカッコつけるし、門倉家に上がると、家長のように振舞っていたからね。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』6話ネット上の反応

ドラまる
翔太に胸キュン。逆に、キャプテンひどいとの声が高まってます。

ラマちゃん
結月の秘密とは。展開がわからないがネットで上がってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

隕石家族|5話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『隕石家族』7話のあらすじ

2020年5月23日(土)放送のドラマ『隕石家族』第7話のあらすじをご紹介します。

隕石が再び向きを変える中、片瀬(中村俊介)と暮らし始めた門倉家。

認知症の進む正子(松原智恵子)は、片瀬を亡夫と思い込む。

家族と純愛の両方を手にした久美子(羽田美智子)のはずだったが、片瀬が和彦(天野ひろゆき)から借金をしていること知り複雑な想いに。

地球脱出を拒否した結月(北香那)だったが、翔太(中尾暢樹)の再三の説得に加え、家族が隠していたある秘密を聞いて涙、涙、涙の決断を迫られる。

しかし、感動だけでは終わらない、和彦に緊急事態が!

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『隕石家族』6話のあらすじネタバレ、感想、7話のあらすじを紹介しました。

リストラと片瀬にお金を渡したことを隠す和彦。翔太は、御曹司で、父が亡くなり結月に思いを告げるが拒否される。家に片瀬を連れてくる和彦、夫と勘違いした正子に乗じ家長に納まる片瀬。

ドラまる
門倉家に、あがりこんで、正子の痴呆症に乗じで、亡き夫のふりをして、家長のようにキャプテン・片瀬は振舞うようですね。

和彦は、また嫉妬するのか。久美子は、純愛相手が家にきてどうするのでしょうかね。

ラマちゃん
結月は、翔太と火星に行く決意をするようです。久美子と和彦が、結月たちに隠していることが決断の理由のようです。

その秘密とは何なんだろう。涙、涙、涙の決断とは。

なぜ、正子のボケを演出してきたのかと思っていたら、キャプテンを亡き夫と勘違いさせる展開だとは、キャプテンが門倉家を引っ掻き回し始めましたね。

また、隕石の軌道が変わり、地球に近づくという展開。結月と美咲は、どうも、久美子と和彦との子供ではないようですね。最後は、何をこのドラマが残すのかますます混迷です。

次話、キャプテンは、引っ掻き回して、船に乗ると言って出て行き、結月も秘密を知って感動する。和彦に緊急事態と、どんな展開を見せるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA