隕石家族|2話ネタバレと感想。姑(松原智恵子)の秘密は、幼馴染家族を生き埋めにした後悔!

  • この記事を書いた人:Kawai

2020年4月18日(土)オトナの土ドラ「隕石家族」の2話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
久美子は、密かに、元キャプテン・片瀬との交際を続ける。

和彦も、偶然出会った片瀬と親交を深めるようですね。いつばれるかハラハラドキドキですね。

ラマちゃん
正子が、家族に絶対言えなかった秘密を久美子に暴露する。

どんな秘密なのか。楽しみですね。

久美子は、家に戻ったが、憧れのキャプテン・片瀬との純愛を密かに継続。それを知らず、和彦は、片瀬と親交を深める。近所で、ゴミ分別トラブルが発生。和彦の母には、忌まわしい記憶が.....。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』2話あらすじネタバレと感想

家族と元キャプテン・片瀬との純愛の両方をとった久美子は、機嫌が良く、花をいけていた。

ゴミを出すのに遅れた久美子は、ゴミ収集所の掃除をする近所の御園が、ゴミを分別しない田中に返しに行くと言うのを聞き、そこまでしなくてもと思う。

家に帰ると、姑・正子に、遺品の整理を手伝えと言われ、花も直しておいたと嫌味を言われる。正子は、久美子が家出したことを許していなかった。

御園は、田中に分別ルールを守るようにと言うが、田中は、隕石が落ちてくれば、ゴミも自分たちも関係がないと、御園を無視する。御園は納得していなかった。

整理しながら出てきたお手玉を見つけ、正子は、懐かしく遊ぶとある記憶が蘇ってくる。久美子は、パートだと言い、整理の手伝いはまた今度と家を出て行く。

正子は、ディサービスに行き、老人仲間とトランプをする。隕石が来る前に死んでお葬式をあげたいと言う仲間に、生前隠していたことがばれて大変になることもあるから考えものだと話題に。

今のうちに、隠していたことを言った方が良いと言う仲間に、正子は、そうかもしれないと独り言を言う。

御園は、田中の分別しなかったゴミを見つめながらを土を掘っていた。

翔太は、同窓会に行かないと言っていたが、隕石が落ちる前に会うのも良いかなと思い行くことにする。生存率にかける結月のことを理解していた。

美咲に、カップルの生徒が、隕石で結婚できないから、今、いっしょに住みたいが親に反対されたと相談してくる。美咲は、あることを思い出し、先生の仕事ではないと断る。

和彦は、久美子と付き合っているのが片瀬と知らずに、居酒屋で、電車のモデルを見せ合い親交を深めていた。

片瀬は、身近な人には言えない悩みがあると切り出し、家庭のある人を好きになり、奪うべきか悩んでいると言う。

和彦は、「奪うべきだ。隕石がくるから自分に正直になった方が良い」とはっきり言う。

片瀬は、納得し、相手の気持ちを聞いてみると言い出す。

和彦も、実はと、妻が家を出て行き、すぐに戻ってきたが、自分の気持ちに正直な方が良いと、妻を許したと語り、片瀬を励ます。

その二人が知り合いである事実を、偶然、同窓会で居酒屋にきていた翔太が気づき驚く。

門倉家では、久美子と結月と正子だけの夕食をとっていた。正子は、食欲がないと部屋に戻って行く。

結月は、翔太から、パパが悲しむから、久美子がキャプテンとまだ付き合っていることを明かさない方が良いと言われたと言う。情けないパパだが、パパにはかわりがないと迫る。

久美子は、家族が一番だが、キャプテンも大事だと返す。

そこに、慌てて帰ってきた和彦が玄関から、「人が畑に埋まっている」と叫ぶ。

かぼちゃかなんかの見間違えだろうと、久美子と結月、正子もいっしょに見に行く。

田中が顔を出したまま、本当に埋められていて、和彦は腰を抜かし、久美子も叫ぶ。

現れた御園が、「あれが来る前に、ゴミの分別ルールを分かって欲しかった。」と言い、強行手段にでたのであった。

その姿をみた正子に昔の忌まわしい記憶が蘇ってきた。

御園は、警察に連行される。御園の夫が、気がおかしくなったのかと心配するが、御園は正気だと語る。

美咲も家に帰ってきて、正気だとは思えないと家族で会話する。突然、正子は、「ルールを破るとそうなる。私見たの」と叫ぶ。

和彦が心配して久美子に医者につれて行って方が良いと言い争いをしていると、停電になる。

正子は、「昔、村の掟を破った家族が埋められるのを見た。あれは、私の.....。」と言い、気を失う。

久美子は、正子を寝かし、和彦は、母が嘘を言うとは思えない、田舎に幼い頃預けられたと聞いたことがあると明かす。

結月は、それが本当なら犯罪だと言うが、美咲は、自分には関係がないと部屋に行ってしまう。結月は、そんな姉の冷めたところが嫌いだった。

美咲にも秘密があった。

美咲は、同僚の先輩女教師に電話をかけ、相談にきた生徒を突き離したことを反省する。先輩女教師は、人の気持ちを考え過ぎだからと、美咲のことを理解していた。

美咲は、中学生の時に、その女教師が担任で、二人の間になにかあったようであった。

結月は、帰ってきた翔太に、正子の語った話を伝える。月の見え方は、見る地域により違うと言い、その村にとってそれが絶対的なルールだったらありうると言う。

翔太は、和彦と片瀬が会っていたことを結月に伝えるべきか悩んでいた。

翌朝、田中は、ゴミを出しながら、御園が書いたルールを怒ってはずす。

翌朝になっても、正子は寝たきりで元気がなかった。久美子は、おにぎりを置いておき、少しは食べないとと心配する。

雨が降りそうになり、久美子は、正子の部屋の窓を閉めに行く。正子は、まだ、布団の中にいた。

久美子は、もう70年以上の前の話であるし、家族でない私なら話せるのではと誘う。

正子は、聞いてくれると言い、「あの家族が穴に埋められたのは、わたしのせい。」と絞るように語り出す。

幼い頃、都会から、村に行った正子の唯一の友達は、ひさちゃんで、お手玉をいっしょにして遊んでいた。

日照り続きで、作物がとれない年があった。神社に保管してあった米を盗んだ夫婦がいた。

ひさちゃんは、お腹を空かせた正子を心配して、おにぎりを持ってきてくれた。それを村人に聞かれ、ひさちゃんからもらったと正子は言ってしまった。

村の掟を破ったひさちゃんと両親が穴に埋められるのを、正子は隠れて見てしまったのであった。

久美子は、70年間も胸に秘めていて苦しかっただろうと同情する。正子は、聞いてくれてありがとうと言い、自分の罪が消えるわけではないと語る。

久美子は、翔太のアルバイトする店を訪ね、結月と翔太にあることを頼む。

正子の部屋に、ひさちゃんが訪ねてくる。正子は驚き、ひさちゃんは、泣きぼくろもあり昔のままとだという。

ひさちゃんは、あの村は湖に沈み、今は愛知で元気で暮らしていると語り、お手玉を見て懐かしがりいっしょに正子と遊ぶ。

正子は、元気になり、久美子は、ひさちゃんを送って行くと家の角まで行く。

久美子は、ひさちゃんの代わりをエキストラで頼んだのであった。泣きぼくろも、シールで貼っていた。

翔太たちに頼み、ひさちゃんを探した結果、本当に生きていたが、ボケていて正子のことは覚えていなかったので、久美子はエキストラを頼んだのであった。

結月は、正子の記憶はなんだったのだろうと思い、それぞれが、秘密を抱えていると録音する。その録音は、隕石が落ちた後、だれかにこんな家族がいたと聞いて欲しいと願い始めた。

御園は、暴動者で刑務所がいっぱいだからと帰ってきていた。その姿を見た田中は、ゴミの分別ルールを守ると約束する。

その夜、家に帰ってきた和彦に、「友達と、こんどの日曜日、鎌倉に行く」と久美子は、さりげなく言う。和彦も、「友達と、江ノ電に乗りに行く」と語る。

翔太は、和彦が1人になるのを見計らい、居酒屋で、男の人といるところを見たと聞く。

和彦は、「誰にも言っていないよね」と慌てる。

ここまでがネタバレですが、第2話は、久美子は密かに片瀬と関係を継続。ゴミ捨てルールを守らない近所が埋められるのを見た正子に、忌まわしい過去が.....。

久美子が密かに交際している元キャプテン・片瀬と、夫・和彦が趣味で仲良くなった人物がいっしょとは驚きの展開でしたね。

御園が、ゴミ分別ルールを守らない田中を埋めてしまうとは。地球消滅の日が近づき、それまでに、ルールを守って欲しいとの願いからでした。最後を迎え、許せないことがあったのですね。

ドラまる
正子の秘密もすごかった。自分が言ってしまったから、友達の家族が埋められてしまったというもの。

驚きでしたね。

ラマちゃん
久美子は、生きていると思ったのはなぜ思ったでしょうかね。

埋められてなかったことを調べ、エキストラを使って、正子の肩の荷を下ろしてあげましたね。久美子ナイスフォローです。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』2話ネット上の反応

ドラまる
生き埋めシーン、光浦さんが話題になってますよ。

ラマちゃん
キーマン翔太がネットで上がってますね。

スポンサーリンク

ドラマ『隕石家族』の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『リカ』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

隕石家族|2話見逃し動画無料視聴はこちら【4/11配信】

ドラマ『隕石家族』3話のあらすじ

2020年4月25日(土)放送のドラマ『隕石家族』第3話のあらすじをご紹介します。

マザコンの和彦(天野ひろゆき)は、いまだ母・正子(松原智恵子)の言いなりだ。

50歳も過ぎて情けない、となぜか片瀬(中村俊介)に相談してしまう。と、かつて自分が片瀬に贈った「自分の気持ちに正直に」という言葉で励まし返される。

家に帰った和彦は正子に向かい大きな声で“クソババァ!”…、と言えるはずもなく、残念ながら遅すぎた反抗期は訪れず…。

一方、長女の美咲(泉里香)は中学時代の恩師であり、現在同じ中学の教師仲間である森山(遼河はるひ)を慕い、残りの4か月を一緒に過ごすつもりでいたのだが、森山が疎開すると聞かされ…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『隕石家族』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

ゴミ分別トラブルで、ご近所が生き埋めに。その姿で、忌まわしい過去が蘇る姑。一言が、幼馴染家族が生き埋めに。実は勘違いで生きていた幼馴染を、久美子が会わせ、姑の心は晴れる。

ドラまる
夫・和彦は、マザコンで姑の言いなり。

ついに反抗期が訪れるのか。楽しみですね。

ラマちゃん
長女の美咲は、中学校の恩師を慕っているようですね。

最後をいっしょに暮らしたいと思うようですが。どんな展開が待っているのか。

地球滅亡まで、3ヶ月に迫る。門倉家を通して、だれもが抱える秘密を言いたくなったり、譲れないという思いを遂げようとする人間の姿をうまく表現してますね。

久美子が好きな片瀬と鎌倉旅行。片瀬が、和彦を江ノ電に誘うとは、片瀬の存在がばれてしまうのか。翔太の一言で家族崩壊を免れるのか展開が楽しみですね。

次話、長女の美咲の秘密、恩師への思い。和彦が、キャプテン・片瀬とBL展開なのとか。ますます混沌としてきそうですね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA