隕石家族|4話ネタバレと感想。和彦(天野ひろゆ)がキャプテン(中村俊介)に告白!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年5月2日(土)オトナの土ドラ「隕石家族」の4話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
夫・和彦と純愛相手のキャプテン・片瀬が密かに会っていることを知ってしまう久美子。

家族と純愛両方をキープしてい久美子は、どうするのかな。

ラマちゃん
長女・美咲は、慕っている森山を追いかけ、疎開先に行くのでしょうか。

家族は反対するのか、どうなる門倉家。

長女・美咲は、田舎に疎開する森山を追いかけ、家を出る決意。その気持ちに驚く家族は、多数決で美咲のことを決めることに。久美子は、夫・和彦と恋人・片瀬が密会していることを知り.....。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』4話あらすじネタバレと感想

久美子は、結月から、夫・和彦と片瀬が密会する動画を見せられ驚いていると、大きな地震のような揺れを感じ慌てる。

正子は、玄関先で倒れそうになり、美咲は、森山のことが頭から離れず茫然としていた。

和彦と片瀬はいつもの居酒屋で飲んでいて、とっさに、片瀬は、和彦をかばいテーブルの下に隠れる。揺れが収まり、和彦は片瀬の顔が近いことにドキドキする。

片瀬は、家族が心配しているからと和彦を家に帰るように言う。和彦は、自分のために手を怪我をした片瀬が気がかりだった。

和彦が家に帰り、家族の無事を確認すると安心する。通信が不通になり何が起こったのか分からずようやくTVで、小さな隕石が多摩地区に落ちた影響だと分かる。

皆は、実際に数キロレベルの隕石が落ちたらどうなるのかと、生きられる望みはないと覚悟する。

久美子は、和彦が、電車の模型を借りものだと大事にして、どこかに連絡しているのを疑うように見つめる。

翌朝、美咲は、食事も途中で緊急職員会議があるからと行ってしまう。結月は、美咲には、パパもママも何も言わないと怒る。

翔太が、結月と美咲が違う姉妹のようだと冗談で言うと、昔、美咲が、この家の子ではないと言い出し、家出したことがあるから、禁句だと久美子は語る。

和彦が会社に出かけたあと、結月は、パパと片瀬とのことをどうすると久美子に迫る。久美子は、家族と純愛両方を取りたいと曲げない。

結月は、翔太のバイト先に行き、パパは、ママと片瀬のことを知っていて、復讐をしようとしているのに違いないと言い、パパを犯罪者にしたくないと言う。

久美子は、結月に、片瀬に直接、夫・和彦がどういういきさつで出会ったのか聞いてみると伝える。

渋谷の暴動も、昨日の小さな隕石でも、あれほどの揺れがあったのを痛感し、少しばかりあった反抗心を失っていた。

和彦の会社のマッサージチェアは、昨日の隕石の影響でさらに欲しいと売れていた。和彦は、片瀬の怪我が心配で、SNSで連絡をするが、返事がなかった。

生命保険会社には、昨日の隕石で、いまさら保険に入っていても仕方がないと考える人が解約に殺到していた。

久美子は、片瀬に会い、パノラマが、夫・和彦だと告げ、片瀬は驚く。

片瀬は、趣味のサイトで出会って、メールでやりとりして会うようになったと言い、お互いに本名は知らず、ハンドルネームのキャプテンとパノラマで言い合っていると。

久美子は、自分が、付き合っているのが、高校時代のキャプテンだと、和彦は知っていると言う。

江の島に行ったのも片瀬といっしょだったのかと聞く。その様子を思い出した片瀬。

和彦は、江ノ電に乗りながら楽しそうだった。片瀬がキャプテンだったことを尊敬し、自分は吹奏楽部の副キャプテンで大したことがないと言う。

片瀬は、副キャプテンの方が偉いと褒めると、和彦は、嬉しく、片瀬を見つめるのであった。

片瀬は、久美子に、二人のことをすべて和彦に相談していると伝え、久美子に振られたというと、和彦から最後はいっしょにいてあげると言われたと言う。

久美子は、和彦は、最後は、家族といっしょにいたいだから、そんなはずはないと思う。

美咲は、田舎に帰って一人で最後を迎えたいという森山に会って、自分の気持ちを知っているくせにと迫る。森山は、さよならと言い去って行く。

夕食時に、正子は生命保険を解約しようとするが、担当者から、もう潰れるかもしれないと言われ電話を切られる。

正子が、これくらいなら、久美子が欲しがったジェットバスを買っておけば良かったと話すが、久美子は、料理と、なぜ和彦が片瀬に近づいたのかを考え上の空だった。

和彦も、片瀬のことが気になり聞いていなかった。

美咲が帰ってきて、森山の疎開先について行き、家を出ると言い出す。しょせん他人だと言う正子に、美咲は、「好きなの」と大声で叫び部屋にこもってしまう。

結月は、最後は家族といっしょにいたいと思っていたのに、美咲の好きは愛しているという意味だよと。翔太は、結月には、自分がいると慰める。

久美子は、美咲の気持ちが分かると言い、中学生のころいじめられていて、その時に、心を開いてくれたのが森山先生だったと語る。

人は、繋がりのようなものを求めていて、それが美咲にとって森山先生だった。だから、その気持ちを尊重してあげたいと、和彦に同意を求める。

美咲は荷物をまとめ、翌朝早く、家族との思い出のリビングを見まわしながら別れを告げようとする。

久美子が、何も言わないで出て行くのと聞き、正子も、理解はまだできないけどと言う。結月の目には涙が浮かび、翔太も起きてくる。

和彦が、門倉家のルールである多数決をしていないと言い、「美咲がこの家を出て行くのに賛成の人は手を上げて」と言うと、全員手を上げる。

美咲の目にも涙が浮かび、翔太に結月を頼むとお願いする。

美咲は、皆に見送られながら、行ってきますと家を出て行く。

和彦が会社に出かけようとし、玄関で送る久美子に、「離れても、美咲が娘であることは変わりがない。」と言うと、久美子が、「2人とも本当の娘として育ててきたのですものね」と言う。

結月は、人を好きだという気持ちが分かる久美子が賛成したのは分かるが、家族で最後はいっしょにいたいと思っていた和彦がなぜ賛成したか疑問だと言う。

久美子も、不思議だったが、和彦が、片瀬に借りた電車の模型をいじりながら「人を好きになる気持ちも分かる」と言っていたと説明する。

片瀬から電話が入り、今から、和彦の真意を聞くと久美子に連絡が入る。

和彦は、走ってきて、キャプテン・片瀬からなかなか返事がなかった心配したと片瀬に言う。

そのころ、何かあってからでは遅いと、結月は、久美子を連れて、片瀬と和彦が会いそうな場所を慌てて探す。

片瀬は、どうやって知ったのかと問いただすが、和彦はネットで会っただけと言い、何を言われているか分からなかった。

和彦は、名前を知らなくて逆に良かったと言い、片瀬に向かって「好きです」とついに言ってしまう。

その時、巨大隕石の軌道が突然変わったと報道があり、地球にぶつかる可能性がなくなったと報じられる。

和彦の会社にも、全員が戻り日常が戻ってきた。和彦だけが、なぜ、片瀬にあんなことを言ってしまったのかと後悔する。

ここまでがネタバレですが、第4話は、久美子は、和彦との関係を片瀬に聞くが、偶然会っただけだった。美咲は、恩師が好きだと家を出て着いて行くと.....。

小さな隕石がぶつかった時に、和彦が片瀬と顔を突き合わせた瞬間、今まで何となく感じてましたが、和彦が片瀬を好きなんだなと感じました。

久美子は、なぜ、和彦が片瀬に近づいたのかが心配でしたね。片瀬に聞いても分からなかった。まさか、夫・和彦も片瀬が好きだと想像しなかったでしょうね。

ドラまる
美咲は、恩師の女教師・森山が好きだと言い、追って家を出て行く。

美咲の人を思う気持ちを尊重したいと、最後の日を迎える皆の気持ちが分かったような気がしました。

ラマちゃん
片瀬についに、好きだと言う気持ちを伝えてしまった和彦でした。

でも、その瞬間に、隕石が軌道をそれるとは、どうするのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』4話ネット上の反応

ドラまる
和彦純愛、キャプテンへの告白、隕石がそれたと驚きの連続との声が上がってます。

ラマちゃん
結月と美咲は本当の子じゃないの。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

隕石家族|4話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『隕石家族』5話のあらすじ

2020年5月9日(土)放送のドラマ『隕石家族』第5話のあらすじをご紹介します。

地球に向かっていたはずの巨大隕石が突然向きを変えた。

世間の空気はこれで助かるんだ!と、ガラリと変わり、一気に日常が戻ってきた。

つまり、定員割れのお陰でたまたまA判定だった結月(北香那)の東大受験もE判定になるわけで…。

疎開していた人たちも続々と東京へ戻りだした。

森山(遼河はるひ)を追って家を出た美咲(泉里香)もコソっと戻ってきたが、教師には復職せず自分のやりたいことをすると宣言する。

和彦(天野ひろゆき)は隕石衝突まで時間がない!と人生大一番の“片瀬(中村俊介)に告白”をしたはずなのにとショックを受け、「自分探しの旅に出る」と、お遍路の旅へ。

久美子(羽田美智子)は、前と同じ自分に戻ることなんて出来ないと、純愛と家族の二つとも手に入れることを改めて決意した。

そんな中、翔太(中尾暢樹)が働く喫茶店『イスカンダル』の店長・古代鉄郎(ブラザートム)が「あと半年、どう生きるか心を打つ作文を書けば一億円」という懸賞に当選し、大金を手にしていた事が発覚。

しかし、隕石が逸れた場合は返金の義務がある事を知らず散財、お金を返せず行方をくらます事に。

ある日、翔太から「ちゃんと話したい」という改まったメールをもらう結月。

それを知った久美子たちは「結婚では」と色めき立つが…「この家を出ていきます」…翔太は理由も言わず、結月と別れて門倉家を出ていってしまう。

さらに、ついに片瀬との密会が家族にばれてしまう和彦。

近づいた真意や惹かれた経緯を話し、それは隕石による一時の気の迷いで「一番愛しているのはママ」だと訴える。

しかしそんな和彦に、恐れていた事態が!

さらに久美子からは、正子(松原智恵子)がボケたみたいだと電話が入り、急いで帰宅しようとする和彦の前に、追い打ちをかけるように、突然片瀬が姿を現して…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『隕石家族』4話のあらすじネタバレ、感想、5話のあらすじを紹介しました。

片瀬に夫・和彦の密会を聞くが和彦の真意が分からない久美子。娘・美咲は、恩師の女教師を慕い家を出る。片瀬は、和彦の真意を聞くが、和彦は好きだと告白。隕石の軌道がそれ日常が戻る。

ドラまる
隕石が逸れ、日常が戻る。結月も東大がE判定に、美咲も家に戻る。

急に、いろいろ変化が起こるようです。展開が楽しみですね。

ラマちゃん
隕石衝突まで時間がないとキャプテン・片瀬に告白してしまった和彦。

ショック過ぎてお遍路に出るようです。和彦に日常は戻るのでしょうか。

今話、衝突まで時間がないと、長女・美咲は、恩師の女教師を好きだと追って行き、夫・和彦もキャプテンに好きだと告白。すごいと思ったら、突然、隕石が逸れるという展開に驚きました。

衝撃は、美咲と結月は、和彦と久美子の子供ではなさそうということ。ぼそりと言うなよと思わずテレビに向かって言ってしまった。こちらもカオスです。

次話、隕石が逸れ、急に日常に戻った人々に何が起こるのか。今の世情の参考になるのか、ならないのか、しっかり、門倉家を見届けたいですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA