隕石家族|5話ネタバレと感想。キャプテンへの告白が家族にばれた!狂い出す門倉家!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年5月9日(土)オトナの土ドラ「隕石家族」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
隕石が向きを変え、地球にぶつからなくなる。恩師を追いかけた美咲が戻り、結月と翔太の関係にも変化が。

日常が戻ってくるのか。展開を見守りましょう。

ラマちゃん
キャプテン・片瀬に告白してしまった和彦。ショックでお遍路の旅にでかけるようです。

和彦、どうなってしまうのか。久美子は、片瀬との関係を続けるのでしょうか。

隕石の軌道が変わり、日常が戻る。結月の東大合格判定は悪くなり、美咲も家に帰る。片瀬への告白がショックで和彦は人生を見つめ直す旅に。久美子は、家族と純愛を両方を諦められず.....。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』5話あらすじネタバレと感想

隕石が軌道を突然変えて地球への衝突がなくなる。疎開していた人も戻ってきて、大学を目指す人も増えてきたため、東大合格判定が、AからEになり落ち込む結月。

姑・正子は物忘れが悪くなり、新聞をトイレットペーパーにするためくしゃくしゃにするなどの行動を、久美子が不要だと言っても、繰り返す。

突然、恩師を追いかけて疎開していた美咲が帰ってくる。恩師も帰ってきて先生に戻るから帰ってきたと言う。

美咲は、恩師から自立するため、先生にはならず新しい道を進むと言い出す。

和彦は、最後だと思いキャプテン・片瀬に告白したが、地球が助かることが分かり、ショックで、自分探しの旅に出ると、家を出て行ってしまった。

久美子は、片瀬から、和彦に告白されたと聞き驚く。結月もそのことを聞き、パパが男の人を好きだとはとショックだった。

和彦は、そのころお遍路で寺で座禅をしていた。隕石が衝突すると思い、お金を使いこんだりやらかした人が大勢集まっていた。

翔太は、門倉家に泊まらなくなり、バイト先の店長・鉄郎の家に泊まっていた。結月は、翔太に避けられているのではと感じていた。

店長・鉄郎は、「あと半年、どう生きるか心を打つ作文を書けば一億円」の懸賞があたり、懸賞金を使ってしまっていた。

その懸賞には、隕石が当たらない場合は、懸賞金を返却する義務が契約書に書かれており、弁護士が店にきて慌てる。

正子の物忘れはますますひどくなってきた。生命保険を解約しようと申し込んだのにしていないと言ったり、久美子の活けた花を直すのも中途半端になっていた。

美咲は、本当に先生を辞めて、何をやるにも体力だと運動器具を購入し張り切っていた。

結月は、美咲がすっきり元に戻らない選択をしたと感心し、ママは元に戻るのかと聞く。

久美子は、キャプテン・片瀬との純愛も辞められないし、家族も大事だと、そのまま幸せを掴むと宣言する。

翔太から直接話したいことがあるとSNSで連絡が入り、慌てる結月。翔太は、ある人物から、結月との関係を言われているようであった。

和彦が帰りにくそうに家の周りをうろうろしているのを久美子は見つけ、結月に、帰ってきても、片瀬に告白したことを知っていることを言わないでおこうと約束する。

和彦が、申し訳なさそうに家に帰ってくる。久美子たちは何事もなかったかのように迎える。

美咲は、先生をやめたから扶養してねと軽く言ってくる。和彦は、しかたがなく、明日から、家族のために働くと宣言する。

会社に行くと、隕石がくると健康チェアが売れていた和彦の部署は、暇になっていた。リストラもあり得るかもしれない3週間も休んでと言われてしまう。

結月は、翔太から話したいことがあると言われ不安になっていた。そのことを聞いた久美子は、もしかしたら、結婚ではと言い、結月もその気になって喜ぶ。

夕食、和彦が帰ってきたとすき焼きをする久美子。久しぶりに、家族での食事になる。

和彦は、翔太の姿がないことに気づき、結月はバイトだからと答える。和彦は、翔太も、将来があるようになったのだから、この先を考えた方が良いと言う。

久美子は、結月の顔を見ながら、翔太はしっかり考えているみたいだとほのめかすと、和彦は隠し事はなしだと言い出す。

久美子は、結月に言ってしまえばと促す。結月は、何か話したいことがあると翔太に言われたと恥ずかしそうに答える。

久美子は、娘を下さい的な結婚の申し込みに決まってるとはしゃぐ。美咲も騒ぎ、和彦は驚くが、まんざらでもない様子だった。

そこに、翔太が帰ってくる。久美子は、ソワソワしながら、和彦は、うちの家は隠し事はなしだと迫る。

翔太は、座って、落ち着きながら、「この家を出て行きます」と語り出す。

和彦は、3ヶ月間いっしょに住んでいたのだから、理由を言わないような男に、結月との交際を認めるわけにはいかないとよかれと思い言う。

翔太は、それなら、結月と別れると言い、何も理由を言わずに門倉家を出て行く。

結月は、納得が行かないと翔太を追いかける。翔太は、「もう、好きではなくなった」と冷たく去って行く。

家に戻った結月に、和彦は、不誠実な男と付き合わなくても、いい人はいると言う。

結月は、振られた腹いせに、和彦にあたり、「パパの方が隠し事をしている。キャプテンに告白したことをリセットしたかったのでしょう」と、久美子が止めようとするが言ってしまう。

正子は何が起こったのか理解ができず。美咲は、自分もそうだから、パパがだれを好きになってもいいが、相手は、ママの好きなキャプテンだよねと結月に言う。

和彦は、久美子に、最初は、復讐してやろうと、久美子の同級生のサイトからキャプテン・片瀬を探し出し、趣味もいっしょだったことから連絡をとったと白状する。

会っているうちに、片瀬の魅力に気づき、だんだん引かれていったと。久美子が、隕石がくるから素直になりたいを聞き、ついに告白してしまったと語る。

和彦は、隕石がくるという一時の迷いだったと、「ママが一番好きだ」と伝える。

翌朝、和彦は、立ち直っていた。

結月は、翔太に会うため、バイト先の店に行くが、しばらく休業しますの張り紙が張られていた。

店に入ると、バイトの女の子が、店長が1億円返せなくて、どこかに消えてしまったと言う。

和彦は、会社で上司に呼ばれ、1人リストラしなくてはいかなくなったと言われ、和彦に今日やめてもらいたいと言われる。

門倉家では、正子が、和彦の演奏会にいかなくてはならないと訳の分からないことを言い出し、久美子は、正子にボケが始まったと分かる。慌てて、和彦に帰って欲しいと伝える。

和彦は、慌てて会社を出ようとすると、ロビーに、キャプテン・片瀬が待っていた。

片瀬は、心配したと和彦を気遣う。和彦は、その言葉に、自分の事しか考えていなかったと反省する。

片瀬は、「金を貸して欲しい」とさわやかな顔で頼み、久美子から丁度来た着信を見せながら脅す。和彦は、そのギャップに驚く。

ここまでがネタバレですが、第5話は、隕石がそれ、片瀬に告白したショックで和彦は旅に出る。翔太は、門倉家を出て行き、結月は、和彦の告白をばらして.....。

結月が、和彦がキャプテンに告白したことを言ってはだめなのにと思ったのですが、翔太に振られ冷静さをかき言ってしまいましたね。大丈夫かと思わず叫んでしまいました。

翔太は、ある人物から何かを言われたので、門倉家を出て行き、結月に別れを告げたようですね。翔太に何があったのだろう。

ドラまる
やはり、和彦がキャプテンに近づいたのは、偶然ではなく、久美子の好きな相手を陥れようとしたのでしたね。

しかし、キャプテンの魅力に触れて好きになってしまったのですね。

ラマちゃん
最後のキャプテンのお金を要求する一言が、残念でしたね。さわやかなキャプテンだったのに。

キャプテンも、最後だと思いお金を使ってしまったのかな。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』5話ネット上の反応

ドラまる
隕石がそれた後の展開に、皆さん、今の自分と重ねてみているようですね。

ラマちゃん
キャプテンに残念、好きだったのに。カツヤマケイコさんも4コマで怒ってます。展開どうなるのと心配する声も多いです。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

隕石家族|5話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『隕石家族』6話のあらすじ

2020年5月16日(土)放送のドラマ『隕石家族』第6話のあらすじをご紹介します。

「ボクらは秘密の共有者ですね」…片瀬(中村俊介)の言葉に、嬉しいのか? 後ろめたいのか?

複雑な心境の和彦(天野ひろゆき)は、リストラされたことを家族に言えないまま、自身の収集品を買取店に持って行ってはお金に換える日々。

その一方で片瀬は、借りたお金で久美子(羽田美智子)に食事を奢るなど密会を続け、「君の御主人とは2度と会うつもりはない」としれっと嘘をつき、再び久美子にアプローチしていた。

早速、会社へ行くフリをして公園で弁当を食べる和彦を美咲(泉里香)が目撃。

公然の非公開だ!! とあまりにも下手な言い訳で慌てふためく和彦にため息の美咲。

家に帰ると、正子(松原智恵子)が久美子に認知症だと思われている事が気に入らないと怒っていた。

そんな中、翔太(中尾暢樹)の父親の秘書だという木下(浜田晃)なる老人が来訪。

なんと実は、翔太が大資産家の息子で父親が急逝。

遺言として、翔太と結月(北香那)の2人分の火星移住プロジェクトを申し込んでいたことが発覚。

木下に「翔太坊ちゃまと一緒に地球を脱出してほしい」と迫られる門倉家。

その申し出に“一人でも生き残れるならば!”と家族は喜ぶも結月は断固拒否。

尚も勧める家族に結月は「私は家族じゃないわけ?」と激怒。静まり返る家族…。

一方、翔太はバイト先の『イスカンダル』へ。

一億円の借金の形に差し押さえられた店 に戻り、隠れ住む店長(ブラザートム)に結月と別れた経緯を話すも、その煮え切らない態度に店長が発破をかける。

ぐずぐずしないで結月を迎えに行け!と。

しかし一緒に地球を脱出しようと結月を説得しようとするも話さえ聞いてもらえず拒絶されてしまう。

閉じこもる結月。そんな結月に久美子は…。

大混乱の門倉家に、なぜか和彦がさらなる追い打ちをかける。

「さ、どうぞ、狭いうちですが…」何と片瀬がやってきた

どうなる門倉家!その時隕石の動きに再び変化が?

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『隕石家族』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

隕石がそれ、片瀬への告白をリセットするためお遍路に行く和彦。翔太に突然別れを言われた結月は、ショックで、和彦の告白を暴露。リストラになった和彦に、片瀬は、お金を要求に来る。

ドラまる
金をせびりに来た片瀬は、その金で久美子との関係を続ける。

門倉家にも上がってくる片瀬。ビックリ展開です。

ラマちゃん
翔太は資産家の息子でしたね。火星への移住に、結月と申し込んであったとは。

結月は、翔太と火星に行くのか、壮大な話になってきたね。

隕石がそれ地球滅亡がまぬがれたのだが、どうせ死ぬからと皆好きなことをやってきたことのつけが回ってきましたね。自分もそうするだろうなと確信をついた展開でした。

和彦はリストラ、久美子はキャプテンとの関係を続け、正子のボケが始まり、門倉家の歯車が狂い出し、発散してきました。これからドラマ後半に向かいどうやって収束して行くのでしょうか。

次話、イメージがダークになってしまったキャプテンはどう動くのか、翔太と結月の関係はどうなって行くのか。また隕石の軌道が変わるようです。展開どうなるの。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA