半沢直樹(2020)|3話見逃し動画無料視聴はこちら【8/2配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話(2020年8月2日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『半沢直樹(2020)』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『半沢直樹(2020)』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『半沢直樹(2020)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『半沢直樹(2020)』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『半沢直樹(2020)』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2020年8月2日(日)放送終了後〜2020年8月9日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『半沢直樹(2020)』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『半沢直樹(2020)』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『半沢直樹(2020)』の配信状況は以下のようになっています。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『半沢直樹(2020)』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2020年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2020年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじは?

2020年8月2日(日)放送のドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじを紹介します。

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。

銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。

そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。

半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。

黒崎が一体なぜ?

黒崎のターゲットはいったい何なのか?

さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。

もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。

半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。

果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

公式サイトより引用)

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

テイカー
東京中央銀行との対決がついに始まります。

親会社を相手にどうやって買収を阻止出来るのでしょうか。

銀行側には財力もあり、そしてフォックスなど新しい味方も出現しています。

今後は半沢のセントラル証券側にも味方が出現してくるのではないかと思います。

次回予告では吉沢亮さんがチラリと映っていましたので、キーマンになってくれるのではないかと期待しています。

まだまだ倍返し、いや全く返せていないくらいの状態です。

今回の新株が1000億円ということでしたので、それの倍以上のお金が動くような大きなアイデアが出てくる壮大な展開を楽しみにしています。

またセントラル側のプロパー達も半沢に協力してくれており、第2話のようなチームプレーで銀行をギャフンと言わせる、そんなシーンが見たいです。

ペンネーム:テイカー(30代・女性)

YK
第3話の見どころはスパイラルとのアドバイザー契約を結んだ東京セントラル証券が、大胆な行動を起こすという点です。

半沢は新たな戦略として瀬名に逆買収を提案するようですが、銀行側もさらなる攻撃をしてくるのではないかと予想しています。

また、これまでにも半沢と対立してきた因縁の相手である金融庁の黒崎が、登場するという点にも注目しています。

黒崎が現れた理由が気になりますが、徹底的に調べ上げる黒崎に弱みを握られないことが重要になってくると思います。

東京中央銀行との全面戦争は不安もありますが、半沢たちにとって良い方向に動いてくれることを期待しています。

ペンネーム:YK(30代・女性)

くりかのこ
第2話で深い信頼関係を築けたスパイラル・瀬名社長とのアドバイザー契約、ぜひ無事に進めていってほしいです。

せっかく子会社が頑張って手柄を立てているのに、それを妬むかのように邪魔をしようとする、東京中央銀行の伊佐山たちの心の狭さに呆れてしまいます。

半沢、そして森山にぜひ負けないで!とますます応援したくなります。

しかし、第3話ではかつての天敵、黒崎が登場します。

新たな邪魔者が入り、きっと険しい道が続くでしょう…。

とても心配ですが、スパイラルの有能プログラマー・高坂の活躍を期待し、ぜひ半沢たちを助けて欲しいと思います。

ペンネーム:くりかのこ(40代・女性)

coco
スパイラルと東京セントラル証券が正式にアドバイザー契約を結び半沢と森山の活躍が益々期待出来そうでとても楽しみです。

しかしこちらが上手き行けば銀行が黙ってみている訳が有りません。

伊佐山がどのように仕掛けてくるのか、大和田の動きがあるのかとても見ものです。

そして片岡愛之助が演じる黒崎が登場するようです。

このタイミングで証券会社を調べに来るのだからバックに銀行が糸を引いているように感じます。

歌舞伎役者がそろい踏みでどのシーンも迫力が有って怖いくらいです。

半沢の家庭に帰っての妻の花とのシーンだけがほっこりしていて癒されます。

ペンネーム:coco(50代・女性)

電気イルカ
東京スパイラルの買収に関して、一旦危機からは脱出したものの、まだ買収の魔の手が迫っている状態であり、半沢は逆買収という策を提案することになります。

買収の危機に瀕している会社を救うための画期的な策になると思われますが、この逆買収の計画は誰にも知られてはいけません。

それを事前に知られると計画は水の泡となるだけに、ここは非常に重要なポイントになるのですが、東京セントラル証券に証券取引等監視委員会がやってきて、実際にその計画がバレるかもしれない危機が訪れます。

この状況で、どうやって半沢らは逆買収の計画そのものを守ることができるのか?という点が、非常に楽しみだなと思っています。

ペンネーム:電気イルカ(30代・男性)

ミスターT
半沢が中野渡頭取に仁義を切ったことから、いよいよセントラル証券と東京中央銀行は全面戦争になります。

それこそ、人倫や法に触れるスレスレも許容されるような激しいものになるでしょう。

とはいうものの、すでに40%以上の株が電脳と銀行側に取得されており、セントラルとスパイラル側の防衛は極めて厳しいものになります。

はたして真のホワイトナイトは現われるのかが、第3回の焦点となりそうな気がします。

長い目で見ると、大和田が何かしそうな気がしますし、何かを見守っているかのような中野渡頭取の動向も気になるところです。

いずれにしても、ますますハラハラドキドキするのは間違いありません。

乞うご期待です。

ペンネーム:ミスターT(40代・男性)

2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

サカタ

『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレ

スパイラルのアドバイザーとなったセントラル証券は、瀬名にフォックスの逆買収を提案する。

半沢は危ないルートからフォックスの経営状況を探り、経営が悪化していることをマスコミにリークする。

フォックスの買収を進めようとしていた矢先、フォックスの内部状況が漏洩しているとセントラル証券に黒崎の査察が入る。

半沢らは黒崎よりも先にデータを処分しようと奔走する。

そこに天才プログラマーの高坂が登場。黒崎がパスワード解析を終え、ファイルに行き着いたその瞬間、高坂がファイルの消去に成功し、難を逃れた。

しかしその後、シュレッダー書類が発見されてしまい半沢は再度窮地に立たされる。

その時、森山がフォックスの郷田を連れて帰る。

「その書類はフォックスからセントラル証券へ情報提供したモノだ」という郷田の嘘で、半沢らは窮地を脱したのだった。

スパイラルとフォックスは業務提携を結び、更にIT業界の神的存在ジョンハワードが協力することが緊急会見で明らかになる。

そのことでスパイラル株は急上昇し、電脳と東京中央銀行のスパイラル買収は失敗。

三笠副頭取は銀行のメンツを守るために追加融資を大和田に懇願する。

許可を出したことで大和田は昇進を約束されることとなった。

半沢たちは黒崎の真の狙いは電脳の子会社ではないかと突き止め、電脳の金庫番である玉置を呼び出す。

そこに現れたのは電脳の平山夫妻であった。

『半沢直樹(2020)』第3話の感想

スパイラルの買収を阻止すべく、銀行の資産VSセントラルの知能という対決で描かれました。

裏切られたフォックスをこちらの味方につけ、逆に買収するなんて確かに頭脳戦では銀行を上回っていたと思います。

半沢の先を読む力、そして未来を見据え相手の立場に立った姿勢にはいつも目を見張るものがあります。

そして展開が早くて、毎回毎回食い入るようにして見てしまいます。

また今回はファイルを見つけようとする黒崎と、そのファイルを消去しようとする高坂とのITバトルにも興奮しました。

吉沢亮さんのお陰かもしれませんが、プログラマーのカッコ良さが際立っていました。

黒崎の“急所握り“のシーンも個人的には笑えてよかったです。

ペンネーム:サカタ(30代・女性)

ミサコ

『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレ

半沢はスパイラルの瀬名に逆買収の話を持ちかけました。

彼は知恵で、今の難局を乗り切ろうとしていました。

しかし、フォックスの返事はノーでした。

すでに電脳から好条件で買収の話があったからです。

ですが、半沢はこれからの未来のためにも、スパイラルとフォックスが手を組んだ方が良いと考えていました。

そんな矢先、黒崎が再び半沢の前に立ちはだかりました。

黒崎は異動になったようで、今度は証券会社の調査を担っています。

黒崎をよく知っている半沢は必死に証拠を隠そうとしますが、重要ファイルを見つけられてしまいました。

そこで、半沢はスパイラルに応援を頼みました。

『半沢直樹(2020)』第3話の感想

黒崎がセントラル証券にやってきた本当の目的は、電脳関連の事を調べるためだったのかもしれません。

電脳は最初、銀行に融資を頼まずに、証券の方にやってきたということは、やはり収益に不透明な部分があるからでしょう。

そこにいち早く気付き、行動していたのが黒崎だと思います。

半沢や部下たちもそれを不審に思っていました。

半沢たちが調べた結果、電脳社員の玉置が鍵を握っているようです。

なので、彼に接触しようと試みた半沢たちですが、電脳の社長たちに見つかってしまいました。

それは結果的にそうなってもおかしくはないと思います。

半沢たちは電脳を不透明な部分を見つけることが出来るのか、かなり気になるところです。

ペンネーム:ミサコ(50代・女性)

michikawaii

『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレ

半沢は、瀬名に、フォックスの買収を提案します。

ファックスは財政状況が悪いですが、子会社に期待できると思ったからです。

それを進めているとき、監視委員会の検査が突然入りました。

あの黒崎が異動していて、また、半沢の前に現れたのです。

黒崎は容赦なく調べ、東京第一銀行から隠しファイルを知らされ、それを開けようとしました。

そこには、半沢が隠した逆買収の資料があります。

半沢は、瀬名に知らせ、高坂にハッキングさせて、資料を削除しようとし、ぎりぎりで間に合いました。

が、店長のシュレッダーした資料が再生されピンチになりますが、その前に、フォックスがスパイラルの買収に応じ、契約しました。

これで、半沢たちは正式にかかわれるので、黒崎は悔しい表情で帰っていきます。

ファックスの買収と将来性がわかり、スパイラルの株が上がり続け、伊佐山は、電脳への融資を役員に承諾させます。

何と、伊佐山は、副頭取につくと見せかけて、大和田が出世するチャンスを狙っていたのです。

大和田の承諾も得て融資が決まります。

これでは、電脳はスパイラルの株を買うことができます。

半沢は、電脳がなぜ、初めにセントラルにアドバイザーを申し出たかをずっと気にしていました。

そして、電脳が依然買収した会社に秘密があることを突き止め、関係者の電脳の財務担当者と会う約束をしますが、現れたのは、副社長の美幸でした。

『半沢直樹(2020)』第3話の感想

黒崎が現れ、隠しファイルが見つかりそうになりドキドキしましたが、高坂が削除できました。

その時の緊張感はとてもよかったです。

半沢が考えた逆買収はとても良い案だと思います。

フォックスは、初めは拒絶しましたが、自社の良い面や将来性を認めるスパイラルの傘下に入ったほうがよいと思ったのです。

電脳はお金のことしか考えていませんから、離れて正解です。

今回驚いたのは、伊佐山が、実は大和田のために動いていたことです。

副頭取を利用したのです。

すごい作戦だと思いました。

でも、半沢は、電脳の秘密をつかみかけています。

電脳は子会社の買収の陰で何かを隠しています。

何とか、スパイラルの株が半分買われる前に、間に合ってほしいです。

ペンネーム:michikawaii(60代・女性)

タクト

『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレ

スパイラルを騙し電脳雑技団に吸収させるために画策する東京中央銀行の伊佐山やフォックスの郷田だが、半沢たちの復讐が始まる。

なんとまさかのスパイラルにフォックスを買収させるというウルトラCの秘技に出たのだった。

この買収を成功させるために、半沢たちはフォックスが巨額な損失を抱えているという情報をマスコミにリークし、フォックスの株価を下げることに成功する。

ところが金融庁がこのやり方に疑問を持ち、セントラル証券には突然、金融庁からの査察が入る。

セントラル証券がどこでフォックスの財務状況を知ったのか?その入手方法に不正の疑問を持ったからだ。

不正に入手したファイルが見つかりあわや大ピンチ!というところでファイルの消去に成功し、金融庁からの査察を乗り切る半沢たち。

営業停止処分を紙一重で避けた形だ。

無事、フォックスとスパイラルの提携を発表し、スパイラルの株価を吊り上げることに成功。

電脳雑技団のスパイラル買収は暗礁に乗り上げたかのように見えた。

しかしそんな安心も束の間、東京第一銀行は電脳雑技団に500億円の追加融資を決定。

この買収劇は一気に東京第一銀行が有利に進んでいく。

『半沢直樹(2020)』第3話の感想

相変わらず半沢直樹の秒刻みの動きにはドキドキさせられっぱなしでした。

金融庁の査察が入り、黒崎主任検査官がファイルにアクセスを成功させたときにはどうなることかと肝を冷やしました。

まさに1秒を争うデットヒートは、思わず全てを忘れて見入ってしまいました。

しかし今回の半沢直樹も強烈な個性の俳優陣があふれています。

これだけ歌舞伎役者さんたちをたくさん出演させるドラマも珍しいですよね!

でも彼らの存在がこのドラマをグッと魅力的にしていると思います。

黒崎検査官、大和田常務は相変わらずトリッキーな演技前回ですし、今回から出演している伊佐山部長も表情が豊かなのでドラマの世界に没頭することができます。

尾上松也さんはそこまで極端な演技をしているわけではありませんが、それでも存在感は抜群。

今後の展開からますます目が離せませんね。

ペンネーム:タクト(30代・男性)

オマメ0301

『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレ

半沢の元にかつての、検査官黒崎が検査のためやってくる。

FOXの株価操作のデータが見つかればすべてが終わるという中で、間一髪のところで見つからない状況がつづく。

その裏ではspiralとFOXの今後の未来について2社が共に歩んでいけるのか、それとも無理なのかという展開が進んでいく。

シュレッダーの中からFOX買収についての資料が発見、復元されもはや絶体絶命の時に、FOXの郷田社長が全て合意済みだと現れる。

半沢は恩返しの教えが自分に返ってきて救われる。

終盤、買収に対抗すべく銀行内では追加融資の稟議をめぐり、大和田と伊佐山がつながっていたことが発覚する。

『半沢直樹(2020)』第3話の感想

ドラマの終盤かと思われるような息を飲む展開で見終わった後にまだ3話じゃないかと驚いてしまいました。

検査官、黒崎の狙いが半沢ではなく別のところにあったりなど各々が思い描いているビジョンに裏がいくつもあったりして視聴者を惹きつける要素が非常に多いと思いました。

また半沢の助言、指導により部下の森山含めセントラル証券のメンバーが仕事に対しての取り組み方が変わってきているのがわかるようになったのが、社会人から見て優秀な上司に出会いたいという気持ちになりました。

ただ何と言っても最後の副頭取が大和田に頭をさげて、結局は大和田かーと思わせるところです。

ただ副頭取も一筋縄ではいかなそうなため、銀行内部の戦いも目が離せません。

ペンネーム:オマメ0301(30代・男性)

マッキー15

『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじネタバレ

スパイラルセントラル証券連合と電脳雑技集団東京中央銀行の仁義なき戦いは、あの手この手でしのぎ続ける半沢ら弱者に対して、すでに株式取得で過半数に迫る勢いの伊佐山ら強者の優勢は否めない。

しかし電脳側の刺客だったフォックスを逆買収するという起死回生の一手を半沢が放ったことで、立場は逆転したかに見えた。

ところが、前作で因縁のある金融庁の黒崎がセントラルに査察に入り、フォックス買収の極秘計画書を暴こうと画策する。

これはクラウド上の必死の攻防戦で防ぎきったものの、東京中央銀行は電脳に対して巨額の追加融資を決定、いよいよ半沢たちは追い込まれてしまう。

『半沢直樹(2020)』第3話の感想

いつもの通りだが、まさに手に汗握る展開だった。

特にフォックス買収計画書をめぐる、クラウド上での秒単位の攻防戦は大変な緊迫感があった。

家庭ではすっとぼけた表情を見せる半沢だが、今回の中盤はほんとうに追い込まれ、負けを覚悟したかのように椅子に座って俯いていたのが印象的。

ドラマとはいえ、本当にメガバンクの銀行員は大変な仕事だなあと思わされる。負ければ明日からの未来はないに等しいのだ。

回を重ねるごとに連携が深まっていくセントラル証券側の団結力は観ていて応援したくなるので、銀行側には負けてほしくないが、どうなることやらと思う。

ペンネーム:マッキー15(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2020年春ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA