半沢直樹(2020)|4話見逃し動画無料視聴はこちら【8/9配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話(2020年8月9日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『半沢直樹(2020)』第4話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『半沢直樹(2020)』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『半沢直樹(2020)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『半沢直樹(2020)』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『半沢直樹(2020)』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月9日(日)放送終了後〜2020年8月16日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『半沢直樹(2020)』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『半沢直樹(2020)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『半沢直樹(2020)』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『半沢直樹(2020)』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじは?

2020年8月9日(日)放送のドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじを紹介します。

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。

だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。

そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。

財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。

玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。

動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。

これ以上、打つ手はあるのか——。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く——。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?

すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

サカタ
追加融資を決め、お金がものを言わせてくる銀行に対し、半沢たちは次はどの手で対抗するのか、とても楽しみです。

その鍵を握るのは電脳子会社から出向している玉置でしょう。

子会社と電脳が何を隠しているのか、高度過ぎてなかなか考えが及びませんが、次回予告では政治や国など規模の大きな組織が出ていました。

新しいキャストも見え、ただの買収話だけというわけではなく、背後に闇の深い問題が隠されていると予想されます。

柄本明さんや江口のりこさんなどの怪しい動き、それに半沢がどう立ち向かっていくのか注目しています。

そして回を追うごとにセントラル証券の仲間達が結束を強めていることがうかがえます。

1人で戦うのではなくチームで戦っていく、そういう半沢チームを期待しています。

ペンネーム:サカタ(30代・女性)

ミサコ
東京中央銀行はメンツ挽回に必死になっています。

それが裏目に出ないと良いのですが、半沢への反撃に気を取られすぎて、足元を救われないように気を付けてほしいものです。

半沢の出向の話がずっと出ているので、もしかしたら次回に決まってしまうのかもしれません。

ですが、その前に電脳の件が解決したら、ひょっとしたら出向は取り止めになるのではないかと期待しています。

伊佐山は大和田の指示で動いているようですし、副頭取も絡んで来ています。

今の状況では電脳買収も銀行のメンツだけで動いているだけのような気がします。

電脳の黒い部分が明らかになることで、銀行も危うくなるのではないかと思います。

何とか融資をする前に、電脳の件を解決したいものです。 

ペンネーム:ミサコ(50代・女性)

michikawaii
銀行は電脳に500億円の融資を決めます。

これでは、スパイラルの株が買われてしまいます。

時間の問題になってきました。

半沢は、電脳の財務担当の玉置が事情を握ると考えますが、なぜか、辞めさせられるようです。

玉置はどこに行ったのでしょうか。

半沢は、玉置を探し出して説得し、電脳の不正を明らかにすると思います。

電脳の不正が分かれば、もう、スパイラルを買う力はなくなると思います。

果たして間に合うのか、またハラハラさせられると思います。

大和田が、また半沢の前に立ちふさがります。

大和田にとっても、これは副頭取を落とすチャンスだからです。

でも、半沢も簡単には負けません。

どのような対決になるか見ものです。

ペンネーム:michikawaii(60代・女性)

タクト
スパイラル、電脳雑技団の買収が果たしてどうなるのか?非常に気になるところです。

このまま資金力に物を言わせて電脳雑技団がスパイラルを飲み込んでしまうのか?それとも半沢率いるセントラル証券がまたしても起死回生の一撃をお見舞いするのか?

おそらく後者だと思いますが、今度はどんな手段を使ってくるのか非常に楽しみです。

きっと来週あたりに事態は大きく動くでしょうから、来週の放送は絶対に見逃せません。

また個性の強い銀行の上層部たちが今後どんなパワーバランスで動き出すのかも同時に目が離せませんね。

特に潰されたと思った大和田常務が復活、今後どう絡んでくるのか楽しみです。

ペンネーム:タクト(30代・男性)

オマメ0301
検査官黒崎が本当の狙いだった電脳と銀行の謎に迫っていくのがポイントだと思います。

これによって銀行内部のだれかが失脚していくのではないかと思います。

個人的には副頭取あたりではないかと思っています。

また楽しみなポイントとしては、ただのマナーゲームに流されず、半沢のいう未来のための仕事として瀬名と郷田の未来についての取り組みもえがかれていくのではないかなとおもいます。

普通のドラマだとどちらかのストーリーに注目して片方はおまけみたいなスタンスになりそうなところですが、次回以降は両立をしてくれ、今までに見たことのないドラマになると思います。

ペンネーム:オマメ0301(30代・男性)

マッキー15
異彩を放つのは大和田の存在だ。

本当に伊佐山と影で繋がっているのならば、これからも彼が一連の買収戦争のキーマンとなってくる。

ギリギリの攻防を機転でしのいできた半沢らスパイラルセントラル証券連合だが、資金力では東京中央銀行に絶対かなわない。

それだけに、大和田の動向が注目されるが、万一にも「敵の敵は味方」的な半沢との連係はありえないと思う。

では、半沢らに打つ手はあるのだろうか。

第3話のクライマックスで明らかになった、金融庁の黒崎が本当に探していたものと電脳電設の玉置に関する謎が、大逆転の一打となるのだろうか、非常に見ものである。

ペンネーム:マッキー15(40代・男性)

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

coco

『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレ

三笠と手を組んだふりをしていた伊佐山でしたが自分の意思で自分自身の出世のため大和田を裏切りました。

半沢はそこにつけ込み大和田の力を借り銀行の役員会議に出席し電脳雑伎集団の不正を暴きました。

そして伊佐山、三笠の悪事も暴きました。

銀行の追加融資を防ぐことが出来た半沢は銀行へ戻ることができました。

部下の森山は友人の瀬名を救うことができスパイラルに来るように誘われましたが、東京セントラル証券の仕事を続けることを告げました。

以降もアドバイザーとして関わることを約束しました。

銀行に復帰した半沢は赤字の航空会社の案件を任されることになりました。

『半沢直樹(2020)』第4話の感想

伊佐山、三笠、大和田の関係が二転三転して最後には誰を信用して良いのか分からなくてなってしまいました。

伊佐山は自分の意思で大和田に決別しました。

会議室でのあのシーンは前作の大和田が半沢に土下座をしたシーンを思い出させるような感じでした。

伊佐山の迫力ある大和田を罵る声は流石、歌舞伎役者だと思いました。

大和田の悔しそうな顔といったらありません。

半沢はその大和田を利用することを実行します。

待ち伏せし大和田が乗り込んだ車の前に立ちはだかります。

こちらもとても迫力があり信念を曲げない半沢の強い気持ちが感じられました。

こんな行動力と正義感に溢れた上司に接していた森山の成長が目を見張るものでした。

ペンネーム:coco(50代・女性)

michikawaii

『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレ

電脳の財務担当に玉置が辞めて、行方かわからなくなり、半沢は、玉置の実家の電脳(ゼネラル)電設に行きました。

そして、玉置親子から、特許を電脳に握られているので、協力できないといわれます。

電脳が悪の根源でした。

さらに全て、三笠と伊佐山の企みとわかり、大和田は裏切られ悔しがります。

打つ手の無くなった半沢は、大和田に電脳の追加融資の阻止に同意してほしいといいます。

大和田は死んでもいやだといいますが、半沢に協力します。

役員会議で、大和田は融資に反対し、半沢に説明させます。

電脳は赤字をごまかすために、100億の価値のゼネラル電設を300億円で買ったのです。

粉飾でした。

証拠は玉置から聞いた電脳の裏帳簿でした。

実は、玉置の特許を別な会社に買い取ってもらおうと、セントラル証券のみんなでがんばり、話がついたのです、伊佐山は役員全員の前で謝ります。

さらに、三笠が電脳にわいろをもらっていたこともわかります。

追加融資は無くなり、電脳に三笠と諫山が出向し再建することになり、半沢は、銀行に戻ることがきまりました。

スパイラルは買収を逃れました。

半沢の次の仕事は帝国航空の再建です。

国土交通省もかかわる、大変な仕事です。

『半沢直樹(2020)』第4話の感想

半沢は、電脳が最初にアドバイザーの話を銀行でなく、東京セントラル証券に持ってきたことと、黒崎が本当に調べたいのは何なのかにこだわり、調べたので、ゼネラル電設のことが分かったので、さすがだと思いました。

みんなの行動を結びつけて考えることができることが、半沢の才能だと思います。

大和田に協力を話したことには驚きました。

でも、裏切られた大和田の心理をうまく利用したと思います。

その通り、大和田は、三笠と伊佐山を追い出すことができました。

役員会議でのやりとりは、迫力があり、ドキドキしました。

半沢直樹の名場面だと思います。

銀行に戻った半沢には、難しい仕事が待っているようです。

休む暇がないです。

ペンネーム:michikawaii(60代・女性)

田町

『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレ

玉置と待ち合わせていた店に電脳の社長夫婦がやってきて玉置は来ないことを告げる。

それを聞いて半沢は静岡のゼネラル電設を訪れる。

そこにいた玉置に話を聞くとゼネラル電設は特許挙を取得していて電脳が後押ししてくれることになっていたので傘下に入った事実がわかる。

そんな事実があるので玉置は電脳には逆らえないと言って半沢たちの前から立ち去る。

その後、500億の融資の話は着々と進んでいってしまう。

伊佐山は三笠を裏切って大和田に乗り換えたと思われたがまた三笠の方につく。

裏切られた大和田の元に半沢がやってきて500億の融資を止めるために力を貸してほしいと頼む。

後日、役員会議が開かれて半沢はその会議に出席する。

そこで電脳の粉飾の事実を提示して裏帳簿を手に伊佐山のことを糾弾する。

一方、森山は電脳で裏帳簿のオリジナルを手に入れ全ての元凶が三笠だったことを吐かせる。

数日後、辞令が出て半沢は東京中央銀行に返り咲くことに成功するのだった。

『半沢直樹(2020)』第4話の感想

まさか半沢と大和田が共闘して伊佐山を叩くなんて思いもしませんでした。

このシーンは少年漫画にたまにある熱い展開そのものでしたね。

この人物とこの人物が手を取り合って同じ標的を倒すというのはとても美しいものですね。

正直、前シリーズから見てきましたが今回のこの場面が一番テンションが上がりました。

やっぱり原作が面白いからここまで脚本が面白くなるのでしょうね。

絶対に半沢は頭取になるくらいの器の大きさがあると確信しました。

これで伊佐山は失脚して三笠も消えるでしょうからまた大和田との戦いが開幕するのでしょうか。

ペンネーム:田町(30代・男性)

イカロス

『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレ

半沢たちはスパイラルの電脳雑技集団による買収を防ごうと、電脳の玉置に接触しようと試み、待ち合わせ場所で待っていますが、そこに訪れたのは電脳の社長夫妻でした。

そして、玉置は退職したと告げられ、半沢たちは玉置の親が社長の会社を訪ね、玉置に会うことに成功し、電脳に騙されて特許を握られていることがわかります。

一方、大和田は伊佐山が自分のために尽力していると思っていましたが、伊佐山に見限られていることを知ります。

半沢は、大和田に協力を頼み、役員会議で電脳の粉飾決済をバラし、電脳への融資を破棄にし、その功績で銀行に復帰することに成功します。

そして、帝国航空の案件を任されますが、政府が帝国航空の債権を帳消しにし、ピンチになります。

『半沢直樹(2020)』第4話の感想

今回は、怒涛の展開ということで、一気にストーリーが進んだと思いました。

このタイミングで、半沢の功績が認められて銀行に戻るというのは意外すぎました。

しかし、今までは怖いもの知らずという感じだった電脳雑技集団が赤字まみれで粉飾決済をしていたというのは驚きでした。

また、伊佐山が実は二重スパイのような感じで大和田を裏切っていたというのも予想外でした。

そして、半沢と大和田が一時的ですが協力するというのも意外すぎたと思います。

なんといっても、スパイラルが買収されずに済んで、とても良かったと思います。

そして、堺雅人さんを始めとして顔芸が炸裂していたと思います。

ペンネーム:イカロス(40代・男性)

SoloHiker

『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレ

電脳への追加出資が役員会議で決まればスパイラルの買収と半沢の出向が決定となるため、阻止すべく半沢は電脳の金庫番である玉置と接触する。

そして玉置やその父親の会社を救おうとするが諫山の妨害を受け、真の敵が諫山と三笠副頭取だと知る。

逆転のカギは諫山に裏切られた大和田であり、半沢は大和田の復活を約束して協力を要請し、役員会議に乗り込み、電脳の粉飾と三笠、諫山の不正を明らかとする。

その功により、半沢は銀行に戻り、逆に三笠たちが出向となった。

晴れて本社に戻った半沢に頭取の中野渡は帝国航空の巨大な負債を抱えた再建を任せるが、新たな強敵が現れる。

『半沢直樹(2020)』第4話の感想

ファーストシーズンのラストを思わせるような激しく熱いバトルが続きました。

今回も見事勝利しましたが、さすがにこれだけの結果を残したので本社に戻ることが出来ました。

もしかすると、前作のようにあっと驚かせる出向があるかもと心配していましたが良かったです。

これまでずっと信じ続けてきた花もほっとしたことだと思います。

しかし、大和田はしぶといですね。

結局、生き延びたのは大和田でした。

しっかり頭取について離れないしたたかさは見事だと言えます。

セントラル証券の森山もセントラルへの転職を捨てて会社に残る決意をしましたが、半沢から学んだ教えが効いたのでしょうね。

ペンネーム:SoloHiker(40代・男性)

はむたろう

『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじネタバレ

スパイラルの買収阻止に懸命に動く半沢たちが電脳の不正を疑い、電脳の金庫番であった人間と待ち合わせをしていた。

しかし、その場に現れたのは金庫番の人間ではなく、なんと電脳の社長夫妻。彼らは金庫番の人間が辞めたことを告げ、半沢たちへの対決姿勢をさらに前面に。

半沢は諦めず、電脳の子会社に金庫番の男がいることを突き止める。

しかし半沢の出向と電脳への融資稟議の期日は間近。

そこで半沢は最後の手段として大和田とタッグを組むことに。

大和田も伊佐山に裏切られて窮地に追い込まれていたので半沢とタッグを組むことに。

大和田は運命の役員会の場に半沢を呼び、半沢がその場で電脳の粉飾決算の事実と副頭取の不正を暴き、見事に倍返しの逆転をしたのだった。

その後、半沢は銀行に復帰するものの、巨大航空会社の再建という大きな渦に巻き込まれていくことになった。

『半沢直樹(2020)』第4話の感想

スパイラル買収の攻防戦の決着がつく回として、相変わらずとても面白いストーリー展開でした。

大和田と伊佐山という曲者相手に半沢がどのような作戦を練って逆転に持っていくのかとても興味深く見ていましたが、期待を裏切ることのない緊迫の展開と最後の逆転は見事でした。

大和田も伊佐山に裏切られて窮地に追い込まれたところ、半沢がなんと大和田と手を組んで役員会に乗り込むといった展開はとても面白かったですし、役員会での逆転劇も見ていてとても気持ち良かったです。

ドラマの中で半沢の仕事に対する信念も語られますが、自分もサラリーマンとして大事にしようと思える言葉でした。

本当に面白かったです。

ペンネーム:はむたろう(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA